2020年08月15日

Rose Royce『Rose Royce III: Strikes Again!』

Norman Whitfieldプロデュース☆Rose Royce『Rose Royce III: Strikes Again!』

発表年:1978年
ez的ジャンル:L.A.ファンク/ソウル・バンド
気分は... :寝苦しい夜に・・・

今回は70年代後半〜80年代前半に人気を博したファンク/ソウル・バンドRose Royceの3rdアルバム『Rose Royce III: Strikes Again!』(1978年)です。

1973年にL.A.で結成されたファンク・バンドRose Royceの紹介は、『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)、『Stronger Than Ever』(1982年)に続き3回目となります。

本作『Rose Royce III: Strikes Again!』(1978年)は、前作『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)に続くNorman Whitfield主宰のWhitfieldからの第2弾アルバムとなります。

勿論、プロデュースはNorman Whitfield

本作におけるメンバーはGwen Dickey(vo)、Kenny Copeland (tp、vo)、Kenji Brown(g、vo)、Lequeint "Duke" Jobe(b、back vo)、Michael Nash(key)、Henry Garner(ds、back vo)、Freddie Dunn(tp)、Michael Moore(sax)、Terry Santiel(congas)という9名。

それ以外にVictor Nyx(key)、Mark Davis(key)、Melvin "Wah Wah" Watson(g)、Cornelius Grant(g)、Jimmy Valdez(ds)、Walter Downing(org)、Mark Kenoly(b)、Jack Ashford(per)といったミュージシャンが参加しています。

アルバムからは「Love Don't Live Here Anymore」「I'm in Love (And I Love the Feeling)」の2曲がUS R&Bチャート第5位のヒットとなっています。特に前者はカヴァーやサンプリング・ソースとしても大人気です。

Daft Punk「Too Long」のサンプリング・ソースにもなった「First Come, First Serve」、ロッキン・ギターが唸りを上げる「That's What's Wrong With Me」あたりも人気だと思います。

個人的にはディスコ・ファンク「Do It, Do It」、夏向けのメロウ・バラード「Let Me Be the First to Know」の2曲がおススメです。

アルバムはUSアルバム・チャート第28位、同R&Bアルバム・チャート第4位となりゴールド・ディスクを獲得しています。

全曲紹介しときやす。

「Get Up Off Your Fat」
Norman Whitfield作。P-Funkを意識した少しコミカルな雰囲気のファンキー・チューンがオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=8ccutd_KnIU

「Do It, Do It」
Norman Whitfield作。ファンキー・ベースが炸裂する夜遊びモードのディスコ・ファンク。個人的にはアルバムで一番のお気に入り。
https://www.youtube.com/watch?v=q0iUFPwDbcE

「I'm in Love (And I Love the Feeling)」
Norman Whitfield作。アルバムからの1stシングル。US R&Bチャート第5位のヒットとなりました。ファルセット・ヴォーカルの映えるミディアム・バラード。濃すぎないサラッとした雰囲気が魅力かもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=Jshy6IQpO8Y

「First Come, First Serve」
Norman Whitfield作。アルバムからの3rdシングルにもなりました。クラップ・ビートにスペイシー・シンセ、ホーン隊が絡むファンキー・チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=DjyHVV2XpaA

Daft Punk「Too Long」、Fantasia「When I See U」等のサンプリング・ソースとなっています。
Daft Punk「Too Long」
 https://www.youtube.com/watch?v=Z6_ZNW1DACE
Fantasia「When I See U」
 https://www.youtube.com/watch?v=R8iqEfje7Aw

「Love Don't Live Here Anymore」
Miles Gregory作。アルバムからの2ndシングル。US R&Bチャート第5位、UKシングル・チャート第2位のヒットとなりました。シンセによるアクセントが印象的な哀愁ミディアム・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=qMuCNkesdgc

MadonnaFaith Evans & Mary J. Bligeをはじめ、Jimmy Nail、I'm Talking、Seal、Bastille feat. Rory Andrew, Jonas Jalhay & F.Stokes等数多くのアーティストがカヴァーしています。
Madonna「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=TY1UdLLw7TQ
Faith Evans and Mary J. Blige 「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=s1oWqKFpSno
Jimmy Nail「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=4a4vOi0f45I
I'm Talking「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=dTcqcwFJjQw
Seal「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=ttYsr-L8pUQ
Bastille feat. Rory Andrew, Jonas Jalhay & F.Stokes「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=qIPzkvzhCSA

また、印象的なイントロは定番サンプリング・ソースとしても大人気です。当ブログで紹介したP.K.O.「Old School」Phonte feat. Elzhi「Not Here Anymore」をはじめ、Mary J. Blige「Your Child (Chucky Thompson Late Nite Mix)」、Dr. Dre feat. Hittman「Big Ego's」、C.I.N.「Criminal Image」、Playya 1000 With the D'kster「Love Don't Live Here」、Master P「Bastard Child」、51.50 Illegally Insane「Steady Stayin' Paid 95」、Ghetto Mafia「Who Wanna Test」、Esham「Because」、Sweet-P「You Can't Slang Here」、Triple Beam「Pain」、Gangsta Boo「Love Don't Live (U Abandoned Me)」、Three 6 Mafia feat. La Chat, Gangsta Boo & Project Pat「Mafia」、Big K.R.I.T.「Love Don't Live No Mo」、Black Ice「The Ugly Show」、Kottonmouth「No More Love」、Big Skeem feat. Freeway & Dino West「Love Don't」、GQ「Love Vacancy」、Meek Mill「Love Don't Live Here」、Snoop Dogg feat. DPGC「Dick Walk」等40トラック以上のサンプリング・ソースとなっています。
P.K.O.「Old School」
 https://www.youtube.com/watch?v=BDz8cHECztg
Phonte feat. Elzhi「Not Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=1po7KurK564
Mary J. Blige「Your Child (Chucky Thompson Late Nite Mix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=KAwE0swpASc
C.I.N.「Criminal Image」
 https://www.youtube.com/watch?v=jQQgQPSpJZA
Playya 1000 With the D'kster「Love Don't Live Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=Tt3W-Sg_Uj4
Master P「Bastard Child」
 https://www.youtube.com/watch?v=QTzESivWfgc
51.50 Illegally Insane「Steady Stayin' Paid 95」
 https://www.youtube.com/watch?v=OAPobPP7yb8
Ghetto Mafia「Who Wanna Test」
 https://www.youtube.com/watch?v=C_HCvfzcJLo
Esham「Because」
 https://www.youtube.com/watch?v=6OmTAGXauUc
Sweet-P「You Can't Slang Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=u_455-oLFdQ
Triple Beam「Pain」
 https://www.youtube.com/watch?v=6MvmKCsG6tc
Gangsta Boo「Love Don't Live (U Abandoned Me)」
 https://www.youtube.com/watch?v=AlP6gkFszQo
Three 6 Mafia feat. La Chat, Gangsta Boo & Project Pat「Mafia」
 https://www.youtube.com/watch?v=jf_g4pyvc5A
Big K.R.I.T.「Love Don't Live No Mo」
 https://www.youtube.com/watch?v=d2Gcd0Lwajs
Black Ice「The Ugly Show」
 https://www.youtube.com/watch?v=2Jt3k_cezCs
Kottonmouth「No More Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=kJ8mPli8IiA
Big Skeem feat. Freeway & Dino West「Love Don't」
 https://www.youtube.com/watch?v=HdwYrmPv8lg
GQ「Love Vacancy」
 https://www.youtube.com/watch?v=AYkTtw-uHFQ
Meek Mill「Love Don't Live Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=wWux4nsDUMU
Snoop Dogg feat. DPGC「Dick Walk」
 https://www.youtube.com/watch?v=OoCSbrIFap4

「Angel in the Sky」
Billie Calvin作。Gwen Dickeyの透明感のあるヴォーカルが映える素敵なラブ・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=AYmRx4m0oI8

「Help」
Robert Daniels作。ストリングスを配したオーセンティック・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=MzOhSQgOHG8

「Let Me Be the First to Know」
Miles Gregory作。夏のサンセット・モードが似合いそうなメロウ・バラード。バラード系ではコレが一番好き!
https://www.youtube.com/watch?v=OOYBq0LZgwo

Freddie Gibbs & Madlib「Harolds」のサンプリング・ソースとなっています。
Freddie Gibbs & Madlib「Harolds」
 https://www.youtube.com/watch?v=qZqPmUtQs2Q

「That's What's Wrong With Me」
Norman Whitfield/Rose Royce作。ラストはロッキン・ギターが唸りを上げるファンク・ロックでど派手に締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=dd472m52xUM

Fat Jon「Automated Life Machines」、Beanie Sigel feat. Peedi Crakk & Twista「Gotta Have It」のサンプリング・ソースとなっています。
Fat Jon「Automated Life Machines」
 https://www.youtube.com/watch?v=255eCEmcYrg
Beanie Sigel feat. Peedi Crakk & Twista「Gotta Have It」
 https://www.youtube.com/watch?v=jU3jtJvIZv0

Rose Royceの他作品もチェックを!

『Car Wash』(1976年)
Car Wash: Original Motion Picture Soundtrack by Rose Royce (1996-09-24)

『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)
イン・フル・ブルーム

『Rose Royce IV: Rainbow Connection』(1979年)
Rainbow Connection IV

『Golden Touch』(1980年)
ゴールデン・タッチ

『Jump Street』(1981年)
Jump Street

『Stronger Than Ever』(1982年)
STRONGER THAN EVER ~ EXPANDED EDITION

『Music Magic』(1984年)
Music Magic

『Fresh Cut』(1986年)
FRESH CUT
posted by ez at 02:11| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

Sandra Cross『This Is Sandra Cross』

Mad Professorプロデュース。Ariwaの歌姫☆Sandra Cross『This Is Sandra Cross』

発表年:1991年
ez的ジャンル:Ariwa系UKラヴァーズ・ロック
気分は... :Ariwaラヴァーズの夏...

Mad Professor率いるAriwaレーベルを代表する歌姫Sandra Crossが1991年にリリースした『Comet In The Sky』です。

UKラヴァーズ・ロックを代表する歌姫Sandra Crossの紹介は、『Foundation Of Love』(1992年)、『Comet In The Sky』(1988年)に続き3回目となります。

本作『Comet In The Sky』(1991年)は『Foundation Of Love』(1992年)と共に当時愛聴していたAriwaラヴァーズです。

この2枚にKofi『Black...with Sugar』(1989年)、Susan Cadogan『Soulful Reggae』(1992年)、Carroll Thompson『The Other Side of Love』(1992年)の3枚を加えた5枚が、当時僕にとってAriwaラヴァーズ最強の5枚でした。

Mad Professorがプロデュースし、Black Steel(b、g、key、back vo)、Victor Cross(key、back vo)、Robotiks(ds)、Errol Reid(key)、Preacher(b)、Tan Tan(horns)等がレコーディングに参加しています。

「Stop, Look, Listen」The Stylistics)、「My Guy」Mary Wells)、「Put It On」Bob Marley & The Wailers)というカヴァー3曲が目立ちますが、個人的には「Holding On」「Can't Let You Go」「Hard Up Bachelor」というAriwaラヴァーズらしい3曲がおススメです。

また、マッド教授のダビー・ワールドをAriwaラヴァーズと融合させた「Just Don't Care」あたりも僕好み。

キュートで変幻自在のSandraのヴォーカルは清涼飲料のように渇いた喉を潤してくれます。。

全曲紹介しときやす。

「Holding On」
1988年にシングル・リリースされた楽曲がオープニング。Ariwaらしいキュートなラヴァーズがオープニング。軽やかなテンポも心地好いです。
https://www.youtube.com/watch?v=X7bhYoIPelI

「Stop, Look, Listen」
The Stylisticsのヒット曲をカヴァー(Thom Bell/Linda Creed作)。Diana Ross & Marvin Gayeヴァージョンでも知られる名曲を素敵なラヴァーズで聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=Y-exADeenhc

「Can't Let You Go」
僕のお気に入りの1曲。当時のAriwaラヴァーズらしさに溢れた哀愁メロウな仕上がり。Mad Professorらしいダビーなアクセントもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=29xFN-1zT78

「Bear With Me」
ソウルフル・レゲエと称したくなるSandraの艶やかなヴォーカルの魅力を実感できる1曲。
https://www.youtube.com/watch?v=vlnLSJA89Fg

「Hard Up Bachelor」
コレも大好きな1曲。今の季節にピッタリのサマー・モードのビーチ・レゲエ。Sandraの透明感のあるヴォーカルがよく映えます。
https://www.youtube.com/watch?v=6q1vkZ0k86Q

「Put It On」
Bob Marley & The Wailersのカヴァー。声質の良さを生かした気負わない歌いっぷりにグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=sdEhLRqskGc

「Just Don't Care」
マッド教授のダビー・ワールドをAriwaラヴァーズに違和感なく融合させています。マッド教授の手腕に拍手!
https://www.youtube.com/watch?v=-w7QmoIThEE

「My Guy」
Mary Wells、1964年のヒット曲をカヴァー(Smokey Robinson作)。 如何にもなカヴァーですが、Sandraのキュートな歌声で聴くとやはりいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=WJZwonn3i78

「Take Your Time」
ラストは軽快なラヴァーズで締め括ってくれます。どうってことない曲な感じもしますが、Sandraの華やかな歌声が加わると全体の表情が一変するのが凄いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=B6ILRjf_xkU

Sandra Crossの他のAriwa作品もチェックを!

The Wild Bunch『The Wild Bunch』(1984年)
THE WILD BUNCH +2 (ボーナス・トラック・日本語解説付き国内盤)

『Country Life』(1985年)
CONTRY LIFE (WITH STEPPING IN A DUBWISE COUNTRY) + 1 (2in1仕様 ボーナス・トラック・日本語解説付き国内盤)

『Comet In The Sky』(1988年)
Comet In The Sky

『Foundation Of Love』(1992年)
Foundation Of Love

『100% Lovers Rock』(1994年)
100% Lovers Rock
posted by ez at 01:46| Comment(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

Marva Whitney『It's My Thing』

JBファミリーの歌姫☆Marva Whitney『It's My Thing』

発表年:1969年
ez的ジャンル:JBファミリー系女性R&B
気分は... :寝苦しい夜には・・・

今回はJBファミリーの歌姫作品Marva Whitney『It's My Thing』(1969年)です。

Marva Whitney(1944-2012年)はカンザス・シティ出身の女性R&Bシンガー。

Lyn Collinsと並びJames Brownファミリーの歌姫として活躍した女性R&Bシンガーです。

King『I Sing Soul』(未発表)、『It's My Thing』(1969年)、『Live And Lowdown At The Apollo』(1970年 ※ライヴ・アルバム)という3枚のアルバムをレコーディングしています。

また、2006年には日本のOsaka Monaurailと共演した復活アルバムMarva Whitney With Osaka Monaurail『I Am What I Am』をリリースしています。

そんなMarvaの代表作であり、レア・グルーヴ人気作が『It's My Thing』(1969年)です。JB直系のファンク・グルーヴを存分に楽しめる1枚です。

プロデュースはJames Brown

サンプリング・ソースとしての大人気のファンク・クラシック「It's My Thing (Part 1 & 2)」がハイライトです。

それ以外にシングル・ヒットした「Things Got To Get Better (Get Together)」、サンプリング・ソースとして人気の「Unwind Yourself」James Brownとのデュエット「You Got To Have A Job」、ベースラインの格好良い「I'm Tired, I'm Tired, I'm Tired」あたりもおススメです。

JBファミリーの歌姫のダイナマイト・ヴォーカルは夏バテ防止にいいかも(笑)

全曲紹介しときやす。

「It's My Thing (Part 1)」
「It's My Thing (Part 2)」
Marva初のR&Bシングル・ヒット。US R&Bチャート第19位となっています。The Isley Brothersのヒット曲「It's Your Thing」(Ronald Isley/O'Kelly Isley/Rudolph Isley作)へのアンサー・カヴァー。問答無用のファンク・クラシック。JB直系のファンク・グルーヴとMarvaのダイナマイト・ヴォーカルを楽しみましょう!
https://www.youtube.com/watch?v=nmRVFAFt4O4

本曲はサンプリング・ソースとしても大人気です。N.W.A「Fuck Tha Police」、Full Force「Ain't My Type Of Hype」EPMD「It's My Thing」、Ice Cube「No Vaseline」、Run-D.M.C.「Beats to the Rhyme」、Big Daddy Kane「Mister Cee's Master Plan」Gang Starr「Hardcore Composer」等70曲以上でサンプリングされています。
The Isley Brothers「It's Your Thing」
 https://www.youtube.com/watch?v=Tqc_EhmL8-E
Run-D.M.C.「Beats to the Rhyme」
 https://www.youtube.com/watch?v=Ca5fKP6tM5s

「Things Got To Get Better (Get Together)」
James Brown/Alfred Ellis作。シングルとしてUS R&Bチャート第22位となっています。「It's My Thing」と並ぶ本作のハイライト。シャウトもキマったMarvaのシンガーとしてのスケールの大きさを満喫できるファンキー・チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=DdKeaVur1f8

Lyn Collinsもカヴァーしています。また、Fu-Schnickens「Props」、Katch 22「Get Together Now」等のサンプリング・ソースとなっています。
Lyn Collins「Things Got To Get Better」
 https://www.youtube.com/watch?v=K_KscKpwKik
Fu-Schnickens「Props」
 https://www.youtube.com/watch?v=lHhknyoQvx0
Katch 22「Get Together Now」
 https://www.youtube.com/watch?v=Ve0_Byai73k

「What Kind Of Man」
James Brown/Bud Hobgood/Eddie Setser作。軽快なビートに乗って、Marvaのヴォーカルが躍動します。Aretha Franklinあたりと一緒に聴きたくなります。
https://www.youtube.com/watch?v=Xcspfy75fYA

「If You Love Me」
James Brown/Bud Hobgood/Jo Ann Campbell作。少しイナたいバラードをしみじみと歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=-4GvqzHDuZc

「In The Middle (Instrumental)」
Alfred Ellis/Bud Hobgood作。主役のMarva不在のインスト・ファンクですが、なかなかいい味わいです。Timbuktu「Plotten Tjocknar」のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=ONLLd7Tao4Y

「Unwind Yourself」
Charles Spurling/Hank Ballard作。この曲もシングルになりました。グイグイ迫るエキサイティングなファンク・グルーヴは文句なしに格好良いです。
https://www.youtube.com/watch?v=JhAuFt4F-zA

The 45 King「The 900 Number」、Mac Miller「Party on Fifth Ave.」、Beats International「Tribute to King Tubby」、Donald D「Armed and Dangerous」、Public Enemy「Anti-Nigger Machine」、Stetsasonic feat. Force M.D.'s「Do You Remember This」等のサンプリング・ソースとなっています。
The 45 King「The 900 Number」
 https://www.youtube.com/watch?v=__0Lv8W3svE
Mac Miller「Party on Fifth Ave.」
 https://www.youtube.com/watch?v=f3GGN51_pjE
Donald D「Armed and Dangerous」
 https://www.youtube.com/watch?v=TragDTz33sg
Stetsasonic feat. Force M.D.'s「Do You Remember This」
 https://www.youtube.com/watch?v=mXYxH63bGq4

「You Got To Have A Job」
James Brown/Waymon Reed作。James Brownとのデュエット。JB好きにはたまらない迫力満点のダイナマイト・ファンキー・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=12sLp2MqNbU

Chubb Rock「He's Funky」のサンプリング・ソースとなっています。
Chubb Rock「He's Funky」
 https://www.youtube.com/watch?v=TzNKDkuCa8A

「I'll Work It Out」
James Brown/Bud Hobgood/James Crawford作。ストリングスを配したソウルフル・バラード。少し仰々しい気もしますが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=3Hi73Xv7u-0

「Get Out Of My Life」
Alfred Ellis/Wendy Lynn作。Lee Dorseyもカヴァーしたスケールの大きなファンク・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=YRllAW9Hn-E

「I'm Tired, I'm Tired, I'm Tired」
James Brown作。この曲もシングルになりました。ベースラインの格好良さがたまらいファンキー・グルーヴ。Marvaのダイナマイト・ヴォーカルもキマっています。
https://www.youtube.com/watch?v=aw2Hd6aJvns

Mr. Lif and Edan「Get Wise '91」、Groove B Chill「There It Is」等のサンプリング・ソースとなっています。
Mr. Lif and Edan「Get Wise '91」
 https://www.youtube.com/watch?v=WDw9qPIAwkk
Groove B Chill「There It Is」
 https://www.youtube.com/watch?v=R1Hhbhydq6w

「Shades Of Brown (Instrumental)」
Bud Hobgood作。ラストはファンキー・ホーンとオルガンによるインスト・ファンクで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=p7MQfr2I9aQ

Marva Whitney With Osaka Monaurail『I Am What I Am』(2006年)


ご興味がある方は、Marvaと並ぶもう一人のJBファミリーの歌姫Lyn Collinsのアルバムもチェックしてみては?てっきりLyn Collinsのアルバムは当ブログで紹介済みと思い込んでいましたが、未紹介であることに今回気づきました。こちらも近いうちにエントリーしたいと思います。

Lyn Collins『Think (About It)』(1972年)


Lyn Collins『Check Me Out If You Don't Know Me by Now』(1975年)
posted by ez at 02:56| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

『今の気分は...Schemaかな』

今回はミラノの人気クラブジャズ・レーベルSchemaの作品から10曲セレクトしました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

Balanco「Sister Bossa」
http://www.youtube.com/watch?v=2sCC8sAbot0
From 『Bossa & Balanco』(1997年)
Bossa & Balanco

Soulstance「Kickin' Samba」
http://www.youtube.com/watch?v=HjkFYqtmxN0
From 『Act On!』(2000年)
Act On!

S-Tone Inc. feat. Manuela Ravaglioli「Entre O Ceus E A Terra」
https://www.youtube.com/watch?v=inBDygLnHU4
From 『Sobrenatural』(2002年)
Sobrenatural

Rosalia De Souza「Maria Moita」
http://www.youtube.com/watch?v=KH0ynbnognA
From 『Garota Moderna』(2003年)
Garota Moderna

Nicola Conte feat. Till Bronner & Lucia Minetti「The Dharma Bums」
http://www.youtube.com/watch?v=W_2zA1Be57M
From 『Other Directions』(2004年)
Other Directions

Paolo Fedreghini And Marco Bianchi feat. Ermanno Principe「Please Don't Leave」
https://www.youtube.com/watch?v=phrZKDXvNqQ
From 『Several People』(2004年)
Several People

Mario Biondi & The High Five Quintet「This Is What You Are」
https://www.youtube.com/watch?v=5IzccDy94Zg
From 『A Handful Of Soul』(2006年)
ハンドフル・オブ・ソウル

Toco「Guarapiranga」
https://www.youtube.com/watch?v=tPKNm9IEFzY
From 『Outro lugar』(2007年)
Outro Lugar

Gerardo Frisina feat. Norma Winstone「Will You Walk A Little Faster?」
http://www.youtube.com/watch?v=0hFLYpuL2z0
From 『Join The Dance』(2010年)
Join the Dance [Import CD from Italy]

Gaetano Partipilo feat. Mr.Natural「The Jive Samba」
http://www.youtube.com/watch?v=6G3xy-RC7gI
From 『Besides - Songs from the Sixties』(2013年)
BESIDES ~ Songs from the Sixties [輸入盤]
posted by ez at 00:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

Keleketla!『Keleketla!』

Coldcutの新プロジェクトに世界中の精鋭集結☆Keleketla!『Keleketla!』

発表年:2020年
ez的ジャンル:Ninja Tune系ワールド・プロジェクト
気分は... :世界よ反応せよ!

新作からNinja Tuneを主宰するUKブレイクビーツの先駆デュオColdcut(Jonathan More/Matt Black)による新プロジェクトKeleketla!の第一弾アルバム『Keleketla!』です。

Keleketla!Coldcutと南アフリカのミュージシャンとのコラボレーションから始まったプロジェクトであり、その範囲は国境を越え、ヨハネスブルグから、ロンドン、ラゴス、ロサンゼルス、インドネシアにまで及びます。

プロジェクト名のKeleketlaは、南アフリカ共和国の公用語の1つである北ソト語で"response"を意味します。

アルバム全体としては南アフリカ・ジャズ/アフロビート×UK次世代ジャズ×UKクラブミュージックというアフリカ色の強いフューチャー・ジャズの印象を受けます。

プロデュースはColdcut(Jonathan More/Matt Black)

レコーディングには、Ezra CollectiveのメンバーJoe Armon-Jones(key)、Shabaka Hutchings(sax)、Tenderlonious(fl)、Collocutorのメンバーとしても活動する女性サックス奏者Tamar Osborn(sax)、同じくCollocutorのメンバーであるガーナ出身のAfla Sackey(per)、ジンバブエ出身、現在はロンドンを拠点に活動する女性SSW/マルチ・インストゥルメンタリストEska Mtungwazi(strings)、
最近ではTom Misch & Yussef Dayes『What Kinda Music』に参加していたMiles James(g)、The Jungle Drummer(ds)といったUKミュージシャンの参加が目立ちます。

また、映画『Black Panther』サントラに参加した南アフリカのラッパーYugen Blakrok、ズールーの音楽を基盤に持つ南アフリカの新星ジャズ・ギタリストSibusile Xaba(g)、南アフリカの伝統音楽マロンボの伝説的ギタリストPhilip Tabaneの息子Thabang Tabane(per)、南アフリカのジャズ・シンガーNono Nkoane(vo)、南アフリカはダーバンから生まれた新世代アフロ・ハウス"Gqom (ゴム)"を代表するDJの一人DJ MabhekoTubatsi Moloi(vo、fl)、Gally Ngoveni(b)等の南アフリカ勢の参加がアルバムを特徴づけます。

アフロビート勢からは今年惜しくも逝去したアフロビートのパイオニアの一人Tony Allen(ds)、アフロビートの創始者Fela Kutiに仕えたキーボード奏者Dele Sosimi(key)というアフロビート直系のミュージシャンが参加しています。

USシーンからは、人気男性R&BシンガーAnthony HamiltonFather Amde Hamilton名義)、N.Y.を代表するアフロビート・バンドAntibalas(horns)、ウエストコーストHip-Hopに多大なる影響を与えたL.A.の伝説的な詩人集団The Watts Prophetが参加しています。

それ以外に西パプアの分離・独立を訴える活動家Benny Wendaも参加しています。

UK次世代ジャズ、アフロビート/アフロ・ジャズ好きの人であれば、かなり楽しめる1枚ではないかと思います。

全曲紹介しときやす。

「Future Toyi Toyi」
UKジャズ×アフロビート×南アフリカの新世代アフロ・ハウスGqom (ゴム)のクロスオーヴァー。Tony Allenが叩き出すビートに、UK次世代ジャズを牽引するTenderloniousのフルートが妖しげに響き、さらにGqom (ゴム)の担い手であるDJ Mabhekoが絡み、それらをColdcutのセンスで1つにまとめ上げる、このプロジェクトらしいスケールの大きさを感じるオープニングです。
https://www.youtube.com/watch?v=Oi5r0rxwcFQ

「International Love Affair」
UK次世代ジャズ好きは気に入るであろうアフロ・ジャズ・グルーヴ。Shabaka HutchingsAntibalasが共演したホーン・サウンドは強力です。また、Dele Sosimiのキーボード・ソロも存在感があります。Nono NkoaneとTubatsi Moloiの男女ヴォーカルもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=M_C4ccb3DdY

「Shepherd Song」
四つ打ちハウスとアフロ・ビートを融合させたColdcutらしいクロスオーヴァー感が面白いトラック。実験的ながらもサウンドに温かみがあるのがいいですね。そんな中でJoe Armon-Jonesの正統派ジャズなピアノ・ソロがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=IaNZWAg5ttw

「Freedom Groove」
Anthony Hamilton(Father Amde Hamilton名義)をフィーチャー。The Watts Prophetsも参加しています。重量グルーヴに乗って自由への決意が表明されます。Tamar Osbornにバリトン・サックス・ソロもパンチが効いています。
https://www.youtube.com/watch?v=xox7d75Ysf4

「Crystallise」
Coldcutらしさ全開のトラック。Yugen Blakrokのラップをフィーチャリングし、彼らのブレイクビーツ/ヒップ・ホップ的なセンスをうまくプロジェクトに適用しています。Shabaka Hutchingsも彼らしいサックスで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=bn4582K7rf4

「Broken Light」
タイトなビートのコズミック・ジャズ・ファンク。 Dele Sosimiのキーボードがいい味出しています。
https://www.youtube.com/watch?v=tZcdwulwPFM

「5&1」
開放的なアフロ・ジャズ。南アフリカの新星ジャズ・ギタリストSibusile Xabaがその才能を遺憾なく発揮しています。
https://www.youtube.com/watch?v=tb9Avg9XfYc

「Papua Merdeka」
西パプアの解放を呼びかける電脳アフロ・ビート。ヴォーカルにはBenny Wendaも参加しています。Shabaka Hutchingsのサックス・ソロも自由へのメッセージを後押しします。
https://www.youtube.com/watch?v=i676PJCGgCs

「Swift Gathering」
ラストはEska Mtungwaziによる美しいストリングスを配したインストで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=DBLGa89RBdQ

ご興味がある方は、本作に多大な貢献をしている南アフリカの新星ジャズ・ギタリストSibusile Xabaの最新作『Ngiwu Shwabada』(2020年)あたりをチェックするのも楽しいのでは?

Sibusile Xaba『Ngiwu Shwabada』(2020年)
posted by ez at 01:47| Comment(0) | 2020年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする