2015年05月05日

New Horizons『Something New/Gonna Have Big Fun』

Zapp/Roger全面バックアップのヴォーカル・グループ☆New Horizons『Something New/Gonna Have Big Fun』
Something New / Gonna Have Big Fun
発表年:1983/1984年
ez的ジャンル:Zapp/Roger系ヴォーカル・グループ
気分は... :GWなので特別です・・・

今回はZapp/Rogerファミリーのヴォーカル・グループNew Horizonsの1stアルバムと2ndアルバムの2in1CD『Something New/Gonna Have Big Fun』(1983/1984年)です。

本来は2in1CDは扱いたくないのですが、この形式でしかCD化されておらず、GWということも手伝い2枚まとめて取り上げることにしました。

New Horizonsはオハイオ州デイトンで結成されたヴォーカル・グループ。メンバーはMark ThomasBart ThomasArt ThomasVarges ThomasTim Abramsという4兄弟と従兄弟の5組。

同郷の先輩Roger Troutmanのプロデュースにより、『Something New』(1983年)、『Gonna Have Big Fun』(1984年)という2枚のアルバムをリリースしています。

2枚のうち、僕が特に気に入っているのは1stの『Something New』(1983年)です。

Zapp/Roger名義以外のZappファミリー作品群の中で、最もZapp/Roger色が強いのが『Something New』(1983年)だと思います。

Roger Troutmanをはじめ、Zappファミリーのミュージシャンが全面バックアップし、楽曲もすべてRoger Troutman/Larry Troutmanの作品です。

アルバム全体はマイルドになったZapp/Rogerといった雰囲気でZapp/Roger好きの人は思わずニンマリする曲がズラリと並びます。

一方、2nd『Gonna Have Big Fun』(1984年)もRoger Troutmanプロデュース、Zappファミリー参加ですが、メンバー自身がソングライティングや演奏に関与するようになった分、1stほどモロにZapp/Rogerという雰囲気ではあなく、その分少しインパクトが弱いかも?

いずれにしてもZapp/Roger好きならば要チェックの1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

まずは『Something New』(1983年)の6曲から・・・

「Your Thing Is Your Thing」
オススメその1。シングルにもなった100%Zappな重量ファンク・チューン。Zapp/Rogerならば大満足な仕上り。あえて言うならば、トークボックス入りにしたくなりますね。Hi-C「Leave My Curl Alone」のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=SYSNUamWzXA

「I Can't Tell You」
オススメその2。ヴォーカル・グループらしいメロウ・バラード。それでも曲調はあくまでZapp/Rogerテイストです。
https://www.youtube.com/watch?v=AOtqnnDpXmc

「Something New」
オススメその3。タイトル曲もシングルになりました。キャッチーなファンク・グルーヴはNew HorizonsらしさとZapp/Rogerサウンドが上手く融合していると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=YN4B0NO0EEU

「County Line」
Zapp/Rogerをひと回りコンパクトにしたような印象のファンク・チューン。Roger Troutmanらしいギター・サウンドも堪能できます。
https://www.youtube.com/watch?v=Le80rT42QCk

「Reaching For New Horizons」
Zapp/Roger作品でも、アルバムのアクセントに使われるパターンの曲調ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=RFTPGwxAR_c

「Your Thing (rap)」
「Your Thing Is Your Thing」のラップ・ヴァージョンといった感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=pbkW-db9omY

ここまでが『Something New』です。
ここから『Gonna Have Big Fun』(1984年)の8曲です。

「Big Fun」
ダイナミックなホーン・サウンドも取り入れた軽快なファンク・チューンですが、Zapp/Rogerな雰囲気はあまり感じません。
https://www.youtube.com/watch?v=7Hkwe8yXhyA

「Searching For That Lady」
哀愁のメロディが印象的です。このグループらしいメロウな味わいを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=_RWD7D3Ff9Q

「Love To Spend The Night」
ヴォーカル・グループとしての実力を示すメロウ・バラード。

「Get Ready, Let's Party」
オススメその4。シングルにもなった楽曲。本作で最もZapp/Roger色が強いメロウ・ファンク・チューン。個人的にも2ndではコレが一番好き。
https://www.youtube.com/watch?v=1gCtusHEtRM

「Dance Frite」
Zapp/Roger調のようで、ビミョーにそうではない感じが面白いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=qXOh61OCHM4

「No One Ever Will」
Roger Troutmanの息子Lynchのアルバム『A Pinch Of Lynch』でも取り上げれていたメロウ&ビューティフルなラブソング。個人的にはLynchが大好きだったので、それと比較すると少し落ちるかも?
https://www.youtube.com/watch?v=kLOcXVbVdu4

Lynch「No One Ever Will」
 https://www.youtube.com/watch?v=nvDlR0DD-iQ

「U Can Do (Watcha Wanna)」
Zapp/Rogerサウンドを踏まえて、New Horizonsとしての色を出そうとしている感じが伝わってきます。
https://www.youtube.com/watch?v=qS_DcU0vaPA

「I See You There」
オススメその5。ラストは素敵なコーラスワークのメロウ・バラードで締め括ってくれます。個人的には、こういったヴォーカル・グループらしい曲をもっと多く入れても良かったような気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=LIvbiiG2gbM

Zapp/Roger作品の過去記事もご参照下さい。

Zapp『Zapp II』(1982年)
Zapp II

Zapp『Zapp III』(1983年)
Zapp III

Zapp『The New Zapp IV U』(1985年)
The New Zapp IV U

Roger『The Many Facets of Roger』(1981年)
The Many Facets of Roger

Roger『The Saga Continues...』(1984年)
The Saga Continues

Roger『Unlimited!』(1987年)
Unlimited!

Roger『Bridging The Gap』(1991年)
Bridging the Gap
posted by ez at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック