2007年05月04日

GW特別企画☆『ジャケット・アートの世界〜女性シンガー編』

今日はジャケット・ネタです。

手抜きエントリーなんて言わないでくださいね!
でも、そうだったりして(笑)
ゴールデンウィークなので、少しゆっくりさせてくださ〜い。

今回は女性R&B系のジャケを集めてみました。

まずはデカ頭ジャケBest5です。

デカ頭というと失礼ですね。髪型がデカいというのが正しい説明かな(笑)
こうやって並べてみると名盤ばかりですね。

Patti Austin『End of a Rainbow』(1976年)
エンド・オブ・ア・レインボー

Roberta Flack『Quiet Fire』(1971年)
Quiet Fire

Erykah Badu『Worldwide Underground』(2003年)
Worldwide Underground

Marlena Shaw『Who Is This Bitch, Anyway?』(1974年)
Who Is This Bitch, Anyway?

Angie Stone『Black Diamond』(1999年)
Black Diamond

続いて、ポーズが決まってマス!Best5です。

全身のフォルムが美しいものを5枚集めてみまシタ。
最後のLaBelleはよく我慢しましました!ってカンジですが?

Mica Paris『Whisper a Prayer』(1993年)
Whisper a Prayer

Chante Moore『A Love Supreme』(1994年)
A Love Supreme

Grace Jones『Island Life』(1985年)
Island Life

Dionne Warwick『Make Way For Dionne Warwick』(1964年)
Make Way For

LaBelle『LaBelle』(1971年)
LaBelle

明日もジャケ・シリーズにしようかな?
posted by ez at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

Elvis Costello & The Attractions『Imperial Bedroom』

僕のCostello体験はこの1枚から...☆Elvis Costello & The Attractions『Imperial Bedroom』
Imperial Bedroom
発表年:1982年
ez的ジャンル:パンク魂系ポップ・ロック
気分は... :じっくり向き合う

パンク世代の怒れるポップ・スターElvis Costelloの3回目の登場デス。

『Get Happy!!』(1980年)、『Blood & Chocolate』(1986年)に続いて紹介するのはの7thアルバム『Imperial Bedroom』(1982年)っす。

またしても80年代のCostelloです。
流れとしては、このあたりでデビュー作『My Aim Is True』(1977年)、2nd『This Year's Model』(1978年)あたりを紹介するとバランスいいんだろうけど...やっぱり僕にとってのCostelloは80年代なんだよなぁ。

実は、僕がリアルタイムで体験した最初のCostello作品が本作『Imperial Bedroom』(1982年)です。

確かNHK-FMの渋谷陽一の『サウンドストリート』で聴いたような記憶がありマス。僕の中では、“Costello=パンクの人”みたいなイメージがあったので、本作を聴いて“想像よりも全然ポップじゃん!”と思いましたね。

当時全米チャートのヒット曲を聴き慣れていた僕にとって、そうしたヒット曲にはない、英国らしいポップさを感じ取ることができたCostelloの曲は、なかなか新鮮でしたね。

後から振り返ると、本作の前の作品となる6th『Almost Blue』(1981年)は、カントリー系のプロデューサーBilly Sherrillを迎え、カントリー・カヴァーを集めた異色作でしたね。『Almost Blue』については、昨年のGW特別企画エントリー『どっちのジャケット・ショー!』で、Kenny Burrell『Midnight Blue』(1963年)のソックリ・ジャケということで紹介しまシタ。

デビューから“パンク界のBuddy Holly”として突っ走ってきたCostelloが、『Almost Blue』や本作『Imperial Bedroom』で求めたものは“変化”だったのでは?

本作でも、デビュー作『My Aim Is True』から5thアルバム『Trust』(1981年)まで一貫してプロデュースを務め、息もピッタリのNick Loweではなく、BeatlesPaul McCartneyなどの作品でエンジニアを務めてきたGeoff Emerickを起用しています。

多分、僕が先に書いた本作から受けた英国らしいポップ感覚というのは、『Revolver』から『Abbey Roadまで、中〜後期のBeatlesのレコーディング現場に居合わせたGeoff Emerickの貢献が大きいんでしょうね。実際、本作には後期Beatlesのテイストもありますからね。

同時に、このあたりからCostelloのメロディ・メイカーとしてのソングライティング能力もかなり向上したような気がします。

きっと、最初にこのアルバムと出会ってしまったので、このアルバムを基準にCostello作品を評価する僕がいるようです。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Beyond Belief」
オープニングは抑制の効いた疾走感が何ともカッチョ良いロックナンバー。

「Tears Before Bedtime」
リラックスムードがいかにもCostelloらしい作品ですね。Attractionsとの息の合った演奏が楽しめます。

「The Long Honeymoon」
フレンチ・テイストのアレンジが印象的な1曲。このあたりのサウンドのバラエティさも本作の魅力の1つかも?

「Man Out Of Time」
シングルカットもされたメロディアスな1曲。Costelloのソングライティング能力の向上がはっきり確認できる1曲なのでは?

「Almost Blue」
ホントにブルーな哀愁感が漂う1曲。ジャジーな雰囲気が洒落てマス。

「...And In Every Home」
後期Beatles風のアレンジが印象的な1曲。Geoff Emerick起用の効果が表れた1曲ですね。

「The Loved Ones」
英国らしい1曲ですね。同じ1982年に発表されたXTC「Ball and Chain」と何処となく似ているのが面白いですね。

「Kid About It」
「Town Cryer」
曲の美しさが光る2曲。『Spike』(1989年)あたりのの優しく、ソフトでちょっぴり寂しい感じがお好きな方は、絶対涙する2曲だと思いマス。

「Little Savage」
僕の一番のお気に入り曲。『Get Happy!!』で培ったR&Bテイストを反映した1曲。何だかんだ言って、『Get Happy!!』が一番好きな僕の好みはこういったタイプなのかも?

「Boy With A Problem」
2分強の短い曲だけど、1つの物語を観たような充実感のある1曲。

「You Little Fool」
シングルにもなったポップな1曲。本作を象徴するようなサウンド・プロダクションの充実ぶりが窺える1曲。

サッカーUEFAチャンピオンズリーグ準決勝でチェルシー敗退、う〜ん残念!
posted by ez at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

The Soul Survivors『Soul Survivors』

フィリーソウル直系のブルーアイド・ソウル☆Soul Survivors『Soul Survivors』
ソウル・サヴァイヴァーズ
発表年:1974年
ez的ジャンル:フィリーソウル系ブルーアイド・ソウル
気分は... :ありそうでない1枚

今日はAOR的なブルーアイド・ソウルが聴きたい気分☆
ということで、Soul Survivors『Soul Survivors』(1974年)をセレクト。

Soul Survivorsはメキシコ系移民のIngui兄弟を中心に結成され、1966年にデビューしたブルーアイド・ソウル・グループ。数枚のシングルを発表しましたがヒットに恵まれませんでした。そんな彼らに声をかけたのが後のフィリーソウルの大物ソングライター/プロデューサー・チームGamble & Huff(Kenneth Gamble & Leon Huff)

フィラデルフィアに拠点を移した彼らは、Gamble & Huffのバックのもとシングル「Expressway to Your Heart」を発表し、全米ポップチャート第4位、R&Bチャート第3位の大ヒットとなりまシタ。しかし、その勢いを継続することができず、1969年にはシーンから姿を消してしまいます。

そんな彼らが5年のブランクを経て、1974年にPhiladelphia International傘下のTSOP(The Sound Of Philadelphia)から新作を発表します。それが本作『Soul Survivors』です。プロデュースはGamble & HuffSoul Survivorsが担当していマス。

新生Soul Survivorsのメンバーは、Charles Ingui(vo)、Richard Ingui(vo)、Neil Larsen(key)、Fred Beckmeier(b)、Steve Beckmeier(g)、Mike Zieglar(g)、John Dzubak(ds)という7人編成です。Ingui兄弟以外は全て新加入のメンバーっす。

特に、目立つのは本ブログでも紹介したLarsen-Feiten Bandやその前身グループFull MoonのメンバーだったNeil Larsenの参加ですかね(Fred BeckmeierもFull Moonのメンバー)。

あとはこれら7人に加えて、フィリーソウルを支えたミュージシャン軍団MFSBからLarry Washington(per)やストリングス隊&ホーン隊が参加しているのも注目ですね。さらにアレンジにはJohn Davis、Bobby Martin、Lenny Pakula とまさにフィリー三昧といったところでしょうか。

中身の方は、フィリーソウル仕込みのブルーアイド・ソウルにFull Moon仕立てのクロスオーバーなスタイリッシュさが加わったというカンジでしょうか。

なかなかあるようでない1枚だと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「What It Takes」
出だしは典型的なフィリーソウルですが、途中からクロスオーバーなカンジが加わってくる、このグループらしい1曲。

「Everything's Changing」
まさに「フィリーソウル+Full Moon仕立てクロスオーバー」といったカンジの超カッチョ良い1曲。軽くラテン・フレイヴァーの効いたメロウ・グルーヴです。Larry WashingtonのパーカッションとNeil Larsenのピアノが印象的ですね。Larsen-Feiten Bandにも通じる1曲ですね。僕のイチオシです!

「City Of Brotherly Love」
シングルにもなったブルーアイド・ソウルらしいミディアム・スロウ。Ingui兄弟のソウルフルなボーカルと、フィリーらしいストリングス&ホーンの絡みがいいカンジですね。タイトル(これはフィラデルフィアの街を意味する)通りのフィリー好きにはたまらん1曲。

「Virgin Girl」
AORファン向けのロマンティックなナンバー。浜辺で夕陽を眺めながら聴くとピッタリな1曲ですな。

「Beedo」
これはブラック・フィリーング溢れるファンキー・グルーヴ。女性コーラスとカッチョ良いギターが盛り上げてくれマス。

「Start All Over」
この曲もフィリーソウルとクロスオーバーがうまく融合していますね。個人的には「Everything's Changing」や本曲のような、フィリーとFull Moonの折衷タイプの曲が一番好きですね。Neil Larsenのキーボードが入るだけで、やけにスタイリッシュに聴こえてしまうのが不思議ですね。

「Over My Head」
「Lover To Me」
ソウル・ファンが喜ぶブルーアイド・ソウル2曲。「Over My Head」はラテン・フレイヴァーのグルーヴ感がいいカンジですね。「Lover To Me」はじっくり聴かせるバラッドです。

「Best Time Was The Last Time」
初期〜中期Steely Danを彷彿させるような1曲。Ingui兄弟のボーカルって、少しDonald Fagenと似ているかもしれませんね。

「Soul To Soul」
フィリーソウル系の曲の中では、ライト感覚ながらもノリのいいこの曲が一番好きですね。

フィリーソウル・ファンも、ブルーアイド・ソウル好きも、AORファンも、フリーソウル・リスナーも楽しめる、案外間口の広い1枚だと思いマス。
posted by ez at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

Yvette Michele『My Dream』

クール&メロウなR&Bで涼んでみては?☆Yvette Michele『My Dream』
My Dream
発表年:1997年
ez的ジャンル:クール&メロウ系ヒップホップ・ソウル
気分は... :温泉でさっぱり!

この3日間仕事で全然GW気分を味わっていないので、気分転換に昨晩夜8時から家の近くの温泉へ行ってきました。

一応、温泉に入り、宴会やって、締めにもう一度温泉に浸かり終了というカンジで3時間のプチ旅行気分を満喫。温泉を出て15分後には帰宅しているのが少し寂しいのですが(笑)

さて、今回は少しマイナーな90年代女性R&BアルバムYvette Michele『My Dream』です。

先日のNathan『Masterpiece』のエントリーでも書きましたが、最近CDショップで新譜のチェックをしていて、男性R&Bの充実ぶりと比較して、女性R&Bが淋しいですね。心動いたのは本ブログでも紹介したJoss Stoneの新作くらいかなぁ。

例えば、Adriana Evansの久々の新作『El Camino』なんかもいいアルバムだけど、地域限定の盛り上がりってカンジでマイナー感が否めないのが残念ですな。

そんな女性R&Bの淋しい現状を埋めるために、90年代女性R&BをCD棚から引っ張り出して聴いている最近の僕です。その中で今の気分にフィットしている1枚が今日紹介するYvette Michele『My Dream』(1997年)っす。

Yvette Micheleは1972年NY生まれの女性R&Bシンガー。NYの人気DJ、Funkmaster Flexのバックアップのもと発表されたのが本作『My Dream』(1997年)です。

確か僕は4曲ほどFull Forceがプロデュースしているのに惹かれて購入したような記憶がありマス。昔はかなりのFull Force好きだったもので...本当はFull Forceプロデュースで一番好きなアルバムCheryl Pepsii Riley『Chapters』(1991年)あたりも紹介したいんですけど、Amazonにジャケ写真がないので残念デス。

さて、Yvette Michele『My Dream』に話を戻すと、当時流行だったMary J. Bligeのヒップホップ・ソウル路線なのですが、あまり歌いすぎないクール&メロウな雰囲気がいいカンジです。本ブログで紹介したMona Lisa『11-20-79』なんかに近い肌触りかも?

全体的に心地良いミッド・グルーヴが多いって感じでしょうか。
暑苦しくない、涼しげなメロウ・グルーヴを求めている方にオススメの1枚です。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Summer Love」
このアルバムを象徴するクール&メロウなミッド・グルーヴ。このヒンヤリ感が何とも心地良いですね。Bob James「Look-Alike」ネタ。

「All I Really Want」
ロマンティック・ムードたっぷりのスロウ。スロウといっても、歌いすぎず、サラリとべトつかないカンジがこのアルバムらしいです。

「Crazy」
アルバム購入した当時、一番ヘビロテで聴いていたのが曲。重心が低く、乾いたクールネスのようなものを感じるキャッチーなミッド・グルーヴです。The Jones Girls「Dance Turn Into Romance」ネタ。

「Everyday & Everynight」
本アルバムより一足先に発表されていたYvetteの名を一躍有名にしたクラシック。Zhaneあたりが好きな人はハマる1曲ですね。さすがFunkmaster Flexと思わせるクール&メロウなトラックがサイコーです。

「Let's Stay Together」
Full Forceプロデュースのミッド・グルーヴ。Full Forceだけど、そんなに暑苦しい仕上がりではないところがいいですね。途中でEmotions「Best of My Love」の引用があったりするのが楽しいですね。他にもLou Donaldson「Who's Making Love?」、Slick Rick「Mona Lisa」がネタで使われていマス。

「Only Wanna Be With You」
Hip-Hop Soulしているミッド・グルーヴ。このグルーヴ感が今聴いてもしっくりきますな。

「My Dreams」
Yvetteのハスキー・ボイスがなかなかいい感じのタイトル曲。The Gap Band「I Found My Baby」ネタのミッド・グルーヴ。

「The First Time」
80年代ブラコン・テイストのトラックがサイコーにいいカンジのミッド・グルーヴ。この曲かなり好きです☆

「So We Can Get Down (Yea Yea) 」
この曲もFull Forceプロデュース。Tyrone Davis「In The Mood」ネタのソウルフルで胸キュンな1曲。それでもクールなテイストは変わらないところが魅力ですな。

「I'm Not Feeling You」
Sylvester「Was It Something I Said」ネタのクールだけどゴキゲンなミッド・ダンサー。今回聴き直してみて、一番気に入った曲かも?僕が持っている盤にはレゲエ・リミックスも収録されており、こちらも夏向けでいいカンジです。

「DJ Keep Playin' (Get Your Music On) 」
Full Forceプロデュースのフロアユースのアップ・チューン。Full Forceプロデュース4曲の中では、一番Full Forceらしさが出ているかも?Captain Sky「Super Sperm」ネタ。

う〜ん、4月の積み残しが山積み状態。今年もGWはありませんな(T T)。。。
まぁ、サラリーマンじゃない人間がGWなんて言っていること自体が甘いのかもね(笑)
posted by ez at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする