2006年06月05日

Elbow Bones & The Racketeers『New York At Dawn』

ノスタルジックなNYのナイトクラブ気分で☆Elbow Bones & The Racketeers『New York At Dawn』
ナイト・イン・ニューヨーク
発表年:1984年
ez的ジャンル:ノスタルジック系ダンス・ミュージック
気分は... :(ウルトラクイズ風に)ニューヨークへ行きたいかぁ!

最近とっても欲しい旧譜に、Kid Creole & The Coconuts『Fresh Fruit In Foreign Places』(1981年)、『Wise Guy』(1982年)、『Doppelganger』(1983年)の3枚がある。間もなくリイシュー盤も発売されるようなので、その時ゲットしようと思ってマス。

Kid Creole & The Coconutsは、元Doctor Buzzard's Original Savannah BandのKid CreoleことAugust Darnellが率いたトロピカル・テイストのディスコ・バンドだ。日本では米米クラブなんかは、モロにKid Creole & The Coconutsの影響を受けて出来たグループだよね。

Doctor Buzzard's Original Savannah Bandは、ノスタルジックなスウィング・ジャズとディスコ・サウンドを融合した独特のスタイルで異彩を放っていたニューヨークのグループだ。フリーソウル・ファンやHip-Hopファンには、フリーソウル・クラシック、定番サンプリング・ネタとして有名な「Sun Shower」でお馴染みですよね。僕も夏になると、必ず聴きたくなるお気に入り曲デス。

そして、グループを脱退したAugust Darnellが1980年に新たに結成したグループがKid Creole & The Coconutsだ。ジャンプ/ジャイヴの先駆者Cab CallowayをイメージさせるAugust Darnellのキャラと、August Darnellのルーツであるハイチを連想させるトロピカル・テイストのダンス・サウンドに、ニューウェイヴ的なセンスも加わり、とっても強烈な印象があったね。

同じハイチでも2日前に紹介したFugeesがかなり翳りのある雰囲気だったのに対し、Kid Creole & The Coconutsはとにかく底抜けに明るいってカンジだよね。

一方で、多少キワモノ的な雰囲気も漂っていたので、当時レコードを購入するまでに至らず、それから現在まできてしまっている。実際、オリジナル盤が入手しづらい状況もあって、購入時期を逃していたが、今年の夏はココナッツ気分になりたいっすね!

さて、今回紹介するElbow Bones & The Racketeers『New York At Dawn』は、そのAugust Darnellがプロデュース&全面バックアップした作品だ。ジャケットの雰囲気そのままにニューヨークのナイトクラブの雰囲気で、オシャレなダンス・サウンドを聴かせてくれる。

Kid Creole & The Coconutsが少し苦手な人でも、クセの少ない聴きやすい、キャッチーでオシャレなサウンドに仕上がっていマス。

全曲紹介しときやす。

「A Night In New York」
スタイリッシュで、ノスタルジックで、ゴージャスで、スウィンギーなまさにニューヨークの夜のイメージにピッタリの名曲。当時、この曲を聴くとニューヨークへの憧れで一杯になりましたねっ。

フリーソウル・ファンの間でも定番ナンバーだし、田原俊彦の大ヒット曲「はっとして!Good」のモチーフとなったと曲としても有名ですよね。そう言われれば、昔の歌謡ショーの雰囲気もあるしね!

「Other Guys」
ムーディーなラテン・ナンバー。「A Night In New York」と並んで僕のお気に入りっす。チャーミングに囁くような女性ボーカルと、パカポコ響くラテン・ビートが僕好みっす。

「Happy Times」
Nuyorican Soulを先取りしていたようなハウス・テイストのダンス・ナンバー。曲は何処となくELO feat.Olivia Newton-Johnの「Xanadu」に似ているかもね?

「Our Love Will Always Stand」
「Mama's In Love Again」
モダンなスウィング・ナンバー2曲。古いんだか新しいんだか判別不明なところがこのアルバムの魅力ですな。

「Happy Birthday, Baby」
哀愁のNYエレジーってカンジ?いかにも80年代っぽいメロディが逆にイイっす!

「I Got You」
これもスウィンギーな魅力たっぷりのダンス・パーティー・ソング。

「I Call It Like I See It」
「I Belong To You」
魅惑のファルセット・ボイスとファンキーなムードがDarnell風Earth,Wind & Fireといった趣きの2曲。特に、「I Belong To You」はタイトルも含めてDoobie Brothers「You Belong to Me」に似ている気がしマス。

「You Got Me High」
Earth,Wind & Fire風のファルセット・ボイスとパカポコのラテン・ビートの組み合わせが実にロマンティックでいいカンジ☆

今振り返ると、August Darnellの先進性、革新性ってもっと再評価されてしかるべきなようにも思いマス。まぁ、Kid Creole & The Coconutsのリイシュー盤をゲッチュしたら、改めて紹介しますね!
posted by ez at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

The Kinks『Something Else』

最も英国らしいUKロック・バンド Kinksの成熟ぶりを示した作品☆The Kinks『Something Else』
Something Else by the Kinks
発表年:1967年
ez的ジャンル:シニカル系UKロック
気分は... :俺って変な奴?

Kinksって、BeatlesRolling StonesThe Whoと並ぶロック・バンドなのに、日本ではヤケに地味な印象だよね(The Whoも地味だけどそれ以上ってカンジ)。代表曲「You Really Got Me」でさえ、もしかしたらカヴァーしたVan Halenの方が有名かもしれないしね。

Kinksは、RayとDaveのDavies兄弟を中心に1962年に結成され、1964年にデビュー。3枚目のシングル「You Really Got Me」が米英で大ヒットし、ブレイクした。特に、そのファズ・ギターを特徴とした“キンキー・サウンド”は若者の支持を集めた。

マネジャーによって名付けられた「変な奴ら(Kinks)」というバンド名をRay Davies は嫌がっていたようだが、実際Kinksって少々風変わりなグループだと思う(いい意味でね)。

「You Really Got Me」、「All Day and All of the Night」などのキンキー・サウンド炸裂路線をまっしぐらに進めば、もっと別なタイプのスーパー・バンドになっていた気がする。でも、Kinksがキンキー・サウンドだった時代は最初の3rdアルバムくらいまでじゃないかな。それ以降は、英国的なシニカルさと、下町的な生活感に溢れた普段着感覚のロック・バンドといった印象がある。

BeatlesRolling StonesThe Whoなんかと比較すると、ある意味最も英国らしいバンドと言えるかもしれませんね。僕は特別Kinksが好きという訳ではないが、たまに、この英国らしいシニカル・ロックを欲する気分になることがある。

何だかんだ言って、60年代のKinksのアルバムは殆ど持っているが、良く聴くのは『The Kink Kontroversy』(1966年)、『Face to Face』(1966年)、『Something Else』(1967年)の3枚っす。

その中から今回は(ライブ盤を除く)5thアルバム『Something Else』をチョイス。

前作『Face to Face』から、全曲オリジナルによるトータルなアルバムに着手したKinksが、その路線でさらに成熟を深めていったアルバムが『Something Else』だ。

僕はBeatles『Rubber Soul』(1965年)と『Revolver』(1966年)の2枚が一番好きだが、『Face to Face』、『Something Else』は、僕にとってはKinks版『Rubber Soul』、『Revolver』といったカンジかな。

オススメ曲を紹介しときやす。

「David Watts」
The Jamファンにはお馴染みのナンバー。まずアルバム『All Mod Cons』収録のJamのカヴァー・バージョンを聴き、Kinksのオリジナルを聴いたパターンの人が多いのではと思いマス。

Jamバージョンのイカしたビート感を期待して聴くと、このオリジナルは多少拍子抜けするかもしれない。でも、このイケてないカンジこそがKinksの魅力!

「Death Of A Clown」
Dave Daviesのソロ名義でシングルヒットした曲。道化師というテーマや、トラッド風味の素朴なカンジがKinksらしい。

「Two Sisters」
Nicky Hopkinsによるハープシコードが、曇り空のロンドンを思い起こさせる哀愁の美メロ・ナンバー。とっても好きっす。

「No Return」
Kinks流ボッサといった趣きのソフトなナンバー。こんなオシャレなナンバーはKinksらしくないかも(笑)

「Tin Soldier Man」
マーチ風の楽しげなナンバー。リラックス・ムードの華やかなカンジがいいっす。

「Situation Vacant」
僕の一番のお気に入りナンバー。アルバム中一番ロックっぽい曲かも?ファンキーなカンジが文句なくカッチョ良いっす!

「Lazy Old Sun」
1967年という時代を反映した、とってもサイケなナンバー。Kinksのシニカルで曇った雰囲気と、浮遊感のあるサイケ・サウンドがやけにマッチしてるよね。多分、Beatlesの名曲「Strawberry Fields Forever」が好きな人は気に入ると思いマス。

「Afternoon Tea」
全英No1に輝いた名曲「Sunny Afternoon」路線のRay Daviesらしいナンバー。Ray DaviesのPaul McCartneyあたりにも通じるポップ・センスもカンジます。

「End Of The Season」
小鳥の鳴き声で始まり、ムード・シンガーのような気取ったRay Daviesのボーカルが何か笑えるナンバー。

「Waterloo Sunset」
全英チャート2位まで昇った名曲。この曲が一番スキという方も多いのでは?メロディ・メーカーとしてのRay Daviesの才能を十分発揮してくれた英国らしいポップ・ナンバー。Beatles風のコーラスもイイ感じですな。

この後、『The Vilage Green Preservation Society』(1968年)、『Arthur or the Decline and Fall of the British Empire』(1969年)、『Lola Vs Powerman And The Moneygoround : Pt.1』(1970年)といったコンセプト・アルバムを発表し続ける。このあたりだと、個人的には名曲「Lola」を収めた『Lola Vs Powerman And The Moneygoround : Pt.1』が一番スキかなぁ。
posted by ez at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

Fugees『The Score』

Lauryn Hillの存在感抜群の大ヒットHip-Hopアルバム☆Fugees『The Score』
The Score
発表年:1996年
ez的ジャンル:カリブ&翳り系Hip-Hop
気分は... :自分のアイデンティティって何だろう?

今回は、Fugeesの90年代後半を代表するの大ヒットHip-Hopアルバム『The Score』デス。

Fugeesは、ハイチ移民のWyclef Jean、Lauryn Hill、Prasの3人で結成されたHip-Hopグループ。グループ名はRefugee(移民)から由来している。1994年にデビュー・アルバム『Blunted On Reality』を発表し、2ndアルバムである本作『The Score』(1996年)で大ブレイクしまシタ。

『The Score』の第一印象はArrested Developmentを初めて聴いた時の感覚に近かったかも?つまり、Hip-HopらしくないHip-Hopってカンジだね。歌モノも多かったしね。あとは、レゲエ、カリブのテイストが新鮮だったね。一方で、全体として何か翳りがあるカンジがとっても気になったなぁ。

後から考えると、グループ名からもわかるようにハイチ移民としてのWyclef Jeanのアイデンティティがかなり前面に出ているカンジだよね。でも、やっぱり紅一点のLauryn Hillの存在感が抜群に目立っていたよね。

一歩間違えると、「Killing Me Softly」、「No Woman, No Cry」といった超有名曲のカヴァーをやると、それだけでグループらしさが半減しかねないけど、Fugeesらしさを失っていないのが、このアルバムのスゴイところかもしれませんね。

結果として、アルバムは大ヒットし、グラミー賞も受賞した。シングルも「Fu-Gee-La」、「Killing Me Softly」、「Ready or Not」とヒットを連発しまシタ。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Ready or Not」
The Delfonics「Ready or Not (Here I Come)」を使用したフックと、Enya「Boadicea」、Headhunters「God Made Me Funky」ネタの浮遊感漂うトラックが印象的なヒット曲。この雰囲気はは後のLauryn Hillのソロ活動のテイストに近いかもね。Bob Marleyを意識しているのか途中で♪Buffalo Soldier 〜♪なんて聴こえてくるのもウレシイね。

「Zealots」
Flamingos「I Only Have Eyes For You」ネタ使いのユルユル・グルーヴが実に気持ちイイ曲。この曲も元ネタが大好きなので、何かズルイよね(笑)「I Only Have Eyes For You」は山下達郎や本ブログで取り上げたZappのカヴァーも有名ですね。

「The Beast」
何か呪術的な不気味さ漂うトラックが印象的なナンバー。

「Fu-Gee-La」
Teena Marie「Ohh La La La」をフックに使用したレゲエ・テイストのヒット曲。幻影的なトラックはRamsey Lewis「If Loving You is Wrong, I Don't Want to Be Right」ネタを使っていマス。

「Killing Me Softly」
グラミー賞ベストR&Bパフォーマンスに輝いた大ヒット・カヴァー・ラップ。オリジナルはこれまたグラミー賞2部門受賞の名曲Roberta Flack「Killing Me Softly With His Song」。僕は元々Roberta Flackのオリジナルが大好きだったので、ちょっと反則技っぽい、このカヴァー・ラップを最初聴いた時には多少戸惑ったが、すぐに“まぁ、いいっか!”ってカンジでお気に入りになりました。

また、もう1つのお気に入りの要因がブレイクに使われているRotary Connection「Memory Band」のシタール・ネタ。これはA Tribe Called Quest「Bonita Applebum」でも使われているネタであり、ATCQ大好きの僕としてはこの曲への愛着が増してきまシタ。

「The Score」
アルバム・タイトル曲はUKのアフロ・ファンク・バンドCymandeの「Dove」という曲をサンプリングで使っていますが、後に楽曲の無断使用を巡って、Cymande側が著作権違法で提訴し、Fugees側が全面敗訴したこともニュースになりましたね。サンプリングは正しく使いましょう!

「The Mask」
ジャジーなトラックが印象的なナンバー。アルバムの中では少し肌触りが異なるナンバーかもね。

「No Woman, No Cry」
ご存知レゲエの神様Bob Marleyの名曲カヴァー。アメリカ社会におけるマイノリティとして過してきたハイチ移民のWyclefが第三世界のカリスマヒーローBob Marleyをカヴァーするのは、ある種自然な流れかもね。その後のソロ活動を見ているとそんな印象が強いっす。

「Mista Mista」
Wyclefによる弾き語りナンバー。もはやHip-Hopではなく、シンガー・ソングライターの作品だね。その意味では、WyclefにはArrested DevelopmentのSpeechに近いものを感じるよね。

残念ながら、本作以降Fugeesとしての活動は休止しており、それぞれソロ活動を行っている。Wyclef Jean、Lauryn Hillのソロあたりは機会があれば紹介しますね。

そう言えば、去年あたり“Fugeesが間もなく新作発表”なんて記事を読んだけど、どうしたのかねぇ〜???
posted by ez at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

Joni Mitchell『Court And Spark』

孤高の女性シンガー・ソングライターがカラフルに昇華☆Joni Mitchell『Court And Spark』♪
Court and Spark
発表年:1974年
ez的ジャンル:クロスオーバー系シンガー・ソングライター
気分は... :クセになりそ〜う!

Joni Mitchellは、Aretha FranklinChaka Khan(Rufus時代も含めて)と並んでCDを10枚以上コレクションしている数少ない女性アーティストだ。女性シンガー・ソングライターで言えば、Carole Kingあたりも結構持っているつもりだったんだけど、今回数えてみたら2桁の大台には届いていませんでした。

僕にとってJoni Mitchellは、好きな女性アーティストと言うよりも、存在感のある女性アーティストってカンジかな?
正直、最初にJoni Mitchellを聴いた頃は、クセがありすぎて、少し苦手だったなぁ。なので学生時代はそれほど熱心には聴かなかったね。同じ女性シンガー・ソングライターならばCarole Kingのようなソフトな印象のアーティストを好んで聴いていた。

Joni Mitchellに興味を持つようになったのは、社会人になってからかな。何か一筋縄では行かないカンジが、ある時ヤケに魅力的になってきたんだろうね。

そんなJoni Mitchellの作品から1枚となると、かなり迷うね。
とりあえず、『Clouds』(1969年)、『Blue』(1971年)、『Court and Spark』(1974年)、『Hejira』(1976年)、『Don Juan's Reckless Daughter』(1977年)あたりが思い浮かぶけど、入門的なアルバムということで今回は『Court and Spark』デス。

『Court and Spark』は、それまでのフォーク的なアプローチから、ジャズ、フュージョン、ロックなどの要素を取り入れて、一気にサウンドがカラフルになったアルバムだ。

そのため、Jose Feliciano、Graham Nash、David Crosby、Robbie Robertson、Wilton Felder、Larry Carlton、Victor Feldman、Joe Sample、Tom Scottといった豪華なメンバーがレコーディングに参加していマス。特に、アレンジ面で多大な貢献をしているTom Scottの存在が大きかったみたいっす。

結果として、それまでの孤高かつやや暗めのイメージを覆し、かなり明るいイメージのアルバムに仕上がりとなり、これが市場にも受け入れられ、全米アルバム・チャートの第2位まで昇る大ヒット・アルバムとなった。

優れたシンガー・ソングライターJoni Mitchellが、様々なミュージシャンとの交流を通じて、よりトータルな音楽づくりへと向かわせたアルバムだと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Court and Spark」
ピアノの弾き語りから始めるタイトル曲は、まだ従来のJoni Mitchellの雰囲気に近いかもね。でも、いい曲っす。

「Help Me」
アルバムからの2ndシングルで、全米チャート第7位という彼女最大のヒットとなった曲。この曲の明るさ、キャッチーさは従来のイメージを明らかに覆すものだね。Tom Scottのホーン、Larry Carltonのギター、Joe Sampleのエレピがとても心地良く、フォーク+ソウル+フュージョン的なカンジが魅力のナンバーっす。

そう言えば、Princeの『Sign O' The Times』で一番好きな曲である「Ballad of Dorothy Parker」の歌詞は、「Help Me」の1節が引用されているという記事を読んだことを思い出しまシタ。

「Free Man in Paris」
「Help Me」に続くアルバムからの3rdシングル。この曲も多忙な生活から逃れたい逃避願望の歌詞を明るいノリで歌っていマス。Jose Felicianoがギター、Graham Nash、David Crosbyがコーラスで参加。隠し味でエスニックなテイストも漂ってきマス。

「Same Situation」
「変わらぬ事情」というストレートな邦題がヤケに説得力があるナンバー。Joni Mitchellらしい浮遊感が引き立つアレンジがいいカンジです。

「Car on a Hill」
実にソウルフルでジャジーな仕上がりのナンバー。コーラスのアレンジがいいカンジっす。この曲は少しCarole Kingっぽいかもね。

「Down to You」
曲もいいけど、ピアノ弾き語りに絡むハープ、オーボエ、ホルンなどのアレンジが秀逸のナンバー。このあたりはTom Scottの貢献が大きいのでしょう。

「Just Like This Train」
個人的に一番お気に入りのナンバー。シンプルなアレンジだけど、さり気にオシャレっす。何より曲がいいね!晴れた日の朝に眠い目をこすりながら聴きたいカンジの曲。

「Raised on Robbery」
アルバムからの先行シングル。かなりロック色の強いナンバーっす。この曲も従来のイメージを払拭するインパクトがあったのでは?Robbie Robertsonがギターで参加していマス。

「Trouble Child」
ソウル・テイストのナンバー。静かなるファンキー・ソウルってカンジですね。ホーンアレンジが激シブでいいカンジ。

「Twisted」
モロにジャズなナンバー。この曲のみがオリジナルではありません。必死にジャズ・シンガーしているカンジがいいっす。

それにしても、Amazonのジャケ写真は何でこんなピンボケ使っているのかね。
実際は彼女自身が描いたイラストがもっとクッキリ☆ハッキリしていマス。

名曲「Both Sides, Now(青春の光と影)」収録の『Clouds』、印象的なジャケ写真と共に当時の彼女自身の内面を赤裸々に歌った『Blue』、Jaco Pastorius等参加の2枚組大作『Don Juan's Reckless Daughter』など他にも紹介したいだらけのJoni Mitchellデス。
posted by ez at 02:21| Comment(4) | TrackBack(1) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

Avant『Director』

最近の本格派男性R&Bの中のイチオシ☆Avant『Director』♪
Director
発表年:2006年
ez的ジャンル:大人のスロージャム系男性R&B
気分は... :加地クン復帰してね!

昨日のサッカー国際親善試合「ドイツ対日本」は、強豪相手に日本の良さと脆さがハッキリ出た試合でしたね。

2点先行しながら最後勝ちきれないのは、セットプレーでの守備という課題が解決されていない不安と、逆境をはね返すドイツのゲルマン魂か?まぁ、オーストラリア戦、クロアチア戦のいいシミュレーションにはなったでしょう。加地の負傷退場が心配だけど。

ただ、ジーコに対して1つだけ疑問に思うことがある。
3-5-2のシステムで本番に臨むのであれば、なぜ4-4-2システムを想定させるようなメンバー選出をしたのだろうか?

つまり、CBタイプのDFを4人しかメンバー登録していないので、もし大会中にケガや警告などで1人でもこれらメンバーが欠けると、ベンチにバックアップ・メンバーが一人もいなくなる(中田浩をCBで使う手はあるが)。しかも田中離脱で茂庭がバカンス先から合流というスクランブル状態だしね。不安が杞憂に終わることを祈りたい。

さて今回は最近の男性R&Bの新譜で、Ne-Yo『In My Own Words』と並んでお気に入りの1枚Avant『Director』デス。

特別、Avantが好きだという訳ではなかったが、何となく試聴してみたら、結構良かったので衝動買いってカンジっす。

2000年にデビューアルバム『My Thoughts』を発表後、2nd『Ecstacy』(2002年)、3rd『Private Room』(2003年)とコンスタントに発表してきたAvant。前作から3年も経つんだね。

『Private Room』に比べて、ジャケがイマイチ(?)なカンジがしたので不安だったけど、Underdogs、Jermaine Dupri、Rodney Jerkinsといった豪華なプロデュース陣による、アーバンな大人のR&Bに仕上がっていマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「So Many Ways」
オープニングは、実にシルキーでアーバンなミディアム・スロー。アダルトねぇ〜!

「This Is Your Night」
この2曲目を試聴で聴いて購入決定!UnderdogsプロデュースのL.T.D.「Where Did We Go Wrong?」ネタづかいのメロウなトラックと、Avantのセクシー&スィートなボーカルは胸キュン好きの僕にとって言うことなしの出来ですな!

「You Know What」
先行シングルにもなったLil WayneをフィーチャーしたJermaine Dupriプロデュースのミディアム・ナンバー。こんな風にセクシー・モードで女性にアプローチしたいものですな(笑)

「4 Minutes」
Underdogsプロデュースのシングルカット・ナンバー。恋人との破局を歌うスロー・ジャム。この胸を締め付けるカンジの切なさが何ともたまりません。

「Stickwitu」
The Pussycat Dollsとの共演ナンバー。Pussycat Dolls名義のバージョンの方が先行しているので、そちらでご存知の方も多いのでは?本作に収録されているのはUrban Remixというバージョンで、その名の通り実にアーバンでしっとりした大人の仕上がりデス。

「Exclusive」
G-UnitのLloyd Banksをフィーチャーしたナンバー。美メロ一辺倒よりも、やっぱりアルバム中1、2曲はこういったノリ重視の曲も欲しいよね。

「Right Place, Wrong Time」
この曲も胸キュン好きにはたまらない切ない別離のラブソング。美メロと美ボーカルの絶妙のマッチングですな。

「Grown Ass Man」
Rodney Jerkinsプロデュースの曲・ボーカル・プロダクションの出来が見事デス。

「Director」
メロウ好きにはたまらないタイトル・チューン。僕はあんまり熱唱しすぎるボーカルや、過度にゴージャスすぎるアレンジは苦手だけど、このアルバムはそのあたりのさじ加減が絶妙だと思うね。

「Lie About Us」
Ron Fair & Beau Dozierプロデュースで、Pussycat DollsのNicole Scherzingerがフィーチャーされていマス。

「Mr. Dream」
官能のラブソングってカンジのナンバー。こういったセクシー路線もいいですな。

「Now You Got Someone」
「This Is Your Night」と並び個人的には一番のオススメ曲。これもUnderdogsプロデュースの美メロのスロー・ジャム。僕の胸キュン・センサーにかなりピピッときてます。

「G.P.S.A. (Ghetto Public Service Announcement) 」
Jarmaine Dupriをフィーチャーした曲。Dupriプロデュースの2曲はアルバム内のいいアクセントになってますな。

こうして書いてみると、殆ど捨て曲ナシのアルバムですな。
posted by ez at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする