2016年03月30日

Dorothy Ashby『Afro-Harping』

ジャズ・ハープのパイオニア、人気のCadet三部作第1弾☆Dorothy Ashby『Afro-Harping』
Afro-Harping (Dig)
発表年:1968年
ez的ジャンル:ジャズ・ハープのパイオニア
気分は... :ジャズ・ハープのストレンジな世界・・・

ジャズ・ハープのパイオニアDorothy Ashbyによるストレンジ・ジャズ作品『Afro-Harping』(1968年)です。

ミシガン州デトロイト出身のジャズ・ハープ奏者Dorothy Ashby(1930-1986年)の紹介は、『Dorothy's Harp』(1969年)に続き2回目となります。

本作『Afro-Harping』(1968年)は、『Dorothy's Harp』(1969年)、『The Rubaiyat of Dorothy Ashby』(1970年)と並ぶCadet三部作としてレア・グルーヴ方面で人気の1枚です。

Cadet三部作はプロデューサー/アレンジャーのRichard Evansとタッグを組み、ジャズ・ハープの未知の魅力や底知れぬ可能性を示した1枚です。

『Afro-Harping』というアルバム・タイトルに象徴されるように、トライバルなリズムとハープの響きの組み合わせが印象的な1枚です。

そんなサウンドを満喫できるのが「Life Has Its Trials」「The Look Of Love」の2曲です。サイケ&エスニックな「Soul Vibrations」も本作らしい演奏です。

それ以外にヒップなモッド・ジャズ「Afro-Harping」、ポップな魅力に溢れた「Theme From 'Valley Of The Dolls'」、哀愁のメロディがたまらない「Come Live With Me」、ボッサ・ジャズな「Games」「Lonely Girl」、ジャズ名曲のグッド・カヴァー「Little Sunflower」などオススメの演奏が満載です。

また、「Come Live With Me」は定番サンプリング・ソースとしても大人気です。それ以外に「Soul Vibrations」「Games」「The Look Of Love」もサンプリング・ソースになっています。

魅惑のジャズ・ハープの世界を楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Soul Vibrations」
Richard Evans作。サイケ&エスニックな雰囲気が妖しげなストレンジ・ジャズ。サイケ・イメージのジャケをそのまま音にしたような感じですね。
https://www.youtube.com/watch?v=CtUYuTiWuSs

GZA「Killah Hills 10304」、Aceyalone「The Energy」 、All Natural feat. Daily Plannet & Mr. Greenweedz「Cashin' the Checks」、Die Beleidiger「Ichhoch4」のサンプリング・ソースになっています。
GZA「Killah Hills 10304」
 https://www.youtube.com/watch?v=JtAUt_V52HQ
All Natural feat. Daily Plannet & Mr. Greenweedz「Cashin' the Checks」
 https://www.youtube.com/watch?v=Ojos0Ak5d8w
Die Beleidiger「Ichhoch4」
 https://www.youtube.com/watch?v=k1KsK9PEO5I

「Games」
Dorothy Ashby作。ボッサ・ジャズ・テイストの仕上がり。ボッサ・リズム、ハープの響き、オーケストレーションがよく調和しています。
https://www.youtube.com/watch?v=FKAU1Aaa5go

Pete Rock「What You Waiting For」、K-Otix feat. Dekay「Looking Glass」のサンプリング・ソースになっています。
Pete Rock「What You Waiting For」
 https://www.youtube.com/watch?v=xykdN4KPXLc
K-Otix feat. Dekay「Looking Glass」
 https://www.youtube.com/watch?v=TJkX6-y_cN8

「Action Line」
Dorothy Ashby作。軽やかな雰囲気でハープらしい美しい調べを楽しめます。ハープとヴァイヴの組み合わせもグッド!ジャズ・ハープらしい演奏といえるのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=8augDxRC_5A

「Lonely Girl」
Jay Livingston & Raymond Evans/Neal Hefti作。Neal Hefti Chorus & Orchestra、1966年のシングル曲をカヴァー。エレガントなラウンジ・ボッサ風の仕上がりです。美しくも少し寂しげな感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=4uQfEEUyiSU

Big Sean「Sierra Leone」のサンプリング・ソースになっています。
Big Sean「Sierra Leone」
 https://www.youtube.com/watch?v=pqoGZrA-iWI

「Life Has Its Trials」
Dorothy Ashby作。トライバルなリズムと妖しげなハープやフルートの響きの組み合わせがいいですね。本作らしいストレンジ・ジャズを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=0ECQCpt8BGw

「Afro-Harping」
Dorothy Ashby/Phil Upchurch作。ビートの効いたヒップなモッド・ジャズ調の仕上がり。スウィンギング・ロンドンのジャズ・ハープ版みたいな格好良さがあります。もっと長尺で聴きたい演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=-GFAs29DR-A

「Little Sunflower」
Freddie Hubbard作の名曲をカヴァー。オリジナルは当ブログでも紹介した『Backlash』に収録されています。Al Jarreauのヴォーカルをフィーチャーした『Love Connection』(1979年)収録ヴァージョンも有名ですね。当ブログではJerker Kluge's Deep JazzThe Jazzinvaders Featuring Dr. Lonnie SmithThe Louis Hayes Groupのカヴァーも紹介済みです。このジャズ名曲を用いて、ジャズ・ハープの魅力を存分に伝えてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=PDxFGzzYbuo

「Theme From 'Valley Of The Dolls'」
Andre Previn作。映画『Valley Of The Dolls』(1967年)のテーマ曲をカヴァー。同年に大ヒットしたDionne Warwickヴァージョンでもお馴染みの曲です。アルバムの中でも最もポップな魅力に溢れた演奏です。ハープならではの美しい響きを最大限に活かしたエレガントなサウンドに魅了されます。
https://www.youtube.com/watch?v=9isrsJX4eDQ

「Come Live With Me」
Andre Previn作。前曲に続き、映画『Valley Of The Dolls』サントラ曲のカヴァーです。哀愁のメロディをハープならではの味わいで奏でます。甘く切ない雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=_kdmVVQg7Bs

この演奏は定番サンプリング・ソースとしてもお馴染みです。Pete Rock & C.L. Smooth「For Pete's Sake」、K-Otix「Harlots」、J-Love & Large Professor「Cool」、Amerie「Why Don't We Fall in Love (9th Wonder Remix)」、Angie Stone「Come Home (Live With Me)」、Kinny & Horne「Dignity」、Flying Lotus「Dirty Chopsticks」、Black Milk & Fat Ray「Welcome 2 the District」、Random「The Opening Movement (Focused)」、Fineprint「Ashby」、Jill Scott「Blessed」、Blu「The Clean Hand」、POE (Hip-Hop)「Nie Szpan a Szacunek」、Nitty Scott, MC feat. Kendrick Lamar「Flower Child」、Bluestaeb「Cookie Monster Dreams」、Wiz Khalifa「Samo」、Agallah feat. Mad Lion「Reppin in Paradise」等ののサンプリング・ソースになっています。

これらサンプリング曲をセットで聴くことで、この演奏の魅力をさらに実感できると思います。
Pete Rock & C.L. Smooth「For Pete's Sake」
 https://www.youtube.com/watch?v=oWeppszdgSo
K-Otix「Harlots」
 https://www.youtube.com/watch?v=M-B942bJUng
J-Love & Large Professor「Cool」
 https://www.youtube.com/watch?v=19TynrJioIg
Amerie「Why Don't We Fall in Love (9th Wonder Remix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=asIV-aUQmBQ
Angie Stone「Come Home (Live With Me)」
 https://www.youtube.com/watch?v=BPh6Vw3L09I
Kinny & Horne「Dignity」
 https://www.youtube.com/watch?v=xpWNopP6y8M
Flying Lotus「Dirty Chopsticks」
 https://www.youtube.com/watch?v=luH-tUwc970
Black Milk & Fat Ray「Welcome 2 the District」
 https://www.youtube.com/watch?v=yiK8l2nEdVE
Fineprint「Ashby」
 https://www.youtube.com/watch?v=oi7MMrgUSXQ
Jill Scott「Blessed」
 https://www.youtube.com/watch?v=jXeXV0vgrtY
Blu「The Clean Hand」
 https://www.youtube.com/watch?v=4w-njkWxIV0
POE (Hip-Hop)「Nie Szpan a Szacunek」
 https://www.youtube.com/watch?v=m31vphvUolU
Nitty Scott, MC feat. Kendrick Lamar「Flower Child」
 https://www.youtube.com/watch?v=46j_q1Wr0jY
Bluestaeb「Cookie Monster Dreams」
 https://www.youtube.com/watch?v=eGKExNta1uw
Wiz Khalifa「Samo」
 https://www.youtube.com/watch?v=v1RxgzUnRq8

「The Look Of Love」
Dusty Springfieldのヒットでお馴染みのBurt Bacharach/Hal David作品(映画007シリーズ『Casino Royal』の主題歌)のカヴァー。当ブログではDelfonicsGimmicksChristopher ScottCharles HullVoices In Latinのカヴァーも紹介済みです。トライバル・リズム、アナログ・シンセとハープの組み合わせは実にコズミックです。
https://www.youtube.com/watch?v=k4vpiqKjLc8

The Bas Lexter Ensample「The Champions」のサンプリング・ソースとなっています。
The Bas Lexter Ensample「The Champions」
 https://www.youtube.com/watch?v=AzV22tcz1tM

Dorothy Ashbyの他作品もチェックを!

『The Jazz Harpist』(1957年)
Jazz Harpist

『In a Minor Groove』(1958年)
In a Minor Groove

『Dorothy's Harp』(1969年)
ドロシーズ・ハープ

『The Rubaiyat of Dorothy Ashby』(1970年)
Rubaiyat Of Dorothy Ashby
posted by ez at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック