2019年01月05日

Frank McComb『The Truth Vol.2』

未発表作品集とは思えないクオリティ☆Frank McComb『The Truth Vol.2』
TRUTH VOL.2
発表年:2006年
ez的ジャンル:ジェントル系男性ソウル・シンガー
気分は... :不遇にめげず・・・

今回は"21世紀のDonny Hathaway"と称される男性ソウル・シンガーFrank McComb『The Truth Vol.2』(2006年)です。

"21世紀のDonny Hathaway"として日本でも根強い人気を誇るFrank McCombの紹介に関して、これまで当ブログで紹介した作品は以下の3枚。

 『The Truth』(2003年)
 『Straight From The Vault(Special Edition)』(2006年)
 『A New Beginning』(2011年)

『The Truth』(2003年)で日本のR&B/ソウル・ファンを虜にしたFrank McComb

本作『The Truth Vol.2』(2006年)は、その『The Truth』(2003年)の続編となります。

なんて書きましたが、結局、『The Truth』(2003年)や本作『The Truth Vol.2』(2006年)は、お蔵入りになっていた楽曲群を本人の意思に関係なくリリースした未発表作品集です。

そのため、本作『The Truth Vol.2』(2006年)は、同時期にリリースされた『The 1995 Bootleg』(2006年)と内容が重複している部分があるので注意してください。

それでも、素晴らしい内容のアルバムに仕上がっているのがFrank McCombというアーティストの凄さかもしれませんね。

プロデュースはSteve Harvey

レコーディングにはFrank McComb(key、vo)以下、Sekou Bunch(b)、Freddie Washington(b)、元Rufus & Chaka KhanBobby Watson(b)、Steve Harvey(ds、per)、Harvey Mason(ds)、Doc Powell(g)、Tony Maiden(g)、Jimi Macon(g)、Billy Preston(org)、Paulinho Da Costa(per)、Jerry Hey(horns)、Derek Watkins(sax)、Branford Marsalis(sax)、Louis Van Taylor(sax)、Lynn Davis(back vo)等が参加しています。

"21世紀のDonny Hathaway"と称されるMcCombですが、個人的にはStevie Wonder的な部分にも惹かれます。

そのStevie Wonderのカヴァー「Golden Lady」をはじめ、
「Only In My Dreams」「Somebody Like You」「Do You Remember」といったStevieライクな楽曲が僕のお気に入りです。

それ以外に「More Than Friends」「Labelled As Love」といったジェントルな魅力に溢れたバラードもおススメです。

ちなみに国内盤はジャケが異なるのでご注意を!

『The Truth Vol. 2 aka Motown Sessions』(2007年)※国内盤
ザ・トゥルース aka モータウン・セッションズ

「Golden Lady」以外はFrank McCombのオリジナルです(参加メンバーとの共作含む)。

全曲紹介しときやす。

「More Than Friends」
これぞ"21世紀のDonny Hathaway"といった趣のオープニング。メロウなローズの音色と美しいストリングスをバックに、ジェントルなヴォーカルで歌い上げる素敵なミディアム・バラード。Donny HathawayStevie Wonderを足して2で割ったようなMcCombのヴォーカルの魅力を満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=ZmcXdusrxOY

「Only In My Dreams」
70年代のStevie Wonder作品をイメージさせるドリーミーなミディアム・グルーヴ。薄っすらラテンの隠し味がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=r20kDc6q7c4

「Golden Lady」
Stevie Wonderの名曲カヴァー。オリジナルは名盤『Innervisions』(1973年)収録です。当ブログではこれまでJose FelicianoReel Peopleのカヴァーも紹介済みです。オリジナルの雰囲気を受け継ぎつつ、McCombらしいジェントルな魅力に溢れた好カヴァーに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=FDvFdG2l2aM

「So Lovely」
コンテンポラリーなミディアム・ソウル。力みのないオトナのコンテンポラリー・ソウルといった感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=VEAQTFkFZ5I

「Somebody Like You」
McCombのピアノに加え、ベテランBilly Prestonのハモンドがいい味出しているStevie Wonder調のミディアム・バラード。McCombのソウル愛に溢れた聴く者をハッピーにしてくれる素敵な1曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=x9vQ9-SZgQw

「Tomorrow's Not Promised」
ジャジー&メロウな魅力に溢れたアーバン・ソウル。Jerry Hey、Branford Marsalisといったホーン陣の好アシストも光ります。
https://www.youtube.com/watch?v=vKnHmrSECZc

「Do You Remember」
ウーリッツァーの響きが印象的なソウル・グルーヴ。70年代テイストをコンテンポラリーにアップデートさせた感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=lX3J8J5DHkc

「Labelled As Love」
McCombお得意のメロウなローズの音色に乗ったジェントル・バラード。さり気なさが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=whMI2wQflWc

「Intimate Times」
『The Truth』(2003年)にも収録されていた楽曲のヴァージョン違い。このあたりは販売元の無理矢理感がありますが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=j0W5_H_zkpQ

「Left Alone」
『Straight From The Vault(Special Edition)』(2006年)にも収録されているバラード。抑えたトーンながらもDonny Hathaway調ヴォーカルを楽しめます。

「Mr. Integrity」
インストのジャジー・グルーヴ。McCombのエレピ・プレイを楽しめます。

「24/365/10」
エレピによる弾き語りの小曲。

「Satan's Jam」
タイトルの通り、スタジオでのジャム・セッション。これも未発表作品集ならではの取って付けた感が・・・

「Love Is On It's Way」
ラストはStevie Wonder調のソウル・グルーヴで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=k-APrbZokpE

Frank McCombの他作品もチェックを!

『Love Stories』(2000年)
Love Stories

『The Truth』(2003年)
Truth

『Straight From The Vault(Special Edition)』(2006年)
ストレイト・フロム・ザ・ヴォルト-スペシャル・エディション

『Live in Atlanta Vol. 1』(2007年)
LIVE In Atlanta Vol.1(DVD付)

『A Tribute to the Masters』(2007年) ※インスト・アルバム
Tribute to the Masters

『Live in Atlanta Vol. 2』(2008年)
Vol. 2-Live in Atlanta

『A New Beginning』(2011年)
A New Beginning

『The Living Room』(2012年)
Living Room

『Live At The Bitter End』(2013年)
Remembering Donny Hathaway

『Soulmate: Another Love Story』(2016年)
Soulmate: Another Love Story
posted by ez at 02:02| Comment(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]