2021年04月01日

Joss Stone『Mind, Body & Soul』

オリジナルで勝負の2nd☆『Mind, Body & Soul』

発表年:2004年
ez的ジャンル:UKソウル・ディーヴァ
気分は... :新年度突入!

白人ソウル・ディーヴァJoss Stoneの2ndアルバム『Mind, Body & Soul』(2004年)です。

1987年、UKケント州ドーバー生まれの女性ソウル・シンガーJoss Stoneについて、これまで当ブログで紹介したのは以下の4枚。

 『The Soul Sessions』(2003年)
 『Introducing Joss Stone』(2007年)
 『Colour Me Free』(2009年)
 『The Soul Sessions Vol 2』(2012年)

16歳でリリースされたデビュー・アルバムで『The Soul Sessions』(2003年)で音楽シーンに衝撃を与えたJoss Stone。16歳と思えない早熟&魂のソウルフル・ヴォーカルで聴く者を魅了しました。

その余韻が残るなかでリリースされたのが、2ndアルバム『Mind, Body & Soul』(2004年)です。

前作と同じくS-Curve Recordsからのリリースです。

メイン・プロデュースは前作を手掛けたMike ManginiSteve GreenbergというS-Curve Recordsの主宰者2名とマイアミ・ソウルの女王Betty Wrightという3名。

それ以外にSalaam RemiThe Boilerhouse BoysCommissioner GordonDanny P.Conner ReevesJonathan Shortenがプロデュースしています。

レコーディングにはLittle Beaver(g)、Latimore(p、el-p)、Timmy Thomas(org)、Margaret Reynolds(back vo)といったマイアミ・ソウルでお馴染みの面々をはじめ、Nile Rodgers(g)、The Roots?uestlove(ds)、
Angie Stone(el-p)、JazzyfatnasteesMercedes Martinez/Tracey Moore)(back vo)、
Cindy Blackman(ds)、Angelo Morris(b、g、el-p)、Earl "Chinna" Smith(g)等の多彩なミュージシャンが参加しています。

さらにThom Bellがストリングス&ホーン・アレンジを手掛けています。また、Lamont Dozierがソングライティングを手掛けた楽曲もあります。

ソウル・カヴァー集であった前作『The Soul Sessions』のインパクトが強すぎて、発売当時はオリジナルで勝負した本作『Mind, Body & Soul』には少し物足りなさを感じたりしたものですが、改めて聴いてみるとJoss Stoneという唯一無二の個性を生かした魅力的なソウル・アルバムに仕上がっていると思います。

シングル曲は「You Had Me」「Right To Be Wrong」「Spoiled」「Don't Cha Wanna Ride」の4曲。

それ以外であれば、爽快メロウ・ソウル「Jet Lag」、レゲエ・チューン「Less Is More」、アンプラグド感覚の「Understand」、大人びたミディアム・ソウル「Don't Know How」、キャッチーな「Torn And Tattered」、王道ソウルな「Killing Time」あたりもおススメです。

17歳とは思えない早熟のソウル・ワールドを楽しみましょう

全曲紹介しときやす。 ※国内盤仕様

「Right To Be Wrong」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。アルバムからの2ndシングル。Jossのヴォーカルをしっかりと聴かせるミディアム・ソウル。彼女には70年代テイストのイナたいソウル・サウンドがよく似合います。
https://www.youtube.com/watch?v=xHVSptF3_G8

「Jet Lag」
Betty Wright/Connor Reeves/Jonathan Shorten/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。Jazzyfatnasteesがバック・コーラスで参加しています。僕好みの爽快メロウ・ソウルに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=YV3cj3xojcE

「You Had Me」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。アルバムからの1stシングル。UKチャート第9位のヒットとなった哀愁ダンサブル・チューン。Nile Rodgers参加曲。クラヴィネットとNile Rodgersのギターがリードする70年代ソウル・フィーリングとモダンなダンサブル・サウンドを融合させた1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=opwudiDgv1E

「Spoiled」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。アルバムからの3rdシングル。Lamont Dozierがソングライティングに名を連ね、Thom Bellがストリングス&ホーン・アレンジを手掛け、Latimore(p)、Timmy Thomas(org)がバッキングを務めるという往年のソウル・ファンにはたまらない1曲。派手さはありませんが、Jossの表現力の豊かさが映える素敵なソウル・チューンに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=jSjX9R-gxtU

「Don't Cha Wanna Ride」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。アルバムからの4thシングル。Young-Holt Unlimited「Soulful Strut」ネタがキャッチーなポップ・ソウル調の仕上がり。ただし、こういった楽曲のJossのヴォーカルは甘くなったりしません!あくまでシブくキメてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=crDEzLG63Ds

「Less Is More」
Commissioner Gordon/Betty Wright/プロデュース。レゲエ・シーンで活躍するギタリストEarl "Chinna" Smithの参加が象徴するようにレゲエ・チューンであり、アルバムの中で異彩を放っています。Jossのレゲエ志向は『Water for Your Soul』(2015年)で全開になりますが、それを予感させる1曲に仕上がっています。こうしたレゲエへの傾倒はUKソウル・シンガーらしいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=7Q4C9xK9uxE

「Security」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。哀愁ソウルですが、終盤のア・カペラに近いヴォーカル・ワークが素晴らしい!
https://www.youtube.com/watch?v=YrnZneKNjvA

「Young At Heart」
Betty Wright/Salaam Remiプロデュース。生演奏ながらもSalaam RemiプロデュースらしくHip-Hopテイストのビートが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=C3Rp74NsuRs

「Snakes And Ladders」
Betty Wright/Connor Reeves/Jonathan Shorten/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。早熟のソウル・シンガーぶりを存分に満喫できるビターな哀愁ソウル。
https://www.youtube.com/watch?v=2dwPPAm9opk

「Understand」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。アンプラグド感覚のソウル・チューン。Jossにはこういう演奏がよく似合います。
https://www.youtube.com/watch?v=udQzWSPakIg

「Don't Know How」
Betty Wright/Daniel "Danny P" Pierre/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。Jossの大人びたソウル・ヴァイヴにピッタリのミディアム・ソウル。自然に体を揺らしてしまいます。
https://www.youtube.com/watch?v=HoOr4FpkMpk

「Torn And Tattered」
Betty Wright/Steve Greenberg/The Boilerhouse Boysプロデュース。Jossらしいかどうかは別として、個人的にはアルバムで最もキャッチーな1曲だと思います。『The Soul Sessions』では聴くことができなかった音世界ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=U5Oz83EJyMY

「Killing Time」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。Jossらしい70年代テイストの王道ソウル・チューン。間違いのない1曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=_Evr4bD_PKM

「Sleep Like A Child」
Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。ドラムは?uestlove。Eurythmicsへの楽曲提供等で知られるPatrick Seymourのソングライティングによる哀愁バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=1kGz5w0JD2s

US盤ではラストに隠れトラックとして「Daniel」が収録されていましたが、国内盤では「Daniel」の代わりに以下の2曲が収録されています。

「Holding Out for a Hero」
映画『Footloose』挿入歌であったBonnie Tylerのヒット曲のカヴァー。日本では葛城ユキや麻倉未稀のカヴァーでもお馴染みの曲ですね。Betty Wright/Mike Mangini/Steve Greenbergプロデュース。ここでは多くの人が本曲に対してイメージするダンサブル・サウンドとは大きく異なるカヴァーに仕上がっています。レゲエ×レトロ・ソウルな雰囲気がいい感じです。。
https://www.youtube.com/watch?v=ko-VzSRBVxE

「Dirty Man (live)」
『The Soul Sessions』で歌っていたLaura Leeのカヴァーのライヴ・ヴァージョン。

Joss Stoneの他作品もチェックを!

『The Soul Sessions』(2003年)


『Introducing Joss Stone』(2007年)


『Colour Me Free』(2009年)


『LP1』(2011年)


『The Soul Sessions Vol 2』(2012年)


『Water for Your Soul』(2015年)
posted by ez at 01:54| Comment(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする