2018年07月09日

特別企画:『Jazz The New Chapter 5』が発売になりました・・・

話題の"今ジャズ"ムック本の第5弾『Jazz The New Chapter 5』が先月発売されました。

発売直後に購入したのですが、気分がW杯モードで未読のまま家の本棚に放置していました。W杯が終盤に入り、ようやく『Jazz The New Chapter 5』にちゃんと目を通すことができました。

『Jazz The New Chapter 5』
Jazz The New Chapter 5 (シンコー・ミュージックMOOK)

『Jazz The New Chapter』(上段左)
『Jazz The New Chapter 2』(上段右)
『Jazz The New Chapter 3』(下段左)
『Jazz The New Chapter 4』(下段右)
Jazz The New Chapter~ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平 (シンコー・ミュージックMOOK)Jazz The New Chapter 2 (シンコー・ミュージックMOOK)
Jazz The New Chapter 3 (シンコー・ミュージックMOOK)Jazz The New Chapter 4 (シンコー・ミュージックMOOK)

当ブログでは、これまで3回、『Jazz The New Chapter』絡みの記事をエントリーしています。

2014年9月30日
 『Jazz The New Chapter(JTNC)強化月間のおわりに』
2015年9月16日
 特別企画:『Jazz The New Chapter 3』が発売になりました・・・
2017年3月30日
 特別企画:『Jazz The New Chapter 4』掲載ディスクのご紹介

特に、2014年9月に"Jazz The New Chapter(JTNC)強化月間"と称して、『Jazz The New Chapter』および『Jazz The New Chapter 2』の掲載ディスクを集中的に紹介し、そのまとめ的な記事『Jazz The New Chapter(JTNC)強化月間のおわりに』は、大きな反響をいただきました。

そんな流れで、『Jazz The New Chapter 5』についても触れておきたいと思います。

以前にも書きましたが、僕自身はJazz The New Chapter(JTNC)の熱狂的な信奉者というわけではなく、手放しでこのムック本の内容を支持しているわけではありません。特に『Jazz The New Chapter 3』あたりから、音楽シーンの新しい動きを無理矢理"JTNC"という枠に押し込めようとする窮屈さを感じ、批判的な視点も含めてスクエアなスタンスでJTNCを眺めるようにしています。

その意味で今回の『Jazz The New Chapter 5』は、"JTNC"という枠組みの押し付けは目立たず、注目の"今ジャズ"ミュージシャンのインタビュー中心の構成が好感持てました。評論家が不用意な主張をするよりも、重要ミュージシャンの生の声を届けてくれる方が、読者が時代の流れを的確に感じることができると思います。

個人的には、Shabaka HutchingsをはじめとするUKジャズが大きく取り上げられることを期待していたのですが、その部分は完全に肩透かしでした(UKジャズに関する記事も僅かながらありましたが)。

まぁ、僕のようなニーズの人間は『Jazz The New Chapter 5』ではなく、『別冊ele-king カマシ・ワシントン/UKジャズの逆襲』を購入すればいいのでしょうが(笑)

『別冊ele-king カマシ・ワシントン/UKジャズの逆襲』
別冊ele-king カマシ・ワシントン / UKジャズの逆襲 (ele-king books)


◆『Jazz The New Chapter 5』掲載ディスクの紹介

『Jazz The New Chapter 5』でセレクトされた120作品から、当ブログでもエントリー済みの作品を紹介したいと思います。

Thundercat『Drunk』(2017年)
Drunk [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤]  (BRC542)
「Friend Zone」
https://www.youtube.com/watch?v=FqE_H1A-8B4

Moonchild『Voyager』(2017年)
Voyager [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (BRC549)
「Cure」
https://www.youtube.com/watch?v=Ic1rvQ44gFc

Terrace Martin Presents The Pollyseeds『Sounds Of Crenshaw Vol. 1』(2017年)
Sounds of Crenshaw, Vol.1 [日本語解説つき]
「Funny How Time Flies」
https://www.youtube.com/watch?v=C0pVmsrg814

Christian Scott aTunde Adjuah『The Emancipation Procrastination』(2017年)
The Emancipation Procrastination
「Videotape」
https://www.youtube.com/watch?v=7-9-E0SOfMI

Chris Dave And The Drumhedz『Chris Dave And The Drumhedz』(2018年)
クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ
「Destiny N Stereo」
https://www.youtube.com/watch?v=PSyB5rtMgSs

Sons Of Kemet『Your Queen Is A Reptile』(2018年)
Your Queen Is A Reptile
「My Queen is Harriet Tubman」
https://www.youtube.com/watch?v=twjaSC5Ym9s

Mabuta『Welcome To This World』(2018年)
Welcome To This World [Daedelusによるリミックス音源のダウンロードコードつき]
「Welcome To This World」
https://www.youtube.com/watch?v=Zd8vWwi8Q1g ※スタジオ・セッション

R+R=Now『Collagically Speaking』(2018年)
コラージカリー・スピーキング
「Change Of Tone」
https://www.youtube.com/watch?v=GUDTso9yZ64

Kamasi Washington『Heaven And Earth』(2018年)
HEAVEN & EARTH
「Street Fighter Mas」
https://www.youtube.com/watch?v=LdyabrdFMC8


◆独断でセレクト!裏『Jazz The New Chapter 5』作品

『Jazz The New Chapter 5』から離れますが、今回本当に書きたかった部分はココから(笑)。

当ブログで紹介した作品で『Jazz The New Chapter 5』のセレクトから漏れたものの、個人的に"コレこそJTNCじゃねぇ"と思うディスクを独断で裏『Jazz The New Chapter 5』としてセレクトしました。
※『Jazz The New Chapter 4』発売以降のエントリーに限定しています。

Richard Spaven『The Self』(2017年)
ザ・セルフ
「The Self」(feat. Jordan Rakei)
https://www.youtube.com/watch?v=YattHO96UzI
『ezが選ぶ2017年の10枚』にもセレクトした現行ジャズとクラブジャズを行き来するUKの敏腕ドラマーの意欲作。これまでJTNCでも注目してきたミュージシャンであるにも関わらず、『Jazz The New Chapter 5』では完全にスルーされていましたね。何故だろう?

Dwight Trible With Matthew Halsall『Inspirations』(2017年)
インスピレーションズ(with マシュー・ハルソール)
「Tryin' Times」
https://www.youtube.com/watch?v=KSbSTH3Ly3U
Build An ArkThe Life Force TrioといったL.A.ジャズ作品でお馴染みのUS黒人男性ジャズ・シンガーDwight TribleがUKジャズ・トランぺッターMatthew Halsallと共演したアルバム。Matthew HalsallはGoGo Penguinの1st、2ndアルバムをリリースしたインディペンデント・レーベルGondwana Recordsの主宰者でもあります。この2人の顔合わせというだけでも十分にJTNCですよね。

30/70『Elevate』(2017年)
エレヴェイト
「Nu Spring」
https://www.youtube.com/watch?v=R0TZN_YQAZ0
Hiatus KaiyoteJordan RakeiがJTNCならば、このオージー・ソウル・コレクティヴも十分JTNCだと思います。音を聴けば、前述の2アーティスト以上に"今ジャズ"らしさがあるのが分かると思います。

The Breathing Effect『The Fisherman Abides』(2017年)
The Fisherman Abides (ザ・フィッシャーマン・アバイズ)
「Water Static (Blinding Phoenix)」
https://www.youtube.com/watch?v=WP0W01Rlgc4
前作『Mars Is a Very Bad Place for Love』(2015年)は『Jazz The New Chapter 4』でセレクトされていましたが、最新作である本作は選外に・・・。こういうのこそ進化形ジャズだと思いますが!!!

Aron Ottignon『Team Aquatic』(2017年)
Team Aquatic
「Waves」
https://www.youtube.com/watch?v=ulX0sA6fxRM
実力派ジャズ・ピアニストAndrew Hillの手ほどきを受けたこともあるニュージーランド出身ジャズ・ピアニストのデビュー作。スティール・パン、プログラミング&エレクトロニクスを駆使した独自の今ジャズを満喫できます。

Zara McFarlane『Arise』(2017年)
Arise [帯解説 / 国内仕様輸入盤CD] (BRBW162)
「Pride」
https://www.youtube.com/watch?v=qGSe9eF1WtQ
UKジャマイカンの女性ジャズ・シンガーの最新作。Moses Boydプロデュース、Shabaka Hutchings参加という点も含めて、UKジャズの今を知るうえで欠かせない1枚だと思いますが・・・

Mike Lebrun『Shades』(2017年)
シェイズ
「Click 'n' Slap」
https://www.youtube.com/watch?v=L_daPLOmwN8
L.A.を拠点とするマルチリード奏者の初の単独アルバム。Moonchildの紅一点ヴォーカリストAmber Navranもフィーチャリングされています。

Blue Lab Beats『Xover』(2018年)
クロスオーヴァー
「Blue Skies」
https://www.youtube.com/watch?v=xsTp_29XkW8
南ロンドンを拠点とするUKジャズ新世代ミュージシャンが大挙して参加した期待のUKビートメイキング・デュオのデビュー作。"ロンドン新世代からUS今ジャズへの返答"とでも呼びたくなる1枚です。

Joe Armon-Jones『Starting Today』(2018年)
Starting Today [帯解説 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC572)
「Starting Today」
https://www.youtube.com/watch?v=mdz9jHg-mWM
南ロンドンの注目アフロ・ジャズ・ファンク・バンドEzra Collectiveのキーボード奏者の初ソロ・アルバム。南ロンドン新世代ジャズの魅力を余すことなく伝えてくれる1枚だと思います。

結局、UKジャズをはじめとするUSジャズ以外の作品が殆どです。今が旬のUKジャズをどのように捉えるのか?ですかね。

個人的にはShabaka And The AncestorsのメンバーやUSトランぺッターTheo Crokerも参加したNicola Conte & Spiritual Galaxy『Let Your Light Shine On』(2018年)あたりももJTNC的だと思います。ただし、JTNCでは一貫して無視されているNicola Conteに対しては先入観で拒否反応する人がいるかもしれないので、ひとまず裏『Jazz The New Chapter 5』作品のリストからは外しておきました。しかしながら、先入観なしにぜひチェックして欲しいですね。

まぁ、あれこれ書きましたが、『Jazz The New Chapter 5』は進化形ジャズやブラック・ミュージックに興味がある方ならば、一読の価値がある面白いムック本だと思います。
posted by ez at 00:47| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

『特別企画:ロシアW杯出場国のアーティストたち』

サッカーW杯、昨晩の「日本対セネガル」は興奮しましたね。

また、「コロンビア対ポーランド」のH組サバイバル・ゲームもかなり面白かったです。ポーランドに完勝したコロンビアを見て、数的優位になったとはいえ、よくこんなチームに勝てたな!と改めて西野ジャパンの偉業に感慨深い気持ちになりました。

日々W杯に夢中のため、なかなか記事を書く気持ちになれません(笑)
そこで今日はサボり企画で、ロシアW杯出場チームの中から印象に残る10カ国の出身アーティストを過去記事からセレクトしてみました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入ったアーティストがあれば過去記事もご参照下さい。

メキシコ
Nortec Collective Presents: Bostich+Fussible「Camino Verde」
https://www.youtube.com/watch?v=fhW1C1it9Lk
From 『Motel Baja』(2014年)
Motel Baja

フランス
Les Nubians「Les Gens」
http://www.youtube.com/watch?v=eipKVla1cBY
From 『Nu Revolution』(2011年)
Nu Revolution

ベルギー
Selah Sue「Peace Of Mind」
http://www.youtube.com/watch?v=9gnabY-75m8
From (2011年)
Selah Sue

デンマーク
Gangway「You And Yours」
http://www.youtube.com/watch?v=NpSqF31eA5o
From 『Happy Ever After』(1992年)
Happy Ever After

スペイン
Malena「No Llores Mas」
https://www.youtube.com/watch?v=GwE5gj1so9g
From 『Fried Samba』(2008年)
Fried Samba

ポルトガル
Guida De Palma & Jazzinho「Papao」
https://www.youtube.com/watch?v=R2uHqwV3-hg
From 『Veludo』(2013年)
ビロード

ナイジェリア
Tony Allen「Black Voices」
http://www.youtube.com/watch?v=4jrEI41mOFE
From 『Black Voices Revisited』(2010年)
BLACK VOICES : REVISITED (10TH ANNIVERSARY REISSUE)

セネガル
Youssou N'Dour「The Lion/Gaiende」
https://www.youtube.com/watch?v=2hYI_Hfqc7A
From 『The Lion』(1989年)
The Lion

コロンビア
Quantic & Nidia Gongora「Que Me Duele?」
https://www.youtube.com/watch?v=KFEC9XeAMW8
From 『Curao』(2017年)
Curao [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC547)

ウルグアイ
Diane Denoir「Mejor Me Voy」
https://www.youtube.com/watch?v=IvPZBKtLAbk
From 『Diane Denoir』(1973年)
diane denoir_diane denoir.jpg
posted by ez at 01:34| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

『今の気分は...2018年6月19日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

昨日のメキシコの感動的な勝利を見たら、気分はラテン・モードです。

チカーノ系や南米を中心にのラテン・グルーヴを10曲セレクトしました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

Jorge Santana「We Were There」
https://www.youtube.com/watch?v=OYqeSNfnUlw
From 『Jorge Santana』(1978年)
ホルヘ・サンタナ

Coke Escovedo「I Wouldn't Change A Thing」
https://www.youtube.com/watch?v=wpkxhDD3t2g
From 『Comin' At Ya』(1976年)
Comin at Ya

Barrabas「Movi'on」
http://www.youtube.com/watch?v=U2k748mAMp4
From 『Barrabas(Watch-Out)』(1976年)
Watch Out

Azteca「Watcha Gonna Do」
https://www.youtube.com/watch?v=_0s2EgC7Guw
From 『Pyramid Of The Moon』(1973年)
月のピラミッド(紙ジャケット仕様)

Sapo「Can't Make It」
https://www.youtube.com/watch?v=N1JKTdEh9M8
From 『Sapo』(1974年)
サポ

Cesar「Gotta Get Away」
https://www.youtube.com/watch?v=uxUK89yvhEQ
From 『Cesar 830』(1975年)
Cesar 830

Aposento Alto「El Vendra (He's Coming)」
https://www.youtube.com/watch?v=m8Rnw7uffmo
From 『Goodby Old Friends』(1976年)
グッドバイ・オールド・フレンズ (GOODBY OLD FRIENDS) 紙ジャケット仕様

Black Sugar「Too Late」
http://www.youtube.com/watch?v=KBK4DLWfKuI
From 『Black Sugar』(1971年)
BLACK SUGAR

Santa Y Su Gente「Niebla 」
https://www.youtube.com/watch?v=NOompbHG4rc
From 『Urgente』(1974年)
ウルヘンテ

Santana「Toussaint L'Overture」
https://www.youtube.com/watch?v=Jli1gW37fqk
From 『Santana III』(1971年)
Santana III

さぁ、いよいよ「日本対コロンビア」が間近に迫ってきました。
明日の今頃は歓喜していたいなぁ・・・
posted by ez at 01:07| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

『今の気分は...2018年5月17日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

今回は2000年代からクロスオーヴァー感のある曲を中心に選んでみました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

Alice Russell「Take Your Time, Change Your Mind」
https://www.youtube.com/watch?v=pGuBA5Pqfeo
From 『Under The Munka Moon』(2004年)
Under Munka Moon

Silhouette Brown「Whose In Change」
https://www.youtube.com/watch?v=wUUBq1Y4Oq8
From 『Silhouette Brown』(2004年)
シルエット・ブラウン

Saravah Soul「Oil Is Thicker Than Blood」
http://www.youtube.com/watch?v=kpc4zqjHwl0
From 『Saravah Soul』(2008年)
Saravah Soul (TRUCD149)

Steve Spacek「Rapid Rate」
https://www.youtube.com/watch?v=gjRJxySTeiQ
From 『Space Shift』(2005年)
Space Shift

Julie Dexter「Like Ours」
https://www.youtube.com/watch?v=O9Ky-GHHQDU
From 『Conscious』(2004年)
Conscious

Da Lata「Serious」
https://www.youtube.com/watch?v=WEthEkILl7s
From Da Lata『Serious』(2003年)
Serious

Seu Jorge「Mangueira」
https://www.youtube.com/watch?v=HDjv_CfGVKQ
From 『Samba Esporte Fino』(2001年)
サンバ・エスポルチ・フィーノ

Moreno + 2「Enquanto Isso」
https://www.youtube.com/watch?v=7kMsPyh9ZFs
From 『Maquina de Escrever Musica』(2002年)
タイプライター・ミュージック

Fat Freddy's Drop「Roady」
https://www.youtube.com/watch?v=29MgzHUhHws
From 『Based On A True Story』(2005年)
ベイスド・オン・ア・トゥルー・ストーリー

The Black Seeds「Heavy Mono E」
https://www.youtube.com/watch?v=oP2oDer5mmk
From 『Into The Dojo』(2006年)
Into the Dojo
posted by ez at 01:35| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

『今の気分は...2018年4月5日編』

気分があまり乗らないので、過去記事から10曲セレクトするシリーズでご勘弁を。

無性に90年代R&Bが聴きたい気分です。メジャー・アーティストを中心に10曲セレクトしました。意識したわけではありませんが、結果的に1996年の作品が多くなりました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

Blackstreet「Happy Song (Tonite)」
https://www.youtube.com/watch?v=F50RE78U6PE
From 『Another Level』(1996年)
Another Level

Dru Hill「Do U Believe?」
https://www.youtube.com/watch?v=R6Pmx-P7iPc
From 『Dru Hill』(1996年)
Dru Hill

Babyface「Simple Days」
https://www.youtube.com/watch?v=Bd_oHG68yWk
From 『The Day』(1996年)
The Day

Maxwell「Sumthin' Sumthin'」
https://www.youtube.com/watch?v=vkRl_nLLoVg
From 『Maxwell's Urban Hang Suite』(1996年)
Maxwell's Urban Hang Suite

D'Angelo「Can't Hide Love」
https://www.youtube.com/watch?v=43wZbr5A8Fc
From 『Live At The Jazz Cafe, London』(1996年)
LIVE

Rahsaan Patterson「Where You Are」
https://www.youtube.com/watch?v=ttvYb6wcJSU
From 『Rahsaan Patterson』(1997年)
ラサーン・パターソン

Eric Benet「I'll Be There」
https://www.youtube.com/watch?v=dIYkd0bakQw
From 『True to Myself』(1996年)
True to Myself

Tony! Toni! Tone!「(Lay Your Head On My) Pillow」
https://www.youtube.com/watch?v=qf3o6EW8P0g
From 『Sons Of Soul』(1993年)
Sons of Soul

Solo「It's Such a Shame」
https://www.youtube.com/watch?v=jEwhQm_9dB8
From 『Solo』(1995年)
Solo

Jodeci「Good Luv」
https://www.youtube.com/watch?v=4tv1ibpyYHA
From 『The Show, The After Party, The Hotel』(1995年)
The Show, The After Party, The Hotel
posted by ez at 01:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする