2007年07月09日

Miles Davis『Cookin'』

マラソン・セッションを収めたING四部作の中の代表作☆Miles Davis『Cookin'』
クッキン
録音年:1956年
ez的ジャンル:マラソン・セッション系ハードバップ
気分は... :今夜の料理の出来は...

昨晩は特製オリジナル・チキン・カレーを作り、自画自賛の仕上がりにご満悦でシタ。

そんな中で思いついたのが今夜の1枚...
本ブログ最多登場Miles DavisのING四部作の1枚『Cookin'』(1956年)デス。

Milesは『On The Corner』(1972年)、『Milestones』(1958年)、『Miles Ahead』(1957年)、『In A Silent Way』(1969年)、『'Round About Midnight』(1955、56年)、『Miles Smiles』(1966年)に続き7回目の紹介デス。

ING四部作とは、いわゆる“マラソン・セッション”を収めた『Cookin'』『Relaxin'』『Workin'』『Steamin'』という4枚のアルバムをさします。

大手Columbiaと契約を交わしたMilesがPrestigeとの残りの契約を履行するために行ったセッションが、“マラソン・セッション”と呼ばれるものです。このセッションは1956年5月11日と10月26日の2度にわたり行われまシタ。

たった2日でアルバム4枚分のレコーディングを敢行し、契約問題のゴタゴタを一気に解決してしまおうとするのが、とてもMilesらしいカンジがしますね。

このように書くと、やっつけ仕事のレコーディングのような印象を受ける方もいるかもしれませんが、それがMiles Davis(tp)、John Coltrane(ts)、Red Garland(p)、Paul Chambers(b)、Philly Joe Jones(ds)という第一期黄金クインテットの大きな成果を生み出すドキュメントとなっている点がさすが帝王Milesですな。

『Cookin'』は四部作のうち、一番最初に発売された作品です。
レコーディング自体は10月26日のセッションが収められています。

ING四部作の中で最も人気の高い作品が『Cookin'』なのでは?
多分、名演「My Funny Valentine」収録されていることと、John Coltraneの急速な成長をはじめとする黄金クインテットの完成度が高まってきたことなどが要因だと思いマス。

ING四部作は、Prestigeの思惑から一気に発売されず、『Cookin'』が1957年、『Relaxin'』が1958年、『Workin'』が1960年、『Steamin'』が1961年といった順で発売されまシタ。素直に考えれば、一番出来の良い作品を最初に発売すると思うので、その意味でも『Cookin'』の完成度は高いといえるのでは?

全曲紹介しときやす。

「My Funny Valentine」
Miles至極のバラッドとも呼べる本作のハイライト。説明不要のスタンダードですね(Lorenz Hart作詞、Richard Rodgers作曲)。先日もBill Evans & Jim Hall『Undercurrent』のバージョンを紹介しましたが、個人的には本曲といえばこのMilesのバージョンのイメージが強いですね。

Red Garlandのイントロのピアノを聴いただけで胸キュンですな。そのイントロに導かれて、リリシズム溢れるMilesのミュートを思う存分堪能できマス。Red Garlandの美しいカクテル・プレイもサイコーですね。

本作にはColtraneが参加しておらず、Milesのワン・ホーンとなっていマス。確かにこの曲にはColtraneは居ない方がいいかも?

「'Round Midnight」とセットで聴き、男のリリシズムの世界に一人浸るの好きな僕なのでシタ(笑)

「Blues By Five」
Miles作のブルース。この曲からColtraneも加わり5人勢揃いとなりマス。Milesのリラックスしたソロに対して、続くColtraneの気難しいカンジで面白いですね。

「Airegin」
Sonny Rollins作品。タイトルは「Nigeria(ナイジェリア)」を逆に読んだものデス。Milesのアルバムでいえば、『Bag's Groove』にも収録されているので、そちらと聴き比べてみるのも楽しいのでは?

本作のバージョンはスピーディーでスリリングな演奏が魅力だと思いマス。本曲の聴きどころは何といってもColtraneのソロなのでは? いよいよサックスの神がColtraneに舞い降りてきたカンジですな。Philly Joeのドラミングもエキサイティングでグッド!

「Tune-Up/When Lights Are Low」
Milesのオリジナル「Tune-Up」とBenny Carter作品「Lights Are Low」のメドレー。この2曲ともに初演は1954年録音の『Blue Haze』に収録されていマス。

「Tune-Up」はMilesの軽やかでメロディックなソロがいいですねぇ。MilesとPhilly Joeの絡みのパートも目茶カッチョ良いですね。「Lights Are Low」は全体的にリラックスしたムードがいいですね。この手の曲ではGarlandのカクテル・ピアノがいい味を出してくれますね。

他のING四部作であれば、『Workin'』『Relaxin'』がオススメです。
posted by ez at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

Sonny Rollins『Saxophone Colossus』

Sonny Rollinsの代表作というのみならず、モダン・ジャズを代表する1枚☆Sonny Rollins『Saxophone Colossus』
Saxophone Colossus
録音年:1956年
ez的ジャンル:ハードバップ系Jazz
気分は... :まだぐったりモード...

日曜の深夜は何故かJazzが聴きたくなる...
ということで、テナー・サックスの巨人Sonny Rollins二回目の登場です。

前回は個人的に一番好きな作品である『Sonny Rollins Vol.2』(1957年)を紹介しましたが、今回はRollinsを代表するのみならずモダンジャズを代表する1枚といえる名盤『Saxophone Colossus』(1956年)です。

ジャズファンの間では“サキコロ”と呼ばれている(らしい)本作の魅力は、ジャズ入門者でもスンナリ入れる聴きやすさではないかと思いマス。

前回のエントリーでも書きましたが、Rolling Stonesのシングル「Waiting On A Friend」(アルバム『Tattoo You』収録)へのゲスト参加でその名前を知ってから、気になっていた存在がSonny Rollinsでした。

僕がジャズをきちんと聴こうと決めた時、何を買ったらいいのかわからず、50〜60年代の有名どころをとりあえず10枚程度購入しました。
その中の一枚が『Saxophone Colossus』でした。

ジャズを聴き慣れていなかった僕にとって、一度聴いた程度ではその素晴らしさを理解できないものも中にはありましたが、この『Saxophone Colossus』はかなり聴きやすく僕をジャズの世界へと誘ってくれまシタ。

同時購入した他の作品と比較して、かなりリラックスした雰囲気の作品という印象があったかなぁ。オープニング曲「St. Thomas」の印象がかなり強かったからかもしれませんが。

ジャズ通の方や評論家の方は小難しい作品への評価が高く、わかりやすい作品に対して評価が低いという感想を持っているのですが、それらの人々の本作に対する高評価は少し意外な気もしますね。

メンバーはSonny Rollins(ts)、Tommy Flanagan(p)、Doug Watkins(b)、Max Roach(ds)の4名。

これからジャズを聴こうと思うのですがという方にオススメの1枚です。

全曲紹介しときやす。

「St. Thomas」
いきなり本作のハイライトと呼べる1曲。カリプソ・フレイヴァーの陽気でリラックスした雰囲気がたまりませんね。

ちょうど本作を購入した時期は、僕がワールドミュージックを聴き始めた時期と重なります。そんな中で中南米の音楽に触れ、カリプソという音楽の存在も知ることができました。そんな中で1950年代にカリプソを取り入れた演奏していた本曲を聴き驚いた記憶があります。

「You Don't Know What Love Is」
Don Raye/Gene DePaul作のスタンダード。実にムードのあるバラッドですね。Rollinsの豪快なプレイもいいですが、Flanaganの抑えたピアノもいいカンジですね。

「Strode Rode」
ハードボイルドなスピード感のあるカッチョ良い1曲。ハードバップの魅力を堪能できるスリリングな演奏ですね。Flanaganのソロ、

「Moritat」
「St. Thomas」と並ぶ本作のハイライト曲。Bertolt Brecht/Kurt Weillによる有名な『The Threepenny Opera(三文オペラ)』の中の1曲ですね。「Mack The Knife」という曲名で呼んだ方が有名かもしれませんね。

陽気で小粋なカンジが魅力ですね。 RollinsのメロディアスなプレイはもちろんのことRoachの豪快なドラムソロもいいです。僕のような永遠のジャズ初心者にとってもわかりやすい1曲デス。

「Blue 7」
クールに決めてくれる1曲ですね。イントロとエンディングがサイコーにカッチョ良いですね。メンバー4人の魅力がバランスよく楽しめるのでは? 「St. Thomas」、「Moritat」ほど有名ではありませんが隠れた名演なのでは?

う〜ん、疲れがとれない。
体というよりも脳ミソが疲れている気分ですね。
posted by ez at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

Red Garland Trio『Groovy』

オシャレなカクテル・ピアノの堪能あれ!☆Red Garland Trio『Groovy』
Groovy
録音年:1956,57年
ez的ジャンル:カクテル系ジャズ・ピアノ
気分は... :筋肉痛〜っ。

昨日は麻布十番で某オフィスのお引越しのお手伝い。
久々に大量に荷物の上げ下げをやったもんだから、今日の筋肉痛確率ほぼ100%。
やっぱり年を取ったなぁ...

さて、今日はボクサーという異色の経歴を持つジャズ・ピアニストRed Garlandの登場デス。

1923年生まれのRed Garlandは、1940年代半ばからCharles Parker、Lester Young、Coleman Hawkinsらと仕事をした後、1955年に帝王Miles Davisのグループに加入し、Miles(tp)、John Coltrane(ts)、Red Garland(p)、Paul Chambers(b)、Philly Joe Jones(ds)による(第一期)黄金クインテットのメンバーとして活躍しまシタ。

60年代は引退状態でしたが、1970年代半ばにカムバックしました。1984年に心臓病のため故郷のテキサスで永眠。

やはり、僕にとってのGarlandはMilesの黄金クインテットのイメージが強いですね。特に、本ブログでも紹介したMiles Davis『Milestones』収録の「Billy Boy」の演奏は何回聴いても飽きません。

そんなGarlandのキャリアを代表するリーダー作がこの『Groovy』です。
ピアノ・トリオの傑作アルバムとして有名な1枚ですね。

メンバーはRed Garland(p)、Paul Chambers(b)、Arthur Taylor(ds)の3人。黄金クインテットの盟友Chambersに加え、Bud Powellのバックも務めたTaylorが参加していマス。

Garlandの軽やかなプレイをカクテル・ジャズと揶揄する方もいるようですが、Garlandの小気味よいスイング感のあるピアノは、僕のような永遠のジャズ初心者にとってもわかりやすく、単純にカッチョ良い!ってカンジですね。

あとはこのジャケもいかしていますよね。
実はこのアルバムを購入したのはジャケ買いなのですが(笑)

僕にとってジャズ・アルバムの秀作ジャケと言えば、Blue Note作品ばかりになってしまうのですが、Prestige作品でジャケ買いするなんて、かなり珍しいかもしれません。

タイトル通りのグルーヴィーなピアノ・トリオの演奏を堪能あれ!

全曲紹介しときやす。

「C Jam Blues」
このアルバムのハイライトと言えば、Duke Ellington作品のこのオープニングいうことになるでしょうね。軽やかだけどブルージーなGarlandらしいタッチのピアノを堪能できマス。それをガッチリ支えるPaul Chambersのベースがシブいですなぁ。本曲はOscar Peterson、McCoy Tyner等も録音していますね。

「Gone Again」
しっとりリリカルなGarlandのピアノが堪能できる1曲。ただただ美しいの一言ですな。

「Will You Still Be Mine?」
Matt Dennis/Tom Adair作品のスタンダード。本曲は師匠Miles DavisMcCoy Tyner等も録音していますね。このスインギーなタッチがたまりませんな。前述の大好きな1曲「Billy Boy」に通じるものがありますね。

「Willow Weep for Me」
「柳よ泣いておくれ」の邦題で有名なスタンダード。本ブログではDexter Gordon『Our Man In Paris』Wynton Kelly『Kelly Blue』のバージョンを紹介しましたね。それ以外にもTommy Flanagan、Modern Jazz Quartet等も録音していマス。

女性作曲家Ann Ronnellが偉大な作曲家George Gershwinに捧げたスタンダードというだけあって、どこか名曲「Rhapsody in Blue」っぽいですね。

「What Can I Say, Dear」
「Hey Now」
軽やかなGarlandの鍵盤さばきによるカクテル・ピアノの魅力が堪能できる2曲。カクテル・ジャズの何が悪い!パントマイムとかのBGMなんかにピッタリかも?

昨晩は白金高輪で熊本地鶏を食した。
う〜ん、引越しでガス欠状態の体に再びパワーを注入する、なかなかの美味でシタ。最近は宮崎地鶏に話題沸騰ですが、薩摩地鶏や熊本地鶏もお忘れなく!
posted by ez at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 1950年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

Thelonious Monk『Brilliant Corners』

ジャズ界の偉大なる個性の代表作☆Thelonious Monk『Brilliant Corners』
Brilliant Corners
録音年:1956年
ez的ジャンル:ユニーク・ジャズ・ピアノ
気分は... :.個性を出すためには..

今日はホワイトデーですね。

昨日デパ地下をうろうろ回りながら、いろいろホワイトデー用の商品を見たけど、チョコ、クッキーなどで一見して個性的なプレゼントって、なかなかないものですな。やっぱり、この手の商品って見た目のインパクトが重要だからね。

さて、今回はインパクト十分のジャズ・ピアニストThelonious Monkの代表作『Brilliant Corners』(1956年)デス。

Monkは本ブログ2回目の登場となりマス。

前回はピアノソロ作品『Thelonious Himself』(1957年)を紹介しましたが、今回はグループとしてのモンク・ミュージックの真価を示した『Brilliant Corners』(1956年)をセレクト。本作は僕が一番最初に購入したMonk作品でシタ。

本作『Brilliant Corners』を同じ1956年に録音されたSonny Rollins『Saxophone Colossus』と一緒に購入した記憶がある。
当時はJazzを聴き始めの頃で、とりあえず雑誌で名盤としていた紹介されていた2枚を購入してみたというノリだったと思う。

その時の印象として、『Saxophone Colossus』は期待通りの名盤だと感じたけど、正直『Brilliant Corners』についてはよくわからんかったね(笑)ジャケの爽やかな表情にすっかり騙された気がしたなぁ。

でも、年月と共にそのアクの強さを個性として受け入れられるようになり、違和感なく聴けるようになってしまうから、慣れって怖いですな(笑)

本作のメンバーは、Thelonious Monk(p)、Ernie Henry(as)、Sonny Rollins(ts)、 Oscar Pettiford(b)、Max Roach(ds)の5人。「Bemsha Swing」のみ、Ernie HenryとOscar Pettifordが抜けて、代わりにClark Terry(tp)、Paul Chambers(b)が加わっていマス。

Monkの強烈な個性がメンバー達を独自の音世界へと引き寄せ、グループとしてのモンク・ミュージックのかたちを見事に表現してみせたアルバムなのでは?

全曲紹介しときやす。

「Brilliant Corners」
Monkのユニークさが満喫できるタイトル曲。不気味で不穏なカンジのテーマを初めて聴いた時には“何じゃこりゃ?”と思いまシタ(笑)ミディアム・スローからダブル・テンポにチェンジする時の疾走感がたまりませんな。いろんなレビューを見ると、Ernie Henryのソロが話題になることが多いみたいですが、確かに前衛的ってカンジはしますね。

「Ba-Lue Bolivar Ba-Lues-Are」
別名「Blue Bolivar Blues」とも呼ばれる曲。気だるいカンジがいいですね。Ernie Henryのソロが好きデス。

「Pannonica」
Monkの後援者だったBaroness Pannonica "Nica" de Koenigswarter(パノニカ・ド・ケーニグスウォーター男爵夫人)に捧げた曲。

ここでMonkは右手でチェレスタ(鉄琴を鍵盤で演奏できるようにした楽器)、左手でピアノを演奏している。チェレスタの音色に滅多に聴かないので、そんな物珍しさもあって印象的ですな。そんなチェレスタのチャーミングな音色もあって、実に優雅な雰囲気がありマス。Nicaの愛称で親しまれたPannonica男爵夫人のイメージがそうだったんでしょうね。

「I Surrender, Dear」
本作唯一のMonkのオリジナルではない作品(Harry Barris/Gordon Clifford作品をソロ・ピアノで聴かせてくれマス。実に叙情的なんだけど、そこはMonk!一くせ、二くせありマス。

「Bemsha Swing」
前述の通り、この曲だけメンバー構成が異なっていマス。なんてことはない、喧嘩が原因らしいです(笑)印象的なテーマと共に、Max Roachのティンパニが目立ちますね。

Monk未体験の方は、僕のようにいきなり本作から聴くよりも、『Thelonious Himself』(1957年)、『Monk's Music』(1957年)あたりから入った方が良いのではと思いマス。
posted by ez at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

Clifford Brown & Max Roach『Clifford Brown & Max Roach』

ブラウニーとローチの黄金コンビを堪能できる1枚☆Clifford Brown & Max Roach『Clifford Brown & Max Roach』
Clifford Brown & Max Roach
録音年:1954年、1955年
ez的ジャンル:天才トランペッター系ハードバップ
気分は... :言い訳せずにやりきろう!

2月も気付けばあと1週間強ですね。
ホント、今年は年明けからバタバタしっぱなしデス。

充実していると言えばそうなんだけど、やり残していることが山積みなのも事実。
特に、こういう時って小さな事を後回しにしがちだけど、後々その小さな事がボディーブローのようにジワジワ効いてくることが多い。忙しいからと言い訳せずに、何とかやりきってしまいたいものです。

さて、天才トランペッターClifford Brown(1930年-1956年)の『Study In Brown』(1955年)に続く2回目の登場っす。

ブラウニー(Clifford Brownの愛称)は、1954年に本ブログでも紹介したArt Blakey Quintetによる歴史的ライブ『A Night at Birdland』へ参加した後、西海岸へ趣きMax Roach(ds)と出会う。そして、歴史的な名コンボClifford Brown=Max Roach Quintetが誕生した。

このMax Roachとの双頭クインテットは、2年間足らずの間に数々の名演を録音し、我々に宝物の数々を残してくれましたね。

昔、あるジャズ関連の書籍を読んだ時、“Clifford Brownに限って言えば、とるに足りない作品というのは1枚もない!”と書いてあったのが実に印象的だった。

実質4年という短い活動期間の中で、常に輝き続けたブラウニー。ブラウニーの作品を聴いていると、その短い活動期間を悟っていたかのような密度の高さを感じますねぇ。

そんな作品の中から今回は『Clifford Brown & Max Roach』をセレクト。

メンバーは、Clifford Brown(tp)、Harold Land(ts)、Richie Powell(p)、George Morrow(b)、Max Roach(ds)というお馴染みの布陣デス。

流麗かつ温かみのあるブラウニーのトランペット、豪快で奔放なRoachのドラムに加え、コンボとしての充実ぶりを再認識できる1枚っす。特に、Harold Landがいい味出してま!

全曲紹介しときヤス。

「Delilah」
映画音楽の作曲家として有名なVictor Youngの作品。Delilahとは、旧約聖書の中の有名な物語である「Samson and Delilah(サムソンとデリラ)」のDelilahのことです。本バージョンは妖婦デリラらしいミステリアスでエキゾチックな雰囲気がいいですね。ブラウニーのソロは勿論良いですが、Harold LandのテナーとRichie Powellのピアノも実にハードバップらしく印象的です。Roachのマレットも忘れちゃいけませんね。

「Parisian Thoroughfare」
Bud Powell作品。『In Concert』にも収録されているグループの主要レパートリーの1曲ですね。全体的にパリの街並みのような小粋な雰囲気が大好きデス。スピーディーでスリリングな展開もいいですね。Roachのドラム・ソロがかなり来てマス。

「Blues Walk」
ブラウニーのオリジナル。個人的にはアルバムで一番好きな演奏デス。ブラウニーとHarold Landがカッチョ良すぎです!聴いているうちにテンションが上がってくる曲ですね。エキサイティング!の一言に尽きます。

「Daahoud」
ブラウニーのオリジナル。この名コンボの魅力をコンパクトに堪能できる1曲なのでは?Roachの豪快で奔放なドラム・ソロが目立ちますね。

「Joy Spring」
これもブラウニーのオリジナル。タイトルの通り、春の陽気のような軽やかで、楽しげな演奏が聴けマス。

「Jordu」
Duke Jordan作曲によるスタンダード。タイトルのJorduとはDukeのDuとJordanのJorを合わせたものなのだとか。『In Concert』にも収録されていますね。ブラウニーのソロを堪能できる1曲デス。

「What Am I Here For?」
Duke Ellington作品。とってもワクワクする演奏ですね。

さぁ、輝き続けるブラウニーからパワーをもらったところで、こちらも気合い入れて頑張ろうっと!
posted by ez at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする