2019年01月01日

新年特別企画『2018年の音楽ライフを振り返る』

Happy New Year!
今年もよろしくお願い致します。

大晦日(昨日)は 『ezが選ぶ2018年の10枚』として新作の中からマイベスト10をセレクトしましたが、今日は昨年のエントリーから新譜以外のお気に入りアルバムを10枚選んでみました。

60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代の各カテゴリーから2枚ずつセレクトしています。
※全て当ブログで紹介した作品です。作品の詳細は各エントリーをご参照下さい。

Orchestra Harlow『El Exigente』(1967年)
レア・グルーヴ人気作が遂に国内CD化☆Orchestra Harlow『El Exigente』
エル・エキシジェンテ
「Freak Off」
https://www.youtube.com/watch?v=75sEr-bBqPg

Quintetto Basso-Valdambri『Walking in the Night』(1960年)
ウォーキング・イン・ザ・ナイト
「Lotar」
https://www.youtube.com/watch?v=mnc-GVrT71g

Brainstorm『Journey To The Light』(1978年)
ジャーニー・トゥ・ザ・ライト+4 [名盤1000円]
「We're On Our Way Home (Part 1)」
https://www.youtube.com/watch?v=qo1EKsAgeaQ

Ren Woods『Out of the Woods』(1979年)
フローム・アウト・オブ・ザ・ウッズ(期間限定価格盤)
「I Love The Way You Do It」
https://www.youtube.com/watch?v=dvd4V-v5f7c

Edu Passeto & Gui Tavares『Noite Que Brincou De Lua』(1981年)
ノイチ・キ・ブリンコウ・ヂ・ルア
「Sabia Na Palmeira」
https://www.youtube.com/watch?v=HjOYog9mafU

Nohelani Cypriano『In The Evening』(1982年)
In The Everything+1
「Give Love A Try」
https://www.youtube.com/watch?v=LqV56zDrc8A

Somethin' For The People『Somethin' For The People』(1993年)
Somethin for the People
「You Don't Have To Be Alone」
https://www.youtube.com/watch?v=PPY8IVnZfTA

Laila Amezian『Initial』(1997年)
Initial
「Singapore」
https://www.youtube.com/watch?v=1dHvXrJsKzs

Sound Directions『The Funky Side Of Life』(2005年)
Funky Side of Life
「Wanda Vidal」
https://www.youtube.com/watch?v=2j1rZRymdRI

Bossacucanova『Uma Batida Diferente』(2004年)
Uma Batida Diferente
「Onde Anda Meu Amor」
https://www.youtube.com/watch?v=kSomGa6YjYM

例年のように、明日は休んで3日から通常のエントリーに戻る予定です。
posted by ez at 00:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

ezが選ぶ2018年の10枚

年末最後のエントリーは、毎年恒例の年末特別編『ezが選ぶ2018年の10枚』です。今年購入した新譜CDからお気に入りの10枚を紹介します(順不同)。
※全て当ブログで紹介した作品です。作品の詳細は各エントリーをご参照下さい。

Sons Of Kemet『Your Queen Is A Reptile』
Your Queen Is A Reptile
「My Queen is Harriet Tubman」
https://www.youtube.com/watch?v=twjaSC5Ym9s

Blue Lab Beats『Xover』
クロスオーヴァー
「Pineapple」
https://www.youtube.com/watch?v=2ScpnUpCsM4

Reginald Omas Mamode W『Children Of Nu』
Children of Nu [日本限定CD]
「Put Your Hearts Together」
https://www.youtube.com/watch?v=ovZKXBpZzUw

Khalab『Black Noise 2084』
Black Noise 2084
「Black Noise」
https://www.youtube.com/watch?v=1qyULNL2uTE

Submotion Orchestra『Kites』
カイツ
「Youth」
https://www.youtube.com/watch?v=br9P7LlVTbQ

Jazzanova『The Pool』
The Pool
「Everything I Wanted」
https://www.youtube.com/watch?v=fEA31LaNEBQ

The Internet『Hive Mind』
ハイヴ・マインド
「Roll (Burbank Funk)」
https://www.youtube.com/watch?v=SIqvRzEIqIo

Stimulator Jones『Exotic Worlds and Masterful Treasures』
Exotic Worlds & Masterful Trea
「Need Your Body」
https://www.youtube.com/watch?v=MZKupBsK1NY

J. Lamotta Suzume『Concious Tree』
コンシャス・トゥリー
「Expressing Myself」
https://www.youtube.com/watch?v=d5cVjh3IdYU

Antonio Loureiro『Livre』
Livre リーヴリ
「Resistencia」
https://www.youtube.com/watch?v=4Xbll6oyL2o

まず今年の特徴はサウス・ロンドンを中心とした次世代UKブラック・ジャズ/ブラック・ミュージックのインパクトの大きさですね。

次世代UKブラック・ジャズを牽引するジャズ・サックス奏者Shabaka Hutchingsが率いるSons Of Kemet、サウス・ロンドンの次世代UKジャズ・ミュージシャンとも人脈を持つ期待のUKビートメイキング・デュオBlue Lab BeatsD'AngeloJ Dillaを飲み込んだサウス・ロンドン発の新進ブラック・ミュージックを提示したReginald Omas Mamode IVがその代表格です。

2084年のブラック・ミュージックをコンセプトとした、超刺激的なトライバル・ベース/フューチャー・ベース作品を提示したイタリア出身のDJ/プロデューサーKhalab。ここでもMoses BoydShabaka Hutchingsといったサウス・ロンドン人脈が絡んできます。

独自の美しくも深淵な音世界に更に磨きが掛かったUKソウル・コレクティブSubmotion Orchestra。簡素ながらもその美学に圧倒されました。

ベルリンを拠点に世界のクラブジャズ/クロスオーヴァーを牽引してきたプロデューサー/DJユニットJazzanova。待ちに待たされた10年ぶりのスタジオ新作でしたが、待った甲斐があった充実作でした。

US R&Bからはメンバーが再集結し、パワーアップした最新作を届けてくれた新世代R&BユニットThe Internetと、Stones Throwから80年代&90年代愛に満ちた作品をドロップした新進男性R&BアーティストStimulator Jonesをセレクト。

イスラエル、テルアビブ出身でベルリンを拠点に活動する新進女性アーティストJ. Lamotta Suzumeは、Moonchildに通じる次世代ネオソウルで楽しませてくれました。

最後の1枚に選んだのは、現代ブラジル音楽の若き旗手Antonio Loureiroの最新作。ヴォーカル曲が増えて、マルチ奏者というのみならずシンガー・ソングライターのイメージが鮮明となりました。

以上10枚ですが、それ以外に特別賞として以下の3枚を追加しておきます。

大作賞
Kamasi Washington『Heaven And Earth』
HEAVEN & EARTH
「Street Fighter Mas」
https://www.youtube.com/watch?v=LdyabrdFMC8

本当は前述の10枚に入れても良かったのですが、今やメディアがこぞって絶賛しており、当ブログでわざわざ挙げるまでもないだろうと意図的に外しました。前作『The Epic』に続くCD3枚組(隠しディスク含む)という大作をリリースし続ける創造力とエネルギーに感服します。

ヴォコーダー賞
Brandon Coleman『Resistanc』
Resistance [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC573)
「Sexy」
https://www.youtube.com/watch?v=fOTPWgA2e9o

注目のキーボード奏者の最新作はヴォコーダーを巧みに用いたL.A.アーバン・ファンク。ヴォコーダー好きにはたまらない1枚となりました。

ユーモア賞
Louis Cole『Time』
Time [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC575)
「Weird Part of The Night」
https://www.youtube.com/watch?v=glgPZmSwC4M

エレクトロ・ポップ・ユニットKNOWERの活動でも注目を浴びている異才Louis Cole。真面目なのか?不真面目なのか?ユニークながらも職人技が冴える音世界を楽しませてもらいました。

意図したわけではありませんが、特別賞の3枚はすべてL.A.産の作品となりました。

サウス・ロンドンとL.A.・・・今年の僕の音楽嗜好を象徴しているかもしれませんね。

素晴らしい音楽の数々に感謝!
当ブログの閲覧者の皆様に感謝!
それでは良いお年を!
posted by ez at 00:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

『今の気分は...2018年12月14日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

今回は90年代女性R&Bグループを聴きたい気分なので、10曲セレクトしてみました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入ったアーティストがあれば過去記事もご参照下さい。

Truce「Treat U Right」
https://www.youtube.com/watch?v=xynM8WEIMKM
From 『Nothin' But The Truce』(1995年)
Nothin' But The Truce

Drama「Good 'N' Plenty」
https://www.youtube.com/watch?v=nhoHFPaPRok
From 『Open Invitation』(1994年)
Open Invitation by Drama

Tha Truth「Makin' Moves」
https://www.youtube.com/watch?v=gLPKl5vP3s4
From Tha Truth『Makin' Moves Everyday』(1997年)
tha truth makin' moves everyday.jpg

Blackgirl「Krazy」
https://www.youtube.com/watch?v=d9Fei2O6qdE
From 『Treat U Right』(1994年)
Treat U Right

Sa-Deuce「Just Can't Live Without Your Love」
https://www.youtube.com/watch?v=6QJPAmhdwHI
From 『Sa-Deuce』(1996年)
Sa Deuce

Kut Klose「I Like」
http://www.youtube.com/watch?v=69NISPstPi0
From 『Surrender』(1995年)
kut klose surrender.jpg

Phajja「So Long」
https://www.youtube.com/watch?v=UfuoQ-k0I84
From 『Seize The Moment』(1997年)
phajja seize the moment.jpg

Pure Soul「We Must Be In Love」
https://www.youtube.com/watch?v=8wUAFPnixrw
From 『Pure Soul』(1995年)
Pure Soul

Virtue「Greatest Part Of Me」
https://www.youtube.com/watch?v=-0udbMgSMyo
From 『Virtue』(1997年)
Virtue

Brownstone「Half Of You」
https://www.youtube.com/watch?v=DQvEuIERsYY
From 『From The Bottom Up』(1995年)
From the Bottom Up
posted by ez at 00:11| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

『今の気分は...2018年11月8日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

今日はソフトロックが聴きたい気分!そこでソフトロック10曲をセレクトしてみました。

Free Design「Now Is the Time」
https://www.youtube.com/watch?v=r4A9_dYfuSg
From 『Heaven/Earth』(1969年)
ヘブン・アース+6

The Cowsills「The Rain, The Park and Other Things」
https://www.youtube.com/watch?v=9VaASdUwKQY
From 『The Cowsills』(1967年)
The Cowsills

The Four King Cousins「I Fell」
https://www.youtube.com/watch?v=2SP1SdJvGdQ
From 『Introducing...The Four King Cousins』(1968年)
イントロデューシング・・・ザ・フォー・キング・カズンズ

The Carnival「Hope」
https://www.youtube.com/watch?v=DCSttWjD2pg
From 『The Carnival』(1969年)
カーニヴァル

Third Wave「Waves Lament」
https://www.youtube.com/watch?v=cZUYcrOYrC8
From 『Here & Now』(1970年)
Here & Now

Triste Janero「Rene de Marie」
https://www.youtube.com/watch?v=GYnryzAtBMc
From 『Meet Triste Janero』(1969年)
ミート・トリステ・ジャネロ

Salt Water Taffy「Finders Keepers」
https://www.youtube.com/watch?v=7AS6Nu8_M4U
From Salt Water Taffy『Finders Keepers』(1968年)
Finders Keepers

Eternity's Children「Mrs. Bluebird」
https://www.youtube.com/watch?v=ocWDIKN6xvc
From Eternity's Children『Eternity's Children』(1968年)
Eternity's Children

D'Angelo「Curto de Veu e Grinalda」
https://www.youtube.com/watch?v=jjobjkhO9Ts
From 『D'angelo』(1970年)
D'Angelo

Wendy & Bonnie「Let Yourself Go Another Time」
https://www.youtube.com/watch?v=wes7sv0RkN8
From 『Genesis』(1969年)
Genesis
posted by ez at 01:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

『今の気分は...2018年10月15日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

昨日は大学の同期会に参加し、旧交を温めてきました。
そんな流れで今回は高校〜大学の頃に聴いていたUKモノ10曲をセレクトし、年代順に並べてみました。

The Jam「Town Called Malice」
https://www.youtube.com/watch?v=YfpRm-p7qlY
From 『The Gift』(1982年)
ザ・ギフト(紙ジャケット仕様)

Elvis Costello & The Attractions「Little Savage」
https://www.youtube.com/watch?v=p_gAn6Vghe4
From 『Imperial Bedroom』(1982年)
Imperial Bedroom (Dig) (Spkg)

Tracey Thorn「Femme Fatale」
https://www.youtube.com/watch?v=5t_ZX3ygRMA
From 『A Distant Shore』(1982年)
遠い渚~ディスタント・ショア

XTC「Wonderland」
https://www.youtube.com/watch?v=DH1M0RZD_Cw
From 『Mummer』(1983年)
Mummer

The Style Council「Whole Point of No Return」
https://www.youtube.com/watch?v=TQJSscOXKuo
From 『Cafe Bleu』(1984年)
Cafe Bleu

Scritti Politti「Absolute」
https://www.youtube.com/watch?v=AMtDPEURT7Y
From 『Cupid & Psyche 85』(1985年)
Cupid & Psyche 85

Everything But The Girl「When All's Well」
https://www.youtube.com/watch?v=nAtFal50nZ4
From 『Love Not Money』(1985年)
ラヴ・ノット・マネー

Squeeze「Last Time Forever」
https://www.youtube.com/watch?v=6HsxcVSO8qE
From 『Cosi Fan Tutti Frutti』(1985年)
コシ・ファン・トゥティ・フルッティ(紙ジャケット仕様)

The Blow Monkeys「It Doesn't Have to Be This Way」
http://www.youtube.com/watch?v=7gqYd9gP_9g
From 『She Was Only A Grocer's Daughter』(1987年)
She Was Only a Grocer's Daughter

Eurythmics「Put The Blame On Me」
https://www.youtube.com/watch?v=ay79OSUpojE
From 『Savage』(1987年)
Savage
posted by ez at 00:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする