2023年10月18日

John Coltrane『OM』

アヴァンギャルド全開なフリー・ジャズ☆John Coltrane『OM』

録音年:1966年
ez的ジャンル:Coltrane流フリー・ジャズ
気分は... :複雑なものを複雑なままに・・・

久々にジャズの求道者John Coltrane(1926-1967年)です。
セレクトしたのは『OM』です。

これまで紹介してきたColtrane作品は以下の6枚。

 『Blue Train』(1957年)
 『My Favorite Things』(1960年)
 『Ballads』(1962年)
 『Impressions』(1961年、62年、63年)
 『Kulu Se Mama』(1965年)
 『Live At The Village Vanguard Again!』(1966年)

前回『Live At The Village Vanguard Again!』(1966年)のエントリーが2009年なので、14年ぶりのColtrane作品の紹介となります。

特段Coltrane作品を再び聴き直しているとかはないのですが、60年代ジャズから何か1枚とCD棚を眺めていたら、目に留まったのが『OM』でした。

本作『OM』は1966年にレコーディングされ、Coltraneの死後の1968年に未発表音源としてリリースされたフリー・ジャズ作品です。

タイトルの『OM』とは仏教用語でいう『南無(なむ)』のことであり、帰依を意味します。

収録曲は「OM」1曲のみ。LPではA面とB面でPart1,2に分割されていましたが、CDでは1トラックになっているので本来の演奏として楽しめます。

レコーディング・メンバーはJohn Coltrane(ts、ss)以下、Pharoah Sanders(ts)、McCoy Tyner(p)、Elvin Jones(ds)、Jimmy Garrison(b)、Donald Rafael Garrett(b、clarinet)、Joe Brazil(fl)という面々。

TikTokが流行し、タイパが重視され、何事もわかりやすさが過剰に強調される今の時代に、収録1曲のみの難解なフリー・ジャズのアルバムなど敬遠されがちなのかもしれませんね。

しかしそんな時代だからこそ、本作のような作品に価値があるのではないかなとも思います。

毎日聴きたい演奏ではないのは事実ですが、忘れた頃に聴くと創造力が刺激されるのでは?

全曲紹介しときやす。

「OM」
アヴァンギャルド全開なフリー・ジャズ。ColtraneとPharoahのフリーキーなサックスには聖なるエナジーが漲っています。最初聴くと、理解不能にも感じられるかもしれませんが、ちゃんと聴けばTynerのピアノやElvinのドラミングは意外にちゃんとジャズしていて、エネルギッシュなセッションとして楽しめるのでは?考えるな感じろ!というColtraneがサックスで主張しているようにも感じます。イントロとエンディングのスピリチュアル・ジャズな雰囲気も印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=GwrV0qCX1LU

John Coltraneの過去記事もご参照ください。

『Blue Train』(1957年)


『My Favorite Things』(1960年)


『Ballads』(1962年)


『Impressions』(1961年、62年、63年)


『Kulu Se Mama』(1965年)


『Live At The Village Vanguard Again!』(1966年)
posted by ez at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック