2013年12月07日

Gene Rice『Just For You』

Stan Sheppardプロデュースによる90年代R&B/Soul☆Gene Rice『Just For You』
Just For You
発表年:1991年
ez的ジャンル:Stan Sheppard系90年代R&B/Soul
気分は... :偉大なるネルソン・マンデラよ・・・

今回は90年代R&B/ソウル好きからは評価の高い1枚、Gene Rice『Just For You』(1991年)です。

Gene Rice(本名:Eugene Rice)はメリーランド州出身の男性シンガー。

By All MeansGerald Alston等のプロデュースで一躍注目プロデューサーとなったStan Sheppardの目に留まり、デビューのチャンスをつかみます。そして、彼のプロデュースの下で『Just For You』(1991年)、『Gene Rice』(1992年)という2枚のアルバムをリリースしています。

今日紹介する1stアルバム『Just For You』(1991年)は僕もリアルタイムでよく聴きました。よく覚えていませんが、多分Stan Sheppardプロデュースという点に惹かれて購入したんでしょうね。

僕自身はStan Sheppardプロデュースの代表的グループBy All Meansについては、(リアルタイムで作品を購入していましたが)それ程思い入れ深く聴いたという記憶はありません。今でもCD棚の奥の方に眠っています(笑)。その意味では本作『Just For You』が最も良く聴いているStan Sheppardプロデュース作かもしれません。

全体的に落ち着いた大人のアーバン・メロウ/ブラコン的なサウンド・プロダクションとTeddy PendergrassばりのGene Riceのヴォーカルがよくマッチしている点を気に入っています。

Stan Sheppardをはじめ、By All MeansのJimmy Varner、さらにはAaron SmithTerry CarterというBy All Means作品でお馴染みのメンバーがプロデュースを手掛けています。

それ以外にもPaulinho Da Costa(per)、Paul Jackson Jr.(per)、Gerald Albright(sax)、Jerry Peters(p)等が参加しています。

90年代ならではの大人のアーバン・メロウを満喫できる1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Love Is Calling You」
今聴くと多少ドラム・プログラミングが残念ですが、いい感じのアーバン・ナイトな雰囲気を醸し出しています。
http://www.youtube.com/watch?v=eLq8WiSMSFE

「You're Gonna Get Served」
オススメその1。シングルにもなったアーバン・メロウなミディアム・スロウ。Gene Riceのシンガーとしての魅力が存分に伝わってくる1曲です。仕上がりとしてはアルバム随一かもしれません。
http://www.youtube.com/watch?v=1j31RswLNUQ

「No One Can Love You Like I Love You」
オススメその2。Gerald AlbrightのサックスとJimmy Varnerのピアノが盛り上げてくれる絶品バラード。リアルタイムで聴いていた時はこの曲が一番好きだったかも?
http://www.youtube.com/watch?v=QEC0TgWMq24

「Let's Do It Again」
大人のラブ・バラード。決して仰々しくなりすぎないところがいいですね。このあたりがStan Sheppardのセンスの良さなのかもしれません。

「Let's Get Away」
オススメその3。結構こういったメロウ・ミディアムな楽曲が好きだったりします。「Love Is Calling You」あたりと比較すると控えめなプログラミングが功を奏していると思います。

「You're A Victim」
オススメその4。シングルにもなったアーバン・ミッド・グルーヴ。甘すぎず粗すぎずといったGene Riceのヴォーカルの塩梅が実にいいですね。ブラコン好きにはたまらない雰囲気ですね。。
http://www.youtube.com/watch?v=Ycv861iNneY

「I Believe」
オススメその5。煌びやかに疾走するこの時代らしいアーバン・ダンサー。週末の夜に街へ繰り出したくなる気分にさせてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=EI0pOWEEKyg

「It's Too Late」
オススメその6。Carole Kingの名曲カヴァー(Carole King/Toni Stern作)。この名曲のソウル・カヴァーとして、当ブログはThe Isley BrothersMike James Kirklandを紹介済みです。本ヴァージョンは大人のアーバン・メロウで迫ります。こんな「It's Too Late」もたまにはいいのでは?ここではJerry Petersがピアノを弾いています。
http://www.youtube.com/watch?v=yW2yjyqr3S8

「So Far Away」
Marvin Gayeの影響を感じる妖しげなセクシー・モードで迫ります。
http://www.youtube.com/watch?v=0xSpBTkoPlU

「I'll Be Right Here Waiting On You」
オススメその7。ラストは素敵なラブ・バラードで締め括ってくれます。アーバン・ナイトな雰囲気に包まれてアルバムは幕を閉じます。
http://www.youtube.com/watch?v=0KotZ2oafWU

いよいよブラジルW杯の抽選ですね。
正直、どの国と対戦するのか以上に、試合会場が何処になるのかが気になります。今度の大会は移動距離や気温差といったハンデを負う国とそうではない国がはっきり分かれますからね。

W杯の抽選にも注目ですが、ネルソン・マンデラ氏の死去が残念です。
昨日はSpecial AKA「Nelson Mandela」を聴きながら、偉大なるマンデラ氏の冥福を祈っていました!

Special AKA「Nelson Mandela」
http://www.youtube.com/watch?v=AgcTvoWjZJU
posted by ez at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

Luciana Souza『Brazilian Duos』

ブラジリアン女性ジャズ・シンガーによるギタリストとの共演シリーズ第1弾☆Luciana Souza『Brazilian Duos』
Duos Brasileiros
発表年:2002年
ez的ジャンル:ブラジリアン女性ジャズ・ヴォーカル
気分は... :僕なりに何日か考えた上での結論のようなもの・・・

大人のブラジリアン女性ジャズ・ヴォーカル作品Luciana Souza『Brazilian Duos』(2002年)です。

シンガー/ギタリスト/コンポーザーWalter Santosを父親に、詩人Tereza Souzaを母親に持つブラジル、サンパウロ生まれの女性ジャズ・シンガーLuciana Souzaについて、これまで当ブログで紹介した作品は以下の3枚。

 『Duos II』(2005年)
 『The New Bossa Nova』(2007年)
 『Tide』(2009年)

『Brazilian Duos』(2002年)は、ブラジル人ギタリストたちとのデュオ作品シリーズの第1弾であり、その後『Duos II』(2005年)、『Duos III』 (2012年)がリリースされています。

本作では父親Walter Santosをはじめ、Romero LubamboMarco Pereiraという3人のギタリストと共演しています。

前回紹介した『Duos II』もそうでしたが、ヴォーカル&ギターのみというシンプルな編成で、ここまでバリエーションを出せるのかと感心させられます。特に父Walter Santosとの共演曲は感動的です。

ブラジル人女性シンガーとギターということで、ボッサな仕上がりをイメージしがちですが、しっかりジャズ・ヴォーカルしているあたりも本作の魅力だと思います。

ジャズ・ヴォーカルと敏腕ギタリストが生み出すケミストリーを堪能しましょう!

全曲紹介しときやす。

「Baiao Medley」
Marco Pereiraをフィーチャー。「Respeita Januario」(Luiz Gonzaga/Humberto Teixeira作)、「Qui Nem Jilo」(Luiz Gonzaga/Humberto Teixeira作)、「Romance 」(Djavan作)という3曲のメドレー。小気味よさとミステリアスな雰囲気が漂います。声とギターの見事な一体感に魅了されます。

「Suas Maos」
Pernambuco/Antonio Maria作。父Walter Santosのギターをバックに、憂いのあるメロディをしっとりと歌い上げます。

「Pra Que Discutir com Madame」
Haroldo Barbosa/Janet DeAlmeida作。Romero Lubamboをフィーチャー。声とギターのみなのに実に躍動しています。聴こないはずのサンバ・リズムが聴こえてくるようです。

「Pra Dizer Adeus」
Marco Pereiraをフィーチャー。Edu Lobo/Torquato Neto作。当ブログではEdu Lobo & Maria Bethaniaのヴァージョンも紹介済みです。哀愁メロディを情感たっぷりに歌います。。

「Amanha」
Walter Santo/Tereza Souza作。Romero Lubamboをフィーチャー。両親による楽曲を軽快に歌い上げます。Romero Lubamboの軽快なギターがLucianaのヴォーカルをナビゲートしているようです。

「Eu Nao Existo Sem Voce」
Antonio Carlos Jobim/Vinícius de Moraes作。父Walter Santosの感動的なギターをバックにJobim作品を歌います。ビューティフルな仕上がりにただただ感動するのみです。

「Doce de Coco」
Jacob Do Bandolim/Herminio Bello de Carvalho作。Marco Pereiraをフィーチャー。エレガント&ボッサな雰囲気が実にいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=8kzLIQrwnJ4

「As Praias Desertas」
Antonio Carlos Jobim作。「Eu Nao Existo Sem Voce」に続き、父Walter SantosのギターをバックにJobim作品を歌います。Walter Santosの1音1音を丁寧に響かせるギターにグッときてしまいます。

「Docemente」
Walter Santos/Tereza Souza作。Romero Lubamboをフィーチャー。両親による楽曲の2曲目。憂いのあるヴォーカルでしっとりと歌い上げます。
http://www.youtube.com/watch?v=R-ItsAUBL0U

「O Bolo」
Walter Santos/Tereza Souza作。Walter Santosの軽快なギターをバックに、娘Lucianaのヴォーカルも躍動します。メロウな雰囲気に包まれているのがいいですね。僕の一番のお気に入り。

「Viver de Amor」
Ronaldo Bastos /Toninho Horta作。当ブログでは『Terra dos Passaros』に収録されたToninho Horta本人のヴァージョンやAlaide Costaのヴァージョンも紹介済みです。ここではRomero Lubamboのギターをバックに、Lucianaが生き生きとした歌を聴かせてくれます。声とギターのみとは思えないドラマティックな仕上がりです。

「Saudade de Bahia」
Dorival Caymmi作。Marco Pereiraをフィーチャー。ラストはMarco Pereiraの素晴らしいギターに魅了されます。

本作を気に入った方は『Duos II』(2005年)、『Duos III』 (2012年)もどうぞ!

『Duos II』(2005年)
Duos II

『Duos III』 (2012年)
Duos III [輸入盤]

Luciana Souzaの過去記事もご参照下さい!

『The New Bossa Nova』(2007年)
New Bossa Nova

『Tide』(2009年)
Tide
posted by ez at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

Carl Holmes『Investigation No.1』

レア・グルーヴ好きにはたまりません!シグマ・スタジオ録音のファンキー・メロウ!☆Carl Holmes『Investigation No.1』
インヴェスティゲーション・ナンバーワン
発表年:1972年
ez的ジャンル:レア・グルーヴ系ファンキー・メロウ
気分は... :テンション上げねば!

今回はレア・グルーヴ名盤としてお馴染み!Carl Holmes『Investigation No.1』(1972年)です。

Carl "Sherlock" Holmesはフィラデルフィア出身のシンガー/ギタリスト。60年代にはCarl Holmes & The Commanders名義でアルバムも出しています。僕が彼について知っているのはこの程度です。

そんなCarl Holmesの音楽ファンに愛されるマスターピースがフィラデルフィアのマイナー・レーベルC.R.S.からリリースされた『Investigation No.1』(1972年)です。

某ガイド本にも書いてありましたが、ジャケの雰囲気からTerry Callierのようなフォーキー・ソウルをイメージしてしまいますが、中身はファンキー&グルーヴィーな楽曲が並びます。

パーカッシヴ&グルーヴィーに躍動するキラー・ファンク「Investigation」、ラテン・フレイヴァーの効いた「Modesa」の2曲にこのアルバムの魅力が凝縮されています。

さらにはThe Carpentersでお馴染み「Close To You」のソウル・カヴァー、Marvin Gaye「What's Going On」へのオマージュ「Your Game」など聴きどころ満載です。

録音はかの有名なシグマ・スタジオ!

レア・グルーヴ好きにはたまらない1枚のはずです!

全曲紹介しときやす。

「Investigation」
オススメその1。パーカッシヴ&グルーヴィーに躍動するキラー・ファンク!この1曲だけで一気に目が覚めます!ギター良し、リズム良し、ホーン良し、オルガン良し全てがファンキー!格好良すぎます!
http://www.youtube.com/watch?v=PgKA30SeYyk

「Close To You」
The Carpentersの大ヒット曲でお馴染みのHal David/Burt Bacharach作品をカヴァー。当ブログではDionne Warwickのカヴァーも紹介済みです。ここではソウルフルなカヴァーを聴かせてくれます。ソウル風味な「Close To You」も魅力的です。
http://www.youtube.com/watch?v=w0TmFM-XVOo

「Black Bag」
オススメその2。格好良いブレイクにグッとくるインスト・ファンク。ここではロッキンなギター・プレイを聴かせてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=hEJu609fzdk

格好良いブレイクはThe Wiseguys「The Real Vibes」、Beck「Diskobox」、Cypress Hill「When the Shit Goes Down (Diamond D Remix)」のサンプリングソースにもなっています。

Beck「Diskobox」
 http://www.youtube.com/watch?v=ih-SeheLON8
Cypress Hill「When the Shit Goes Down (Diamond D Remix)」
 http://www.youtube.com/watch?v=TBkhhEZ-wiU

「Think It Over」
スウィートなソウル・バラード。さり気ないですがCarl Holmesのヴォーカルに温もりを感じます。
http://www.youtube.com/watch?v=6rl2vAkYdIU

「Modesa」
オススメその3。僕の一番のお気に入り!Santanaも真っ青の鮮烈なラテン・ファンク!思わず体を揺らしてしまいます!前曲のスウィートなソウル・バラードとのギャップがいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=EEBbWwFjHqU

「Your Game」
オススメその4。Marvin Gaye「What's Going On」へのオマージュと呼べるニューソウル。メロウなヴォーカルが優しく包み込んでくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=WbELZeFxRjI

「Get Down Philly Town」
ファンキーに突進するパーカッシヴR&Bチューン。60年代R&Bの香りが漂います。

「It Ain't Right」
この曲もブレイクが格好良い!グルーヴィーなファンク・チューン!
http://www.youtube.com/watch?v=B9xY77PSz78

「The Pot's Hot」
ラストはラテン・フレイヴァーの効いたインスト・ファンクで締め括ってくれます。

個人的にはかなり切羽詰まった状態ですが、ファンキー・ミュージックでテンション上げねば!
posted by ez at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

Fabiano Orchestra『Butterfly Island』

幻のフランス産ジャズ・ファンク作品が遂に正規CD化☆Fabiano Orchestra『Butterfly Island』
バタフライ・アイランド
発表年:1980年
ez的ジャンル:フランス産ジャズ・ファンク
気分は... :イルカ軍団踏みとどまった!

今回は幻のフランス産ジャズ・ファンク作品Fabiano Orchestra『Butterfly Island』(1980年)です。
※録音は1978年ですが、発売年から便宜上80年カテゴリーに分類しました。

Fabiano Orchestraはパリ生まれの黒人パーカッション奏者Jean-Francois Fabianoによるオールスター・バンドです。

Jean-Francois Fabianoは謎多きミュージシャンですが、父親はHenri Salvadorらのバックを務めたミュージシャンだったようです。

1970年代前半からプロ・ミュージシャンとレコーディングに参加し、1978年にはFabiano Orchestra名義で本作『Butterfly Island』をレコーディングしています。

その後はGato Barbieriのバンドのドラマーとして活躍する一方で、映画音楽を手掛けたり、様々なミュージシャンのツアー・メンバーも務めたようです。

さて、本作『Butterfly Island』はフランス産スピリチュアル・ジャズ作品として名高い1枚です。遂に正規CD化が実現し、この幻の名盤を入手しやすくなりました。


フランス産スピリチュアル・ジャズ作品として知られる1枚ですが、それはハイライト曲「Pointe Des Chateaux」の印象のせいだと思います。アルバム全体としては西インド諸島あたりのエッセンスが強いジャズ・ファンク作品という印象です。

レコーディングには多くのミュージシャンが参加し、西インド諸島系のミュージシャンやCliff Jordan(fl)、Hannibal Marvin Peterson(tp)、Carter Jefferson(ss、ts)といったUSジャズ・ミュージシャンを含む総勢24名のミュージシャンがインナースリーヴで紹介されています。

エスニックな佇まいのジャケも含めて、都会の喧騒を忘れさせてくれる1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Half Moon Bay」
オープニングはジャズ・ファンク・チューン。開放的なホーン隊、タイトなリズム隊、さらにスペイシーなエッセンスも加わり、そつがないジャズ・ファンク・チューンに仕上がっています。
http://www.youtube.com/watch?v=5WLLDUFqt_A

「For Ca Change」
軽快なリズムが牽引する西インド諸島のテイストを実感できる仕上がり。ワールド・ミュージックとジャズが程良く融合している感じがいいですね。

「Creole」
この曲もパーカッシヴに迫ります。楽園のパーカッシヴ・サウンドといった趣がいいですね。

「Rastaman Rock」
http://www.youtube.com/watch?v=7EGVqaED5lw

「West Indian Meditation」
本作らしい西インド諸島のテイストを実感できるアイランド・シンセ・フュージョン。メロウネスとスリリングな疾走感が同居している感じが好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=3tsdT-RsnlI

「Butterfly Island」
タイトル曲はアイランド・フュージョン感覚とハードボイルドなクールネスが上手く融合している感じがいいですね。1曲のなかでさまざまな表情を見せてくれるのがいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=XVjwhO5w7EA

「Fusion (Manhattan Pulse)」
アルバムの中でもアフロ・ブラジリアン的なエッセンスが色濃く出た仕上がり。アフロ・ブラジリアン好きの僕としてはたまらない1曲です。Jean-Francois Fabianoのプレイを堪能する1曲としてもサイコーです。

「Pointe Des Chateaux」
本作のハイライトとなるフレンチ・スピリチュアルジャズの名曲です。本アルバムが幻のフランス産スピリチュアル・ジャズ作品と呼ばれるのは本曲が収録されているからこそです。女性スキャットをフィーチャーしたメロウ&スピリチュアルな雰囲気がたまりません。
http://www.youtube.com/watch?v=cwgfBfZuohk

NFLではドルフィンズが同地区のライバルであるジェッツに勝利し、6勝6敗のタイに戻しました。ポストシーズンに向けて何とか生き残りました。ここからが本当の勝負何とか粘って欲しいですな。
posted by ez at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

The Spandettes『Spandex Effect』

まさに現代版フリーソウル!カナダの新人グループのデビュー作☆The Spandettes『Spandex Effect』
スパンデックス・エフェクト
発表年:2013年
ez的ジャンル:カナダ産現代版フリーソウル
気分は... :自由の身になりた〜い!

いよいよ12月突入!
個人的には仕事の納期に追われ、尻に火が付いた状態です。早く自由の身になりた〜い!

今回はカナダの新人グループThe Spandettesのデビュー・アルバム『Spandex Effect』です。"現代版フリーソウル"作品として話題になりつつある1枚です。

アナログ限定のデビュー・シングル「Sweet & Saccharine」で話題となったカナダ、トロント出身のグループのデビュー・アルバムです。

Lizzy Clarke(vo)、Maggie Hopkins(vo)、Alex Tait(vo)という3人の女性ヴォーカリストを中心に2008年頃から活動している模様です。

ライナーノーツにはメンバーとして、上記3名の女性ヴォーカリストをはじめ、Thomas Francis(key)、Mason Stoner(b)、Kevin Neal(g)、Mackenzie Longpre(ds)、Chris Brophy(ts)、Allison Au(as、fl)、Patrice Barbanchon(tp)という10名が挙げられています。ただし、裏ジャケのクレジットには、10名に加えてNick Korneluk(key)、Aaron Seunarine(per)の2名がメンバーとして記されています。

トロントの優良レーベルDo Right! Musicからの発売です。2ndアルバム『Escapology』が今年話題となったMaylee Toddも所属するレーベルです。当ブログで紹介したアーティストでいえば、Elizabeth ShepherdThe Souljazz Orchestraもかつて所属していました。

デビュー・シングルとなったメロウ・グループ「Sweet & Saccharine」を聴けば、"現代版フリーソウル"という説明に納得するはずです。

アルバム全体としては、ブラジル/ボサノヴァ、カリブ、レゲエ、60年代ポップ、70年代ディスコ、80年代ダンス・ミュージックのエッセンスを取り入れたバラエティに富んだガールズ・ポップ作品に仕上がっています。一貫してキュートな魅力があるのがいいですね。

"現代版フリーソウル"なんていう謳い文句に反応してしまうのは少し悔しい気もしますが、良いものは良い!ですね。

全曲紹介しときやす。

「Let's Go To The Beach」
Kevin O'Donnell/Alex Tait/Lizzy Clarke/Maggie Hopkins作。ボッサなイントロに続き、ブラジリアン・グルーヴ調のガール・ポップで一気に駆け抜けます。気分は一気に冬から夏モードへジャンプしてしまいます。

「Dig Deeper」
Alex Tait/Lizzy Clarke/D. Murray作。スティールパンの音色が印象的なトロピカル・ポップ。ホーン隊も盛り上げてくれます。

「Waking Dreams」
Kevin O'Donnell作。60年代テイストのキュートなガールズ・ポップ。レトロな雰囲気を逆手にとっているところが心憎いですね。

「Hunk of Heaven」
Kirk Thompson作。当ブログでも紹介したハワイアンAORの人気グループLemuriaのカヴァー。フリーソウル・クラシックとしてお馴染みの楽曲ですね。美しいホーン・アンサンブルに続き、キュート&ファンキーなメロウ・ダンサーに仕上がっています。

「Sweet & Saccharine」
Kevin O'Donnell/Alex Tait作。グループが注目されるきっかけとなったデビュー・シングル。イントロのギター・カッティングとキュートな女性ヴォーカルだけでもグッとくるメロウ・グルーヴ。この曲を聴けば、"現代版フリーソウル"と称されるのも納得ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=BwLiD1u1EaA

「Calendar Girl」
Alex Tait作。ボッサ風味のアコースティック・メロウ。透明感のある仕上がりがいいですね。

「Automatic」
Brock Walsh/Mark Goldenberg作。The Pointer Sisters、1984年のヒット曲をカヴァー。80年代フレイヴァーと現代的なエッセンスを上手く融合させたフリーソウルなダンス・チューンに仕上がっています。メンバー自身がThe Pointer SistersやThe Jones Girlsからの影響を公言しているようですし、その意味ではこのグループらしいカヴァーかもしれませんね。

「Donnie The Disco Commie」
Kevin O'Donnell/Alex Tait/Lizzy Clarke作。70年代ディスコへのオマージュといった趣のディスコ・ポップ。

「Shine A Smile」
Kevin O'Donnell作。開放的なレゲエ・チューン。この夏よく聴いたThe Oldiansあたりと一緒に聴きたいですね。

「Sweet & Saccharine (Whiskey Baron Remix)」
「Sweet & Saccharine」のリミックス。ボストンの人気DJデュオWhiskey Baronsがリミックスを担当しています。ディスコ・フレイヴァーの仕上がりもある意味このグループらしいのでは?
http://www.youtube.com/watch?v=XoAYSX4xxOI

本作でカヴァーされていた「Hunk of Heaven」のオリジナルもぜひチェックを!

Lemuria『Lemuria』(1978年)
Lemuria
posted by ez at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする