2007年01月06日

Herbie Hancock『Inventions And Dimensions』

若き日のHancockの意欲作☆Herbie Hancock『Inventions And Dimensions』
Inventions & Dimensions
発表年:1963年
ez的ジャンル:パーカッション系ピアノ・トリオ・ジャズ
気分は... :まずは行動してみようo(^o^)o

そろそろお正月モードから通常モードに戻ってきましたね。

少しマジメな話をすると、今年は理想を追い求めたり、目標というもので自分を縛ったりせずに、もっと目先のやっている事、目前のやれる事をゴチャゴチャ考えずに実行し、それを積み重ねていきたいと思っている。

男という生物は、「あるべき姿」を設定し、それに向って行動するのが好きなようである。
あらゆる行動が「あるべき姿」から逆算して合理的であることを重視するのが男なのだ。
僕も少し前までは、そういった傾向が強い人間だった。

でも、それって「あるべき姿」が逆に自分の周囲にあるさまざまな可能性を排除してしまい、結果として自分を窮屈にしているのでは?なんて最近思うようになった。「自分は〜であるべき」と規範的に考えるよりも、「現実に自分は〜なっている」と記述的に考える方が物事うまく回っていくってカンジかなぁ。

なので、「考えてから行動する」よりも「行動してから考える」という流れで今年は行こうかなぁと思っていマス。

さて、久々のHerbie Hancockっす。今回は初期の作品から『Inventions And Dimensions』(1963年)をセレクト。

Herbie Hancockは60年代のメインストリーム・ジャズ作品『Speak Like A Child』(1968年)、ボコーダーを導入したポップでメロウなフュージョン作品『Sunlight』(1978年)に続く、3回目の登場となります。

皆さんご存知のとおり、Herbie Hancockというジャズ・ピアニストは、メインストリーム・ジャズでの活躍は勿論のこと、クロスオーバー/フュージョンやHip-Hopなどその時々で時代の流れを先取りする多彩な作品を次々と発表してきた人である。

あまり自分のエリアを固定せずに、その時々の自分の好奇心や創造力の赴くままに、1つ1つの作品を積み重ねていくうちに、気付けば他に追随を許さない広大な世界を創り上げていたのがHerbie Hancockという人ではないかと思いマス。こう書くと、強引だけど冒頭の僕の話も繋がってくるでしょ(笑)

さて、本作『Inventions And Dimensions』(1963年)は、Hancock初のリーダー作『Takin' Off』(1962年)、2作目『My Point of View』(1963年)に続く、3作目のリーダー作である。

本作『Inventions And Dimensions』と言えば、まずはジャケかなぁ。以前に本ブログの特別企画『どっちのジャケット・ショー!本物はどっち?』で紹介したように、本ブログでも大人気のYoung Disciples『Road to Freedom』のジャケの構図は本作をモチーフにしている。写真Francis Wolff、デザインReid MilesというBlue Note作品ではお馴染みの黄金コンビが手掛けていマス。

メンバーは、Herbie Hancock(p)、Paul Chambers(b)、Willie Bobo(ds、timbales)、Osvaldo "Chihuahau" Martinez(conga、bongo)というピアノ・トリオにパーカッションが加わった編成だが、Willie Boboは本来パーカッション奏者なので、パーカッション二人と思って聴いた方が面白いと思いマス。

きっと、メインストリーム・ジャズのファン以上に、クラブ・ジャズやアシッド・ジャズなんかが好きな方が気に入る作品なのではと思いマス。1963年の録音と言うのが信じられない、今でも鮮度抜群の作品だと思いますよ!

全曲紹介しときやす。

「Succotash」
この曲を最初聴いた時の印象は“坂本龍一じゃん!”。ジャズというよりもむしろ現代音楽ってカンジがするね。クール&ミステリアス&エレガントなHancockの演奏が印象的ですな。パーカッション二人の絡みも実に面白い。何度聴いても飽きない1曲だと思いマス。

「Triangle」
前半はアルバム中一番オーソドックスにジャズしているカンジだけど多少物足りない。それよりも後半のパーカッションが全面に出てくる展開の方が僕好みですな。

「Jack Rabbit」
クラブ・ジャズやアシッド・ジャズに通ずるカッチョ良さを持ったスリリングなスピード感溢れる演奏が魅力の曲。こういった曲を聴いていると、久々にUnited Future Organizationとか聴きたくなってくるねぇ。Willie Boboのtimbalesがイカシテます。

「Mimosa」
ラテン・テイストのコンガとHancockのエレガントなピアノのバランスが面白い曲。一歩間違えるとミスマッチなカンジがするんだけど、ギリギリ寸止めのところで絶妙のバランスを保っている気がします。

「Jump Ahead」
ストレート・ジャズだけど、同時代のジャズ作品に比べて、スマートかつスタイリッシュな印象を受けるのは何故なんだろうね?

僕はHerbie Hancockが特別大好きな訳ではないが、でもHancock作品のコレクションはついつい増えてしまう。このあたりがHancockの偉大なところかもね!
posted by ez at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

Barbra Streisand『Guilty』

アメリカの国民的歌手の最大のヒット・アルバム☆Barbra Streisand『Guilty』
Guilty
発表年:1980年
ez的ジャンル:アメリカの国民的歌手
気分は... :紅組のトリはBarbraで決まり!

結局、昨年の紅白はDJ OZMA一人に持っていかれたみたいっすね。
僕は外で遊び呆けていて、後からネットの動画で一部を観ただけなんだけどねぇ。
正月実家に戻ったら、ウチの親もアレコレ文句を言っていまシタ。

案外、DJ OZMAと氣志團の綾小路翔が同一人物ということを知らない人が多いのかもね。そのあたりを認識していると、そもそもDJ OZMAという存在がギャグなのだとわかり、アレコレ文句言うこと自体が馬鹿馬鹿しくなるはずだと思うんだけど...まぁ、僕自身はDJ OZMAも、DJ OZMAの音楽も、氣志團にも全く興味がない人間なので、どうでもいいことなのですが。

今日はアメリカで最も愛される国民的歌手Barbra Streisandの大ヒット・アルバム『Guilty』(1980年)っす。Barbra Streisand『Greatest Hits Volume2』以来2回目のエントリーっす。

もし、アメリカで紅白歌合戦のようなものがあるとすれば、紅組のトリは間違いなくBarbra Streisandだと思う。

以前のエントリーでも書いたが、Barbraは数年前に実施された“アメリカで20世紀で最も愛された歌手は誰か?”という国民的な投票で女性歌手No.1に選ばれた。

また、60年代、70年代、80年代、90年代の各年代で全米No.1アルバムを持つ唯一のアーティストであり、アカデミー賞(映画)、グラミー賞(音楽)、トニー賞(舞台)、エミー賞(TV)、ゴールデングローブ賞全てを受賞している唯一のアーティストであり、アカデミー賞を主演女優と主題歌賞の両方で受賞した唯一のアーティストでもある。

これほどの人気・実績持つ女性歌手は他に見当らないし、これからも出現しないように思える。

僕がBarbra Streisandという女性に抱くイメージは“強い女性”かなぁ。
きっと、これだけ多方面で華々しい実績を積み上げるためには、相当突っ張って生きてきた人なんじゃないかなぁと思う。

その分、生意気とか、ワガママといった非難も数多く受けていたのでは?
以前にアメリカCBSの人気番組Evening Newsのアンカーマンを長年務めていた全米を代表する名物キャスターDan Ratherが、自分の何十年にも及ぶ取材の中で、一番辛辣なインタビューをしてしまった相手がBarbraであり、それに対して謝罪したいといった主旨の発言をしていたのを観たことがある。

でも、そんな非難も乗り越えて、自分の信念を貫く鉄の意志を持った女性、それがBarbra Streisandという人なのだろう。勿論、僕はそんなBarbraの強さが大好きデス。さらに言えば、その強さの合間に可愛さが見え隠れするのがこの人の魅力だと思いマス。

さて、今回紹介する『Guilty』は、リアルタイムで僕に歌手としてのBarbra Streisandを認識させてくれたアルバムだ。詳しく調べていないけど、多分Barbraアルバムの中で最も売れた作品なのでは?

本作の話題は何と言っても、当時人気絶頂だったBee GeesBarry Gibbを制作総指揮に迎えたことっす。その意味ではジャケ写真のようにBarbraとBarryのBBコンビ二人のアルバムと言えるかもね?

当時のBee Geesと言えば、確かシングル6曲連続No.1を記録更新中の時期だったと思う。そんなBee Geeの中心人物が全面サポートのBarbraのアルバムと聞いて、かなり期待感が高まったのを憶えている。

でも、今振り返ってみると、僕がこのアルバムを今も好きなのは、Barry Gibb云々よりも、Richard Tee、Cornell Dupree、Steve GaddといったStuff勢、Lee Ritenour、TotoのDavid Hungate等といった腕利きミュージシャンが奏でるクロスオーバー系のオシャレ・サウンドをバックに、Barbraの伸びやかなボーカルを聴ける点にあるように思う。

要は、優れたAORアルバムに仕上がっているということですな。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Guilty」
Barry Gibbとのデュエットによるタイトル曲。アルバムからの2ndシングルとして全米チャートTop3に入るヒットとなりまシタ。まさに、ジャケ写真のようにホワイトが似合うカンジの爽やかなAORに仕上がっていマス。個人的には、晴れた日の朝とかに聴くのが好きだなぁ。

「Woman in Love」
アルバムからの1stシングルとして全米No.1に輝いた大ヒット曲。スケールの大きな大人のバラードというカンジですな。僕には多少仰々しいカンジもするけど(笑)

「Run Wild」
Richard Teeのエレピが印象的なAORナンバー。個人的にはBarbraの伸びやかにはボーカルには、この曲のようなゆったりとしたテンポと、シンプルなアレンジが合っているように思いヤス。

「Promises」
この曲もシングル・カット曲。Barry Gibbらしいミディアム・テンポの1曲。当時は地味な曲だと思ったけど、今聴くとそんなに悪くないね。

「Love Inside」
アルバムで一番のお気に入りの曲。バックは殆どRichard Teeのエレピの伴奏のみで、Barbraがしっとりと歌い上げてくれマス。Barbraの他のアルバムに収録されていても全然違和感がないBarbraらしく仕上がった1曲だと思いマス。

「What Kind of Fool」
Barry Gibbとのデュエット。シングル・カットされ、全米チャートの第10位まで上昇したヒット曲。デュエットとしての仕上がりとしては「Guilty」よりもコチラの方が上かもね。この曲も抑え気味のバックの演奏がサイコー!

「Never Give Up」
わりと大人しい曲が並ぶ中で、この曲が一番躍動感があるかもね。ソウル・フィーリングに溢れた演奏もイイ感じです。

「Make It Like a Memory」
僕はBarbraの高音部の独特かつスキルフルな歌いまわしが大好きなんだけど、そんなBarbraの力強いボーカルが堪能できる1曲。実にドラマティックな展開も印象的ですな。

ファンの方ならご存知の通り、BarbraとBarryのBBコンビは2005年に『Guilty Pleasures』を発表し、25年ぶりの共演を果たした。『Guilty Pleasures』のジャケを見ると、さすがにBarryは年取ったなぁと思ったが、一方のBarbraは全然変わらないというか、むしろ若返ったカンジさえして、実に可愛い表情をしている。さすが国民的スターですな。
posted by ez at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

Brownstone『Still Climbing』

僕の心を揺さぶり続けるボーカル&コーラス☆Brownstone『Still Climbing』
Still Climbing
発表年:1997年
ez的ジャンル:胸キュン&ゴスペルフィーリング系女性R&B
気分は... :心に響くR&Bだねぇ!

90年代女性R&Bグループの中で一番のお気に入りグループBrownstone

Brownstoneは、Nichole Gilbert、Mimi、Maxxeの3人で結成され、Michael Jacksonが設立したレーベルMJJより1994年『From The Bottom Up』でデビューし、名曲「If You Love Me」のヒットと共に成功を収めた。

今回は、以前に紹介したデビューアルバム『From The Bottom Up』に続く2ndアルバム『Still Climbing』っす。

『From The Bottom Up』よりも地味な扱いをされがちな本作『Still Climbing』だけど、作品全体のクオリティはこっちの方が上かも?本作では、Mimiが体調不良のためグループを離れ、代わってKina Cosperが加入していマス。

新体制になっても、3人のコーラスワークが紡ぎ出す見事な世界は健在っす。SWVTLCなどに代表される90年代の多くの女性R&BグループがHip-Hopテイストな方向を嗜好していた中で、他に比類を見ないゴスペルフィーリング溢れるコーラスワークを武器に、真正面から歌に取り組んでいる潔さが個人的には大好きっす。

Brownstoneの3人のみとは思えない、パワフルで分厚いボーカル&コーラスワークを聴いていると、胸の高鳴りが収まらなくなってくる。他の女性R&Bグループではなかなかこんな事はないと思いますよ!

プロデューサーとしてRodney Jerkins、Dave Hall、Shoulshock & Karlin、Big Yam & Victor Merrittなどが名を連ねていマス。また、『From The Bottom Up』同様にExecutive ProducerとしてMichaelの名がクレジットされていマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「5 Miles to Empty」
Brownstoneの魅力を見事に引き出しているBig Yam & Victor Merrittプロデュースのバラード。僕的にはクラシック級扱いの超お気に入りナンバー。胸キュン度上昇間違いなしの感動ボーカル&コーラスを堪能できる1曲っす。

「In the Game of Love」
Dave HallプロデュースのGordon Chambers作品。本ブログでも絶賛のGordon Chambers『From The Bottom Up』でも「If You Love Me」「Half Of You」といった珠玉の名曲2曲を提供してくれていたけど、本曲もジーンと胸に染み渡る名曲だと思いマス。

「Let's Get It Started」
「Love Me Like You Do」
Rodney Jerkinsプロデュースの2曲曲。「Let's Get It Started」は、このアルバム唯一のHip-Hopテイストの曲(Herman Kelly & Life「Dance To The Drummer's Beat」ネタ)。仕上がり自体は悪くないけど、このタイプの曲が彼女達の魅力を引き出しているかは多少疑問だなぁ。ちなみにBlack Eyed Peasの大ヒット曲とは同名異曲っす。僕にはクールなミッド・チューン「Love Me Like You Do」の方がしっくりくるかなぁ。

「Kiss and Tell」
「Baby Love」
Big Yam & Victor Merrittプロデュースの2曲。このプロデュース・ユニットとBrownstoneの相性はバッチリだと思うね。「Kiss and Tell」はゴスペルフィーリング溢れるコーラスワークの素晴らしさを実感できるミッド・チューン。「Baby Love」は哀愁ムードがたまらない1曲。(多分)Zapp「Computer Love」をモチーフにしているカンジのコーラスがお気に入り。ボコーダーも使っているしね。

「Around You」
「5 Miles to Empty」と並ぶ僕のお気に入り曲。聴いているだけで、気持ちが優しくなれそうな美メロ・バラード。きっと大好きな彼氏or彼女と一緒に聴くと、自然と肩を寄せ合いたくなるような曲だと思いマス。

「All I Do」
90年代らしいメロウ・グルーヴ。この頃の女性R&Bにありがちなタイプの曲だけどBrownstoneだと別物に聴こえるこら不思議だね。途中でDeBarge「I Like It」を軽く引用しているところも僕好み。

「You Give Good Love」
この曲もゴスペルフィーリングのコーラスを満喫できる感動バラード。歌って素晴らしいよね!って実感できるね。

結局、Brownstoneは本作をもってその活動に終止符を打ってしまった。こんなに素晴らしい心に響くR&B作品をもっと聴きたかったなぁ。
posted by ez at 00:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

The Isley Brothers『The Isleys Live』

今年最初の1枚に選んだのがコレ☆The Isley Brothers『The Isleys Live』
The Isleys Live
発表年:1973年
ez的ジャンル:「3+3」によるニューソウル系ライブ
気分は... :今年こそは...

今日から通常のエントリーに戻ります。

新年一発目の作品は何にしようかなと悩みましたが、変に新年の決意に因んだ1枚...なんてするのもらしくないので、単純に頭の中に思いついた作品を紹介しマス。

本ブログ4回目の登場となるThe Isley Brothers『The Isleys Live』(1973年)♪選んでから思ったけど、Isley Brothersってイノシシっぽいしね(笑)

我が家のCD棚のR&Bコーナーで最も多くのスペースを割いているアーティストであるIsley Brothers

年末の『ezが選ぶ2006年の10枚』でも、最新作『Baby Makin' Music』をセレクトしやシタ。

『Baby Makin' Music』は、エロエロオヤG健在を示してくれた久々に胸トキメク作品だった。しかしながら、僕の大好きなIsleysはやっぱり「3+3」時代ということになる。

『3+3』(1973年)から『Between The Sheets』(1983年)まで続いた「3+3」時代は、O'Kelly Isley、Rudolph Isley、Roland Isleyのボーカル隊とErnie Isley、Marvin Isley、Chris Jasperのリズム隊が一体となってファンク・グループとして不動の地位を確立し、グループの絶頂期と呼べる時期っす。

本作『The Isleys Live』は、タイトル通りIsleysのライブ・アルバム。場所はNYのThe Bitter End。本ブログでも紹介したCurtis Mayfield『Curtis/Live!』(1971年)、Donny Hathaway『Live』(1972年)といった数々の名ライブアルバムを生み出した伝説のライブハウスです。

録音されたのは1972年という「3+3」体制の正式スタート前ですが、Ernie、Marvin、Chris Jasperのリズム隊も参加しており、その意味で「3+3」体制のアルバムと言っていいと思いマス。

選曲は、アルバム『It's Our Thing』(1969年)収録の大ヒット曲「It's Your Thing」を除けば、『Givin' it back』(1971年)、『Brother, Brother, Brother』(1972年)という2枚のアルバムからセレクトされていマス。

全体的にはニューソウル的な雰囲気が強いかもしれませんね。

全曲紹介しときやす。

「Work to Do」
オープニングは『Brother, Brother, Brother』収録のオリジナル・ナンバー。Average White Band、David T.Walker、Vannessa Williamsなど数多くのアーティストがカヴァーしている人気曲ですね。「3+3」らしいファンキーな仕上がりが大好きっす。

「It's Too Late」
『Brother, Brother, Brother』収録。説明不要のCarole Kingの大ヒット曲カヴァー。ここでは13分にも及ぶニューソウル的な演奏を聴かせてくれマス。Ernieのギターも全開っす。

IsleysとCarole Kingって、Carole KingもIsleysの「Brother, Brother」をカヴァーしており、お互いがカヴァーすると同時にカヴァーされる、しかもそれが黒人と白人という組み合わせという点が面白いよね。さらに、その両者が共にニューソウルという同じベクトルを向いていたというのが興味深いですな。

「It's Your Thing」
『It's Our Thing』収録曲。全米ポップチャート第2位、R&Bチャート第1位に輝いた名曲。Jackson 5、Ann Peebles、Aretha Franklinなど多くのカヴァーもありますね。たたみかけるようなグルーヴ感がたまりませんな。

「Pop That Thang」
『Brother, Brother, Brother』収録曲。自然と体を揺らしてしまうキャッチーなファンキー・グルーヴ。

「Love the One You're With」
『Givin' it back』収録の Stephen Stillsのカヴァー(オリジナルはアルバム『Stephen Stills』収録)。この曲もAretha Franklin、The Metersなど数多くのアーティストがカヴァーしている名曲ですね。臨場感が伝わってくるアゲアゲの盛り上がる演奏ですな。

「Lay Lady Lay」
『Givin' it back』収録のBob Dylanのカヴァー。個人的にDylan作品の中でも特に大好きな曲の1つであり、Dylan自身のライブ・バージョン(アルバム『Hard Rain』収録)も本ブログで紹介しましたね。個人的にはKarl Potterのコンガがパカポコ聴こえるIsleysバージョンの方が本家Dylanよりもお気に入りっす。

「Lay Away」
『Brother, Brother, Brother』収録のオリジナル曲。徐々に高揚感が高まり、後半で全開になるカンジが好きですね。

「Ohio/Machine Gun」
ラストは『Givin' it back』収録のメドレー。「Ohio」はNeil Youngのカヴァー、「Machine Gun」はJimi Hendrixのカヴァー。個人的には「Machine Gun」が興味深い。Ernieのギターがジミヘンの影響を受けているというのみならず、ジミヘン作品の中からベトナム戦争への思いをギターで表現したこの曲を取り上げたあたりに、ニューソウル的な匂いをとても感じてしまうよね。

全曲を通じて、コンガのKarl Potter、ドラムのNeil Batheの好サポートも見逃せません。

なお、現在のCDにはボーナス・トラックとして1969年のライブより、「I Know Who You've Been Socking It To」「I Turned You On/It's Your Thing」「Shout」の3曲が追加されていマス。特に、「It's Your Thing」は1969年と1973年を聴き比べできるので楽しいと思いますよ!
posted by ez at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

『音楽の園』2006年年間アクセス数Top10

皆様、お正月をいかがお過ごしですか?
小生は、朝から晩までエンドレスで飲み食いしているカンジっす(≧_≦)

昨日の2006年10月-12月アクセス数Top10に続き、今日は2006年の年間アクセス数Top10をご紹介します。

第1位:Kiki『Let Go』(2005年)
レット・ゴー(期間限定)

第2位:Billy Joel『The Stranger』(1977年)
The Stranger

第3位:Leroy Hutson『Hutson』(1975年)
Hutson

第4位:A Tribe Called Quest『Midnight Marauders』(1993年)
Midnight Marauders

第5位:Earth,Wind & Fire『That's the Way of the World』(1975年)
That's the Way of the World

第6位:Daryl Hall & John Oates『Private Eyes』(1981年)
Private Eyes

第7位:The Who『Who's Next』(1971年)
Who's Next

第8位:Young Disciples『Road to Freedom』(1991年)
Road to Freedom

第9位:Pretty Ricky『Bluestars』(2005年)
Bluestars

第10位:DeBarge『Ultimate Collection』(1997年)
Ultimate Collection

どうしても古いエントリーが上位に集中してしまいますが、Kiki『Let Go』とPretty Ricky『Bluestars』のような若いリスナー向けのR&Bと、The Who『Who's Next』のようなオールド・ロック・ファンが喜ぶ作品が混在しているバラツキ感が本ブログらしいベスト10だと思いマス。

それにしても、昨年前半のKikiとPretty Rickyの本ブログにおける異常人気には正直驚きまシタ。

あとはLeroy HutsonやYoung Disciplesのような大物イメージのないアーティストのTop10入りも意外かも?個人的には大好きなThe WhoとDeBargeのランクインもとっても嬉しいっす。

あと一歩で惜しくもランクインを逃したのは、Donald Fagen『The Nightfly』George Benson『Give Me The Night』Martha Reeves & The Vandellas『Ultimate Collection』Boz Scaggs『Middle Man』The Jam『Setting Sons』といったところです。

今年もこの脈絡があるのかないのかよう分からんバラツキ感を大事にして作品をセレクトしていきたいと思っていマス。

明日からは通常のエントリーに戻りマス。
posted by ez at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする