2021年08月18日

Sandra Sa『Vale Tudo』

ブラジリアンAOR、待望のCD化☆Sandra Sa『Vale Tudo』

発表年:1983年
ez的ジャンル:ブラジリアンAOR/シティ・ソウル
気分は... :今年の再発CD大賞!

今回はブラジリアンAOR/シティ・ソウルの傑作Sandra Sa『Vale Tudo』(1983年)です。

Sandra De Sa(Sandra Sa)は1950年リオ・デジャネイロ生まれの女性シンガー。

1980年にデビュー・アルバム『Demonio Colorido』をリリース以来、ブラジリアン・ソウルのディーヴァとして2000年代前半までコンスタントにアルバムをリリースしています。

そんな彼女の作品の中から今年待望のCD化が実現したのが、3rdアルバムとなる本作『Vale Tudo』(1983年)です。

それまでの前2作から路線変更し、ディスコ/アーバン・サウンドを前面に打ち出したモダンなAOR/シティ・ソウル的な1枚に仕上がっています。

プロデュースはDurval Ferreira

本作の再評価を高めたアーバンなブラジリアン・メロウ・ダンサー「Guarde Minha Voz」、同タイプの「Pela Cidade」の2曲が個人的にはハイライト。

アーバン・ディスコ「Candura」、シティ・ソウル的な疾走感がある「Candura」、サマー・モードの爽快メロウ・グルーヴ「Terra Azul」もおススメです。

バラード系であれば、AORな「Onda Negra」「Gamacao」の2曲がいいですね。

個人的には今年の再発CDの中で一番ガッツポーズした作品です。

AOR/シティ・ソウル好きの人はぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Trem Da Central」
Durval Ferreira/Macau/Sandra Sa作。オープニングはディスコ路線のアーバン・ダンサー。USブラコン/エレクトリック・ファンク好きの人も気に入るのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=a8gIEzPUDXo

「Candura」
Cassiano/Denny King作。開放的なホーン・サウンドと共に始まるアーバン・ファンク。シティ・ソウル的な疾走感もあっていいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=-c50RoCsgzM

「Pela Cidade」
Durval Ferreira/Paulo Cesar Pinheiro/Rose Marinho作。個人的には「Guarde Minha Voz」と並ぶハイライト。EW&F調コーラスとシティ・ソウルな疾走感がサイコーなアーバン・ダンサー。
https://www.youtube.com/watch?v=8muQs67HCKY

「Onda Negra」
Irineia Maria作。ブラジリアン・ソウルなメロウ・バラード。AOR好きの人も気に入るのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=yz7CPYhzcoQ

「Gamacao」
Pi/Ronaldo Barcellos作。ムーディーなサックスと共に始まるロマンティック・バラード。この曲もAOR好きは気に入るはず。
https://www.youtube.com/watch?v=DTObUTMSu3c

「Vale Tudo」
タイトル曲はブラジリアン・ソウルの帝王Tim Maiaの作品。Tim Maia本人をフィーチャーしています。開放的なダンサブル・チューンですが、他のトラックほどには洗練されていないのが面白いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=5Yrh0PLDeqc

「Guarde Minha Voz」
Ton Saga作。本作の再評価を高めた1曲。各種コンピ作品でも大人気です。アーバンなブラジリアン・メロウ・ダンサー。USサーファー・ディスコやシティ・ソウルとセットで聴いてもフィットするモダンな仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=FPSDJQsSwTg

「Terra Azul」
Gastão Lamounier/Junior Mendes作。サマー・モードの爽快メロウ・グルーヴ。ハワイアンAOR/フリーソウルとセットで聴きたくなります。
https://www.youtube.com/watch?v=-y1nWJVLgXI

「Musa」
Sandra Sa作。Sandraのシンガーとしての魅力を実感できるメロウ・バラード。AORバラードとしても満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=JU4f9W2Qzek

「So As Estrelas」
Guilherme Arantes作。ラストは80年代らしいアーバン・サウンドが印象的なミディアム・バラードで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=tI1bu6PqrF8

『Anos 80』(2016年)※デビューから4作品のボックス・セット
posted by ez at 02:17| Comment(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]