2015年04月30日

Donnie『The Colored Section』

感動的かつスケール感の大きい男性ネオソウル作品☆Donnie『The Colored Section』
Colored Section
発表年:2002年
ez的ジャンル:男性ネオソウル
気分は... :このスケール感は魅力!

今回は男性ネオソウル作品からDonnie『The Colored Section』(2002年)です。

Donnie(Donnie Johnson)は1975年ケンタッキー州レキシントン生まれ、ジョージア州アトランタ育ちの男性R&Bシンガー/ソングライター。

Giant Step Recordsとの契約に成功し、2001年にリリースした「Holiday」「Do You Know?」「Excerpts From The Colored Section」といったシングル/EPがクラブ方面で注目を浴びます。その勢いでリリースされたのが1stアルバムとなる本作『The Colored Section』(2002年)です。その内容の充実ぶりに翌年Motownから再リリースされています。

その後しばしのブランクを挟み、2007年に2ndアルバム『The Daily News』をリリースしています。

本作『The Colored Section』(2002年)は、Musiq SoulchildFrank McComb等に通じる正統派ネオソウルらしいアルバムです。

ソウル、ゴスペル、ブルース、ジャズといった黒人音楽の伝統を意識する一方で、同じアトランタを拠点とするKhari Simmonsあたりに通じるクロスオーヴァー感覚のサウンドや、I.G. CultureKaidi TathamBugz In The Attic2000Black等)を招き、西ロンドンを意識したダンス・サウンドを聴かせてくれる点も本作の魅力です。

メイン・プロデューサーはSteve 'The Scotsman' Harvey。彼の巧みな音創りがゴスペル仕込みのDonnieのヴォーカルの魅力を最大限引き出しています。

レコーディングにはBobby Watson(元Rufus & Chaka Khan)(b)、Al McKay(元EW&F)(g)、Hator Pereria(元Simply Red)(g)、Wayne Linsey(元Maze)(p、syn)Billy Preston(org)といった名うてのベテラン・ミュージシャンも参加しています。

アルバムを聴き終わった後に、Stevie Wonderの三部作を聴き終えた時のような余韻に浸れる感動的な1枚です。

時代に関係なく、長く愛聴できる、スケールが大きく、完成度も高いネオソウル作品だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Welcome To The Colored Section」
土着的なリズムをバックに、魂のヴォーカルを聴かせるアルバムのプロローグ。
https://www.youtube.com/watch?v=5Osn43oWZgc

「Beautiful Me」
Mel 'Melodramatic' Johnsonプロデュース。ネオソウルらしいミディアムですが、一ひねりあるサウンドが興味深いです。
https://www.youtube.com/watch?v=MNmuu3YsfqM

「Cloud 9」
Stevie Wonder調の本曲も人気の高い1曲なのでは?Donnieのソウル・フィーリングがよく伝わってきます。
https://www.youtube.com/watch?v=oNFx2cpihdM

「People Person」
Al McKayのファンキー・ギターが印象的な本曲もStevieからの影響を感じます。実に雰囲気があっていいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=SDWWMHII-tM

「Big Black Buck」
クラリネットやトロンボーンでノスタルジックなジャズ・サウンドを演出した1曲。リラックスした雰囲気がいいです。
https://www.youtube.com/watch?v=zeYUxlZQHuw

「Wildlife」
小粋なヴォーカル・ワークが印象的なブルージー・ジャジー・ソウル。
https://www.youtube.com/watch?v=5y30Jv4jI60

「Do You Know?」
Donnieの名を世に知らしめたジャンルの枠を超えたメロウ・ボッサ・ソウル。Hator PereriaのギターとLouis Van Taylor Jr.のフルートが先導するメロウなボッサ・サウンドにのって、Donnieが爽快ソウル・ヴォーカルで魅了します。
https://www.youtube.com/watch?v=mvu6LD6N-eA

「Turn Around」
Steve Harveyが生み出すサウンドとDonnieの素晴らしいヴォーカル・ワークが見事にハマった感動的な仕上がり。Stevie Wonderの三部作を聴いている時と同じような感動があります。
https://www.youtube.com/watch?v=AMoAxF77nvM

「You Got A Friend」
Carole Kingの名曲「You've Got a Friend」と混同しそうですがオリジナル曲です。Stevieの「My Cherie Amour」あたりと同じ雰囲気を感じるボッサ・ソウルです。
https://www.youtube.com/watch?v=JUrgCpqzMFg

「Heaven Sent」
さり気ないですが、ジワジワと感動で心が充ちてくる素敵なミディアム。Natalie Jacksonの女性バック・コーラスもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=hPRJCYSmru4

「Rocketship」
Justin Ellingtonプロデュース。浮遊感のあるメロウ・サウンドと温もりのあるDonnieのヴォーカルがよくマッチしています。
https://www.youtube.com/watch?v=7Y9aXsAUilw

「Masterplan」
I.G. Cultureプロデュース、Kaidi Tatham参加曲。西ロンドン色を前面に打ち出したフューチャー感覚の本曲はアルバムの中でも異色ですが、僕は支持します。何より、こういったサウンドも視野に入れているDonnieのセンスが嬉しいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=2cKdUQY33pU

「Our New National Anthem」
Justin Ellingtonプロデュース。小粋なソウル・フィーリングが心憎いですね。Donnieのヴォーカルの魅力を再確認できる1曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=FsLuLYKL-nc

「The Colored Section」
ラストは美しいバラードのタイトル曲で締め括ってくれます。Wayne Linseyの美しいピアノやBilly Prestonのハモンドをバックに、ゴスペル仕込みのヴォーカルで感動的に歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=5Osn43oWZgc

『The Daily News』(2007年)
The Daily News
posted by ez at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドニーは現在アルバム制作中。ダズアイキューも制作に関わってるようです。
Posted by 千葉ジャズマッシブ at 2015年05月01日 22:58
☆千葉ジャズマッシブさん

寡作タイプの人なので、焦らず待ちましょう。
Posted by ez at 2015年05月04日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック