2008年03月15日

Toby Beau『My Angel Baby』

Eagles、Pocoあたりがお好きな方へオススメ!☆Toby Beau『My Angel Baby』
Angel Baby
発表年:1978年
ez的ジャンル:Eaglesフォロワー系カントリー・ロック
気分は... :イナたい音がキキタイデス!

今週はバタバタ状態で、ブログもさぼり気味です。
今月末まではこんな状態が続くのかも?

忙しいということは、仕事が回っている証拠なので大変有り難いのですが、それでブログを更新できないと何かスッキリしないし、寝つきが悪かったりします(笑)

きっと、趣味ブログの記事を書いていると、その瞬間は仕事のことを忘れて好きな音楽のことに没頭できるので、脳内から快楽ホルモンが出まくり、気持ちもリセットできるのでしょうね。その意味では、忙しくても記事を書くくらいのゆとりが持てればいいのですが...なかなか難しいですな。

今日はなんかのんびりした音楽が聴きたいですね。
ということでセレクトしたのが、Toby Beauのデビュー・アルバム『My Angel Baby』(1978年)です。

今時Toby Beauを聴く人は、あまりいないのかもしれませんね。

Toby Beauは、テキサス出身の5人組ロック・グループ。1978年にデビュー・アルバム『My Angel Baby』(オリジナルのタイトルは『Toby Beau』)が全米ポップ・チャート第13位のヒットとなり、注目を浴びました。

この時点のメンバーは、Balde Silva(vo、g)、Danny McKenna(g)、Steve Zipper(b)、Rob Young(ds)、Ron Rose(g、bango)の5人。

しかし、1979年の2ndアルバム『More Than A Love Song』リリース後にBalde Silva(vo、g)以外のメンバーは、グループを去ってしまいます。こうしてBalde Silvaのソロ・プロジェクトとなってしまったToby Beauは、1980年に3rdアルバム『If You Believe』をリリースして、その歴史にピリオドを打ちました。

AORファンの支持が高い『If You Believe』も悪くないですが、個人的には『My Angel Baby』がダントツに好きですね。特に、シングル「My Angel Baby」は(聴いたのは後追いですが)青春の思い出の1曲であり、思い入れが強いんですよね。今でもこの曲を聴くと、青春の甘酸っぱい味がしてきます。

アルバム全体としては、Eagles、Pocoをもう少しアーシーにした感じですかね。このイナたさがいいんですよねぇ。なんて書きながら、Eagles、Poco共に一度も記事にしたことがない僕がこのような説明をしても、あまり説得力がないのかもしれませんね(笑)Eagles、Pocoは、たまたま記事をエントリーする機会を逸しているだけなので、そのうち紹介します...

正直、僕の苦手なイモ臭いカントリー調の曲もありますが、古き良きウエスト・コースト・ロックの魅力を堪能できると思います(テキサスのグループですが)。

このデビュー・アルバム当時、メンバーの平均年齢は20歳より下だったらしいです。10代でこのサウンドは少し早熟って感じですな。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Moonshine」
オープニングは、ウエスト・コーストの香り漂うロック・チューン。聴いていると、気持ちが晴れ晴れとしてきます。

「Same Old Line」
美しいハーモニーを聴かせてくれるカントリー・ロック。平均年齢10代のグループというより、40代のグループが演奏しているようです(笑)

「Into The Night」
Eaglesが好きな人は気に入る曲なのでは?Glenn Freyあたりがリード・ヴォーカルをとるとピッタリな気がします。

「My Angel Baby」
僕にとって永遠の名曲。イントロのギターを聴いただけで涙が出てきそうでウルウルになります。サビの♪But you're my Angel Baby〜♪Yes, you're my Angel Baby〜♪ の部分では、さらに感情が高ぶってきますね。曲、演奏、ヴォーカル&コーラス全てが完璧なミラクルな1曲だと思います。

「Westbound Train」
アーシーな仕上がりのカントリー・ロック。この曲はウエスト・コーストというより、スワンプしていますね。

「Buckaroo」
ウエスト・コースト・ロック好きにはたまらない、爽やかなメロディ&コーラスのアコースティック・チューン。パーカッションの心地良いリズムも僕好み。

「Watching The World Go By」
この曲も(良い意味で)40代グループが演奏しそうな激シブのカントリー・ロック。

「Wink Of An Eye」
最初はのんびり、ゆったりムードのカントリー・ロックなのが、徐々に盛り上がってくる感じが好きです。

「Broken Down Cowboy」
ハーモニーの美しさを堪能できる1曲。ライブで聴いたら、かなりグッときそうな1曲ですね。

今回紹介した1stを聴きたいと思った方は、ベスト盤『My Angel Baby: The Very Best of Toby Beau』をゲットするのがお得かもしれません。ベストと言いつつ、本作『My Angel Baby』が全曲収録されており、それに2ndから2曲、3rdから2曲がセレクトされています。
My Angel Baby: The Very Best of Toby Beau
My Angel Baby: The Very Best of Toby Beau

機会があれば、3rd『If You Believe』も紹介しますね。
本作とは全然印象が異なるAORテイストのアルバムです。
posted by ez at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

Brother Jack McDuff『Moon Rappin'』

妖しい雰囲気が漂うオルガン・ジャズ☆Brother Jack McDuff『Moon Rappin'』
Moon Rappin'
録音年:1969年
ez的ジャンル:妖しい系ソウル・ジャズ
気分は... :ご機嫌だねっ!

そう言えば、今月号の某雑誌で「Soul/Funk Best100」を載せていましたね。
昨年の60年代、70年代、80年代ロックのBest100に続くものですが、きっとこの手の企画をやると売上が伸びるのでしょうね。

ランキングの中身には言及しませんが、読者層がロック系リスナー中心のあの雑誌で、Soul/Funk系のランキングをやるのはどうかな?って気がします。選者も必ずしもSoul/Funk系の人ばかりじゃないし...ならば、ロック、ソウル/R&B、ジャズ等なんでもアリのベスト100を選ぶ方が、MM誌系の雑誌らしくて面白い気がします。

さて、ここ数日良い事がちょこちょこあって、なかなかの上機嫌です。

そんなご機嫌モードの中で聴いているのが、Brother Jack McDuff『Moon Rappin'』(1969年)です。

ジャズ・オルガン奏者Jack McDuffは2回目の登場になるのですが、前回紹介したライブ作品『Live!』(1963年)の記事の《気分は...》欄にも“ご機嫌だねっ!”ってコメントしていました。僕はご機嫌になるとJack McDuffが聴きたくなるのでしょうか(笑)

Jack McDuffは、Blue Noteを代表するジャズ・オルガン奏者Jimmy Smithに対抗するため、Prestigeが売り出したオルガン奏者ですよね。しかし、そのMcDuff自身も1969年にBlue Noteに移籍します。

移籍第1弾『Down Home Style』(1969年)に続きレコーディングされたアルバムが、本作『Moon Rappin'』です。

メンバーは、Brother Jack McDuff(org)、Bill Phillips (ts、fl、bs)、Jerry Bird(g)、Richard Davis(elb)、Joe Dukes(ds)、Jean DuShon(vo)という布陣です。特別目立った存在のメンバーは居ませんが、その分McDuffワールドを展開しやすかったのかもしれませんね。

全体としては、妖しげなソウル・ジャズって印象ですね。
McDuffの作品の中でも独特の雰囲気を持ったアルバムなのでは?
結構スカスカ&ユルユルな感じが魅力だと思います。

ご機嫌モードの時に、この得体の知れない妖しさを欲する僕はやっぱり少し変わり者なのかなぁ(笑)

全曲McDuffのオリジナルです。

全曲紹介しときやす。

「Flat Backin'」
サイケで、レイジーで、アーシーなR&Bテイストのグルーヴ感がカッチョ良い演奏です。途中にオルガン・ジャズらしい疾走感あふれるの展開も挟まれて、メリハリがあるのがいいですね。Bill Phillipsの怪しげなフルートが印象的です。

「Oblighetto」
普通のジャズ・ファンならば、「Flat Backin'」やタイトル曲あたりがメインかもしれませんが、Hip-Hopファンにとっては、A Tribe Called Quest「Scenario」、Black Moon「Son Get Wreck」等のサンプリング・ネタになっているこの曲がメインかもしれませんね。僕もソウル・ジャズしているこの曲が一番好きですね。Jean DuShonによる妖しい女声コーラスが印象的ですし、McDuffのオルガンもご機嫌モードです。

「Moon Rappin'」
ジャケのようなコズミックな雰囲気を持った演奏です。全体的にユルい感じがいいですね。McDuffはオルガンのみならず、ピアノ・ソロも聴かせてくれます。これがなかなかグッドです!Jerry Birdのギターも印象的ですね。

「Made In Sweden」
タイトルからすると北欧風の演奏なのでしょうか(そんなことないですね)。この曲もコズミック・モードです。Joe Dukesのドラムが目立ちますね。まるでリズムで宇宙人と交信しているようです(笑)このドラムを聴いているとドラムン・ベースが聴きたくなるのは、なぜだろう?

「Loose Foot」
この曲が一番のオルガン・ジャズっぽいかもしれませんね。まぁ、1曲くらいオーソドックスな演奏があってもいいかもしれませんね。

それにしても、このジャケはBlue Noteらしからぬダメダメ・ジャケですね(笑)
posted by ez at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

Joe Claussell『Language』

1stソロではなく実はコンピだった!でも中身がサイコーなことに変わりナシ☆Joe Claussell『Language』
LANGUAGE
発表年:1999年
ez的ジャンル:生楽器系スピリチュアル・ハウス
気分は... :ポカポカ気分

今日は仕事が終わった後に某所の“江戸遊”でひとっ風呂浴びてから帰宅。
帰宅して2時間が経ちますが、まだ足裏がポカポカしています。ポカポカ気分が抜けないうちに、さっさと記事書いて、早く寝ようっと!

そんな夜のお供に選んだ1枚がJoe Claussell『Language』(1999年)です。

Joe Claussellは1966年N.Y.ブルックリン生まれのハウスDJ。1992年頃より本格的な活動を開始し、1996年にFrancois Kevorkian、Danny Krivitと共にサンデー・アフタヌーン・パーティー「Body & Soul」をスタートし、自らのレーベルSpiritual Life Music を設立したあたりから俄然注目を浴びるようになり、スピリチュアル・ハウスの牽引者として今日まで絶大な人気を誇っています。

そんなJoe Claussellが1999年にリリースしたアルバムが今日紹介する『Language』です。

ハウス好きの方の間では、名盤の誉れ高い1枚ですね。

きっと、『Language』の存在を知っている方は、『Language』こそがJoe Claussellの1stソロだと認識していたと思います。僕もそうでした。

しかし、昨年HMVのサイトに掲載されたJoe Claussellのインタビュー記事を読むと、“『Language』はコンピレーション・アルバムだよ”とJoe Claussell自身が語っていました。そして、昨年発売された『Un.chained Rhythum』こそが正真正銘の1stソロということらしいです。

まぁ、Joe Claussell本人がそう言うのですから、そうなのでしょう(笑)
詳しくは下記URLをご参照下さい。
http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=703270050

そんな事実が判明したものの、『Language』が素晴らしいハウス・アルバムであることには変わりません。むしろ、その事実を知って本作に対する愛着が増しました。

本作はSpiritual Life Musicではなく、Joeの友人でナイジェリア出身のJerome SydenhamのレーベルIbadan Recordsからのリリースであり、Joe以外にもJerome Sydenham & Kerri Chandler、Marc Caryがプロデュースしたり、Joe自身もDele Sosimiと共同プロデュースしたりということで、確かにIbadan Recordsファミリーのコンピという見方は妥当かもしれませんね。

中身はよく言われるように、スピリチュアル・ジャズ、ジャズ・ファンク、アフロ・ビートの影響が強いハウス・ミュージックという感じですね。また、ピアノ、ベース、パーカッション、バイオリン等ミュージシャンによる演奏にこだわったサウンドは、今聴いても新鮮さを失っていないですね。

きっと、普段ハウスを聴かない人が聴いても、そんなに違和感を感じないと思います。ニュー・ジャズなんか好きな人にピッタリなのでは?

僕自身は最近のハウス事情は全くわからず、すっかり浦島太郎状態です。たまにはCDショップでハウス系新譜もチェックしないといけませんね。

全曲紹介しときやす。

「Spiritual Insurrection」
タイトルの通り、スピリチュアル・テイスト満点のトラックです。壮大なスケール感がある大地のハウス・ミュージックって感じですな。幻想的なピアノ、覚醒するパーカッションの響きが瞑想の世界へ誘ってくれます。こんな曲を聴きながら、寝るとどんな夢をみるのかな?

「Git Wa」
この「Spiritual Insurrection」〜「Git Wa」の流れが大好きです!バンブー・フルート(竹笛)の音色が神秘的なムードを醸し出しています。ギターにRonny Jordanの名がクレジットされていますが、Acid JazzのあのRonnyですかね?

「Marco Polo」
Marc Caryプロデュース曲。ジャズ・ピアニストとして活躍するMarcらしく、彼自身のピアノ・プレイを中心に据えたスピリチュアルな仕上がりです。ハウスというよりジャズと説明した方がいい感じですね。

「Kryptic Elements」
Jerome Sydenham & Kerri Chandlerプロデュース。バイオリンとベースの絡み具合いがサイコーにカッチョ良いですね。リスニング用に最適な優雅なハウスといった仕上がりです。

「Gbedu 1-Gbedu Ressurrection」
アフロ・ビートを連想させるトラックですね。ただし、あまりヒートアップしすぎず、淡々とクールに展開していくあたりがJoe Claussellらしいのでは、Fela Kutiと一緒に聴きたくなりますな。

「Mateens Theme」
Marc Caryプロデュース曲。コズミック・テイストの仕上がりです。美しいピアノ・ソロにスペイシーなキーボードと、まさにMarcの独壇場ですね。

「Je Ka Jo」
当時フロアでも大人気だった1曲。ここではヴォーカル・バージョンが収録されています。Santanaでお馴染みの名曲「Jingo」(オリジナル・タイトルは「Jin-Go-Lo-Ba」)の作者Babatunde Olatunjiがパーカッションで参加しています。

「Suspicious Dub」
Ten Cityによる1989年リリースのハウス・クラシックのリミックス。Ten Cityかぁ...懐かしいですね。Marshall Jeffersonが手掛けたこのクラシックに当時歓喜した方も多かったのでは?そんな聴き比べも楽しいかもしれませんね。

「Cry for Help」
ラストは日本盤のみのボーナス・トラック。Joe自身がギター、キーボード、パーカッションを演奏しているチル・アウトな仕上がりです。

正真正銘の1stソロ『Un.chained Rhythum』もじっくり聴いてみたいですね。
posted by ez at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

Roxy Music『Siren』

Roxy Musicが最初の音楽的ピークに達した作品☆Roxy Music『Siren』
サイレン(紙ジャケット仕様)
発表年:1975年
ez的ジャンル:耽美系UKロック
気分は... :甘く危険な囁き?

Roxy Musicの2回目の登場です。

前回は、全英アルバムチャート第1位に輝いた80年代UKロックを代表する名盤であり、スタジオ最終作となった『Avalon』(1982年)を紹介しましたが、今回は中期Roxyの代表作『Siren』(1975年)です。

デビュー・アルバム『Roxy Music』(1972年)、2nd『For Your Pleasure』(1973年)とグラマラスなビジュアルとアヴァンギャルドな耽美サウンドで衝撃度満点の初期Roxy Musicでしたが、常に脚光を浴びていたBrian Enoがグループを脱退し、3rd『Stranded』(1973年)以降の中期Roxy Musicは、音楽的な成熟を重ね、4th『Country Life』(1974年)、5th『Siren』(1975年)と1作ごとにその完成度を高めていきます。

僕がリアルタイムでRoxyを聴いたのは、どうにか『Avalon』に間に合ったという状況でした。

なので、個人的には『Avalon』が一番好きなのですが、あのアルバムは実質的にはBryan Ferryのソロ・プロジェクトのような作品であったので、Roxy Musicというグループ全体の魅力を堪能するのであれば、『Country Life』(1974年)や本作『Siren』あたりがいいのかもしれませんね。

『Siren』は、当然ながら後追いで聴いたのですが、聴く前からロック本で妖艶なジャケ写真に眺めながら、海の女神サイレンの甘い囁きにヤラれていました(笑)

多くの方がご存知の通り、ジャケで女神サイレンを演じるのは、当時のBryan Ferryのガールフレンドであり、後にMick Jagger夫人となったモデルのJerry Hallです。

本作におけるメンバーは、Bryan Ferry(vo、key)、Andy Mackay(sax)、Phil Manzanera(g)、Eddie Jobson(vln、syn)、John Gustafson(b)、Paul Thompson(ds)の6人。プロデュースはChris Thomasが務めています。

グループの持つ魅力を、Chris Thomasがコンパクトにまとめ上げたアルバムという気がしますね。初期のとっ散らかった刺激は少なくなったかもしれませんが、壺を押さえたサウンドづくりは、まさに中期Roxyの完成形と言えるのでは?

オススメ曲を紹介しときやす。

「Love Is the Drug」
シングル・カットされ、全英チャート第2位となったグループの代表曲。全米チャートでも初めてTop40入りしました。ある意味、アルバムで一番Roxyらしい楽曲かもしれませんね。耽美的な妖しさとキャッチーさがうまく両立していると思います。映画『Casino』のサントラにも収録されていました。FerryとMackayの共作。

Grace Jones、Kylie Minogueなどがカヴァーしています。

「End of the Line」
後期Roxyを予感させる美しい哀愁のメロディです。良くも悪くも成熟したグループの姿が窺える1曲なのでは?

「Sentimental Fool」
出だしはかなりアヴァンギャルドな雰囲気を醸し出していますが、意外とメロディアスな仕上がりです。FerryとMackayの共作。

「Whirlwind」
アルバムで一番ロックしていますな。とても吹っ切れた印象を受ける1曲ですね。このタイプをうまく仕上がるのはプロデューサーChris Thomasの得意技ですからね。

「She Sells」
シングル曲じゃないけど、ファンの方にはかなり人気の高い曲のようですね。僕もアルバムで一番カッチョ良い曲だと思います。キャッチーなイントロのピアノからグイグイとロキシー・ワールドへ引き込まれていきます。ゴージャスで、ドラマティックで、耽美的で、しかもノリも良い...文句ナシって感じがします。Eddie Jobsonが楽曲提供(Bryan Ferryとの共作)、演奏の両面で大活躍しています。

「Both Ends Burning」
アルバムからの2ndシングル。「She Sells」と並ぶ僕のお気に入りです。Roxyらしからぬコンガによるパーカッシヴな展開が僕好みですね。もっとコンガを前面に出すと、極上の耽美的ダンス・ミュージックになるような気がします。

「Nightingale」
FerryとManzaneraの共作。メロディの良さが印象に残りますよね。初期〜中期のRoxyに難解な印象を持つ人なんかは、このキャッチーさに驚くのでは?

「Just Another High」
「End of the Line」同様に後期Roxyを予感させる仕上がり。昔からのRoxyファンの方は、本曲や「End of the Line」あたりの聴き易さはビミョーなのかもしれませんね。

本作を最後にグループは活動を休止し、メンバーは各自の活動を展開します。
グループの活動再会は、『Manifesto』(1979年)まで待たねばなりません。
posted by ez at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

Maze Featuring Frankie Beverly『Live In New Orleans』

名曲「Before I Let Go」収録のライブ+スタジオ録音4曲☆Maze Featuring Frankie Beverly『Live In New Orleans』♪
Live in New Orleans
発表年:1981年
ez的ジャンル:アーバン・シルキーソウル
気分は... :迷った時にはMazeに限る!

今日は何を紹介するか迷ってしまった...

本ブログの場合、年代、ジャンルを問わずに紹介するというコンセプトのため、なるべく年代、ジャンルの同じような作品が続かないことを心掛けています。

例えば、昨日のSandals『Rite To Silence』は、90年代、UKもの、クラブ・ミュージック、ダークなテイストの作品でした。そうすると、今日のセレクトは、80年代、USもの、R&B、メロウ・テイストあたりかなぁ...といった感じです。

記事リストを一見するとバラバラですが、実は結構意図的に作っているバラツキだったりします(笑)

いつもならば、年代、国、ジャンル、テイストあたりが決まると、具体的なアーティスト、作品名が頭に浮かぶのですが、今日はイマイチ浮かんできません。

しばらくCD棚の70年代、80年代R&Bコーナーを眺めながら、すーっと手が伸びたのがMazeでした。迷った時のMazeって、なかなか手堅い選択のような気がしませんか(笑)

ということで、今日はMaze Featuring Frankie Beverly『Live In New Orleans』(1981年)をセレクト。

Frankie Beverly率いるMazeを紹介するのは、『Silky Soul』(1989年)、『Joy and Pain』(1980年)に続き、3回目になります。

タイトルの通り、ニューオリンズでのライブを収録したライブ・アルバムということになるのですが、実態は全10曲中4曲はスタジオ録音になっています。

ライブは6曲中4曲が『Joy and Pain』からのセレクトになっています(他は『Maze Featuring Frankie Beverly』『Inspiration』から各1曲)。スタジオ録音には名曲「Before I Let Go」をはじめ、なかなか強力な4曲が並びます。

その意味で、『Joy and Pain』のライブ・バージョンと強力なスタジオ録音の両方を堪能できる、1粒で2度美味しいアルバムになっていると思います。

どこを切ってもMaze印ってカンジの1枚だと思いますよ(笑)

全曲紹介しときやす。

「Changing Times」
『Joy and Pain』収録曲。スタジオ録音同様のシティ・ポップ的なノリが気持ちよいですね。

「Joy and Pain」
『Joy and Pain』収録曲。フリーソウルの人気曲ですね。スタジオ録音とは一味違うライブならではの楽しさがありますね。

「Southern Girl」
『Joy and Pain』収録曲。ニューオリンズでのライブにはピッタリの曲ですね。会場もヒートアップしていたのでは?

「Look at California」
『Maze Featuring Frankie Beverly』収録曲。テンポアップする後半の盛り上がりがサイコーですね。少しラテン・フレイヴァーなのがいいですね。

「Feel That You're Feelin'」
『Inspiration』収録曲。ライブで聴くと、さらにグルーヴ感アップでいい感じですね。思わず体が動き出してしまいます!

「Look in Your Eyes」
『Joy and Pain』収録曲。個人的には『Joy and Pain』でMarvin Gayeマナーのこの曲が一番好きだったのですが、このライブ・バージョンもMarvinモード全開でグッドですね。

「Running Away」
ここからスタジオ録音の4曲です。本曲はシングルとして全米R&Bチャート第7位となりました。ファンキーながらもスマートな感じがこのグループらしいのかも?

「Before I Let Go」
本作のハイライトは名曲の誉れ高いこのミッド・グルーヴでしょうね。シングルカットもされました(全米R&Bチャート第13位)。80年代らしいアーバン・ナイトな仕上がりにウットリです。

Kid CapriやBiz Markie等のお気に入りとしてもお馴染みであり、Gregory D & DJ Mannie Fresh「Clap To This」、Allure「Head Over Heels (DJ Crue Remix)」、Funky 4「Do You Want to Rock (Before I Let Go)」、Keith Murray「The Rhyme」、Eric B.「I Can't Let You」、Super 3「When You're Standing On The Top」、Lakim Shabazz「Getting Fierce」、Steady B「Use Me」、2 Live Crew「The Real One」等数多くの曲でサンプリングされていますね。Keith Washington、Terry Stantonによるカヴァーもあります。

「We Need Love to Live」
Mazeらしいメロウネスたっぷりのシルキー・ソウル。AORファンあたりにも受けそうなスロウ・チューンですね。この曲もシングル・カットされました。フリーソウルのコンピにも収録されていますね。

「Reason」
ラストもメロウ好きを満足させてくれるスロウです。このロマンティック・タイムがゆったりと流れる感じがMazeですよね。

オリジナルLP(2枚組)には「You」「Happy Feelin's」(2曲共に『Maze Featuring Frankie Beverly』収録)のライヴ・ヴァージョンも収録されていましたが、CD化に際してカットされてしまったようです。残念ですね。

いつ、どのアルバムを聴いていも安心の二重丸!
Mazeってそんな感じですよね。
posted by ez at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする