2019年12月31日

『ezが選ぶ2019年の10枚』

年末最後のエントリーは、毎年恒例の年末特別編『ezが選ぶ2019年の10枚』です。今年購入した新譜CDからお気に入りの10枚を紹介します(順不同)。
※全て当ブログで紹介した作品です。作品の詳細は各エントリーをご参照下さい。

J.Lamotta Suzume『Suzume』
すずめ
「If You Wanna」
https://www.youtube.com/watch?v=VQu9vPC1GT4

Moonchild『Little Ghost』
Little Ghost [輸入盤CD] (TRUCD383)_792
「Too Much To Ask」
https://www.youtube.com/watch?v=G94JCbgAtRI

Steve Lacy『Apollo XXII』
Apollo XXI [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC604)
「Playground」
https://www.youtube.com/watch?v=g_ICWul5hqQ

Bain『Around The Sun』
bain around the sun.jpg
「Just Begun」
https://www.youtube.com/watch?v=55fyAJ2bATk

Jordan Rakei『Origin』
Origin [輸入盤CD] (ZENCD256)_742
「Mind's Eye」
https://www.youtube.com/watch?v=ZwdBaYxVyCI

The Pendoltons『2 Steps Away』
the pendoltons 2 steps away.jpg
「You Do You」
https://www.youtube.com/watch?v=qGuJwxByS-M

Lucas Arruda『Onda Nova』
オンダ・ノヴァ
「What I'd Do For Love」
https://www.youtube.com/watch?v=eEGjZnETOpk

Rubel『Casas』
カーザス CASAS
「Mantra」
https://www.youtube.com/watch?v=avRmAJE9jLI

Cykada『Cykada』
Cykada
「Dimnsion Stepper」
https://www.youtube.com/watch?v=dEX2RZVgPaU

Theon Cross『Fyah』
ファイア
「Activate」
https://www.youtube.com/watch?v=EaSFwZFiKOQ

イスラエル出身、ベルリンを拠点に活動する女性アーティストJ. Lamotta Suzumeの2nd、L.A.を拠点に活動する新世代ネオソウル・ユニットMoonChildの4th、どちらも僕の大好きな陽だまりのネオソウルを満喫できました。

L.A.の最注目R&BユニットThe Internet
の中心メンバーでもある若き才能Steve Lacyのソロ・デビュー作、ミネアポリスを拠点とするオルタナティヴ・ソウル・ユニットBainの2nd、オーストラリア出身、ロンドンを拠点とする男性SSW Jordan Rakeiの3rd、いずれも溢れる才能にグッときました。

今年も数多くリリースされたディスコ/ブギー・ファンク系からは西海岸のモダン・ファンク・デュオThe Pendoltonsの初アルバムをセレクト。アーバンな魅力も加味された僕好みの1枚でした。

ブラジルものからは2枚、フュージョン/AOR系のブラジリアン・メロウであったLucas Arrudaの3rd、『ラティーナ (Latina)』誌の2018年ブラジル・ディスク大賞の第1位になったリオ出身の男性SSW Rubelの2nd(国内盤CDは2019年発売)をセレクト。

今年も僕を虜にしたUK進化形ジャズからは、生音×エレクトロニクスのハイブリッド・ジャズを聴かせてくれた新世代UKジャズ・ユニットCykada、チューバという楽器の可能性を示してくれたTheon Crossをセレクト。いずれも刺激的な音でした。

以上10枚ですが、それ以外に特別賞として以下の3枚を追加しておきます。

更なるネクスト・レベルへ
Flying Lotus『Flamagra』
【メーカー特典あり】Flamagra [初回限定紙ジャケット仕様 / 解説・歌詞対訳 / ボーナストラック収録 / 国内盤] オリジナル肖像画マグネット付 (BRC595)
「Spontaneous」
https://www.youtube.com/watch?v=Yi67hQf2AjA

心機一転の会心作
Robert Glasper『Fuck Yo Feelings』
ファック・ヨ・フィーリングス
「This Changes Everything」
https://www.youtube.com/watch?v=jY_EZdcv2X0

リリース予告から7年目
Shafiq Husayn『The Loop』
shafiq husayn the loop.jpg
「May I Assume」
https://www.youtube.com/watch?v=jIeiV3Oy_QM

Brainfeederの総帥Flying Lotusの5年ぶりの新作。"永遠の炎"をコンセプトに、よりポップで聴きやすい音世界を届けてくれました。

進化形ジャズの牽引者Robert GlasperLoma Vista移籍第一弾は、Robert Glasper Experiment(RGE)時代の盟友Derrick Hodge(b)、Chris Dave(ds)の参加が嬉しかったですね。

Sa-Ra Creative PartnersのメンバーShafiq Husaynの2ndソロは、2012年のリリース予告から7年目でようやくリリースされましたが、待った甲斐がありました。

素晴らしい音楽の数々に感謝!
当ブログの閲覧者の皆様に感謝!
それでは良いお年を!
posted by ez at 00:01| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

『今の気分は...Elis Reginaかな』

記事を書く時間がとれないので、過去記事から10曲セレクトするシリーズで・・・

今回はブラジルの国民的女性シンガーであったElis Reginaを10曲セレクトしました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

「Corrida De Jangada」
https://www.youtube.com/watch?v=qLy92hE3Heg
From 『Elis Especial』(1968年)
エリス・エスペシアル

「Giro」
https://www.youtube.com/watch?v=l0CkgILD8q8
From 『Elis, Como e Porque(Como & Porque)』(1969年)
コモ・イ・ポルケ+4

「Se Voce Pensa」
https://www.youtube.com/watch?v=Zoe8qRRGB3k
From 『Elis Regina in London』(1969年)
イン・ロンドン

「Vou Deitar e Rolar(Quaquaraquaqua)」
https://www.youtube.com/watch?v=vIph8LfiVyc
From 『Em Pleno Verao』(1970年)
エン・プレノ・ヴァラオン

「Madalena」
https://www.youtube.com/watch?v=-nLhnbspYtY
From 『Ela』(1971年)
エラ 1971

「Me Deixa Em Paz」
https://www.youtube.com/watch?v=kvZ7KncSa-M
From 『Elis (1972)』(1972年)
Elis

「Agnus Sei」
https://www.youtube.com/watch?v=573TklQKLeg
From 『Elis (1973)』(1973年)
Elis 1973

「Ponta De Areia」
https://www.youtube.com/watch?v=g9VSftQy4ow
From 『Elis (1974)』(1974年)
人生のバトゥカーダ

「Cartomante」
https://www.youtube.com/watch?v=QeaFAHeRaBg
From 『Elis (1977)』(1977年)
Elis 1977

「Basta de Clamares Inocencia」
https://www.youtube.com/watch?v=3uL7qAByP9A
From 『Essa Mulher』(1979年)
或る女(紙ジャケット仕様)
posted by ez at 13:44| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

『今の気分は...Jose Jamesかな』

記事を書く時間がとれないので、過去記事から10曲セレクトするシリーズで・・・

今回はJose James関連の10曲(フィーチャリング曲を含む)をセレクトしました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

「Love」
https://www.youtube.com/watch?v=xl4n57LH0_g
From 『The Dreamer』(2007年)
The Dreamer [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック3曲収録 / 国内盤] (BRC369)

Jazzanova feat. Jose James「Little Bird」
https://www.youtube.com/watch?v=i6CmEcCndGU
From Jazzanova『Of All The Things』(2008年)
Of All the Things

Nicola Conte feat. Jose James「Like Leaves in the Wind」
https://www.youtube.com/watch?v=XIcx6hl0kV0
From Nicola Conte『Rituals』(2008年)
リチュアルズ

>Timo Lassy feat. Jose James「The More I Look At You」
https://www.youtube.com/watch?v=OprMTRpWwl8
From Timo Lassy Featuring Jose James『Round Two』(2009年)
ラウンド・トゥー

「Promise In Love」
https://www.youtube.com/watch?v=fedtgqd4GTI
From 『Blackmagic』(2010年)
Blackmagic [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] 期間限定廉価盤 (BRC246Z)

「It's All Over Your Body」
http://www.youtube.com/watch?v=K3lOMyo1uqk
From 『No Beginning No End』(2013年)
ノー・ビギニング・ノー・エンド

Kris Bowers feat. Jose James「Ways of Light」
https://www.youtube.com/watch?v=yQnvVjj-42k
From Kris Bowers『Heroes + Misfits』(2014年)
Heroes & Misfits

「Anywhere U Go」
https://www.youtube.com/watch?v=IOLpoKPbR8M
From 『While You Were Sleeping』(2014年)
While You Were Sleeping

「To Be With You」
https://www.youtube.com/watch?v=-Jqs-9DUoIg
From 『Love In A Time Of Madness』(2017年)
ラヴ・イン・ア・タイム・オブ・マッドネス

「Kissing My Love」
https://www.youtube.com/watch?v=2rSj8ADOSp8
From 『Lean On Me』(2018年)
リーン・オン・ミー
posted by ez at 01:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

『今の気分は...Curtis Mayfieldかな』

記事を書く時間がとれないので、過去記事から10曲セレクトするシリーズで・・・

そこで、今回はCurtis Mayfieldを10曲をセレクトしました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

「Move on Up」
https://www.youtube.com/watch?v=6Z66wVo7uNw
From 『Curtis』(1970年)
Curtis

「Mighty Mighty (Spade and Whitey)」
https://www.youtube.com/watch?v=JProQ5aYzFI
From 『Curtis/Live!』(1971年)
Curtis/Live!

「Pusherman」
https://www.youtube.com/watch?v=hCDAfa-NI-M
From 『Superfly』(1972年)
Superfly (1972 Film)

「We Got to Have Peace」
http://www.youtube.com/watch?v=jZeKT0UctOQ
From 『Roots』(1971年)
Roots

「Keep on Trippin'」
https://www.youtube.com/watch?v=cRHitnYjVco
From 『Back To The World』(1973年)


「Ain't No Love Lost」
https://www.youtube.com/watch?v=hiI-l7kxW7M
From 『Got To Find A Way』(1974年)
curtis mayfield got to find a way.jpg

「Soul Music」
https://www.youtube.com/watch?v=YeNLG4dhoyM
From 『Give, Get, Take And Have』(1976年)
ギヴ・ゲット・テイク・アンド・ハヴ+1(紙ジャケット仕様)

「Just Want To Be With You」
http://www.youtube.com/watch?v=o_dN0MkiDrU
From (1977年)
ネヴァ・セイ・ユー・キャント・サヴァイヴ+1(紙ジャケット仕様)

「You're So Good To Me」
http://www.youtube.com/watch?v=6cN4zjbt_UI
From 『Heartbeat』(1979年)
ハートビート+2(紙ジャケット仕様)

「Tripping Out」
https://www.youtube.com/watch?v=dCR6ecWb064
From 『Something To Believe In』(1980年)
サムシング・トゥ・ビリーヴ・イン+1(紙ジャケット仕様)
posted by ez at 12:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

『今の気分は...2019年11月15日編』

記事を書く時間がとれないので、過去記事から10曲セレクトするシリーズで・・・

今回は80〜90年代カテゴリーから僕の青春の思い出が詰まったバラード10曲をセレクトしました。

Cheryl "Pepsii" Riley「Unbelievable Lover」
https://www.youtube.com/watch?v=XgW24vsFNPU
From 『Chapters』(1990年)
cheryl pepsii riley chapters.jpg

Cameo「Time, Fire & Space」
https://www.youtube.com/watch?v=0_h9rCKMzYg
From 『Real Men ... Wear Black』(1990年)
Real Men Wear Black by Cameo

Alyson Williams「Just Call My Name」
https://www.youtube.com/watch?v=uImwFlu9qWs
From 『Raw』(1989年)
Raw(リアル・ニューヨーク)

Guy「Let's Chill」
https://www.youtube.com/watch?v=3Wj8Yxa309E
From 『The Future』(1990年)
GUY・・・THE FUTURE

Mary Davis「Separate Ways」
https://www.youtube.com/watch?v=qofFyvLILx8
From 『Separate Ways』(1990年)
セパレート・ウェイズ+4

Full Force「4-U (Full Force's Mellow Medley)」
https://www.youtube.com/watch?v=2vHKutLH-lk
From 『Smoove』(1989年)
Smoove

Whistle「Always And Forever」
https://www.youtube.com/watch?v=Y_FYmAwwU6k
From Whistle『Always And Forever』(1990年)
whistle always and forever.jpg

Carl Anderson「Baby My Heart」
https://www.youtube.com/watch?v=xx0ExbaCNdc
From 『Pieces of a Heart』(1990年)
Pieces of a Heart

Regina Belle「After the Love Has Lost Its Shine」
https://www.youtube.com/watch?v=bEh9m023Ye0
From 『All By Myself』(1987年)
All By Myself

Keith Sweat「I'll Give All My Love to You」
https://www.youtube.com/watch?v=BMlUDCFMqgw
From 『I'll Give All My Love to You 』(1990年)
I'll Give All My Love To You by Keith Sweat (1992-05-13)

Scritti Politti「Oh Patti (Don't Feel Sorry for Loverboy」
https://www.youtube.com/watch?v=M5JG_TLdPSY
From 『Provision』(1988年)
プロビジョン
posted by ez at 17:59| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする