2014年04月03日

Freakbass『Body Over Mind』

Bootsy Collinsがバックアップした白人ベーシストによるP-Funk作品☆Freakbass『Body Over Mind』
Body Over Mind
発表年:2001年
ez的ジャンル:Bootsy系21世紀型P-Funk
気分は... :2,800本目!

何気に当ブログのエントリーが2,800本目になりました。
ここまで来れば、とりあえず3,000本を目指したいですね。

今回はBootsy Collins好き、P-Funk好きには気になる1枚、Freakbass『Body Over Mind』(2001年)です。

Freakbassはシンシナチ生まれのベーシストChris Shermanのこと(以前はFreebassと名乗っていたようです)。同時に、彼の率いるファンク・バンドのバンド名です。以前はShagというロック・グループに参加していたようです。

90年代にP-Funk伝説のベーシストBootsy Collinsと出会い、彼のバックアップの下で活動するようになります。

これまでFreakbass名義で『Body Over Mind』(2001年)、『Air Is Fresher Underground』(2003年)、『Grooveyard』(2008年)、『Junkyard Waltz』(2008年)といったアルバムをリリースしています。

本作『Body Over Mind』(2001年)はFreakbassの1stアルバムであり、Bootsy Collinsがエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねています。

基本メンバーはFreakbass(vo、b、g、key)、Beta-17(key、vo)、Sean McGray(g)、Swift(ds、vo)、Joodi(sax、fl、syn)の5名。それ以外にBootsy Collins、Bootsyの息子、Oui-wei CollinsZappとの関わりで知られるBigg Robb等がゲスト参加しています。

Parliament/FunkadelicGeorge ClintonBootsy Collins好きは楽しめる21世紀型P-Funk作品に仕上がっています。P-Funk好きが思わずニンマリするようなフレーズ、音色、ヴォーカルを随所で聴くことができます。

安直なR&Bコンピのようなチープなジャケが少し残念ですが、内容はかなり充実しています。とりあえずハイライト曲「Freekbass 2YK」を聴いてみてください。

21世紀型P-Funkをご堪能あれ!

全曲紹介しときやす。

「Intro」
イントロ。

「Hear Me Play」
Bootsy参加曲。ただし、モロにP-Funkというよりは、かなりロック的なエッセンスも取り入れた仕上がりです。

「Mission」
オススメその1。Bootsyの兄Phelps "Catfish" Collinsがソングライティングで参加。ファンキーなギター・カッティングとホーン隊はP-Funkファンを喜ばしてくれます。

「Body Over Mind」
オススメその2。Funkadelic好きにはグッとくる重量ファンク・ロック。Roger Troutmanっぽいボコーダーもグッド!

「Sense of Anxiety」
Bootsyの息子、Oui-wei Collinsがソングライティングで参加。哀愁モードのファンク・チューン。クラシック調のキーボードのフレーズが印象的です。

「Connect」
インタルード。

「Freekbass 2YK」
オススメその3。Bootsy参加曲の2曲目。この曲はいかにもBootsy参加曲らしい仕上がり。Parliament「Give up the Funk」の21世紀ヴァージョンといった雰囲気のP-Funkファン大満足のファンキー・チューンです。Bigg Robbも参加しています。
http://www.youtube.com/watch?v=-0UqqgJL4sg

「Baby Baby」
オススメその4。21世紀型P-Funkらしい仕上り。シンセのケバケバしい音色、フレーズが後を引くP-Funk好きにはグッとくる1曲です。やはり、こういう下半身に響くグルーヴこそがP-Funkですね。

「Thang」
Hip-Hop meets P-Funkといった雰囲気の仕上がり。ドラムで参加のSwiftがここではラップで達者なフロウを聴かせてくれます。

「Do What You Gotta Do」
哀愁モードのスロウ・ファンク。この雰囲気もBootsyっぽいですね。

「Peppermint Leather」
サイバー感のあるファンキーな小曲。

「She's Already There」
オススメそのt。この曲も後を引く魅力があります。デジタル感のあるくっきりしたサウンドとHip-Hop的エッセンスが21世紀型P-Funkらしいですね。

「Silver 17」
「Freekbass 2YK」アゲインといった雰囲気で本編を締め括ります。

「Fame」
国内盤CDのボーナス・トラック。David BowieJohn Lennonの共演による大ヒット・へヴィ・ファンクのライブ・カヴァー。オリジナルは当ブログでも紹介したDavid Bowie『Young Americans』(1975年)に収録されています。スタジオ音源とは異なるFreakbassの魅力を満喫できます。

ご興味がある方はFreakbassの他作品もチェックを!

『Air Is Fresher Underground』(2003年)
Air Is Fresher Underground

『Grooveyard』(2008年)
Grooveyard

『Junkyard Waltz』(2008年)
Junkyard Waltz
posted by ez at 03:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

Roy Ayers『Stoned Soul Picinic』

人気ヴァイヴ奏者による美しく、幻想的なジャズ作品☆Roy Ayers『Stoned Soul Picinic』
ストーンド・ソウル・ピクニック
発表年:1968年
ez的ジャンル:モーダル系ジャズ・ヴァイヴ作品
気分は... :今日から始まる・・・

いよいよ4月に突入!消費税の増税、新年度の始まりと慌しくなりそうですね。僕はこうした慌しさに巻き込まれるのが苦手なので、しばらく大人しくしているつもりです。

今回は人気ヴァイヴ奏者Roy AyersUbiquity結成以前にレコーディングした作品『Stoned Soul Picinic』(1968年)です。

これまで当ブログで紹介したRoy Ayers作品は以下の6枚(発売順)。

 『He's Coming』(1972年)
 『Virgo Red』(1973年)
 『Change Up The Groove』(1974年)
 『Mystic Voyage』(1975年)
 『Vibrations』(1976年)
 『Lots Of Love』(1983年)

Roy Ayersといえば、レア・グルーヴ好きを虜にする作品が多いですが、本作『Stoned Soul Picinic』(1968年)は、そうしたイメージとは少し異なるモーダルなジャズ作品となっています。ファンキーなジャケとのギャップも大きいかもしれません。

当時、一緒に活動していた人気フルート奏者Herbie Mannをプロデューサーに据え、Roy Ayers(vib)、Gary Bartz(as)、Charles Tolliver(tp、flh)、Hubert Laws(fl)、 Herbie Hancock(p)、Miroslav Vitous(b)、Ron Carter(b)、Grady Tate(ds)といったメンバーがレコーディングに参加しています。Charles Tolliverはアレンジも務めています。

Herbie Mann自身は演奏には参加せず、フルートはHubert Lawsなのが面白いですね。また、Herbie Hancockがエレガントなタッチで好サポートしています。

いつものRoy Ayers作品とは異なりますが、ジャズ・ヴァイヴ奏者Roy Ayersの魅力を満喫できます。アルバム全体としては幻想的で美しいジャズ・サウンドが印象的です。この時期のジャズ作品と比較しても、かなり聴きやすいと思います。その意味では永遠のジャズ初心者である僕にフィットします。

ヴァイブのメロウな響きを存分に堪能した方にはオススメの1枚です。
たまにはこんなRoy Ayersを聴くのもいいのでは?

全曲紹介しときやす。

「A Rose For Cindy」
Roy Ayers作。レア・グルーヴのRoy Ayersをイメージすると、かなり雰囲気の異なるミステリアスな仕上がり。

「Stoned Soul Picnic」
Laura Nyroの名曲をカヴァー。当ブログではThe 5th DimensionSwing Out Sisterのカヴァーも紹介済みです。ここでは Herbie HancockのフルートとAyersのヴァイヴの絡みがいい感じの、リラックスしたソウル・ジャズを聴かせてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=LHuGmkVQBNA

「Wave」
Antonio Carlos Jobim作の名曲をカヴァー。Ayersのヴァイヴの響きが心地好いメロウ・ボッサに仕上がっています。ボッサ好きの僕としては、やはりこういう演奏にグッときてしまいます。
http://www.youtube.com/watch?v=xl4FNUWrJLE

「For Once In My Life」
Orlando Murden/Ronald Miller作。Stevie Wonderヴァージョン等でお馴染みの楽曲ですね。ここではロマンティックなバラードで聴かせてくれます。HancockのピアノとAyersのヴァイヴが美しい音色を響かせます。

「Lil's Paradise」
本作参加のCharles Tolliverのオリジナル。「Wave」と並ぶ僕のお気に入り。ジャズ・ヴァイヴ奏者としてのRoy Ayersの魅力を満喫できるエレガントな演奏です。ここでもHancockの好サポートが目立ちます。
http://www.youtube.com/watch?v=cI8LZa6dcC0

「What The People Say」
後にUbiquityにも参加するEdwin Birdsongの作品。Miroslav Vitousのベースが牽引します。Lawsのフルートも印象的です。
http://www.youtube.com/watch?v=tWlQOQkspcw

Roy Ayers作品の過去記事もご参照下さい。

『He's Coming』(1972年)
He's Coming

『Virgo Red』(1973年)
ヴァーゴ・レッド

『Change Up The Groove』(1974年)
CHANGE UP THE GROOVE

『Mystic Voyage』(1975年)
ミスティック・ヴォヤッジ

『Vibrations』(1976年)
Ubiquity Vibrationsr

『Lots Of Love』(1983年)
Lots of Love
posted by ez at 03:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする