2019年01月16日

Bruno E『Alma Sessions』

奥方Patricia Marxだけではない!旦那のリーダー作☆Bruno E『Alma Sessions』
Alma Sessions
発表年:2005年
ez的ジャンル:ブラジリアン・メロウ・グルーヴ
気分は... :空の世界・・・

今回はブラジル人DJ/プロデューサーBruno Eが2005年にリリースした『Alma Sessions』です。

ブラジル人女性シンガーPatricia Marxの旦那様としても知られるBruno Eの紹介は、Patricia Marx & Bruno E.『Patricia Marx & Bruno E.』(2010年)に続き2回目となります。

『Alma Sessions』(2005年)は、O Discurso名義の『O Discurso』(1999年)、『Lovely Arthur』(2003年)に続く3枚目のリーダー作となります。

Bruno E自身がプロデュースを務め、奥方Patricia Marxをはじめ、当ブログでも紹介したナイジェリア出身、UKを拠点に活動するシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリストXantone Blacq、故Elis Reginaの元夫、Maria Ritaの父であるCesar Camargo Mariano、60年代から活躍する鬼才Tom ZeD'Influenceの元メンバーSarah Anne Webb等をフィーチャーしています。

Bruno Eといえば、クラブ寄りのサウンドをイメージする人もいるかもしれませんが、本作ではジャジー&メロウ・サウンドが強調されています。

Xantone Blacqをフィーチャーした「Alma」「Welcome Home」、奥方Patricia Marxをフィーチャーした「Claras Revolucoes」「... Is Love」「Sons」、Sarah Anne Webbをフィーチャーした「Feel」あたりがおススメです。

プロデューサーBruno Eの手腕が発揮されたブラジリアン・メロウ・グルーヴを楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Soul Storm」
Cesar Camargo Marianoのエレピをフィーチャー。スピリチュアル・ムードの中でCesar Camargo Marianoのメロウ・エレピが美しく響きます。
https://www.youtube.com/watch?v=PuVHAXs8TTI

「Alma」
ナイジェリア出身、UKを拠点に活動するシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリストXantone Blacqをフィーチャー。Xantone Blacqのソウルフル・ヴォーカルを活かしたブラジリアン・メロウ・ソウル。ネオソウル好きの人も気に入るのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=o0QR9oCMIjc

「Mister Modernismo」
鬼才Tom Zeをフィーチャー。アシッド・ジャズ調のメロウ・グルーヴに乗ったTom Zeの呟きヴォーカルがラップのようでフィットしています。気の利いたホーン・アンサンブルをいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=p5xOK75HZds

「... Is Love」
奥方Patricia Marxをフィーチャー。哀愁バラードを憂いを帯びたヴォーカルで歌い上げます。何とも切ない雰囲気にグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=AH59IL-WL_w

「Feel」
D'Influenceの元メンバーSarah Anne Webbをフィーチャー。Bruno Eらしいクラブジャズ的なボッサ・グルーヴに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=MVErxab3W_k

「A Tempestade (The Storm)」
哀愁モードのインスト。Bruno Eの鍵盤を楽しみましょう。

「Welcome Home」
Xantone Blacqをフィーチャー。Xantone BlacqとBruno Eの個性が程良く調和したモダンなブラジリアン・メロウ・ソウルに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=DjrnpIqpggY

「Claras Revolucoes」
Patricia Marxをフィーチャー。Patricia Marxの透明感のあるヴォーカルが映える、少しミステリアスなブラジリアン・メロウ・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=HiexI2wZR7U

「Sons」
Patricia Marx、Silveraをフィーチャー。軽くレゲエ・エッセンスも取り込んだメロウ・チューンに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=9ICJ4hRP3Go

「Alma (Take 2)」
2曲目「Alma」の別テイク。生演奏によるボッサ・フィーリングを強調したヴァージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=R6Pl_vp_mvQ

「The Birth Of A Star」
ラストは朝陽が昇るようなジャジー・メロウ・インストで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=Py9fMVYH7yc

Bruno Eの他作品もチェックを!

O Discurso『O Discurso』(1999年)
O Discurso

『Lovely Arthur』(2003年)
Lovely Arthur

Patricia Marx & Bruno E.『Patricia Marx & Bruno E.』(2010年)
patricia marx & bruno e. .jpg
posted by ez at 01:26| Comment(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]