2022年06月29日

Vinicius Cantuaria『Amor Brasileiro』

Nana Vasconcelosとの共演。N.Y.での第二弾アルバム☆Vinicius Cantuaria『Amor Brasileiro』

発表年:1998年
ez的ジャンル:N.Y.感覚ブラジル音楽
気分は... :簡にして要を得る・・・

ブラジルの男性シンガー/ギタリスト/ドラマーVinicius Cantuaria『Amor Brasileiro』(1998年)です。

1951年、ブラジル、アマゾナス州マナウス出身、現在はN.Y.在住のVinicius Cantuariaについて、当ブログで紹介したのは以下の5枚。

 『Sol Na Cara』(1996年)
 『Vinicius』(2001年)
 『Silva』(2005年)
 『Samba Carioca』(2010年)
 『Indio De Apartamento』(2012年)

本作は1994年にN.Y.へ移住したViniciusにとって、本作『Amor Brasileiro』(1998年)は『Sol Na Cara』(1996年)に続くN.Y.移住後の第二弾アルバムとなります。

本作の話題は世界的なパーカッショニスト/ビリンバウ奏者Nana Vasconcelosとの共演です。

プロデュースはVinicius Cantuaria自身とNana VasconcelosおよびSoli

レコーディング・メンバーはVinicius Cantuaria(g、vo、per)、Arto Lindsay(g)、Nana Vasconcelos(per)、Michael Leonhart(tp)。

アルバム全体はシンプルな演奏とViniciusの囁きヴォーカルによるビター・スウィートなブラジリアン・メロウです。

カヴァー6曲、オリジナル4曲の構成ですが、どの演奏もViniciusらしい引き算の美学を感じられるのがいいですね。

猛暑が続きますが、心のクールダウンにピッタリのブラジル作品です。

全曲紹介しときやす。

「Quem Te Viu, Quem Te Ve」
Chico Buarqueの名曲をカヴァー。当ブログではNara LeaoSonia RosaSylvia VrethammarBeto Calettiヴァージョンも紹介済みです。クールなジャズ・サンバですが、エレクトリック・ギターのアクセントがN.Y.レコーディングらしいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=k_y5QCFEe14

「O Batuque」
Vinicius Cantuaria/Nana Vasconcelos作。『Cymbals』(2007年)でも本曲を取り上げています。Nana Vasconcelosとの共演らしいパーカッシヴなアフロ・サンバ調の仕上がり。生命の鼓動を感じます。

「O Barquinho」
Roberto Menescal/Ronaldo Boscoli作の名曲「小舟」をカヴァー。『Horse and Fish』(2004年)でも本曲を取り上げています。名曲をサウダージな哀愁メロウで聴かせてくれます。Michael Leonhartのトランペットが雰囲気を盛り上げてくれます。

本曲について、当ブログではElis Regina『Elis, Como e Porque(Como & Porque)』『Elis Regina in London』『Aquarela Do Brasil』収録の3ヴァージョンやO QuartetoStacey KentTamba TrioHerbie Mann & Tamiko JonesMaysaのカヴァーを紹介済みです。

「Procissao」
Gilberto Gil作。作者Gilberto Gilのヴァージョンは『Louvacao』(1967年)および『Gilberto Gil(邦題:日曜日の公園で)』(1968年)に収録されています。Viniciusは『Horse and Fish』(2004年)でも本曲を取り上げています。余白をうまく使った土着ムードのアフロ・ブラジリアンに仕上がっています。この味わい好きです。

「So Danco Samba」
Antonio Carlos Jobim/Vinicius de Moraes作。お馴染みの名曲をカヴァー。『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』(2015年)でも本曲を取り上げています。ビター・スウィートな「So Danco Samba」で楽しませてくれます。この演奏にも引き算の美学を感じます。Michael Leonhartのトランペットもシブいです。

本曲について、当ブログではSergio Mendes & Brasil'66Wanda Sa(Wanda De Sah)Roberto MenescalGimmicksJazzlife SextetStan Getz & Luiz BonfaPeter FesslerTill BronnerA TresCharlie ByrdSergio MendesTamba TrioClare FischerBruno Battisti D'AmarioJoyce & Toninho Hortaのカヴァーを紹介済みです。

「Sao Joao Xango Menino」
Gilberto Gil/Caetano Veloso作。Caetano/Gal/Gil/Bethaniaによるオリジナルは『Doces Barbaros』(1976年)に収録されています。当ブログではMaria De Fatimaのカヴァーも紹介済みです。Nana Vasconcelosの叩くリズムが腹に響く、ミステリアスなアフロ・ブラジリアンに仕上がっています。

「Labrea」
Vinicius Cantuaria作。シブ〜いボッサ・チューン。派手さはありませんが、さりげない魅力があります。

「Amor Brasileiro」
Vinicius Cantuaria作。Viniciusの華麗なギター・プレイを満喫できるタイトル曲。『Tucuma』にも別ヴァージョンが収録されています。シンプルかつ幻想的なアコースティック・メロウの本ヴァージョンはかなり僕好み。

「Cliche Do Cliche」
Vinicius Cantuaria/Gilberto Gil作。Gilberto Gilとの共作。Gilberto Gilのオリジナルは『Dia Dorim Noite Neon』(1985年)に収録されています。Viniciusは『Nu Brasil』(1986年)、『Vinicius』(2001年)でも本曲を取り上げています。さり気ないですが、クールに疾走する素敵な哀愁メロウに仕上がっています。

「Minha Geisha」
Vinicius Cantuaria/Arto Lindsay作。作者Arto Lindsayもギターで参加。ノイジー&アヴァンギャルドなアクセントでN.Y.レコーディングらしさを感じさせます。

他のVinicius Cantuaria作品もチェックしてみて下さい。

『Vinícius Cantuaria/Gavea de manha』(1982/83年) ※2in1CD


『Siga-me』(1985年)


『Sol Na Cara』(1996年)
Sol Na Cara

『Tucuma』(1999年)
トゥクマ

『Vinicius』(2001年)
Vinicius

『Horse and Fish』(2004年)
Horses & Fish

『Silva』(2005年)
Silva

『Cymbals』(2007年)
Cymbals

『Samba Carioca』(2010年)
サンバ・カリオカ

Vinícius Cantuaria & Bill Frisell『Lagrimas Mexicanas』(2011年)


『Indio De Apartamento』(2012年)
アパート暮らしのインヂオ(Indio de apartamento)

Ricardo Silveira & Vinícius Cantuaria『RSVC』(2013年)


『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』(2015年)


Jesse Harris & Vinícius Cantuaria『Surpresa』(2021年)
posted by ez at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする