2005年09月25日

The Rolling Stones『Black And Blue』

Rockの大御所The Rolling Stonesの黒さ満載☆ファンキーなアルバム『Black And Blue』
ブラック・アンド・ブルー
発表年:1976年
ez的ジャンル:ファンキー&ブルージー系Rock
気分は... :まだまだオヤジは若造には負けねぇぜ!

昨今の10代、20代がBeatles、Rolling Stonesの名前を聞くと、古臭いロックと決め付けられてしまうケースも少なくない。

洋楽を聴き始めて以来、Beatles、Rolling Stonesの2グループは僕の中では別格扱いだった(ホントは彼らよりWhoがスキなんだけど)。大学生の頃まではどちらかと言えばBeatles派だったが、20代半ば以降はStonesを聴くウェイトが圧倒的に多くなった。

多分、Stonesを今でも頻繁に聴くのは、僕の最近の音楽ライフの中心であるR&B/Hip-HopとStonesの音楽の距離が感覚的にそれ程離れていないためだと思う。その意味でぜひR&B/Hip-Hop好きの人にもStonesを聴いて欲しいと思う。

個人的には『Beggars Banquet』(1968年)、『Let It Bleed』(1969年)、『Sticky Fingers』(1971年)あたりのアルバムがお気に入りなのだが、R&B/Hip-Hop好きの人にStonesのカッチョ良さを知ってもらうには、本作『Black And Blue』がピッタリだと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Hot Stuff」
アルバム冒頭を飾るディープなFunkナンバー。イントロのギターカッティング聴いただけでメロメロ☆普通にHip-Hopの曲と続けて聴いていても違和感ないと思う。多分、Stonesを聴いたことがない人にとっては“StonesってRockバンドじゃないの”と驚くんじゃないかな。

「Hey Negrita」
これはニューオリンズあたりを思わせるファンキーなナンバー。とってもコクのあるグルーヴがクセになるのだ。

「Cherry Oh Baby」
Stones初の本格的レゲエ・ナンバー。オリジナルはEric Donaldsonというレゲエ・アーティストのもの。その後UB40もカバーしているので、そちらで知っている人も多いかも?でも、レゲエやっても違和感なくうまく消化できてしまうのがStonesの柔軟なところ。

「Hand Of Fate」
Stonesらしいカミソリのようなシャープな切れ味満点のナンバー。これぞStonesってカンジ。

「Memory Motel」
切なさ一杯の名バラード。Mick Jaggerのボーカルがセクシーなのは勿論、途中で絡むKeith Richardのボーカルにも泣ける。個人的には結構Keithのボーカルのファンなのだ。

「Crazy Mama」
FunkやReggaeをやっても、やっぱりStonesはRockバンドだぜと実感できるナンバー。またこのユルさが何とも言えずカッチョイイ♪

この9月に7年ぶりのニューアルバム「Bigger Bang 」を出した。彼らが今も回り続けていることを知っただけで敬意を表する。やっぱりアンタら世界一イカしたオヤジだぜ!
posted by ez at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

A Tribe Called Quest『Midnight Marauders』

僕にとっての究極のHip-HopグループA Tribe Called Quest (以下ATCQ)の歴史的名盤『Midnight Marauders』
Midnight Marauders
発表年:1993年
ez的ジャンル:ジャジー&ハッピー&アート系Hip-Hop
気分は... :Hip-Hopでリラックスしたい└[・o・]┘

ATCQ、De La Soulの2グループは僕にとって特別な存在のHip-Hopグループである。De La SoulがHip-Hopの楽しさを、ATCQがHip-Hopの素晴らしさを教えてくれたm(_ _)m 僕にとってのATCQは、クールで知的だけどユーモアたっぷりでリラックスできる芸術的Hip-Hopってカンジかな。

ATCQファンにとって、彼らの最高傑作を尋ねると、おそらく2nd『The Low End Theory』派と3rd『Midnight Marauders』派に分かれると思う。例えると、2ndはモノクロATCQ、3rdはカラフルATCQなんて表現するとイメージしやすいと思う。Jazzyな彼らの独特のグルーヴ感を堪能できる点では、極力無駄な音を排除し、シンプルにドラムとベースによるリズムトラックを聴かせる2ndに軍配が上がるかな。一方、2ndで確立された彼らのスタイルを発展させ、さまざまな音のバリエーションをわかりやすく示してくれたのが3rdである。

個人的には、よりリラックスした雰囲気を楽しめるという点で3rdである本作が一番のお気に入りだ。アルバムジャケットもサイコー!

オススメ曲を紹介しときやす。

「Award Tour」
彼ららしいパーティーチューン。大好きなWeldon Irvine「We Gettin' Down」のネタづかいに加え、Vibeの音色が気持ちイイ(Milt Jackson「Olinga」ネタ♪)ホント見事なトラック作りにウットリするばかりだ。

「Electric Relaxation」
まさにリラックスモードの曲。しかも少しヤバ目のリラックスってカンジかな。

「Clap Your Hands」
Bob Jamesネタのエレピのループが気持ちイイ曲。

「Oh My God」
ゲストのBusta Rhymesのダミ声が印象的な問答無用のパーティーチューン。
Kool & The Gang「Who's Gonna Take The Weight?」ネタ♪

「The Chase, Pt.U」
アルバムの中では意外と地味な存在かもしれないけど、小粋でオシャレな曲。

「Lyrics to Go」
実はこのアルバムで一番スキな曲。とにかくメチャカッチョ良い!
Minnie Riperton「Inside My Love」ネタ♪

最近出たConsequence『A Tribe Called Quence』のアルバムジャケットは本作のパロディになっている。かなり笑えるので一見を!
posted by ez at 01:40| Comment(6) | TrackBack(2) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

Chaka Khan『What Cha Gonna Do For Me』

僕にとっての女性R&Bボーカルの象徴Chaka Khanのソロ第3作目『What Cha Gonna Do For Me』
What Cha' Gonna Do for Me
発表年:1981年
ez的ジャンル:ダイナマイト系女性R&B
気分は... :むしゃくしゃする日の気晴らしに!

Chakaのボーカルと出会ってから20年以上が過ぎようしている。いつ聴いてもあのダイナマイト・ボーカルで心を晴れ晴れとしてくれるChakaの音楽は、僕にとって永遠のスタミナ定食なのかもしれない。そう言えば、Chakaって食堂のオバちゃんぽいカンジがしない?オマケでご飯大盛りにしてくれそうだよね(゚∇^d)

基本的に僕が聴くのは、Rufus時代(彼女は元々Rufusのボーカリストとしてデビュー)とソロの4〜5作目ぐらいまでかな。特に好きなのは、『Chaka』(1978年) 、『Naughty』(1980年)、『What Cha Gonna Do For Me』(1981年)の3枚。この3枚はかなり強力トリオだと思いマス。その中でも最初に僕がChakaと出会った『What Cha Gonna Do For Me』は思い出深い。

オススメ曲を紹介しときやす。

「What cha' Gonna Do For Me」
まずはChakaの代表曲とも言えるアルバムタイトル曲。この曲は聴いたことがある人も多いハズ。このクールなグルーヴ感が堪らなく気持ちイイよね。
個人的には『Chaka』収録の「Sleep On It」とセットで聴くとサイコー!
ちなみにオリジナルはこちらも大好きAverage White Bandだけど軍配は完璧にChakaかな♪

「I Know You, I Live You」
Chakaのボーカリストとしての凄さを実感できるファンキーな曲。
ホーンセクションの絡みもChakaのダイナマイト・ボーカルを引き立てる!

「We Got Each Other」
個人的にはアルバムで一番のお気に入り。
この1曲だけで全てを忘れて踊り狂い、アタマ空っぽになれそうな気がする。
Chakaのボーカル、超カッチョ良いギターカッティング、ホーンセクション全てが完璧な1曲な気がシマス。

「And The Melody Still Lingers On (Night In Tunisia) 」
JazzジャイアントDizzy Gillespieによるスタンダード「チュニジアの夜」のカバーです。なんとDizzy自身もトランペットで参加しているから驚き。
普段Jazzを聴かない人もChaka節にグイグイ引っ張られてスンナリ聴けマス。

なんか最近の僕はイラつくことも多く、少しヤバ目。
Chakaオバちゃんのスタミナ定食で元気だそっと!
レ(゚▽゚レ) ハッスル!ハッスル!!
posted by ez at 05:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

Teedra Moses『Complex Simplicity』

去年何となく衝動買いしたけど、1年経った今でも愛聴する女性R&BシンガーTeedra Mosesのデビューアルバム『Complex Simplicity』
Complex Simplicity
発表年:2004年
ez的ジャンル:胸キュン・ボーカル系女性R&B
気分は... :初めて出会ったのに何故か懐かしい?

僕がTeedra Mosesの名を知るキッカケとなったのは昨年出たRaphael Saadiq『Ray Ray』だった(僕はトニーズのファンなのだ)。このアルバムの「Chic」、「I Want You」の2曲で彼女が参加していた。

Raphaelのアルバムを購入して間もなく、CDショップの新譜コーナーでTeedra Mosesの名前を見かけた。何か今時のデザインとは思えないアルバムジャケットに逆に興味を覚え、Raphaelの参加曲もあったので、ろくに試聴することもなく衝動買いしてしまった。

最初は「Be Your Girl」、「You'll Never Find」の2曲以外は地味な印象を受けたが、何度も聴いているうちにジワジワと他の曲も気に入ってきた。何か今時スタイルと懐かしさが混在しているカンジにハマっているのかも?個人的には、Angie Stone『Stone Love』と並んで去年のベスト女性R&Bアルバムだったかな♪(v^-^v)♪

オススメ曲を紹介しときやす。

「Be Your Girl」
アルバムで最もお気に入りの胸キュンソング。
Hip-HopファンにはPete RockがNasに提供した「One On One」のまんまトラック(Ahmad Jamal「The Awakening」ネタ)が話題だったみたいだけど、Teedraの切なさ一杯の胸キュン・ボーカルだけで僕は完全にノックアウト状態にされてしまう。

「You'll Never Find」
Kanye Westばり早回しが印象的な曲。僕にとってのエヴァーグリーン・グループDeBargeの「A Dream」がサンプリングネタです。Jadakissがフューチャーされてヤス。

「Take Me」
Raphael Saadiqプロデュース&参加曲。モロRaphaelっぽい!
前述の『Ray Ray』収録の2曲と一緒に聴くとイイカンジです。

「Caught Up」
何故か懐かしいサウダージ感覚の曲。続けて昔のブラコン(ってわかるかな?)が聴きたくなる!

「Last Day」
フルートの不穏な音色がTeedraの悲しげなボーカルとマッチするバラード。

彼女って別に歌が特別上手いとは思わないけど、声がとってもチャーミング☆それだけで抱きしめたくなる?
posted by ez at 14:52| Comment(2) | TrackBack(2) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

Marlena Shaw『Who Is This Bitch, Anyway?』

my favorite70年代女性ボーカル・アルバム☆Marlena Shaw『Who Is This Bitch, Anyway?』
フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ
発表年:1975年
ez的ジャンル:アフリカの女王系ボーカル・アルバム
気分は... :これぞ粋でいなせな音楽って言うんじゃない?

このアルバムにハマる要素はいくつかある。まずは古代王国の気丈な女王様といった雰囲気のMarlenaの姿が印象深いアルバムジャケット!恐る恐る彼女と視線を合わせるとジャケットのなかに吸い込まれてしまいそうだ{{{{(+_+)}}}}また、『Who Is This Bitch, Anyway?』というなんともお行儀の悪い(;¬_¬)アルバムタイトルも何かを期待させるでしょ!

でも、アルバムの最大の魅力は、ボーカルとバックとの絶妙な関係にある。ジャス/フュージョン系豪華メンバーが集まりながら、あくまでもMarlenaのボーカルのバッキングに徹しているのが何とも粋だね( ^∇^)σそば屋で日本酒を一杯ってカンジかな(ってわかる???)

70年代のジャス/フュージョン系ミュージシャンがバックを固める女性ボーカル・アルバムに、僕はめっぽう弱い。Patti Austin 『End Of A Rainbow』(1977年) 、Roberta Flack『Feel Like Makin' Love』(1975年)なんかもそんなアルバムかな。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Street Walking Woman」
アルバムのオープニング曲。最初3分半ぐらいは延々と男女の会話が続く...いい加減2曲目にスキップしようとすると、いきなりアッパーな16ビートが二人の会話を切り裂く☆その後ファンキーな16ビートとスウィングする4ビートが交互に入れ替わるスリリングな流れに完全にノックアウトされる。

「You Taught Me How To Speak In Love」
個人的にはアルバム中最もお気に入りの曲☆この曲はサザンオールスターズ「いとしのエリー」の元ネタでは?と噂される曲である☆そんなことを抜きにしても芳醇でコクのあるシブ〜イ名曲だと思う。

「Feel Like Makin' Love」
一般的にはこのアルバムのハイライトと言われている曲☆Marlenaの控え目なボーカルが次第にエモーショナルなものへと変貌していく、静から動への展開に否応無く高揚感が高まってくる。ちなみに前述のRoberta Flack『Feel Like Makin' Love』のタイトル曲と同じである。両バージョンを聴き比べるのもまた良し。さらにGeorge Bensonのバージョン(1983年)も加えて聴くとサイコーデス!

なんで僕はフェンダーローズの音色にこんなにメロメロになるだろうね(∩_∩;)P
posted by ez at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする