2018年05月12日

United Soul『Reservations』

ネオフィリーの兄弟デュオ☆United Soul『Reservations』
Reservations
発表年:2005年
ez的ジャンル:ネオフィリー系兄弟R&Bデュオ
気分は... :Now What?

今回は2000年代R&BからUnited Soul『Reservations』(2005年)です。

United Soulはフィラデルフィアを拠点とするJoshuaAzizCollins兄弟による男性R&Bデュオ。

United Soul名義で今回紹介するアルバム『Reservations』(2005年)をリリース後、グループ名をU.Cityへ改名し、U.City名義でアルバム『The Fall』(2009年)をリリースしています。

当ブログで紹介した作品でいえば、Kindred The Family Soul『The Arrival』(2008年)収録の「Hey」にソングライティングで参加しています。
Kindred The Family Soul「Hey」
 https://www.youtube.com/watch?v=Iml1u3dgJ60

さらに、Kindred The Family Soulも所属していたHidden Beach Recordingsのコンピ・アルバム『Hidden Hits Vol. 1』(2003年)で本作にも収録の「He Don't」が取り上げられています。

さて、本作『Reservations』(2005年)ですが、当時のネオフィリー作品がお好きな人であれば、気に入るであろう1枚に仕上がっています。

メイン・プロデューサーはKindred The Family SoulJill Scott等を手掛けたAnthony "Ant" Bell
それ以外にRonald "P-Nut" FrostKenwoodClay Sears等がプロデュースを手掛けています。

The Foreign ExchangePhonte ColemanThe Foreign ExchangeファミリーのYahzarahDarien Brockingtonがゲスト参加しています。

ミディアム中心の構成ですが、兄弟ディオらしい息の合ったヴォーカルワークと、実に雰囲気のある歌い回しで聴く者を魅了します。

特に、The Foreign Exchange好きの僕にとっては、Yahzarah & Phonteをフィーチャーした「Soul Clap」、Darien Brockingtonをフィーチャーした「Good Days」の2曲にグッときます。

楽曲はすべて兄弟のオリジナルです(共作含む)。

全曲紹介しときやす。

「U.S Intro」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。短いイントロですが期待が膨らむメロウな仕上がり。

「Best Of Me」
Ronald "P-Nut" Frostプロデュース。彼らが正統派ユニットであることを実感できるソウルマナーなミディアム。

「Reservations」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。タイトル曲はこの頃のネオ・フィリー好きの人であれば、気に入るであろう雰囲気のあるミディアム・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=g85hQylTer4

「Sleeve」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。哀愁メロディを色気のあるヴォーカルで切なく歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=E_l2U_oLyCI

「Karma」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。ダンサブルなミディアム・グルーヴ。派手さはありませんが、センス良く仕上がっています。

「Good Days」
Darien Brockingtonをフィーチャー。ネオ・ソウルらしい歌いまわし、グルーヴがグッドなミディアム。
https://www.youtube.com/watch?v=CFKP5Q0yZvQ

「I Believe」
Kenwoodプロデュース。男性ネオソウルらしい格好良さにグッときます。兄弟デュオらしい息の合ったヴォーカルワークもグッド!

「You I We」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。70年代ソウル・マナーをネオソウルに昇華させた感じが僕好みです。
https://www.youtube.com/watch?v=wML0XkM8Njc

「Then There Was Her」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。歌い回しやヴォーカルワークの巧みさを感じる素敵なミディアム・バラード。

「Soul Clap」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。Yahzarah & Phonteをフィーチャー。本作の核となる1曲。The Foreign Exchange好きの人は気に入るであろう1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=aO94pxxxvTE

「Light A Candle」
Anthony "Ant" Bellプロデュース。オーセンティックな良さが光るビューティフル・バラード。切ない感じがたまりません。

「He Don't」
Clay Searsプロデュース。前述のように『Hidden Hits Vol. 1』(2003年)でもセレクトされた1曲です。この本格派デュオの魅力が伝わってくるミディアムに仕上がっています。

「Soul Clap Rmx」
ラストは「Soul Clap」のリミックス。DP(Daily Planet), Jean Grae & Phonteをフィーチャー。ラップを前面に打ち出した仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=6r8m1IX0jvY

U.City『The Fall』(2009年)
Fall
posted by ez at 04:39| Comment(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]