2019年01月18日

The Impressions『Times Have Changed』

Leroy Hutsonが参加した唯一の作品☆The Impressions『Times Have Changed』
タイムズ・ハヴ・チェンジド
発表年:1972年
ez的ジャンル:シカゴ・ソウル・グループ
気分は... :時代は変わったのか?

今回は70年代ソウル作品からシカゴの名グループThe ImpressionsCurtom時代の1枚、『Times Have Changed』(1972年)です。

Jerry ButlerCurtis MayfieldLeroy Hutsonらを輩出したシカゴ・ソウルの名グループThe Impressionsの紹介は、全米R&BチャートNo.1となったヒット曲「Choice Of Colors」を収録したCurtom第2弾アルバム『The Young Mods' Forgotten Story』(1969年)、シングル「Finally Got Myself Together (I'm A Changed Man)」を全米R&Bチャート第1位へ送り込んだ起死回生の1枚『Finally Got Myself Together』(1974年)に続き、3回目となります。

前作『Check Out Your Mind』(1970年)を最後にCurtis Mayfieldがグループを脱退し、裏方としてプロデュース&ソングライティング面でグループを支えることになります。そして、Curtisの後釜に据えたのがLeroy Hutsonです。

そんな新体制でリリースしたアルバムが本作『Times Have Changed』(1972年)です。結果として、Leroy HutsonがThe Impressionsメンバーとして参加した唯一のアルバムとなりました。

本作におけるメンバーは、Sam GoodenFred CashLeroy Hutsonの3名。

前述のように脱退したCurtis Mayfieldが全面プロデュースし、全8曲中6曲で
ソングライティングを手掛けています。

リード・シングルにもなった「Love Me」をはじめ、「Stop The War」「Inner City Blues」Marvin Gayeの名曲カヴァー)、「Potent Love」「Our Love Goes On And On」といった本作と同年にリリースされたCurtis Mayfield『Superfly』に通じる、スリリングでグルーヴィーなニュー・ソウル・チューンがおススメです。

「This Loves For Real」「This Loves For Real」といったバラードの出来栄えも上々です。

商業的には不発に終わった1枚ですが、ニュー・ソウル好きの人であれば、Leroy Hutson参加も含めて大満足できる内容だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Stop The War」
Curtis Mayfield作。タイトルからしてニュー・ソウルらしいオープニング。本作と同年にリリースされたCurtis Mayfield『Superfly』を思わせるスリリングなグルーヴィー・ソウルに仕上がっています。ニュー・ソウル/Curtis好きの人であれば、間違いなく気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=WHUTrLyNOuc

Rashad & Confidence「Rumors of War」のサンプリング・ソースとなっています。
Rashad & Confidence「Rumors of War」
 https://www.youtube.com/watch?v=ySzClyGs3Tg

「Times Have Changed」
Curtis Mayfield作。ソウル・ヴォーカル・グループらしい味わい深いバラード。胸に染み入ります。Curtisは参加していませんが、Curtisらしい味わいがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=72uDcJmdZpI

「Inner City Blues」
Marvin Gayeの名曲カヴァー(Marvin Gaye/James Nyx作)。オリジナルは名盤『What's Going On』に収録されています。本ヴァージョンはアルバムに先駆けてシングル・リリースされていました。Marvin Gaye名曲をCurtis Mayfield風サウンドで楽しめます(アレンジはLeroy Hutsonですが)。
https://www.youtube.com/watch?v=F1yOM7jIZQ0

「Our Love Goes On And On」
Curtis Mayfield作。各メンバーのヴォーカルを楽しめ、ホーン&ストリングスを含めたアレンジも冴え渡るニュー・ソウル感たっぷりのグルーヴィー・ソウル。
https://www.youtube.com/watch?v=eFQ8WA-rGNU

「Potent Love」
Curtis Mayfield作。僕の一番のお気に入り。フリーソウル好きの人も気に入るであろうパーカッシヴなメロウ・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=HmNv9wb3mLw

Talib Kweli feat. Miguel「Come Here」のサンプリング・ソースとなっています。
Talib Kweli feat. Miguel「Come Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=BF2QAuhVnXU

「I Need To Belong To Someone」
Curtis Mayfield作。代表曲「People Get Ready」に通じるものを感じるバラード。
https://www.youtube.com/watch?v=tNl0QnEfmow

「This Loves For Real」
Leroy Hutson/Michael Hawkins作。アルバムからの3rdシングル。Leroy Hutson主導のバラード。新体制によるヴォーカルを満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=IO2Ogo8XZ8c

Hands Of Timeがカヴァーしています。また、Purple City「Will Not Lose」、DL Incognito「Farewell」、Freddie Gibbs & Pill「Womb 2 the Tomb」 、Capital D feat. Tragedy Khadafi「Life Is a Hustle」、Handbook「Me Me Me」、Wale「Arrival」、MC Eiht「I Need That」、Sourface「Leaving Home」等のサンプリング・ソースとなっています。
Hands Of Time「This Loves For Real」
 https://www.youtube.com/watch?v=Fj4EZIzZMlI
Purple City「Will Not Lose」
 https://www.youtube.com/watch?v=8jtyJfcfweI
Freddie Gibbs & Pill「Womb 2 the Tomb」
 https://www.youtube.com/watch?v=YTWMtdFSR_0
Wale「Arrival」
 https://www.youtube.com/watch?v=4q1mY0TDIqE
MC Eiht「I Need That」
 https://www.youtube.com/watch?v=zA_WQg8vxRE

「Love Me」
Curtis Mayfield作。アルバムのリード・シングル。US R&Bチャート第25位となっています。軽快なビートのグルーヴィー・ソウル。1stシングルになったのも頷けるニュー・ソウルらしい格好良さに満ちたキャッチーな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=SoxlFBY2QgU

Big K.R.I.T. feat. Ashton Jones「Good 2getha」のサンプリング・ソースとなっています。
Big K.R.I.T. feat. Ashton Jones「Good 2getha」
 https://www.youtube.com/watch?v=yED5O87atdQ

The Impressionsの他作品もチェックを!

『The Impressions/Never Ending Impressions』(1963/1964年) ※2in1CD
Impressions/Never Ending Impressions

『Keep on Pushing/People Get Ready』(1964/1965年) ※2in1CD
Keep on Pushing/People Get Ready

『One by One/Ridin' High』(1965/1966年) ※2in1CD
ONE BY ONE/RIDIN!

『The Fabulous Impressions/We're a Winner』(1967/1968年) ※2in1CD
The Fabulous Impressions / We're A Winner

『This Is My Country』(1968年)
This Is My Country

『The Young Mods' Forgotten Story』(1969年)
ヤング・モッズ・フォゴットン・ストーリー

『Check Out Your Mind!』(1970年)
チェック・アウト・ユア・マインド!

『Preacher Man』(1973年)
プリーチャー・マン

『Finally Got Myself Together』(1974年)
ファイナリー・ガット・マイセルフ・トゥゲザー

『First Impressions/Loving Power』(1975/1976年) ※2in1CD
First Impressions & Loving

『It's About Time』(1976年)
It's About Time

『Come to My Party/Fan the Fire』(1979/1981年) ※2in1CD
Come to My Party/Fan the Fire
posted by ez at 02:08| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]