2020年03月20日

Herbie Hancock『Sextant』

アヴァンギャルドなエレクトリック・ファンク☆Herbie Hancock『Sextant』
Sextant by Herbie Hancock
発表年:1973年
ez的ジャンル:アヴァンギャルド&コズミック・エレクトリック・ファンク
気分は... :実験的精神!

今回はスーパー・ピアニストHerbie Hancockが1973年にリリースした『Sextant』です。

これまで紹介したHancock作品は以下の11枚(録音年順)。

 『Inventions And Dimensions』(1963年)
 『Empyrean Isles』(1964年)
 『Maiden Voyage』(1965年)
 Original Soundtrack『Blow-Up』(1966年)
 『Speak Like A Child』(1968年)
 『The Prisoner』(1969年)
 『Fat Albert Rotunda』(1969年)
 『Thrust』(1974年)
 『Sunlight』(1978年)
 『Feets Don't Fail Me Now』(1979年)
 『Magic Windows』(1981年)
 『Lite Me Up』(1982年)

Warner Bros.からColumbia Recordsへの移籍第一弾アルバムとなった本作『Sextant』(1973年)です。

レコーデイング・メンバーはHerbie Hancock(Mwandishi)(p、el-p、clavinet、syn、mellotron)、Bennie Maupin(Mwile)(ss、b clarinet、piccolo、afuche)、Eddie Henderson(Mganga)(tp、flh)、Julian Priester(Pepo)(tb、cowbell)、Buster Williams(Mchezaji)(b)、Billy Hart(Jabali)(ds)、Patrick Gleeson(syn)、Buck Clarke(per)。

前々作『Mwandishi』(1971年)と同じく主要メンバーの名がスワヒリ語でクレジットされています。

プロデュースはDavid Rubinson

エレクトリック・マイルス的エレクトリック・ファンクにコズミック、アフロ、スピリチュアルなエッセンスが加味されたアヴァンギャルドな1枚に仕上がっています。

楽曲はすべてHancockのオリジナルです。

ミュージシャンとしての矜持を感じるアヴァンギャルドなHerbie Hancockを楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Rain Dance」
Patrick Gleesonのアナログ・シンセの響きが鮮烈なコズミック・ジャズがオープニング。アヴァンギャルドな空気感がたまりません。当時は難解だったかもしれませんが、今聴くとフツーにエレクトロニカとして楽しめるのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=mfwvZaf7jac

Digable Planets「It's Good to Be Here」、Organized Konfusion「The Extinction Agenda」、DJ Krush「Roll & Tumble」、Jurassic 5「Lesson 6 (The Lecture)」、Cut Chemist「Lesson 4: The Radio」、Foreign Beggars feat. King Knut「Don't Dhoow It」、George Fields「Day at the Fair」、Phat Mob「Main Attraction」等のサンプリング・ソースとなっています。
Digable Planets「It's Good to Be Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=lyGy0ODCutE
Organized Konfusion「The Extinction Agenda」
 https://www.youtube.com/watch?v=GTc5Yk1YXr0
Jurassic 5「Lesson 6 (The Lecture)」
 https://www.youtube.com/watch?v=Rz6ShSftDlI
Cut Chemist「Lesson 4: The Radio」
 https://www.youtube.com/watch?v=D-XoqZpbSv0
Foreign Beggars feat. King Knut「Don't Dhoow It」
 https://www.youtube.com/watch?v=GWztB60Jjn8
George Fields「Day at the Fair」
 https://www.youtube.com/watch?v=b0I8EEtZMv8
Phat Mob「Main Attraction」
 https://www.youtube.com/watch?v=Ovm3FQwBa8g

「Hidden Shadows」
静かなる狂気を感じるドープなエレクトリック・ファンク。Buster Williamsの野太いベースが生み出すダークな質感がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=spnjTzuVBO0

Third Sight「3 Dimensional」、DJ Griffi feat. Mucho Muchacho「Pra Pa Pa Pha Pt Pt Pt Pta Tta」、Cricca Dei Balordi「Baggy Jeans」、Clementino「Artist No Good」等のサンプリング・ソースとなっています。
Third Sight「3 Dimensional」
 https://www.youtube.com/watch?v=BRYMuu45gzw
DJ Griffi feat. Mucho Muchacho「Pra Pa Pa Pha Pt Pt Pt Pta Tta」
 https://www.youtube.com/watch?v=RfbWXy7fS7c
Cricca Dei Balordi「Baggy Jeans」
 https://www.youtube.com/watch?v=nSGAy-deB1E
Clementino「Artist No Good」
 https://www.youtube.com/watch?v=e8BI_CaDlSc

「Hornets」
エレクトリック・マイルスのように得体の知れない格好良さを感じるアヴァンギャルドな演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=FBiRsgjxXvM

Herbie Hancock作品の過去記事もご参照下さい。

『Inventions And Dimensions』(1963年)
Inventions & Dimensions

『Empyrean Isles』(1964年)
エンピリアン・アイルズ+2

『Maiden Voyage』(1965年)
処女航海

Original Soundtrack『Blow-Up』(1966年)
Blow Up

『Speak Like A Child』(1968年)
スピーク・ライク・ア・チャイルド

『The Prisoner』(1969年)
ザ・プリズナー

『Fat Albert Rotunda』(1969年)
ファット・アルバート・ロトゥンダ<紙ジャケット仕様>

『Thrust』(1974年)
Thrust

『Sunlight』(1978年)
Sunlight

『Feets Don't Fail Me Now』(1979年)
フィーツ

『Magic Windows』(1981年)
マジック・ウィンドウズ(期間生産限定盤)

『Lite Me Up』(1982年)
Lite Me Up
posted by ez at 14:41| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]