2012年12月02日

Seravince『Hear To See』

ジャズとネオ・ソウルを繋ぐフューチャー・ジャズ☆Seravince『Hear To See』
ヒア・トゥ・シー
発表年:2012年
ez的ジャンル:UKフューチャー・ジャズ/フューチャー・ソウル
気分は... :いや、ちょっと・・・

今回は新作アルバムからジャズとネオ・ソウルを見事にクロスオーヴァーさせたフューチャー・ジャズ作品Seravince『Hear To See』です。

最近、自分でもこの手のクロスオーヴァーな作品が好きなんだなぁとつくづく思います。

Seravinceは、オランダ人プロデューサー/キーボード奏者Vincent Helbersとイギリス人ドラマーRichard Spavenを中心としたプロジェクト。そのプロジェクトの第1弾作品が本作『Hear To See』です。

Vincent HelbersFlowriders‎名義でアルバムもリリースしていますね。Richard Spavenは、Mark De Clive-Lowe4Hero、Jose James、Flying Lotus等の作品へ参加している人気ドラマーです。

ZhaneRenee NeufvilleSharlene HectorEsperanzah Denswilといった3人の女性ヴォーカリスト/MCがフィーチャーされています。

Renee Neufvilleは、少し前に紹介したジャズ/クロスオーヴァー作品The Rongetz Foundation『Brooklyn Butterfly Session』でもフィーチャーされていました。

Sharlene Hectorは、UKクラブ・ミュージック/クロスオーヴァー好きの人であればお馴染みのヴォーカリストですね。当ブログで紹介した作品でもRasmus Faber『So Far』Reel People「The Rain」のリミックス)、Dego『A Wha' Him Deh Pon?』Sunlightsquare『Sunlightsquare Presents: Britannia Shing-A-Ling』といった作品でフィーチャーされています。それ以外にもBah SambaBugz In The Attic‎等の作品に参加しています。

アルバム全体としては、クロスオーヴァー/ブロークンビーツ/ネオソウルのエッセンスを取り入れたフューチャー・ジャズ/フューチャー・ソウルに仕上がっています。フィーチャーされている女性ヴォーカリスト/MCの影響もありますが、浮遊する夢の世界のフューチャー・ソウルといった印象が強いですね。

アルバムにはDanny Samar(b)、Kasper Kalf(b)、Han Litz(fl)、Joni Love(fl)、 Hielke Praagman(sound designer)、Tini Thomsen(bass cla)、Marcus Machado(g)、Arthur Flink(tp)といったミュージシャンも参加しています。

まずはアルバムのサンプラーをチェックを!

Seravince『Hear To See』Sampler
http://www.youtube.com/watch?v=SYsCdXPj_4Y

全曲を紹介しときやす。

「Sy」
Sharlene Hectorをフィーチャー。クロスオーヴァー/クラブ・ミュージック好きの人であれば気に入るであろうクロスオーヴァー・ソウルに仕上がっています。

「Perfect Stranger」
Renee Neufvilleをフィーチャー。ネオソウルとジャズが融合したエレクトリック・ソウル。まどろみの世界のエレクトリック・ソウルといった趣がいいですね。

「U Love」
Renee Neufvilleをフィーチャー。この曲もネオソウルとジャズが融合した浮遊感漂うフューチャー・ソウルに仕上がっています。

「Lola」
クロスオーヴァーなインスト・チューン。疾走するクロスオーヴァー・サウンドに絡むトランペットがいい感じです。

「High」
Sharlene Hectorをフィーチャー。夢の中のマッタリ感といった趣のネオソウルに仕上がっています。

「World Wont Stop」
Renee Neufvilleをフィーチャー。夢の中を疾走するエレクトリックなフューチャー・ソウル。

「Rt Prince」
Vincent HelbersのピアノとRichard Spavenのドラムを楽しめるクロスオーヴァーなインスト・チューン。

「94」
Sharlene HectorとEsperanzah Denswilをフィーチャー。フューチャリスティックなネオソウル・チューンに仕上がっています。

「Rika」
Esperanzah Denswilをフィーチャー。浮遊するクロスオーヴァー・サウンドとEsperanzah Denswilのヴォーカル/MCがよくマッチしています。

「CAT」
ボーナス・トラック。Esperanzah Denswilをフィーチャー。疾走感のあるフューチャー・ソウルはなかなかキャッチーです。

ご興味がある方はVincent Helbers(Flowriders‎)の作品もチェックを!

Flowriders‎『R.U.E.D.Y.』 (2007年)
Flowriders
posted by ez at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

Os Novos Baianos『Acabou Chorare』

ブラジルの伝説的グループ、ヒッピー感覚の新世代サウンドで魅了する名作2nd☆Os Novos Baianos『Acabou Chorare』
アカボウ・ショラーレ
発表年:1972年
ez的ジャンル:ヒッピー系バイーア新世代グループ
気分は... :この星の神秘!

今回はブラジルの伝説的グループOs Novos Baianosを代表する2ndアルバム『Acabou Chorare』(1972年)です。

Os Novos Baianosは1968年バイーアで結成。メンバーはMoraes Moreira(vo、g)、Baby Consuelo(vo)、Paulinho Boca de Cantor(vo、per)、Pepeu Gomes(g)、Dadi Carvalho(b)、Jorginho Gomes(ds、per)、Luiz Galvao(per)、Luis Bolacha(ds、per)、Baixinho (Jose Roberto)(per)。

グループはリオでヒッピー的な共同生活を送っていたようです。その意味では音楽グループというよりも1つのコミューンといった感じだったのでしょうね。

Caetano VelosoGilberto Gil等に続くバイーア新世代グループとして、、『E Ferro na Boneca』(1970年)、『Acabou Chorare』(1972年)、『Novos Baianos F.C.』(1973年)、『Novos Baianos』(1974年)、『Vamos pro Mundo』(1974年)、『Caia na Estrada e Perigas Ver』(1976年)、『Praga de Baiano』(1977年)、『Farol da Barra』(1978年)、『Infinito Circular』(1997年)といったアルバムをリリースしています。

これらの中でも特に人気・評価の高い作品が今日紹介する『Acabou Chorare』(1972年)です。

サンバ、ショーロ、ボサノヴァ、ロックをヒッピー感覚でミクスチャーさせた素晴らしい音世界を創造しています。自由な空気がとても心地好い気分にさせてくれます。

僕の場合、以前から本作収録の「A Menina Danca」 だけは、少し前に当ブログでも紹介したMarisa Monte『Barulhinho Bom(A Great Noise)』のヴァージョンで知っていましたが、それでも本作における新世代バイーア・サウンドを初めて聴いた時は感動的でした。

僕は最初もっとロックなイメージがあったのですが、意外にメロウでアコースティックな音が印象に残ります。さまざまな音楽のエッセンスを取り入れつつもゴチャゴチャせず、スッキリまとめているからかもしれません。パーカッシヴな音が大好きな僕としては、その部分で満足させてくれる点も嬉しいですね。

聴けば聴くほどアルバム全体の充実度に驚かされる1枚です。

全曲を紹介しときやす。

「Brasil Pandeiro」
Assis Valente作のサンバ名曲カヴァーでアルバムは幕を開けます。ハッピー&ヒッピーな感覚で盛り上げてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=iTXWpdkAp6Y

「Preta Pretinha」
Luiz Galvao/Moraes Moreira作。伝統的な音とロック/ヒッピー世代らしい感性を上手く融合させています。パーカッシヴな仕上がりが僕好み。
http://www.youtube.com/watch?v=0FVPQzKw9bk

「Tinindo Trincando」
Luiz Galvao/Moraes Moreira作。僕の一番のお気に入り。これぞバイーア新世代!ヤング・サンバ・ロックが炸裂します。紅一点Baby Consueloのヴォーカルもグッド!
http://www.youtube.com/watch?v=RBsrexJtG7M

「Swing de Campo Grande」
Paulinho Boca de Cantor/Luiz Galvao/Moraes Moreira作。この曲も大好き!アコースティック感覚の格好良いサンバ・グルーヴで魅了してくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=rQ_el5XH_BY

「Acabou Chorare」
Luiz Galvao/Moraes Moreira作。ボッサ感覚の素朴なアコースティック・メロウ。シンプルだからこそ涙腺にグッときます。
http://www.youtube.com/watch?v=u9T4aVPIQjs

「O Misterio do Planeta」
Luiz Galvao/Moraes Moreira作。この曲も僕のお気に入り。バイーア新世代らしいメロウでロックでバイーアなサウンドを満喫できます。まさにこの星の神秘!
http://www.youtube.com/watch?v=f8SfDZ65A0o

「A Menina Danca」
Luiz Galvao/Moraes Moreira作。本作のハイライト曲かもしれませんね。前述のようにMarisa Monteもカヴァーしています。やはりオリジナルを聴くとテンション上がりますね。ヒッピー感覚のメロウ・サウンドとBaby Consueloのキュートなヴォーカルがサイコーです!
http://www.youtube.com/watch?v=9HRX3SMy8FE

「Besta e Tu」
Luiz Galvao/Pepeu Gomes/Moraes Moreira作。開放的なサンバ・チューン。余計なことは忘れてサンバのリズムに酔いしれましょう!
http://www.youtube.com/watch?v=sGA9KaP9eus

「Um Bilhete Pra Didi」
Jorginho Gomes作。リズミックなインスト・チューン。
http://www.youtube.com/watch?v=tipVMugHCUg

「Preta Pretinha (reprise)」
Luiz Galvao/Moraes Moreira作。「Preta Pretinha」のリプライズでアルバムの余韻を楽しみながらアルバムは幕を閉じます。
http://www.youtube.com/watch?v=7UFzM_mZMfg

他のOs Novos Baianos作品もチェックを!

『E Ferro na Boneca』(1970年)
E Ferro Na Boneca

『Novos Baianos F.C.』(1973年)
ノーヴォス・バイアーノスF.C.(紙ジャケット仕様)

『Novos Baianos』(1974年)
ノーヴォス・バイアーノス(BOM24085)

『Vamos pro Mundo』(1974年)
ヴァモス・プロ・ムンド(BOM24142)

『Farol da Barra』(1978年)
Farol Da Barra Autenticos
posted by ez at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする