2007年04月15日

Babyface『The Day』

天才プロデューサーの美メロに酔いしれる☆Babyface『The Day』
The Day
発表年:1996年
ez的ジャンル:美メロ&ナチュラル系男性R&B
気分は... :自然体で...

これまで何度も紹介しようと思いながら、ズルズルと遅れてしまっていた天才プロデューサーBabyfaceの登場デス。

ご存知の通り、Babyface(本名Kenneth Edmonds)はL.A.Reidとのコンビで1980年代後半から数々の大ヒット作をプロデュースしてきまシタ。

1987年にThe Whispers「Rock Steady」を全米R&Bチャート第1位に送り込み注目を集めると、Bobby Brown、Karyn White、Whitney Houston、Toni Braxton、Boyz II Menなどの大ヒット作を次々と手掛け、トップ・プロデューサーの地位を確立しまシタ。1989年にはL.A.Reidと共に自らのレーベルLAFaceを立ち上げていマス。

その後、L.A.Reidがマネジメントに注力したため、単独でプロデュースを手掛けるようになりましたが、快進撃は止まることを知らず、TLC、Boyz II Men、Toni Braxton、BrandyMary J. BligeEric Clapton、Celine Dion、Michael Jacksonなど挙げたら限がないですね。

一方、プロデューサーとしての華々しい経歴と比較すると、ソロ・アーティストとしてのBabyfaceは決して大成功しているとは言えないかもしれませんね。あくまで商業的な意味でのことですが。

そんなBabyfaceのソロ作の中で僕の最もお気に入り作品が今回紹介する4thアルバム『The Day』(1996年)デス。

Eric ClaptonStevie Wonder、Mariah Carey、Kenny G、Wanya Morris(Boyz II Men)、Shawn Stockman(Boyz II Men)、LL Cool J、Jody Watley、Howard Hewett、Jeffrey Danielsといった豪華なゲスト陣もいいけど、それ以上にBabyfaceの書く美メロ・ソングの数々と、彼の甘いボーカルこそが本作の最大の魅力となっていマス。

とっても自然体のBabyfaceに出会える1枚なのでは?

オススメ曲を紹介しときやす。

「Every Time I Close My Eyes」
シングルカットされ、全米ポップチャート第6位、全米R&Bチャート第5位となったなナチュラルな美メロ・スロウ。グラミー賞のベスト男性ポップボーカルパフォーマンスにもノミネートされまシタ。Kenny Gのしなやかなサックスが盛り上げてくれマス。僕の嫌いな(笑)Mariah Careyがバック・ボーカルで参加。まぁ、ゲストならばいいか。

「Talk to Me」
Eric Claptonのギターをフィーチャーした「Change the World」をもっとアーシーにした雰囲気のナンバー。リラックスしたゆったり感がいいねぇ。

「I Said I Love You」
「Simple Days」と並ぶ僕のお気に入り曲。胸キュン・ソング好きの僕のハートをときめかせる絶品スロウ。胸を締めつけるような切ないムードに完璧にKOされまシタ。

「When Your Body Gets Weak」
とろけるように甘くロマンティックなスロウ。ボーカリストとしてのBabyfaceを堪能できる1曲。アコースティックな抑えたアレンジも絶妙ですね。

Wanya Morris、Shawn StockmanというBoyz II Menの二人に加え、デビュー前のBoyz II Menに参加していたMarc Nelsonがバック・コーラスで盛り上げてくれマス。そう言えば、先日我が家のCD棚でMarc Nelsonの1stソロ『I Want You』(1991年)を久々に見つけまシタ。Marvin Gayeの名曲カヴァーのタイトル曲は結構好きだったなぁ。

「Simple Days」
僕の一番のお気に入り曲。本作というより、Babyfaceのソロ全作を通じても一番好きかもしれませんね。特別派手な仕掛けのないシンプルなアコースティック・ソウルだけど、何より曲が素晴らしいですね。聴いていると、心がホッとしてきます。本ブログでも紹介したお兄さんのKevon Edmondsがバック・コーラスで参加。

「Seven Seas」
美しくエレガントなアレンジが魅力の曲。Babyfaceのアコギが実に素敵ですな。

「The Day (That You Gave Me a Son)」
愛息Brandoを出産する愛妻Tracyへ捧げた1曲。Greg PhillinganesのピアノをバックにBabyfaceが溢れんばかりの思いを歌いあげマス。ちなみにBabyfaceとTracyは2005年に離婚してしまうのですが...

「How Come, How Long」
Stevie Wonderをフィーチャーした1曲。グラミー賞のベスト男性ポップコラボレーションにもノミネートされまシタ。徐々に高揚感が高まってくる感動的な1曲に仕上がっていマス。

「This Is for the Lover in You」
LL Cool J、Jody Watley、Howard Hewett、Jeffrey Danielsをフィーチャーしたミッド・グルーヴ。シングルカットされ、全米ポップチャート第6位、全米R&Bチャート第2位のヒットとなりまシタ。Babyfaceらしくない本作の中では異質な1曲ですが。個人的にはJody Watley、Howard Hewett、Jeffrey DanielsというShalamarの3人が勢揃いしたのがウレシイですね。

ちなみにBabyfaceというアーティスト名の名付け親はBootsy Collinsなのだとか。

1958年4月10日生まれだから、現在49歳になったばかりだと思うけど、このアーティスト名はビミョーですよね。今さら変えることもできないしねぇ。日本でいえば少年隊みたいなものですな。
posted by ez at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

Talking Heads『Fear Of Music』

彼ららしいアートなハイブリッド・リズムを堪能できる1枚☆Talking Heads『Fear Of Music』
Fear of Music
発表年:1979年
ez的ジャンル:ハイブリッド・リズム系ニューウェイヴ
気分は... :心配になるなぁ...

NYニューウェイヴを代表するバンドTalking Headsの久々の登場デス。

鬼才David Byrneを中心にChris FrantzJerry HarrisonTina Weymouthの4人が生み出す知的なハイブリッド・サウンドは、NYニューウェイヴの生み出した1つの大きな成果ですよね。

前回はアフロ・ファンクとロックを融合させた歴史的名盤『Remain in Light』(1980年)を紹介しましたが、今回『Remain in Light』の1つ前の作品となる『Fear Of Music』(1979年)を紹介しマス。

基本的にTalking Headsの作品は全部OKな僕ですが、現時点の僕の好みで言えば、本作『Fear Of Music』が一番かもしれませんね。

本当は前回『Remain in Light』を紹介した時も『Fear of Music』を取り上げようと思ったのですが、当時はAmazonのジャケ写真の画質が悪く、工業用ゴムマットを模した黒いジャケットの質感が判別できず、しかも背景ブラックのブログ・デザインだったため両者が同化して見た目には真っ黒で何もわからない...なんて状況だったので断念した記憶がありマス。

『Fear Of Music』は、『Talking Heads: 77』(1977年)、『More Songs About Buildings and Food』(1978年)に続く3rdアルバム。前作『More Songs About Buildings and Food』で初めてタッグを組んだBrian Enoが引き続きプロデュースを担当していマス。

Talking Headsの歴史で言えば、『Remain in Light』で開花するアフロ・ファンクの要素を初めて取り入れたのが『Fear Of Music』デス。

おそらく僕が『Fear Of Music』を好きなのは、彼らの持つアートな雰囲気とアフロ・ファンク路線のハイブリッド感がうまく融合しているあたりだと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「I Zimbra」
Talking Headsが初めてアフロ・ファンクを導入した曲。アフロ・ファンクなんて殆ど認知されていなかった当時に、このリズムやサウンドは結構インパクトがあるのでは?意味不明の歌詞も印象的ですね。ちなみにこの歌詞はダダイスト Hugo Ballの詩(と呼べるのか?)がベースになっていマス。

本曲にはRobert Frippがゲスト参加。次作『Remain in Light』では後にKing Crimsonに加入するAdrian Belewが大活躍しているし、Talking Headsと80年代King Crimsonの接点も興味深いですね。ちなみに80年代の新生King Crimsonの第一弾アルバム『Discipline』(1981年)も大好きなアルバムです。

「Mind」
NYニューウェイヴらしいダークで、チープで、近未来的な1曲。この曲なんかは同じくNYニューウェイヴを代表するグループThe Carsあたりとの共通点を見出すことができますね。

「Paper」
不思議な吸引力を持った1曲。ハイブリッド感に充ちたギターのリズムを聴いているだけで飽きませんな。

「Cities」
ニューウェイヴとファンクがNYテイストでまとめられている、Talking Headsならではのハイブリッドなリズム感がカッチョ良い曲。

「Life During Wartime」
シングルカットもされた人気の1曲ですね。David Byrneらしいクネクネ感が一杯でいいですね。コンガのパカポコ感も僕好み。

「Air」
近未来的ニューウェイヴといったムードの曲ですね。Sweetbreathesによる癒し系バック・コーラスがいいカンジ。

「Heaven」
ニューウェイヴ感覚の中にもヒューマンなぬくもりを感じるナンバー。リズム面のユニークさが取り上げられることが多いTalking Headsだけど、こうしたヒューマン・タッチな面も彼らの魅力ですよね。

「Animals」
ソリッドなファンク・リズムが印象的なアヴァンギャルド・チューン。

ワールド・ミュージック的な視点で作られた『Naked』(1988年)あたりと聴き比べると、同じアフリカ志向でも全然肌触りが違うのが面白いですね。
posted by ez at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

Keyshia Cole『The Way It Is』

若々しいハスキーボイスが魅力☆Keyshia Cole『The Way It Is』
The Way It Is
発表年:2005年
ez的ジャンル:Next MJB系女性R&B
気分は... :でもねぇ...

期待の若手女性R&BシンガーKeyshia Coleのデビューアルバム『The Way It Is』(2005年)をセレクト。

1981年生まれのKeyshia Coleは、若くしてMC Hammerとレコーディングするなどの経験を積んだ後、2004年に映画『Barbershop 2』のサントラ収録の「Never」でデビューした後、満を持して発表したデビュー・アルバムが『The Way It Is』デス。

このデビュー作が出たころは“Next Mary J. Blige”なんて言われていましたね。正直、そこまで言うには時期尚早だと思いますが、若々しいKeyshiaのハスキーボイスは確かに魅力的だと思いますね。

最近ではSean Paulのヒット曲「Give It Up To Me」や、熱愛が噂されるYoung Jeezy「Dreamin'」などでKeyshiaがフィーチャーされていますね。

どうやら、2ndアルバムのレコーディングも既に終了しているみたいですな。50 Cent、Kanye WestR. KellyJohn Legend、Anthony Hamilton、Nasといった豪華メンバーが参加しているらしいので、期待大デ〜ス。

でも、2nd発売前に1stをおさらいしておきましょうね。

オススメ曲を紹介してきやす。

「(I Just Want It) To Be Over」
Alicia Keysのプロダクション・チームKerry "Krucial" Brothers が制作したオープニング曲は、完璧に演歌してマス(笑)初めて聴いた時には何故か笑ってしまいまシタ。R&Bと演歌の融合???

「I Changed My Mind」
アルバムからのリード・シングルにもなったKanye Westプロデュース曲。Allen Toussaint作品であるSolomon Burke「Get Out Of My Life, Woman」ネタのイナたいけど小洒落たトラックが、さすがKanyeですね。コンポーザーのクレジットを見ると、John Legendの名前がありマス。

「Love, I Thought You Had My Back」
密かに好きなメロウ・チューン。スウィート・ソウル・ファンにはたまらないBrighter Side Of Darkness「Love Jones」ネタです!

「I Should Have Cheated」
シングルにもなった元112のDaron Jonesプロデュースの哀愁バラッド。抑え目ながらツボを押さえたストリング・アレンジがなかなかグッド!

「Guess What?」
JadakissをフィーチャーしたHip-Hopテイストの1曲。なかなかクールな仕上がり。

「Love」
なかなかドラマチックなバラッド。ハスキーなKeyshiaのボーカルを堪能できマス。

「You've Changed」
Bobby Glenn「Sounds Like A Love Song」ネタ(Jay-Z「Song Cry」と同ネタ)のトラックが印象的なミディアム・スロウ。哀愁漂うメロウネスがいいですね。

「Situations」
Chink Santanaのラップをフィーチャーしたカッチョ良いミッド・グルーヴ。「Never」と並ぶお気に入り曲。

「Down and Dirty」
バウンジーでミステリアスな1曲。本当はこの手の曲は苦手なのですが、この曲にはそれ程抵抗感を覚えないですね。

「Superstar」
Metro Cityをフィーチャーしたセクシーなバラッド。♪1,2,3,4〜♪掛け声が僕には余計かなぁ?

「Never」
Ice Cube主演の映画『Barbershop 2』に収録されたKeyshiaのデビュー曲。Luther Vandrossの名曲「Never Too Much」使いのこの曲を試聴した瞬間に、僕はKeyshiaの虜になっていまシタ。大ネタ使いだけど、そんなに嫌味じゃないところがいいよね!Eveをフィーチャーしていマス。

ここ数日は忙しくて、少しグロッキー気味。
全然寝てないから、今から数時間仮眠しま〜す。
おやすみなさ〜い。
posted by ez at 07:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

Pale Fountains『Pacific Street』

バカラックに影響された青春ネオアコ☆Pale Fountains『Pacific Street』
Pacific Street
発表年:1984年
ez的ジャンル:バカラック系青春ネオアコ
気分は... :若さゆえ...

昨日は早朝からUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝の2ndレグ「マンチェスターU対ローマ」、「バレンシア対チェルシー」の2試合を観ながら、ハイテンションでした。

結果からすると、マンUとチェルシーが勝ち上がる順当な結末だったんだけど、歴史的大勝のマンU、劇的逆転のチェルシーとなかなか内容のある勝利でしたね。

両者が激突する準決勝は、今年の調子から行けば圧倒的にマンUが有利だと思うけど、個人的な願望も含めてチェルシーが奮起しそうな気がしマス。ここまで決してチームに馴染んでいるとはいえない、シェフチェンコとバラックが何かやりそうというのが僕の直感デス。
*4月13日追加:準決勝で両者が激突というのは僕の勘違いでシタ。準決勝は「チェルシー対リバプール」、「マンU対ミラン」です。ゴメンナサイm(_ _)m

一昨日エントリーしたSwan Dive『Circle』を聴いていたら、本格的なネオアコを聴きたくなりまシタ。

ということで、今回はPale Fountainsの登場デス。

Pale Fountainsは、Michael Headを中心に1980年にリバプールで結成されたグループ。Burt BacharachやJohn Barryから影響を受けたストリングスやホーンで彩られたエヴァーグリーンなネオアコ・サウンドは、今でも高い支持を得ていマス。

彼らのデビューアルバム『Pacific Street』(1984年)は、Orange Juice『You Can't Hide Your Love Forever』(1982年)、Aztec Camera『High Land, Hard Rain』(1983年)あたりと並ぶ、ネオアコ定番ってカンジですよね。

ただし、リアルタイムで聴いていた印象から言えば、Pale FountainsOrange Juiceは当時はそれほど盛り上がっていなかった気がしマス。後日のある時から急に評価が高まったってカンジでしょうか。

僕もPale Fountainsというグループ名や『Pacific Street』のジャケは当時から認識していましたが、ネオアコをイメージしづらいジャケも災いしてか、音を聴く機会には恵まれませんでシタ。実際に聴いたのはCDになってからですね。

それにしても聴けば聴くほどよく出来たアルバムだと思いマス。

この手の名盤扱いされるアルバムって、リアルタイムで聴いていた人以外にはその良さがピンと来ない!なんて作品も結構あるけど、この作品は違いますね。Michael Headのソングライティングとアレンジの才能は素晴らしいの一言ですな。

ネオアコ・ファンのみならず、フリーソウル系リスナーからも人気の高い1枚ですね。
あとはソフトロック好きの方に、ぜひ聴いて欲しい1枚ですね。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Reach」
キャッチーな青春ギターポップ。この少し憂いのあるカンジが青春ネオアコの魅力☆

「(There's Always) Something On My Mind」
彼らのデビュー・シングルにもなったボッサ・テイストの1曲。ボッサと言っても、Style Councilのようなスタイリッシュさはなく、青臭いカンジが残っているのが逆に初々しいですね。

「Unless」
ラテン・タッチなのに全然陽気で明るくない(笑)シリアス・ムードの1曲

「Southbound Excursion」
これは60年代ソフトロック・ファンが喜ぶ1曲ですな。ネオアコとソフトロックを見事にバランスさせたセンスに脱帽ですな。

「Natural」
エッジの効いたギターポップ。R&Bテイストのビート感がなかなかキャッチーです。ネオアコよりもモッズ系サウンドが好きな人向けの曲かもね。

「You'll Start A War」
キャッチーなギターポップ。途中がT.Rexっぽく聴こえるのは僕だけだろうか?

「Beyond Fridays Field」
メランコリックな雰囲気が魅力のアコースティック・チューン。ジャジーなミュート・トランペットのイントロも印象的ですね。

「Abergele Next Time」
このグループらしくないスタイリッシュなボッサ・スタイルに“おやっ”と思っていると、サビで急に青臭い青春ポップになるので一安心(笑)

「Crazier」
カリプソ風味の小洒落た1曲。この時期のUKポップで、ラテンやボサノヴァを取り入れたサウンドが数多あったけど、カリプソを取り入れたサウンド作りをしていたグループなんて殆どなかったよね。

「Thank You」
この曲以降はCD化に際して追加されたボーナストラックです。その中でも嬉しい1曲がこの「Thank You」ですね。彼らの作品の中で最も人気の高い曲だと思いマス。ドラマチックなイントロを聴いただけで、胸トキメクものがありますな。甘酸っぱい青春の思い出が凝縮されたような1曲ですね。とにかくアレンジがファンタスティック!

「Meadow Of Love」
哀愁を帯びたメロウ・チューン。夕方の海辺で物思いに耽ながら聴きたくなる1曲♪

その後、彼らは2ndアルバム『...From Across The Kitchen Table』(1985年)を発表したが、商業的な成功には恵まれず解散していマス。
posted by ez at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

Chaka Khan『Chaka』

ソロ・アーティストとしてのChaka Khanの1stアルバム☆Chaka Khan『Chaka』
Chaka
発表年:1978年
ez的ジャンル:ダイナマイト・ボーカル系R&B
気分は... :スタミナ満点!

ダイナマイト・レディ・ソウルChaka Khanの久々の登場デス。

これまでソロ3作目『What Cha Gonna Do For Me』(1981年)、Rufus時代のお気に入り作品『Ask Rufus』(1977年)の2枚を紹介してきまシタ。

今回はChakaの1stソロ・アルバム『Chaka』(1978年)デス。

グループが成功すればするほど、グループ自体よりもChaka個人への注目が高まったRufusでしたが、『Ask Rufus』の頃から、Chakaのソロ・デビューは時間の問題でシタ。そんな状況で制作されたのが本作『Chaka』です。

結局、ChakaはRufusから独立しないまま、ソロ・キャリアをスタートさせ、ソロとRufusの活動を並行することになりマス(1983年のRufusの解散と共にソロに専念)。

さて、『Chaka』の方に話を戻すと、記念すべきソロ・デビュー作を見事にまとめ上げたのが名プロデューサーArif Mardin

Arif MardinはChakaのために豪華メンバーを集結させまシタ。
主なところを挙げておくと、George Benson、 Hamish Stuart(Average White Band)、Steve Ferrone(Average White Band)、Phil Upchurch、Cornell Dupree、Richard Tee、Will Lee、Anthony Jackson、Rick Marotta、Airto Moreira、David Sanborn、Michael Brecker、Randy Breckerなど...

そんな豪華メンバーをバックに、Rufusでの枠に収まりきらないChakaのダイナマイトな魅力が大爆発していま〜す。

『Chaka』(1978年) 、『Naughty 』(1980年)、『What Cha Gonna Do For Me』(1981年)という最初のソロ3枚はどれもマストアイテムだと思うけど、個人的には本作『Chaka』が一番好きかなぁ。多分、聴いている頻度も一番多いと思いマス。

Chaka Khanの“Chaka”はアフリカでは炎の戦士を意味するらしい(彼女の本名はYvette Marie Stevens)。まさに彼女のボーカル・スタイルそのものですな。

そんなChakaのボーカルを聴いていると、とっても元気でパワフルになる!
僕にとっての永遠のスタミナ定食、それがChakaオバちゃんなのです。

全曲紹介しときやす。

「I'm Every Woman」
シングルとして全米R&BチャートNo.1に輝いたChakaの代表曲。同じく大ヒットしたWhitney Houstonのカヴァーでご存知の方も多いかもしれませんね。作ったのは夫婦ヒットメーカーAshford & Simpson。Chakaの魅力を見事に引き出したパワフルなダンス・チューン。ドラマチックなストリングスとWill Leeのベースも印象的ですね。

「Love Has Fallen on Me」
「Roll Me Through the Rushes」
Rufusでは聴くことできないChakaに出会える2曲。NYらしいクロスオーバー/フュージョン・サウンドがなかなかいいですな。前者はThe New Rotary Connectionのカヴァー。

「Sleep on It」
僕がChaka Khanのキャリアを通じた全作品の中で一番好きな曲がコレ!一般にはChakaの代表曲に挙げられることは少ないと思うけど、メロウで、パワフルで、ダンサブルで、スタイリッシュで...誰が何と言おうと僕にとっては昔も今も完璧な1曲。

「Life Is a Dance」
シングルカットもされたファンキー・チューン。Brecker兄弟をはじめとするホーン隊が大活躍ですね!

「We Got the Love」
George Bensonとのデュエット。George Bensonらしいメロウ&グルーヴィーなナンバーに仕上がっていマス。フルートの音色が涼しげですね。甘いBensonのボーカルと情熱的なChakaのボーカルのコントラストがなかなか面白いですね。

「Some Love」
炎の戦士Chakaのメラメラ燃えるカンジが伝わってくるのファンキー・グルーヴ。密かに好きな1曲。Mark Stevensのベースがカッチョ良いですね。

「Woman in a Man's World」
大人のムードが漂うアーバンなメロウ・グルーヴ。この曲がイチオシという方も多いのでは?

「Message in the Middle of the Bottom」
ファンキーなフィーリング溢れるミディアム・グルーヴ。年を経るにつれて、お気に入り度が上昇してきた1曲。

「I Was Made to Love Him」
Stevie Wonder作品。Stevie自身のバージョンは「I Was Made to Love Her」でシタ。RufusがブレイクしたのがStevie の提供曲「Tell Me Something Good」だったことも含めて、ChakaとStevie作品の相性はいいのかもしれませんね。

本当は今日はSeesaaのメンテでAM2:00-10:00は閲覧・更新できないはずなんだけど、今(5:00頃)でも閲覧・更新できるみたいですね。まぁ、いいや。
posted by ez at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする