2018年03月25日

The Soultrend Orchestra『84 King Street』

Papikによるアーバン・ディスコ・プロジェクト☆The Soultrend Orchestra『84 King Street』
84 King Street
発表年:2017年
ez的ジャンル:イタリア産アーバン・ディスコ
気分は... :伊達男のN.Y.ディスコ

今回は新作アルバムからイタリア産アーバン・ディスコ作品The Soultrend Orchestra『84 King Street』です。

The Soultrend Orchestraは、イタリア人キーボード奏者/コンポーザー/アレンジャーPapikことNerio Poggiによる新プロジェクト。

これまで当ブログで紹介したPapik作品は以下の4枚。

 『Rhythm of Life』(2009年)
 『Music Inside』(2012年)
 『Papik Presents: Cocktail Martino - A Tribute To Bruno Martino』(2013年)
 『Sounds for the Open Road』(2014年)

これまでポップ・ジャズ・プロジェクト的な色合いが強かったPapik名義の作品に対して、The Soultrend Orchestraはアーバン・ディスコにアプローチしたプロジェクトです。

1stアルバムのタイトル『84 King Street』は、伝説のDJ、故Larry LevanのホームグラウンドParadise Garageのあった通りの名称です。

プロデュースはPapikLuigi di Paola

アルバムにはPapikでお馴染みのEly Brunaをはじめ、Dario DaneluzFrankie Lovechio等多彩なシンガーがフィーチャリングされています。

「Waiting For Your Love」Totoのカヴァー)、「Boogie Oogie Oogie」A Taste Of Honeyのカヴァー)以外はPapikらのオリジナルです。

全20曲というPapikらしいボリューム感ですが、全編Papikらしいアレンジ・センスが冴えるN.Y.アーバン・ディスコ/ソウルへのオマージュを楽しむことができます。

人気レーベルIrmaからのリリースです。

全曲紹介しときやす。

「King Of The Dancefloor」
More Blondeをフィーチャー。軽やかなディスコ・サウンドと鮮やかなストリングスがあの時代のN.Y.ディスコへタイムスリップさせてくれるオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=AZbFNdCaERc

「Real Information」
Ely Bruna、Eli Thompsonをフィーチャー。Papikらしいポップ・ジャズ経由のアーバン・ディスコに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=0QOM9owRGXg

「Dancing」
Groovy Sistasをフィーチャー。Chic「Good Times」とマッシュアップして聴きたくなる華やかなアーバン・ディスコです。
https://www.youtube.com/watch?v=xkUgER3uPuw

「A Dream In Your Heart」
Dario Daneluzをフィーチャー。Papikらしいアレンジ・センスとDario Daneluzの艶のある男性ヴォーカルが見事にフィットしたメロウ・ダンサブル・チューンに仕上がっています。かなり僕好み!
https://www.youtube.com/watch?v=67A7dQVv-Cc

「Fire」
Frankie Lovecchioをフィーチャー。オトナな雰囲気のアーバン・ソウルはAOR好きの人にもフィットするのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=sXY4qx61QP0

「Shiver」
Frankie Pearlをフィーチャー。Frankie Pearlのハスキー・ヴォーカルが映えるディスコ・チューン。切ない雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=CdmmM0_SgrM

「Waiting For Your Love」
Anna Fondiをフィーチャー。Toto作品をカヴァー(Bobby Kimball/David Paich作)。アーバンなミディアム・ソウルに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=TeHcdH7bfY8

「We Use To Live Together」
Adika Pongoをフィーチャー。ラテン・フレイヴァーを効かせたディスコ・チューン。Papikらしいポップなアレンジ・センスをディスコ・サウンドに活かしています。
https://www.youtube.com/watch?v=mwyfCCGtZV8

「Break It」
Frankie Lovecchioをフィーチャー。伊達男のディスコ・サウンドといった趣が格好良い1曲。Papikらしい仕上がりだと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=s7aF96SPC8I

「No More Missing You」
Groovy Sistasをフィーチャー。カッティング・ギター&パーカッションの疾走感が心地好い、N.Y.フィーリングのアーバン・ディスコ。かなり僕好み。
https://www.youtube.com/watch?v=vol_g1A7WWk

「Living Together」
Isabella Cananaをフィーチャー。素敵なアレンジのアーバン・メロウ。初めて聴くのに懐かしい!AOR好きの人もチェックを!
https://www.youtube.com/watch?v=OUwrKqoekaM

「My Love Is Real」
Janine Johnson、Eli Thompsonをフィーチャー。男女ヴォーカルによる爽快アーバン・ディスコ。Papikらしいアレンジを楽しめます。トランペット・ソロもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=Z07LupUeuZQ

「Don'T You Ever Loose It」
Frankie Lovecchioをフィーチャー。ロマンティックなストリングスが印象的なアーバン・メロウ。Frankie Lovecchioのヴォーカルとフィットしています。
https://www.youtube.com/watch?v=J3TPDG3aFyc

「84 King Street」
Groovy Sistasをフィーチャー。軽快なギター・カッティングと共にスタートする華やかなディスコ・チューン。天国でLarry Levanもニンマリしているのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=U3sCl0hUjMs

「The Game」
Anna Fondiをフィーチャー。鮮やかなホーン・サウンドをはじめ、メリハリのあるアレンジが冴える爽快アーバン・ディスコ。
https://www.youtube.com/watch?v=yfUVO631XUs

「My Final Fantasy」
Dario Daneluzをフィーチャー。EW&F「Boogie Wonderland」ライクな雰囲気が心地好いアーバン・ディスコ。
https://www.youtube.com/watch?v=ElUX8xZbvLI

「The Look In Your Eyes」
Frankie Lovecchio、Letizia Liberatiをフィーチャー。オトナのメロウ・バラードをしっとりと歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=zQn130JUzwo

「Boogie Oogie Oogie」
Frankie Pearlをフィーチャー。A Taste Of Honeyの大ヒットしたダンス・クラシックをカヴァー。オリジナルの雰囲気を大切にしつつ、Papikらしいセンスをさり気なく散りばめています。
https://www.youtube.com/watch?v=P2NG8pzyZVw

「The Journey Of Your Life」
Groovy Sistasをフィーチャー。疾走するアーバン・ダンサー。Papik流のN.Y.ディスコ・サウンドを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=1d1PjUmHtI0

「Shiver (Papik 80's Remix)」
「Shiver」のリミックス。80年代モードのブギー・ディスコ・サウンド全開で楽しませてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=dFH0HyRDiCw

Papik関連の他作品もチェックを!

『Rhythm of Life』(2009年)
Papik - Rhythm Of Life

『Music Inside』(2012年)
Music Inside

『Papik Presents: Cocktail Martino - A Tribute To Bruno Martino』(2013年)
カクテル・マルティーノ ~ ブルーノ・マルティーノ・トリビュート・アルバム (papik presents COCKTAIL MARTINO ~ tribute to Bruno Martino) [輸入盤]

『Sounds for the Open Road』(2014年)
Sounds for the Open Road

『Cocktail Mina』(2016年)
Cocktail Mina

『Papik Smooth Experience』(2016年)
Papik Smooth Experience

Papik & Yuma『Lupin III (L'avventura Italiana)』(2016年)
Lupin III Original Soundtrack - L'avventura Italiana

『Cocktail Battisti』(2016年)
Cocktail Battisti

Papikが全編アレンジを手掛けたEly Brunaの作品もチェックを!

Ely Bruna『Remember the Time』(2010年)
Remember the Time

Ely Bruna『Synesthesia』(2015年)
Synesthesia
posted by ez at 01:42| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

J. Lamotta Suzume『Concious Tree』

揺らめくメロウ・サウンドが魅力の次世代ネオソウル☆J. Lamotta Suzume『Concious Tree』
コンシャス・トゥリー
発表年:2017年
ez的ジャンル:ベルリン産次世代ネオソウル
気分は... :最悪の出来事・・・

最悪の出来事があり、正直ブログ書いている状況ではありません。
しかしながら、2日連続で休みたくないので、気力を絞ってエントリーします。

新作アルバムからイスラエル出身の女性アーティストJ. Lamotta Suzumeのデビュー・アルバム『Concious Tree』です。

J. Lamotta Suzumeはイスラエル、テルアビブ出身のビートメイカー、シンガー/ラッパー。自ら楽器も演奏します。テルアビブでモロッコ系の両親の元に生まれ、現在はベルリンを拠点にしています。

国内盤CDではわざわざ"Suzume"を"すずめ"と表記していますが、日系と誤解するような紛らわしいことは止めてほしいですね。

2015年頃からデジタル配信で作品をリリースしており、最近ではThe Dizzy Sparrowというバンド名義での活動も行っています。

そんな彼女のデビュー・アルバムが本作『Concious Tree』です。ドイツの気鋭レーベルJakarta Recordsです。

Hiatus KaiyoteJordan RakeiMoonchildに通じる次世代ネオソウル感覚と、J Dillaを敬愛するビートメイカーとての才をうまく調和させながら、独自の次世代メロウ・ワールドを展開します。

キュートな彼女のヴォーカルはErykah Badu好きの人も気に入るのでは?

全体としては、揺らめくメロウ・サウンドが魅力の次世代ネオソウルといった印象です。ジャジーHip-Hop的センスも冴えています。

とにかくアルバム全編から伝わってくるメロウなヴァイヴスに癒されます。

次世代ネオソウルにご興味がある方はぜひチェックを!

Introducing J.Lamotta Suzume『Conscious Tree』
https://www.youtube.com/watch?v=svgsWsv38FY

全曲紹介しときやす。

「Dig It - Intro」
ビートメイカー的センスと次世代ネオソウルのエッセンスを感じるイントロ。彼女のルーツであるモロッコ的な雰囲気のマッタリ感がいいですね。

「Don't Take Us To The Bottom」
コケティッシュなヴォーカルにグッとくる次世代ネオソウル。Moonchildあたりが好きな人も気に入るのでは?

「Expressing Myself」
少しフューチャリスティックなメロウ・サウンドが心地好いネオソウル・チューン。揺らめくメロウ・サウンドと彼女の自然体のヴォーカルがよく調和しています。
https://www.youtube.com/watch?v=d5cVjh3IdYU

「Who Is Who」
ジャジー&メロウなトラックに乗って、彼女のラップを満喫できます。また、自らポケットトランペットを吹き、サウンドにアクセントをつけています。

「Purple Attitude」
The Dizzy Sparrowの仲間であるMartin Busl Staunstrupとの共作。フルートが揺らめく幻想的なジャジー・トラック。ビートメイカーとしての才を楽しみましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=1LUF5IJUrIk

「Koalala You」
コケティッシュなヴォーカルの魅力が映える次世代ネオ・ソウル。揺らぎのあるドリーミー・サウンド、ピアノのサンプリングが印象的です。

「Chance」
メロウなアコースティック・ギターがナビゲートするメロウ・チューン。ブラジリアン・メロウとセットで聴くのもいいかも?トロンボーンのアクセントがいいですね。

「Everybody Needs The Sunshine」
タイトルおよびサウンドも含めてRoy Ayers Ubiquity「Everybody Loves The Sunshine」を意識した楽曲でしょうね。彼女らしい揺らめくメロウ・サウンドを満喫できます。

「Deal With That」
Roni Meir & Noritsuをフィーチャー。アコースティックな質感の中に彼女のモロッコDNAを織り交ぜたメロウ・チューン。独特の味わいがあって実にいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=ogJpIHFio5s

「Purple Attitude II」
ロンドン出身の男性ラッパーTeknical Development. Isをフィーチャーした「Purple Attitude」のパート2。畳み掛けるラップと幻想的なジャジー・トラックのコントラストがいいですね。

気力を絞って書きましたが、ダウナー・モードは変わらず・・・
こんな日は早く寝ようっと。
posted by ez at 01:04| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

Submotion Orchestra『Kites』

UKソウル・コレクティブによる10のサウンドスケープ☆Submotion Orchestra『Kites』
カイツ
発表年:2016年
ez的ジャンル:サウンドスケープ系UKエレクトロニカ
気分は... :音の美学・・・

今回は人力ダブステップ・バンドとして注目を浴びてきたUKのソウル・コレクティブSubmotion Orchestraの最新作『Kites』です。

Ruby Wood(vo)、Simon Beddoe(tp、flh、horn arr)、Taz Modi(key、strings arr)、Chris Hargreaves(b、syn b)、Danny Templeman(per)、Tommy Evans(ds)、Dom Howard(producer、engineer)という7組、Submotion Orchestraに関して、これまで当ブログで紹介してきたのは以下の3枚。

 『Finest Hour』(2011年)
 『Alium』(2014年)
 『Colour Theory』(2016年)

5thアルバムとなる本作『Kites』は、自身のレーベルSMO Recordingsからの初作品となっています。

本作はインナーに示されているように、抽象的な10枚の写真をモチーフに音を創り上げたサウンドスケープ作品に仕上がっています。簡素ながらもエコーやリヴァーブといったエフェクトを駆使した美しくも深淵な音世界を満喫できます。

このユニットの1つの音楽的な頂点を極めたと感じるSubmotion Orchestraの美学が貫かれたアートな音像作品です。

目を閉じて美しい音世界を聴いていると、知らず知らずのうちにサウンドに没頭でき、自分の中にさまざまな心象風景が浮かんできます。

とりあえず「Prism」「Variations」「Kites」「Youth」あたりを聴くと、本作の魅力を実感できると思います。

さぁ、この美しいサウンドスケープに心を委ねてみましょう!

全曲紹介しときやす。

「Prism」
白昼夢のような幻想の音世界を楽しめるオープニング。UKクラブミュージックらしいジャズ・フィーリングが効いています。
https://www.youtube.com/watch?v=FlQ3AuD2UAw

「Variations」
余白の音創りが素晴らしい1曲。余白が大きい分、シンセ・ベースやストリングスの効果が抜群です。軽くパーカッシヴなのも僕好み。
https://www.youtube.com/watch?v=LKNsRoa4Vg0

「Night」
子守歌のようなRubyの優しいヴォーカルと美しいピアノの響きに包み込まれた後、少しダークな夜の闇へ突入していきます。
https://www.youtube.com/watch?v=XOZBjvFTY-A

「Kites」
まさに凧のようにユラユラと揺らめく音世界が展開されます。まさにこのバンドならでは完成度の高いオーケストラ的サウンドを満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=Oun-tJQbcLo

「Bridge」
エフェクトを駆使した音の間が絶妙なサウンドスケープらしいサウンドを楽しめるインスト。無機質なリズムと人肌の温もりも感じるピアノ&ホーンの組み合わせがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=sB6o1qj-Gos

「Own」
Rubyの祈りのようなヴォーカルが心の奥まで響くビューティフル・バラード。心を浄化してくれる素敵な1曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=APKX6EixE88

「Branches」
ストリングスを効果的に配した美しい音世界。クラブミュージック的な音に、ストリングスを効果的に織り交ぜることができるのがこのユニットのセンスですね。
https://www.youtube.com/watch?v=07FnTC3fhVo

「Youth」
このユニットの音の美学を満喫できる1曲。僕の一番のお気に入り。聴いているだけ無垢な気持ちになれるサウンド・マジックに魅了されます。
https://www.youtube.com/watch?v=br9P7LlVTbQ

「Tunnel」
少しダークな質感のインスト。ダンサブルという観点ではアルバムで最も"動"のサウンドかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=8Bazglts4DM

「Alone」
ラストは静寂に包まれた内省的な雰囲気で締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=HzbhuRfAyrw

Submotion Orchestraの他作品もチェックを!

『Finest Hour』(2011年)
Finest Hour

『Fragments』(2012年)
フラグメンツ

『Alium』(2014年)
Alium [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC448)

『Colour Theory』(2016年)
Colour Theory
posted by ez at 01:50| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

Donn T『Flight of the Donn T』

?uestloveの妹の2ndアルバム☆Donn T『Flight of the Donn T』
Flight of the Donn T
発表年:2015年
ez的ジャンル:オルタナR&B
気分は... :ムーンライト・・・

今回は?uestloveThe Roots)の妹としても知られる女性R&BアーティストDonn Tの2ndアルバム『Flight of the Donn T』(2015年)です。

フィラデルフィア出身の女性R&BシンガーDonn T(本名:Donn Thompson)の紹介は、1stアルバム『Kaleidoscopic』(2010年)に続き2回目となります。

前作『Kaleidoscopic』(2010年)が兄?uestloveに負けないキャラ立ちしたクラブ・ミュージック寄りのエレクトリックなフューチャー・ソウル作品であったのに対して、2ndとなる本作『Flight of the Donn T』(2015年)は、ロック、ポップス、ジャズ、ブルースのエッセンスを取り入れた落ち着きのあるオトナのオルタナR&B作品に仕上がっています。

プロデュースはDonn T本人と彼女の夫であるマルチ・インストゥルメント奏者Jake Morelli

さらに、兄?uestlove、フィリー出身のプロデューサー/ドラマーSteve McKie、多数の有名アーティストに楽曲提供しているMike McHenryも参加しています。

派手さのあるアルバムではありませんが、1曲1曲バラエティに富み、聴くほどに味わいが増す1枚です。意外にバラード系に引き込まれます。

全曲Donn Tのオリジナルです(共作含む)。

全曲紹介しときやす。

「Last Breath」
抑えたトーンながらも、本作らしいオルタナ感を楽しめるオープニング。余白の音空間創りが実にクールです。

アルバムには未収録ですが兄?uestloveによるリミックスもあります。
「Last Breath (Questlove Remix)」
https://www.youtube.com/watch?v=QytdF9foADs

「I Recognize」
エレクトリックなダンサブル・サウンドが印象的です。前作のDonn Tっぽいハイパー感です。

「Fly」
この曲はDonn Tというより旦那Jake Morelliのソリッドなギターが主役です。

「What's Beautiful」
アコースティック・ギターとベースのみのバッキングによるブルージーな仕上がり。まるでCassandra Wilsonのようです。

「Rainbow Girl」
トロンボーンの音色によるイントロが印象的なノスタルジック・モードのソウル・チューン。

「Viva」
少し抑えた哀愁モードながらも、ソリッドな疾走感が格好良い1曲。本作らしいオルタナ感を楽しめます。

「To the Moon, Alice!」
Jake Morelliによる落ち着いたバッキングがDonn Tのヴォーカルをしっかりサポートするオトナのジャジー・ソウル。

「Midnight」
Jill Scottも出演していた映画『With This Ring』(2015年)の挿入歌。ポジティヴ・ヴァイヴが伝わってくる素敵なビューティフル・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=FzxDiB0rcmg

「Bother Me」
兄?uestloveがドラムを叩く、哀愁バラードをしっとりと歌い上げます。

「Elevator」
少しダークで抑えたトーンの哀愁ソウル。聴けば聴くほど味わいが増します。

「Waiting」
ラストは映画『I Will Follow』(2010年)の挿入歌。抑えた語り口で哀愁のメロディを歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=Lldv_49z8-o

『Kaleidoscopic』(2010年)
Kaleidoscopic
posted by ez at 02:38| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

Matador! Soul Sounds『Get Ready』

現行ジャズ・ファンクの強力ユニット誕生!☆Matador! Soul Sounds『Get Ready』
ゲット・レディ
発表年:2018年
ez的ジャンル:現行ジャズ・ファンク
気分は... :テキーラ!テキーラ!テキーラ!

新作アルバムから現行ジャズ・ファンクの強力ユニットの1stアルバムMatador! Soul Sounds『Get Ready』です。

Matador! Soul Soundsは、UKの人気ジャズ・ファンク・バンドThe New Mastersoundsの中心人物であるギタリストEddie RobertsとN.Y.のジャズ・ファンク・バンドSouliveのドラマーAlan Evansを中心に結成されたジャズ・ファンク・ユニット。

この2人に加え、Chris Spies(key)、Kevin Scott(b)、Kim Dawson(vo)、Adryon de Leon(vo)がこのユニットに参加しています。

アルバムは現行ジャズ・ファンクの魅力が凝縮されたような作品に仕上がっています。殆どの曲にソウルフルな女性ヴォーカルが入っているので、インスト中心という理由でジャズ・ファンク作品を敬遠している人も楽しめる1枚だと思います。ユニット名にもある闘牛士のような格好良さがあります。

個人的なおススメは「Get Ready」「Stingy Love」「Anything For Your Love」「El Dorado」「Move Move Move」あたりですかね。

「Computer Love」(Kraftwerkのカヴァー)、「Move Move Move」(Alan Parker & Alan Hawkshawnのカヴァー)以外はメンバーのオリジナルです。

グルーヴィーなジャズ・ファンク好きの方は、ぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Get Ready」
シングル・カットもされたタイトル曲。パワフルなジャズ・ファンク・グルーヴとソウルフル女性ヴォーカルが織り成すグループの名刺代わりのオープニングです。
https://www.youtube.com/watch?v=ydS7sNA_8Aw

「Stingy Love」
シンプルながらもスリリングなグルーヴが女性ヴォーカル陣の格好良さを引き立てます。聴けば聴くほど魅了される1曲です。

「Too Late」
現行ジャズ・ファンクらしいロウ・ファンク。女性ツイン・ヴォーカルならではの臨場感がいいですね。

「The State Of Affairs」
Alan Evansの格好良いブレイクを存分に堪能できるダンサブル・ジャズ・ファンク。軽やかなEddie Robertsのギター・プレイもグッド!

「Anything For Your Love」
グルーヴィーなオルガン・サウンドが印象的なファンキー・ソウル。女性ヴォーカル陣がパワフルなヴォーカルで盛り上げてくれます。

「Mr Handsome」
推進力がありつつもリラックスしたソウル・ジャズ・グルーヴを楽しめるインスト。Alan Evansのブレイクもキマっています。
https://www.youtube.com/watch?v=GxOZk7ZWJ90 ※ライブ音源

「El Dorado」
ここではAlan Evansがヴォーカルも務めます。現行ジャズ・ファンクならではドープな格好良さが詰まっている僕好みの1曲です。

「Cee Cee」
ソウルフルな女性ヴォーカルが映える1曲。Eddie Robertsのソロも存分に楽しめます。

「Soulmaro」
軽快なテンポで疾走するギター・プレイの映える1曲です。

「Covfefe」
雰囲気のある女性ヴォーカル陣とパワフルなジャズ・ファンク・グルーヴが噛み合った臨場感のある演奏です。

「Theme For A Private Investigator」
ドラム・ブレイクと共に始まるスリリングなジャズ・ファンク。刑事アクション映画のサントラとかにフィットしそうです。

「Computer Love」
本編のラストは意外にもドイツの電子音楽の雄Kraftwerkのカヴァー。オリジナルは『Computer World』(1981年)に収録されています。テクノ・ポップ名曲をジャズ・ファンク・スタイルでカヴァーするセンスが心憎いですね。

ここからの2曲はボーナス・トラック。

「Ludvig」
The Metersばりの骨のあるファンキー・グルーヴで楽しませてくれます。

「Move Move Move」
Alan Parker & Alan Hawkshawnのカヴァー。オリジナルは『Music For A Young Generation』(1971年)に収録されています。ここではアッパー&アグレッシブなジャズ・ファンク・サウンドで弾けています。

Eddie Roberts関連の過去記事もご参照下さい。

The New Mastersounds『Therapy』(2014年)
セラピー

Eddie Roberts & Freckles『Move』(2010年)
ムーヴ
posted by ez at 01:33| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする