2008年03月22日

The Beatles『Revolver』

ロックの先導者の風格が漂ってきたアーティスティックな1枚☆The Beatles『Revolver』
リボルバー
発表年:1966年
ez的ジャンル:中期Beatles
気分は... :いよいよ春ですな...

約半年ぶりのBeatlesです。

これまでBeatlesの作品は以下の5枚を紹介してきました。
 『Rubber Soul』(1965年)
 『Abbey Road』(1969年)
 『Beatles For Sale』(1964年)
 『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967年)
 『A Hard Day's Night』(1964年)

今回は1966年発表の『Revolver』です。

以前にも書きましたが、Beatles作品の中で『Rubber Soul』(1965年)、『Revolver』(1966年)という中期Beatlesの2枚のアルバムが一番好きですね。

この2枚があったからこそ、Beatlesは(アイドル・グループではなく)ロック史の最重要グループとして語られるようになったと思います。

脱アイドル化し、ロックの先導者として、新たなアプローチを次々と試みていたのが中期Beatlesですが、やりたいことに溢れて、アイデアが尽きることはないって感じがいいですね。

ドラッグ、サイケの影響が強いJohn、ロックの枠を飛び越えクラシック、ボードビルなどを取り入れたPaul、インド趣味が前面に出てきたGeorge、ほのぼのRingo(意味不明ですな)といった具合いに、音楽面でのメンバー間の個性がかなり浮き彫りになり、それらを楽しむことができるのも中期Beatlesの魅力だと思います。

明らかにそれまでのBeatles作品と異なるアートな香り漂う印象的なアルバム・ジャケは、Beatlesファンにはお馴染みのべーシストKlaus Voormannによるデザインです。Beatlesのメンバーとはドイツ巡業時代からの知り合いだったようですね。

全曲紹介しときやす。

「Taxman」
やっとGeorgeの作品がアルバムのオープニングを飾るようになりましたね。税金に対するメンバーの不満を歌にしたもの。確かに儲けていたとは言え、当時のイギリスの課税率は尋常ではありませんな。インド・テイストのPaulのギター・ソロも聴き逃せません。

「Eleanor Rigby」
アルバムからのシングル曲(「Yellow Submarine」との両A面)。ロックとはかけ離れたバロック調のこの曲を小学生の頃に聴き、子供ながらにBeatlesの偉大さを感じていた記憶があります。身寄りのない老女Eleanor Rigbyと誰にも相手にされない神父Father McKenzieの悲しい物語は、Cirque Du Soleilの公演『Love』でもお馴染みですよね。

Ray Charles、Aretha FranklinWes Montgomery、The Nite Liters 等多くのアーティストがカヴァーしています。

「I'm Only Sleeping」
本作のJohn作品の中ではこの曲が一番好きですね。テープの逆回転によるサイケ・モードが何ともいいですねぇ。レイジーな雰囲気がJohnのシニカルさと実にマッチしていると思います。Backstreet Boysがカヴァーしています。

「Love You To」
Georgeのインド趣味丸出しの1曲。学生の頃はこのインド趣味が好きになれませんでしたが、今ではインド風楽曲全てが好きですね。シタールとタブラの響きが脳内を活性化してくれます。

「Here, There and Everywhere」
「In My Life」『Rubber Soul』収録)と並ぶBeatlesマイ・フェイバリット・ソング。

ミラクルなメロディにのって♪より素晴らしい人生を過ごすために、愛する人がここに居て欲しい...♪なんて素敵な歌詞が歌われる...まさにPaulの代表曲ですな。Beatles、ソロ含めてPaulのベスト・ソングだと思います。ちなみにPaulは、Beach Boys「God Only Knows」に触発されて、この曲を書いたのだとか。

Emmylou Harris、Jose Feliciano、The Lettermen、Celine Dion、George Benson、Flying Pickets等がカヴァーしています。

♪何処に居ても彼女にそばに居て欲しい♪
♪一緒に居てくれれば、何も心配することはない♪

「Yellow Submarine」
アルバムからのシングル曲(「Eleanor Rigby」との両A面)。Ringoがリード・ヴォーカルをとるBeatlesらしからぬほのぼのソングは、彼らが主人公のアニメ映画『イエロー・サブマリン』の主題歌にもなりましたね。多くのファンにとって、この曲は好き/嫌いとは無関係に、“Ringo頑張れ〜っ!”という気分の曲なのでは?

「She Said, She Said」
Johnの作品の中では「I'm Only Sleeping」と並ぶお気に入り。Johnが俳優Peter FondaとのLSDによるトリップ体験をモチーフに書いたドラッグ・ソングです。ヴォーカル、ギター、ドラム全てがねじれている感じが好きですね。

「Good Day Sunshine」
Paulお得意のボードビル調の仕上がり。昔はこのタイプの曲が好きだったのですが、最近は少し苦手かな?

「And Your Bird Can Sing」
昔ながらのBeatlesらしいロック・チューン。何だかんだいって、こういったわかやすい曲Jを聴くと安心しますね。JohnとGeorgeのツイン・リード・ギターがいいですね。

「For No One」
Alan Civilのフレンチ・ホルンをフィーチャーしたPaul作品。JohnとGeorgeは参加していません。僕の中では、アルバムで一番地味な印象を受けます。

「Doctor Robert」
Johnの作品ですが、一部Paulが作っています。この曲もドラッグ・ソングですね。

「I Want to Tell You」
George作品。この曲もインド・テイストですが「Love You To」あたりと比べると抑え気味のため、全然聴きやすいと思います。

「Got to Get You into My Life」
Paul作品。ブラスを大幅に取り入れているのが印象です。Earth, Wind & Fireのカヴァーもお馴染みですね。昔はそれほど好きな曲ではありませんでしたが、今ではMotownの影響がちらつくあたりがかなり好きです。

「Tomorrow Never Knows」
Johnによるサイケ・チューン。逆回転録音、サウンド・エフェクト、タブラの響き...ある意味アルバムで最もセンセーショナルな仕上がりなのでは?Johnがチベット僧侶のお経の大合唱をイメージして作られたらしいですが、確かにそんな雰囲気に溢れていますね。混迷が続く現在のチベット情勢を考えながら、歌詞を眺めていると複雑な思いになりますね。Phil Collins等多くのアーティストがカヴァーしています。また、The Chemical Brothersの大ヒット曲「Setting Sun」でサンプリングされていました。

本作と同時期に録音されたシングル曲「Paperback Writer」、「Rain」もお見逃しなく。
posted by ez at 12:27| Comment(2) | TrackBack(1) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

Kelis『Kaleidoscope』

ヴォーカルもビジュアルもインパクト大!個性派女性R&Bシンガーのデビュー作☆Kelis『Kaleidoscope』♪
カレイドスコープ
発表年:1999年
ez的ジャンル:サンダービッチ系個性派女性R&Bシンガー
気分は... :大嫌い!なんて言わないで...

今回は個性派女性R&BシンガーKelisのデビュー作『Kaleidoscope』(1999年)です。

Kelis(本名Kelis Rogers)は、N.Y.のハーレム出身の女性R&Bシンガー。父親は牧師&サックス奏者、母親はファッション・デザイナーという環境で育ったKelisは、幼少期から父親の影響でジャズ、ゴスペル等の音楽に親しんでいたようです。

そんな彼女がデビューするきっかけをつかむのは、プロデュース・チームThe Neptunes(Chad Hugo/Pharrell Williams)との出会いでした。そして、Ol Dirty Bastard「Got Your Money」Noreaga「Cocaine Business」へのゲスト参加を経て、1999年にシングル「Caught Out There」でデビューします。さらには全編Neptunesプロデュースのデビュー・アルバム『Kaleidoscope』(1999年)をリリースし、“サンダービッチ”の異名と共にシーンに大きなインパクトを与えます。

その後、『Wanderland』(2001年)、『Tasty 』(2003年)、『Kelis Was Here』(2006年)といったオリジナル・アルバムをリリースし、プライベートでは2005年にラッパーのNasと結婚しています。

最近、ベスト盤『The Hits』がリリースされたばかりのKelisですが、個人的にはセンセーショナルだったデビュー作『Kaleidoscope』が一番好きですね。

まずはジャケ。以前に『ジャケット・アートの世界〜ボディ・ペインティング編』でも紹介したアフロ・ヘア&ボディ・ペインティングは、まさに超個性派という感じですよね。

自由奔放でストロングなKelisのヴォーカルと、Neptunesがクリエイトする電子的ビートとの組み合わせも相性バッチリという気がします。21世紀目前に新時代の女性シンガー登場!という印象を強く受けましたね。この時点でKelisはまだ10代だったというのには驚かされますなぁ。貫禄ありすぎです(笑)

必ずしも商業的に大成功を収めたアルバムではありませんが、Kelisという才能を持った個性派女性R&Bシンガーの存在を知らしめ、Neptunesがスーパー・プロデューサーの道を歩む足掛かりとなったアルバムとして見逃せない1枚だと思います。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Good Stuff」
アルバムからの2ndシングル。ClipseのPusha TがTerrarの名でフィーチャーされています。クール&ダークなミッド・グルーヴに仕上がっています。抑え気味のヴォーカルに逆に凄みを感じてしまいます。

「Caught Out There」
“サンダービッチ”を印象づけたインパクトありすぎのデビュー・シングル。全米R&Bチャート第9位、全英シングル・チャート第4位となりました。♪I hate you so much right now !♪I hate you so much right now !♪のど迫力だけで決まりという感じですよね。Neptunesによるピコピコ・ヒューン・ヒューンなトラックもサイコーです!

「Get Along With You」
アルバムからの3rdシングル。哀愁メロウな仕上がりです。この曲のPVって、全体としてはダークな印象ですが、Kelisのあどけない表情を観ることができて少しホッとします(笑)

「Mafia」
女性ラッパーMarkitaをフィーチャー。オリエンタル・テイストのトラックも含めて妖しい雰囲気が漂います。

「Game Show」
シンプルだけど、ポップでキャッチーでプリティなトラックにNeptunesのセンスを感じます。

「Suspended」
大人のムードたっぷりのスロウ。単なる“サンダービッチ”ではない実力派シンガーであることを証明してくれる1曲。

「Mars」
スペイシーなトラックが印象的な1曲。Neptunesの個性とKelisの個性が(良い意味で)ぶつかりあっていますね。

「Ghetto Children」
個人的には「Caught Out There」、「In the Morning」と並ぶお気に入り。Marc DorseyとN.E.R.Dをフィーチャー。Marc DorseyとKelisの絡みが実にグッドなメロウ・グルーヴに仕上がっています。Slick Rick「Hey Young World」ネタ。

「No Turning Back」
Neptunes好きにはたまらんトラックです。このピコピコ・ビートを聴くと嬉しくなってしまいますな(笑)

「In the Morning」
この曲もかなりお気に入り。ラテン・フレイヴァーのメロウ・グルーヴに仕上がっています。Neptunesの懐の深さを感じます。

「Wouldn't You Agree」
Justin Vinceをフィーチャーした哀愁スロウ・チューン。「In the Morning」からの流れで、この曲もラテン・フレイヴァーに仕上がっています。

タイトル(万華鏡)のように、個性派シンガーのさまざまな側面を楽しめる1枚だと思います。
3rdアルバム『Tasty 』(2003年)もオススメ!
posted by ez at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

The Commodores『Hot on the Tracks』

名曲「Just to Be Close to You」収録☆The Commodores『Hot on the Tracks』
commodores hot on the tracks.jpg
発表年:1976年
ez的ジャンル:コンテンポラリー系ファンク
気分は... :ホップ・ステップ・ジャンピングー♪

昨日は仕事の後に、新橋のホールで某落語家の独演会を鑑賞。

約2時間笑いと巧みに溢れた楽しい時間を堪能してきました。
昨日は人前で話をする仕事の後だっただけに、話術や仕草の巧みさはかなり勉強にもなりましたねぇ。

しかも、独演会終了後の後援会の呑み会にまで参加してしまい、師匠本人と会話する機会にも恵まれラッキーでした。

さて、今回は2回目の登場となるThe Commodoresです。
今日紹介するのは、1976年リリースのアルバム『Hot on the Tracks』

ファンク・グループThe Commodoresの魅力は、ご機嫌なファンク・ナンバーと美しいスロウのバランスにあると思います。

そんな魅力を最も堪能できるのが、今日紹介する『Hot on the Tracks』(1976年)、前回紹介した『Commodores』(1977年)の2枚なのでは?

「Still」「Lady (You Bring Me Up) 」といったバラード・ヒットの印象が強い後期やLionel Richieのソロ活動は、あまり好きではありません。

それらと比較すると、『Hot on the Tracks』『Commodores』の仕上がりは格別という気がします。

個人的には、『Hot On The Tracks』には「Just to Be Close to You」
『Commodores』には「Easy」という名曲が収録されている要因がかなり大きいのですが(笑)

「Just to Be Close to You」は、この曲を巡る恋愛話だけで記事が一本書けるほど、個人的に思い出深い1曲です。聴いているだけで、特別な感情がグッと押し寄せてきます。

結果的に、「Just to Be Close to You」の大ヒットが、Lionel Richieのバラード・モードにスイッチを入れることになります。

ただし、本作においてスロウ・チューンは僅かで、基本的にはファンク・アルバムに仕上がっているのでご安心を!

オススメ曲を紹介しときやす。

「Let's Get Started」
ディスコ・チャートにもランクインしたファンキー・チューン。難しいことを考えずに、頭の中を空っぽにして踊りましょう!

「Girl, I Think the World About You」
「Just to Be Close to You」に続く僕のお気に入り曲。Hip-Hopファンには、De La Soul「Buddy」のサンプリング・ネタとしてお馴染みの曲ですね。De La Soulも大好きな僕としては、このイントロを聴いただけでグッときますねぇ!純粋に曲としても、魅力的なミッド・チューンに仕上がっています。

「High on Sunshine」
ビタースウィートな仕上がりのメロウ・チューン。甘さをこの程度に抑えているLionel Richieはいいですね。De la Soul「Sunshine」、Fat Joe「Walk on By」、A Tribe Called Quest feat. Erykah Badu「ICU (Doin' It) 」でサンプリングしています。

「Just to Be Close to You」
本作のハイライト。シングル・カットされ、R&Bチャートの第1位、ポップ・チャート第7位のヒットとなりました。学生の頃、オリジナル・ヴァージョン以上にライブ・ヴァージョンが好きで、よくテープで聴いていたのを思い出します。当時はブートレッグからの録音と聞かされていたのですが、今思うと『Commodores Live! 』(1977年)のヴァージョンだったのかも?

Al Hudson、Trey Lorenz等がカヴァーしていますね。個人的にはAl Hudsonのカヴァー(1993年)をよく聴きました。

「Fancy Dancer」
最高にカッチョ良いファンキー・モードのミッド・グルーヴ。シングル・カットされ、R&Bチャートの第9位となりました。Commodoresを敬遠している人にぜひ聴いて欲しい1曲です!

「Come Inside」
「Captain Quickdraw」
「Can't Let You Tease Me」
Commodoresって意外と粘っこいグルーヴ感が魅力だと思います。そんな魅力を堪能できるファンキー・グルーヴ3曲。(エド・はるみ風に)♪ホップ・ステップ・ジャンピングー♪グーググーググーd(^ ^)b

ジャケはダメダメなのが残念ですね(笑)
posted by ez at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

Roman Andren『Juanita』

真冬のスウェーデンから届いた真夏のブラジリアン・グルーヴ☆Roman Andren『Juanita』
ファニータ
発表年:2007年
ez的ジャンル:北欧系ブラジリアン・グルーヴ
気分は... :早くも今年の夏の決定打か!

ここ数ヶ月かなり頻繁に聴いている作品が2枚あります。

Meta Roos & Nippe Sylwens Band『Meta Roos & Nippe Sylwens Band』(1978年)とRoman Andren『Juanita』(2007年)の2枚。

この2枚に共通するのは、共にスウェーデンの出身のアーティストであること、そして共にブラジリアン・ジャズ・グルーヴな仕上がりであることです。

『Meta Roos & Nippe Sylwens Band』は、フリーソウル系がお好きなリスナーの方ならば、お馴染みの1枚ですよね。本当は本ブログでも紹介したいのですが、Amazonにジャケ写真がなくて保留中です。

もう1枚のRoman Andren『Juanita』(2007年)もクラブ・ジャズ好き、ブラジリアン・グルーヴ好きの間では、かなり盛り上がっている作品です。

ということで、今回はRoman Andren『Juanita』(2007年)の紹介です。

Roman Andrenはスウェーデンのノーショーピング出身(僕も初めて聞く地名です)のキーボード奏者。年齢は30歳。現在は同じスウェーデンの都市マルメを拠点に活動しているようです。DJもやっているようですね。

本作『Juanita』は、デビュー・アルバム『Ambessa's Dream』(2004年)に続く2ndアルバム。1st『Ambessa's Dream』では、ファンクやディスコといったブラック・ミュージック寄りのアプローチをしていたようですが、本作『Juanita』では全編ブラジリアン・ジャズの仕上がりとなっています。

よく“スウェーデンのDeodato”という紹介文を目にしますが、確かにDeodatoが好きな人はど真ん中ストライクなアルバムでしょうね。それ以外にもSergio Mendes & Brasil'66Airto Moreiraなんかが好きな人はハマると思います。

60年代、70年代を彷彿させるレトロなメロウ・グルーヴと女性ヴォーカル、アナログ感たっぷりのサウンドが実に魅力的です。なので、先の『Meta Roos & Nippe Sylwens Band』や70年代のDeodatoあたりと一緒に聴いていても、全く違和感を感じません。かといって、単なる懐古趣味だけではない21世紀ならではのスパイスが効いているんですよねぇ。

まだ気が早いですが、今年の僕のベスト10に間違いなく入る1枚だと思います。
*厳密には2007年末のリリースですが、国内盤は2008年のリリースなので、勝手に2008年扱いにしてしまいます(笑)

全曲紹介しときやす。

「Let's Live Forever, Love」
僕の一番のお気に入り曲。CDショップでこのオープニング曲を試聴して、ぶったまげました。この心地良さ、爽やかさ、ワククワク感、アナログ感...な・な・なんじゃコレは!この1曲を聴いた時点で購入を決めてしまいました。僕の夏の定番曲になりそうな予感!

「Bumblebee」
「Let's Live Forever, Love」と並ぶ僕のお気に入り曲。このポップでレトロなボッサ感覚がたまりませ〜ん。女性ヴォーカルもサウンドに実にマッチしています。

「Juanita」
Romanの娘の名前が付けられたタイトル曲。子供の明るく輝く未来をサウンドにしたってカンジの極上のブラジリアン・グルーヴ。Deodato好きの人は気に入ること間違いなし!

「O Sapo - The Frog」
DJとしてのセンスがうまく反映されたボッサ・チューン。痒いところに手が届いているカンジですな。

「It's Nice」
サンバ・テイストのまさに“ナイス”なダンス・グルーヴ。情熱的に盛り上がるのではなく、北欧らしく涼しげに盛り上がるカンジがいいですねっ!

「Long Ago & Far, Far Away」
「Til Another Day」
甘く懐かしい女性ヴォーカルが魅力的なメロウ・ボッサ2曲。きっとこのアナログ感だからこそ、いい雰囲気なんでしょうね。

「If Tomorrow Will Come (I Don't Know) 」
感度サイコーですな。小気味良いボッサ・チューン。ヴァイヴの音色が気持ちよすぎですな。

「O Mundo E Seu - The World Is Yours」
フューチャー・ブラジリアン・ジャズといった趣きの仕上がり。単なる懐古趣味のアーティストではないことが、よく認識できる1曲だと思います。

「You Never Told Me」
ラウンジ・テイストのボッサ・チューン。懐かしいんだけど、ビミョーに近未来的な雰囲気もある気がする...

「Vasto Como O Ceu - Vast As The Sky」
クラブ・ジャズ好きの方向けのカッチョ良い1曲。

「Vento Do Verao - Summer Breeze」
カフェ飯でもしながら、聴きたいボッサ・チューン。もう快楽ホルモンが脳内から出まくりです。

国内盤にはボーナス・トラック「Love Has A Name」が収録されています。

もう夏まで待てない...なんて言う前にまずは花見ですな(笑)
posted by ez at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

Loose Ends『Zagora』

エキゾチック・モードのライトタッチなUKファンク☆Loose Ends『Zagora』
Zagora
発表年:1986年
ez的ジャンル:ライトタッチ系UKファンク
気分は... :よっしゃ!

サッカーUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝の組み合わせが決まりましたね。

 「ローマ対マンチェスターU」
 「シャルケ対バルセロナ」
 「アーセナル対リヴァプール」
 「フェネルバフチェ対チェルシー」

「ローマ対マンチェスターU」、「アーセナル対リヴァプール」の2試合が注目ですね。
昨年に続き実現した「ローマ対マンチェスターU」。昨年は屈辱的な大敗を味わったローマですが、今回はなかなか手強いのでは?

「アーセナル対リヴァプール」のイングランド対決は、どちらも好きなチームですが、やっぱりアーセナルに勝って欲しいですね。最近、調子を落とし気味のアーセナルですが、何とか立て直して欲しいですね。

バルサ、チェルシーは順当に勝ち上がるのではと予想しています。

80年代に活躍したUKのファンク・グループLoose Endsの2回目の登場です。

今回は3rdアルバム『Zagora』(1986年)です。

Steve Nichol(key、tp)、Carl “Macca”McIntosh(b、vo)、Jane Eugene(vo)の3人から成るUKのファンク・グループLoose Endsは、正統派R&B/ソウル・ファンからはあまり評価されていないグループのようですが、個人的にはかなり好きなグループです。

Loose Endsのアルバムは殆ど持っていますが(2nd『So Where Are You』はアナログ)、前回紹介した1st『A Little Spice』(1984年)と本作『Zagora』が特に好きですね。

Loose Endsの魅力って、UKらしいスタイリッシュかつライトタッチなサウンドにあると思います。そんな魅力を堪能できるのでは前述の2枚だと思います。

本作のタイトル『Zagora』とはモロッコにまる町の名前だそうです。そんなタイトルを反映してか、全体的にエキゾティックなムードに包まれています。

プロデュースは『A Little Spice』『So Where Are You』同様Nick Martinelliが務めています。

Loose Endsの諸作で注目されるようになったNick Martinelliは、その後Miki HowardStephanie MillsRegina Belle等を手掛けるようになります。

きっとSadeあたりがお好きな人は気に入るアルバムだと思います。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Stay a Little While, Child(Remix)」
シングル曲の長尺リミックス。まさにモロッコ・フレイヴァーのミッド・チューン。このグループらしいライトタッチの打ち込みファンクに仕上がっています。Mariah Carey「My all/Stay awhile (So So Def Remix)」、Rakim「Stay A While」のサンプリング・ネタにもなっています。

「Slow Down」
シングル・カットされ、全米R&BチャートNo.1に輝いたヒット曲。Jam & LewisプロデュースのS.O.S.BandをUKソウルっぽくした感じですよね。Snoop Dogg「I Can't Take The Heat」のサンプリング・ネタにもなっています。

「I Can't Wait (Another Minute) 」
Sade好きの人は気に入る曲なのでが?エキゾティックなUKソウルという点で、Loose EndsとSadeって案外共通する部分が多いと思います。

「Sweetest Pain」
ソウル好きの方はご存知のDexter Wanselのカヴァー。この曲もSade好きの人は気に入るエキゾティック&メランコリックな仕上がりです。

「Who Are You?」
スパニッシュなイントロが印象的ですね。全体的にはキャッチーなミッド・グルーヴです。

「You Can't Stop the Rain」
個人的には一番のお気に入り曲。ただただウットリの哀愁スロウ・チューンに仕上がっています。

「Be Thankful (Mama's Song) 」
バカンス・モードの雰囲気が漂うメロウなスロウ・チューン。Jane Eugeneのキュートなヴォーカルがいいですね。

「Nights of Pleasure」
「You Can't Stop the Rain」と並ぶお気に入り曲。ライトタッチのメロウ・グルーヴに仕上がっています。

こういったエキゾティックな作品を聴きたくなるなんて、僕の潜在意識の中でバカンスしたい気持ちが一杯なのでしょうね(笑)
posted by ez at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする