2011年08月27日

Mackey Feary Band『From The Heart』

ハワイアンAORの最高峰!遂に単独CD化が実現!☆Mackey Feary Band『From The Heart』
フロム・ザ・ハート
発表年:1979年
ez的ジャンル:ハワイアンAOR
気分は... :哀愁メロウがたまりません!

今回は遂に単独CD化が実現したハワイアンAORのの最高峰!Macky Feary Bandの2ndアルバム『From The Heart』(1979年)です。

元祖サーフロック・グループKalapanaの中心メンバーでもあったMacky Feary(1955-1999年)について、当ブログでは以下の3枚のアルバムを紹介済みです。

 Kalapana『Kalapana』(1975年)
 Macky Feary Band『Macky Feary Band』(1978年)
 Mackey Feary & Nite Life『Mackey Feary & Nite Life』(1983年)

Kalapana脱退後に結成したMacky Feary Bandについては、どうしても「A Million Stars」「You're Young」というフリーソウル・クラシック2曲を収録した1st『Macky Feary Band』(1978年)の印象が強いですが、今回は初の単独CD化が実現した2nd『From The Heart』(1979年)もMacky Fearyらしいメロウな魅力を満喫できる1枚です。

本作におけるメンバーはMacky Feary(vo、g)、Beau Evans(g)、Gaylord Holomalia(key)、Kevin Daley(ds)の4名。前作『Macky Feary Band』からDavid Yoshiteruが抜け、Beau Evansが新たにバンドへ加入しています。

僕の場合、1st『Macky Feary Band』、2nd『From The Heart』からセレクトしたベスト盤『Black & Whaite』を所有しており、『From The Heart』も半分の音源はありましたが、やはりオリジナル・アルバムのジャケが手元にあると嬉しいですね。

1st『Macky Feary Band』と比較すると、少し落ち着いた印象のアルバムかもしれません。フリーソウルというよりは哀愁メロウなAORといった雰囲気ですね。

楽曲は全てMacky Fearyのオリジナルです(メンバーとの共作含む)。

Macky Fearyらしい甘く切ないヴォーカルを満喫しましょう!

全曲紹介しときやす。

「It's Okay」
アルバムで一番のお気に入り。サマー・ブリースな軽快メロウ・グルーヴを満喫できます。つかみはOK!といったところでしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=C5hJl_E-5A8

「I'm Calling You」
Macky Fearyの甘く切ないヴォーカルに魅了されるバラード。過ぎ去った夏の思い出を懐かしむかのような雰囲気にグッときます。
http://www.youtube.com/watch?v=YhXJ9EBzY00

「Sunday Evenings」
サンセット・モードのアコースティック・バラード。ハワイアンAORらしいメロウネスがいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=c4IzWbA7UZ0

「Island Smile」
アイランド・フュージョンといった雰囲気のインスト。
http://www.youtube.com/watch?v=Y6mO06e-6Sw

「Still There With You」
しっとりとしたアコースティック・バラード。ストリングスも盛り上げてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=HaCEiUP-x-g

「Play The Game」
この曲も大好き!ハワイというよりLAウエストコースト・ロックといった雰囲気の曲ですがいい感じです。

「Summers End」
大人の哀愁メロウといった雰囲気のAORチューン。Macky Fearyらしい甘く切ないヴォーカルを満喫できます。
http://www.youtube.com/watch?v=0ImR9QpEiUg

「I Don't Believe」
1stの人気曲「You're Young」の別ヴァージョンといった雰囲気の美しいバラード。素敵なサックスも盛り上げてくれます。

「You Just Won't Write」
ドラマティックなバラード。Mackyが哀愁を帯びたヴォーカルで歌い上げます。

「Goodbye Friends」
哀愁のメロディにグッとくるアコースティック・バラード。シンセでアクセントをつけています。

「Jello」
ラストはロッキン&フュージョンなインスト・チューン。

Macky Feary関連の過去記事もご参照下さい。

Kalapana『Kalapana』(1975年)
カラパナI(K2HD/紙ジャケット仕様)

Macky Feary Band『Macky Feary Band』(1978年)
マッキー・フェアリー・バンド

Mackey Feary & Nite Life『Mackey Feary & Nite Life』(1983年)
Mackey Feary & Nite Life
posted by ez at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック