2020年08月09日

Keleketla!『Keleketla!』

Coldcutの新プロジェクトに世界中の精鋭集結☆Keleketla!『Keleketla!』

発表年:2020年
ez的ジャンル:Ninja Tune系ワールド・プロジェクト
気分は... :世界よ反応せよ!

新作からNinja Tuneを主宰するUKブレイクビーツの先駆デュオColdcut(Jonathan More/Matt Black)による新プロジェクトKeleketla!の第一弾アルバム『Keleketla!』です。

Keleketla!Coldcutと南アフリカのミュージシャンとのコラボレーションから始まったプロジェクトであり、その範囲は国境を越え、ヨハネスブルグから、ロンドン、ラゴス、ロサンゼルス、インドネシアにまで及びます。

プロジェクト名のKeleketlaは、南アフリカ共和国の公用語の1つである北ソト語で"response"を意味します。

アルバム全体としては南アフリカ・ジャズ/アフロビート×UK次世代ジャズ×UKクラブミュージックというアフリカ色の強いフューチャー・ジャズの印象を受けます。

プロデュースはColdcut(Jonathan More/Matt Black)

レコーディングには、Ezra CollectiveのメンバーJoe Armon-Jones(key)、Shabaka Hutchings(sax)、Tenderlonious(fl)、Collocutorのメンバーとしても活動する女性サックス奏者Tamar Osborn(sax)、同じくCollocutorのメンバーであるガーナ出身のAfla Sackey(per)、ジンバブエ出身、現在はロンドンを拠点に活動する女性SSW/マルチ・インストゥルメンタリストEska Mtungwazi(strings)、
最近ではTom Misch & Yussef Dayes『What Kinda Music』に参加していたMiles James(g)、The Jungle Drummer(ds)といったUKミュージシャンの参加が目立ちます。

また、映画『Black Panther』サントラに参加した南アフリカのラッパーYugen Blakrok、ズールーの音楽を基盤に持つ南アフリカの新星ジャズ・ギタリストSibusile Xaba(g)、南アフリカの伝統音楽マロンボの伝説的ギタリストPhilip Tabaneの息子Thabang Tabane(per)、南アフリカのジャズ・シンガーNono Nkoane(vo)、南アフリカはダーバンから生まれた新世代アフロ・ハウス"Gqom (ゴム)"を代表するDJの一人DJ MabhekoTubatsi Moloi(vo、fl)、Gally Ngoveni(b)等の南アフリカ勢の参加がアルバムを特徴づけます。

アフロビート勢からは今年惜しくも逝去したアフロビートのパイオニアの一人Tony Allen(ds)、アフロビートの創始者Fela Kutiに仕えたキーボード奏者Dele Sosimi(key)というアフロビート直系のミュージシャンが参加しています。

USシーンからは、人気男性R&BシンガーAnthony HamiltonFather Amde Hamilton名義)、N.Y.を代表するアフロビート・バンドAntibalas(horns)、ウエストコーストHip-Hopに多大なる影響を与えたL.A.の伝説的な詩人集団The Watts Prophetが参加しています。

それ以外に西パプアの分離・独立を訴える活動家Benny Wendaも参加しています。

UK次世代ジャズ、アフロビート/アフロ・ジャズ好きの人であれば、かなり楽しめる1枚ではないかと思います。

全曲紹介しときやす。

「Future Toyi Toyi」
UKジャズ×アフロビート×南アフリカの新世代アフロ・ハウスGqom (ゴム)のクロスオーヴァー。Tony Allenが叩き出すビートに、UK次世代ジャズを牽引するTenderloniousのフルートが妖しげに響き、さらにGqom (ゴム)の担い手であるDJ Mabhekoが絡み、それらをColdcutのセンスで1つにまとめ上げる、このプロジェクトらしいスケールの大きさを感じるオープニングです。
https://www.youtube.com/watch?v=Oi5r0rxwcFQ

「International Love Affair」
UK次世代ジャズ好きは気に入るであろうアフロ・ジャズ・グルーヴ。Shabaka HutchingsAntibalasが共演したホーン・サウンドは強力です。また、Dele Sosimiのキーボード・ソロも存在感があります。Nono NkoaneとTubatsi Moloiの男女ヴォーカルもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=M_C4ccb3DdY

「Shepherd Song」
四つ打ちハウスとアフロ・ビートを融合させたColdcutらしいクロスオーヴァー感が面白いトラック。実験的ながらもサウンドに温かみがあるのがいいですね。そんな中でJoe Armon-Jonesの正統派ジャズなピアノ・ソロがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=IaNZWAg5ttw

「Freedom Groove」
Anthony Hamilton(Father Amde Hamilton名義)をフィーチャー。The Watts Prophetsも参加しています。重量グルーヴに乗って自由への決意が表明されます。Tamar Osbornにバリトン・サックス・ソロもパンチが効いています。
https://www.youtube.com/watch?v=xox7d75Ysf4

「Crystallise」
Coldcutらしさ全開のトラック。Yugen Blakrokのラップをフィーチャリングし、彼らのブレイクビーツ/ヒップ・ホップ的なセンスをうまくプロジェクトに適用しています。Shabaka Hutchingsも彼らしいサックスで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=bn4582K7rf4

「Broken Light」
タイトなビートのコズミック・ジャズ・ファンク。 Dele Sosimiのキーボードがいい味出しています。
https://www.youtube.com/watch?v=tZcdwulwPFM

「5&1」
開放的なアフロ・ジャズ。南アフリカの新星ジャズ・ギタリストSibusile Xabaがその才能を遺憾なく発揮しています。
https://www.youtube.com/watch?v=tb9Avg9XfYc

「Papua Merdeka」
西パプアの解放を呼びかける電脳アフロ・ビート。ヴォーカルにはBenny Wendaも参加しています。Shabaka Hutchingsのサックス・ソロも自由へのメッセージを後押しします。
https://www.youtube.com/watch?v=i676PJCGgCs

「Swift Gathering」
ラストはEska Mtungwaziによる美しいストリングスを配したインストで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=DBLGa89RBdQ

ご興味がある方は、本作に多大な貢献をしている南アフリカの新星ジャズ・ギタリストSibusile Xabaの最新作『Ngiwu Shwabada』(2020年)あたりをチェックするのも楽しいのでは?

Sibusile Xaba『Ngiwu Shwabada』(2020年)
posted by ez at 01:47| Comment(0) | 2020年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする