2021年07月04日

Hiatus Kaiyote『Mood Valiant』

6年ぶり新作はBrainfeederから☆Hiatus Kaiyote『Mood Valiant』

発表年:2021年
ez的ジャンル:フューチャリスティック&ハイブリッド系オージー・バンド
気分は... :ローズ・ウォーター・・・

新作アルバムから、オーストラリアのフューチャリスティック・ハイブリッド・バンドHiatus Kaiyoteの3rdアルバム『Mood Valiant』です。

2011年にオーストラリア、メルボルンで結成されたグループHiatus Kaiyoteの紹介は、1stアルバム『Tawk Tomahawk』(2013年)、2ndアルバム『Choose Your Weapon』(2015年)に続き3回目となります。

過去2作が紅一点のヴォーカルNai Palmの圧倒的な存在感と唯一無二のハイブリッド・サウンドで各方面から高い評価を得たHiatus Kaiyote

前作から『Choose Your Weapon』(2015年)から約6年ぶりにリリースされた3rdアルバム『Mood Valiant』。その間にNai Palmのソロ・アルバム『Needle Paw』(2017年)のリリースもあったので、6年も間隔が空いた感じはなかったのですが・・・

本作でも過去2作同様、Nai Palm(vo、g)、Paul Bender(b)、Simon Mavin(key)、Perrin Moss(ds)という4人のメンバーは不動です。

本作でまず注目すべきは、Flying Lotus主宰のBrainfeederからのリリースという点です。

さらにブラジル音楽の名アレンジャー/コンポーザーのArthur Verocaiをゲストに迎えたリオ・デジャネイロでのレコーディングが含まれている点にも注目です。

また、Nai Palmが乳癌を患い、その治療を要したことや、新型コロナの影響もあってリリースが遅れてしまったようです。

プロデュースはHiatus Kaiyote自身。
ソングライティングもArthur Verocaiとの共作も含めて、すべてメンバーによるオリジナルです。

Arthur Verocaiをフィーチャリングした先行シングル「Get Sun」、刺激的なフューチャー・ソウル「Chivalry Is Not Dead」、Brainfeederっぽい「All The Words We Don't Say」Nai Palmのヴォーカルが存在感を示す「Rose Water」「Red Room」Arthur Verocaiがストリングス・アレンジを手掛けたビューティフル・バラード「Stone Or Lavender」Hiatus Kaiyoteらしい世界観を楽しめる次世代ネオソウル「Sparkle Tape Break Up」等充実の全13トラック(ボーナス・トラック含む)です。

6年待った甲斐がありました!

全曲紹介しときやす。

「Flight Of The Tiger Lily」
Arthur Verocaiとの共作。美しいストリングスによるアルバムのプロローグ。
https://www.youtube.com/watch?v=8CUVkuNKIrY

「Sip Into Something Soft」
次世代ネオソウルらしいメロウ&ミステリアス&ソフトリーな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=esFJgq5MZPk

「Chivalry Is Not Dead」
ファンの期待に応えてくれた刺激的なフューチャー・ソウル。バンドらしい臨場感とハイパーなアクセントのバランスが絶妙です。特にベースが格好良いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=aaNm48wiezs

「And We Go Gentle」
コズミックな次世代ネオソウル。ゴジラ映画シリーズの第9作『怪獣総進撃』(1968年)に登場するムーンライトSY-3号が歌詞に登場します。
https://www.youtube.com/watch?v=lzdtOzsn94E

「Get Sun」
Arthur Verocaiをフィーチャリングした先行シングル。Verocaiがアレンジを手掛けたホーン&ストリングスが印象的なダイナミックで、フューチャリスティック&ハイブリッドなファンク・チューンに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=uWjkfSrZK5Y

「All The Words We Don't Say」
ある意味Brainfeederっぽいサウンドです。メロウ路線になる前のThundercat作品に通じる質感があります。
https://www.youtube.com/watch?v=6ywsOjATovE

「Hush Rattle」
インタールード的な小曲。素朴な仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=XknI3m9N91s

「Rose Water」
Nai Palmのヴォーカルの魅力を満喫できます。ペトラの古代都市が登場する歌詞も含めてミステリアスな雰囲気が漂います。
https://www.youtube.com/watch?v=NXfnPzTOzjY

「Red Room」
乳癌との闘病生活を経てきたNai Palmの心の叫び声のように聴こえてきます。派手さはありませんがグッとくるものがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=p46Tm9-7i7E

「Sparkle Tape Break Up」
Hiatus Kaiyoteらしい世界観を楽しめる1曲。次世代ネオソウル好きの人であれば、彼らの唯一無二の魅力に惹かれるはずです。
https://www.youtube.com/watch?v=dk1z-WxZMvA

「Stone Or Lavender」
Arthur Verocaiがストリングス・アレンジを手掛けたビューティフル・バラード。Nai Palmの詠は聴く者に希望と勇気を与えてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z8EEalYiYNQ

「Blood And Marrow」
本編ラストは歌詞も含めてミステリアスな雰囲気で締め括ってくれます。人知の及ばない大自然のパワーのようなトラックです。
https://www.youtube.com/watch?v=LF109EBJyrw

「Stone And Lavender (Duet Version)」
国内盤ボーナス・トラック。「Stone And Lavender」のピアノ弾き語りヴァージョン。オリジナルにはないシンプルな魅力があります、

Hiatus Kaiyoteの他作品もチェックを!

『Tawk Tomahawk』(2013年)
Tawk Tomahawk

『Choose Your Weapon』(2015年)
Choose Your Weapon

Nai Palm『Needle Paw』(2017年)
posted by ez at 00:55| Comment(0) | 2020年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

Mndsgn『Rare Pleasure』

メロウマッドネスな最新作☆Mndsgn『Rare Pleasure』

発表年:2021年
ez的ジャンル:Stones Throw系メロウマッドネス
気分は... :メロウマッドネスの桃源郷へ・・・

新作アルバムからL.A.を代表するインディ・レーベルStones Throw期待のアーティストMndsgnの最新作『Rare Pleasure』です。

1988年サンディエゴ生まれ、現在はL.A.を拠点とするプロデューサー/ビートメイカー/シンガー・ソングライターMndsgn(本名:Ringgo Ancheta)の紹介は、『Body Wash』(2016年)に続き2回目となります。

本作『Rare Pleasure』は、『Yawn Zen』(2014年)、『Body Wash』(2016年)に続くStones Throwからの第3弾アルバムとなります。

前作『Body Wash』(2016年)は、ブギー/ファンク路線が印象的でしたが、本作はプログラミングを最小限に抑えた生音重視のメロウ・サウンドが特徴です。

Mndsgn(vo、prog、syn、mellotron)以下、Carlos Nino(per)、Kiefer Shackelford(p、key)、Swarvy(g、b)、Will Logan(ds)、Keith Askey(g)、Anna Wise(vo)、Foushee(vo)、Jon Bap(vo)、Devin Morrison(vo)、Miguel Atwood-Ferguson(strings)等のミュージシャンがレコーディングに参加しています。

楽曲はすべてMndsgnのオリジナルです。

最初から最後まで幻想的でドリーミーなメロウ・ワールドで貫かれています。美しくも切なく儚い感じがたまりません。

きっと、近年のThundercat作品がお好きな人なんかはフィットするのでは?

しばらくハマりそうな1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Rare Pleasure I」
「Rare Pleasure」のパート1。本作らしいメロウなプロローグといった雰囲気です。
https://www.youtube.com/watch?v=1xlNevlJSrw

「Truth Interlude」
1分強の小曲ですが、メロウ好きにはたまらないスウィートな仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=-19uicYB_kA

「3hands/Divine Hand I」
Anna Wiseがヴォーカルをとるメロウ・ソウル調の仕上がり。近年のThundercat作品に通じるものがありますね。
https://www.youtube.com/watch?v=SZgEYqlCK0E

「Hope You're Doin' Better」
Mndsgn自身がヴォーカルをとる、甘く切ないポップ・チューン。この儚いメロウネスがたまりません。
https://www.youtube.com/watch?v=8-Kk0a3IAY0

「Rare Pleasure II」
「Rare Pleasure」のパート2。メロウ・ワールドにゆっくりと包み込まれる感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=fWTlsJIer-0

「Slowdance」
Devin Morrisonがヴォーカルをとるアーバン・メロウ。このトラックも儚いメロウネスが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=woDi0Ow_GxI

「Abundance」
ロマンティックなインタールード。
https://www.youtube.com/watch?v=RPM622L1TWg

「Masque」
MndsgnとAnna Wiseがヴォーカルをとるドリーミー・ソウル。聴いているだけでドリーミー・サウンドの中に溶け込んでしまいそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=7VhlriPtvCk

「Rare Pleasure III」
「Rare Pleasure」のパート3。Will Loganのドラムを強調したメロウ・トラックに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=FwGnHZsL4sE

「Medium Rare」
本作らしいドリーミーな音世界にKieferのピアノが見事にハマっています。ハープの響きもいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=iz43SIBV79Q

「Rare Pleasure IV」
「Rare Pleasure」のパート4。いきなりのブラジリアン・グルーヴの驚かされます。
https://www.youtube.com/watch?v=zC9T6ZIThuk

「Colours of the Sunset」
サンセットのような美しく幻想的な仕上がりです。ゆっくり陽が沈んでいく光景が浮かんできます。
https://www.youtube.com/watch?v=xcWkeftL3V8

「Divine Hand II」
「Divine Hand」のパート2。Miguel Atwood-Fergusonがストリングスを手掛けます。幻想的なサウンドですが、前半には生音らしいエキサイティンな演奏でメリハリをつけています。
https://www.youtube.com/watch?v=PdP6gmqR5Gg

Stones Throwでの他のMndsgn作品もチェックを!

『Yawn Zen』(2014年)
Yawn Zen

『Body Wash』(2016年)
Body Wash

Prophet(& Mndsgn) 『Wanna Be Your Man』(2018年)


『Snaxx』(2019年)
posted by ez at 00:20| Comment(0) | 2020年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

James Francies『Purest Form』

現行ジャズ新鋭ピアニストの最新作☆James Francies『Purest Form』

発表年:2021年
ez的ジャンル:現行ジャズ系ジャズ・ピアニスト
気分は... :「My Favorite Things」の衝撃!

新作から現行ジャズの新鋭ピアニストの最新作James Francies『Purest Form』です。

James Franciesは1995年テキサス州ヒューストン生まれ。現在はN.Y.を拠点に活動するピアニスト。

幼少期からピアノを弾き始め、N.Y.のニュースクールで学び、数々のミュージシャンとの共演を経て、Blue Noteとの契約に成功し、2018年にデビュー・アルバムとなる『Flight』をリリースしています。

2ndアルバムとなる本作『Purest Form』では、同じヒューストン育ちで10年以上共演しているBurniss Travis(b)、Jeremy Dutton(ds)が前作に続き参加し、さらにImmanuel Wilkins(as)、Joel Ross(vibe)、Mike Moreno(g)といったミュージシャンが参加しています。

また、PeytonElliott SkinnerBilalといったシンガーがフィーチャリングされています。

プロデュースはJames Francies自身。
楽曲もポピュラー・スタンダードのカヴァー「My Favorite Things」以外はJames Franciesのオリジナルです(共作含む)。

個人的には「My Favorite Things」の衝撃的で秀逸なカヴァーを聴いて本作の購入を決めました。

それ以外に「Levitate」「Transfiguration」「713」「Where We Stannd」あたりも新世代現行ジャズらしいスリリングな演奏を楽しめます。

また、ヴォーカルをフィーチャーした「Blown Away」「Rose Water」「Eye's Wide Shut」DJ Dahiを共同プロデューサーに迎えた「Melting」あたりも楽しめます。

新世代現行ジャズらしい刺激に満ちた1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Adoration」
James Franciesのキーボードをバックに、Brenda Franciesのポエムが詠まれる幻想的なオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=n1-YOFEKDkA

「Levitate」
Burniss Travis、Jeremy Duttonとのトリオによる現代ジャズならではのスリリングでパワフルな演奏を堪能できます。Jeremy Duttonのドラミングが新世代ミュージシャンらしいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=AD4UYEJ7Auw

「Transfiguration」
ピアノ・トリオに加え、Immanuel Wilkinsのサックスが加わっています。ここでもスリリングでスケールの大きな演奏で魅せてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=PoVX_SINT5w

「Blown Away」
Peytonの女性ヴォーカルをフィーチャー。コケティッシュなPeytonのヴォーカルを包み込むかのような幻想的で美しい演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=GT3fkwwHNso

「Rose Water」
Elliot Skinnerの男性ヴォーカルをフィーチャー。ピアノとベースのみの演奏でElliot Skinnerを引き立てる澄み切ったムードがいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=Z8GiEXkZeY8

「My Favorite Things」
Richard Rodgers/Oscar Hammerstein II作のポピュラー・スタンダードをカヴァー。James Franciesの超絶ピアノをはじめ、現行ジャズならではのスリリングでダイナミックな「My Favorite Things」は秀逸です。Immanuel Wilkinsのサックス、Joel Rossのヴァイヴも盛り上げてくれます。この素晴らしいカヴァーを聴いて、僕は本作の購入を決めました。
https://www.youtube.com/watch?v=5fAfXXgi44g

「My Favorite Things」に関して、当ブログでは本曲カヴァーの決定版John Coltraneのカヴァーをはじめ、Sidsel StormThe Kenny Clarke-Francy Boland Big BandThe Louis Hayes GroupMark Murphyのカヴァーを紹介済みです。

「Stratus」
ストリングスとの共演による小曲。
https://www.youtube.com/watch?v=bbHh_R0Ibck

「713」
トリオ編成での演奏。Jeremy Duttonの現代的でHip-Hop的なビートを強調しつつも、James Franciesのエレガントなピアノで美しい佇まいを持った演奏になっているのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=u2egpSzhjsA

「Melting」
この曲のみJames FranciesとDJ Dahiとの共同プロデュース。ドラム・プログラミングやエフェクトをかけた自身のヴォーカルも駆使したエレクトロニカな仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=V3YXEnOomEQ

「Where We Stannd」
Immanuel Wilkins、Joel Rossも参加した現代ジャズらしいセンスのエキサイティングながらも洗練された演奏を聴かせてくれます。特にJoel Rossのヴァイヴがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=JJkBMagryHI

「Freedmens's Town」
James Franciesの父のスポークン・ワードをフィーチャー。ピアノ・トリオによる演奏がスポークン・ワードに起伏を与えてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=eMrIwhPZbYM

「Eye's Wide Shut」
お馴染みの男性R&BシンガーBilalをフィーチャー。Bilal色に上手く乗っかったR&Bチューンは、僕好みの幻想的な雰囲気です。
https://www.youtube.com/watch?v=o0W1tfg4IbU

「Still Here」
ストリングスを配したインタールード的な演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=HMDRMdBuT5M

「Oasis」
ラストはJames Franciesのピアノ、キーボード、ヴォーカルのみの演奏で締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=_3YGnsWriYE

『Flight』(2018年)
posted by ez at 02:16| Comment(0) | 2020年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

Loraine James『Reflection』

UKエレクトロニック・ミュージックの新鋭、待望の新作☆Loraine James『Reflection』

発表年:2021年
ez的ジャンル:新世代UKエレクトロニック・ミュージック
気分は... :気韻生動!

UKエレクトロニック・ミュージックの新世代アーティストLoraine Jamesの最新作『Reflection』です。

Loraine Jamesはロンドン出身の女性アーティスト。

これまで『Detail』(2017年)、『For You And I』(2019年)という2枚のアルバムをリリースしています。

特にHyperdubからリリースされた前作『For You And I』(2019年)は各方面から絶賛され、一気に期待の新鋭アーティストとして注目を浴びるようになりました。

その『For You And I』から、2020年の「Nothing」「Hmm」という2枚EPリリースを経て、最新作『Reflection』が届けられました。

グライム、UKドリルなどのダンス・ビートとエレクトロニック・ミュージックを融合させているのが彼女の特徴です。グライム、UKドリルなどの場合、クセが強すぎて聴く人を選ぶと思いますが、そこにエレクトロニック・ミュージックのエッセンスが加わることで、かなり聴きやすくなるのではないかと思います。

僕もこの方面に明るいわけではありませんが、この手のアルバムではかなり自分の感性にフィットし、一度聴いただけでコレだ!と思い、即購入しました。

刺激的なトラックが並びますが、特にアンビエント感覚もある「Black Ting」「Insecure Behaviour And Fuckery」あたりに惹かれました。

しばらくハマりそうな刺激に満ちた1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Built To Last」
Xzavier Stoneをフィーチャー。トラップをエレクトロニック・ミュージックに溶け込ませたような彼女ならではの音世界を楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=pkdYvULIQ-I

「Let's Go」
グライムを取り入れたインスト。重低音がズシリと響きます。
https://www.youtube.com/watch?v=hhyKT5WS4kI

「Simple Stuff」
UKガラージなインスト。無機質なビートの反復が脳内を空っぽにしてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=lIxVHJLnh4Q

「Black Ting」
『For You And I』にも参加していたLe3 bLackをフィーチャー。アンビエント感覚のUKドリルといった雰囲気の仕上がり。ストレンジなハイパー感がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=6o0xBcy7K94

「Insecure Behaviour And Fuckery」
Novaをフィーチャー。アンビエント感覚のエレクトロニック・ミュージックとオートチューン・ヴォーカルのUKドリルの融合が不思議な心地好さにつながっています。
https://www.youtube.com/watch?v=-cHuyArT3Dw

「Self Doubt (Leaving The Club Early)」
ゲーム・サウンド的なエッセンスをエレクトロニック・ミュージックに昇華させた幻想的な仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=xAabaLa8fdg

「On The Lake Outside」
L.A.の人気ビート・メイカーBathsをフィーチャー。幻想的なポップ・チューンながらもエクスペリメンタルな雰囲気も併せ持った1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=rVbArW9T9Vg

「Reflection」
タイトル曲はビートを抑えた内省的なエレクトロニカに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=UTBwakyibS4

「Change」
UKドリルとエレクトロニカを融合させたサウンド・スケープ的な仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=Fx2OV33xRYM

「Running Like That」
Eden Samaraをフィーチャー。一般にはアルバムで最も聴きやすいドリーミー・ポップ。美しも儚い雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=HgZj-LyAlFs

「We're Building Something New」
マンチェスターのラッパーIceboy Violetをフィーチャー。Black Lives Matterともリンクするトラック。悲しみに満ちたIceboy Violetのラップが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=zP_ONvILBT8

『For You And I』(2019年)
posted by ez at 01:50| Comment(0) | 2020年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月06日

Pedrito Martinez『Acertijos』

Eric Clapton参加のラテン作品☆Pedrito Martinez『Acertijos』
pedrito martinez acertijos.jpg
発表年:2021年
ez的ジャンル:モダン・アフロ・キューバン
気分は... :Fela Kutiもご満悦!

新作からキューバ人天才パーカッショニストPedrito Martinezの最新作『Acertijos』です。

記事エントリー前に初めて気づきましたが、現時点でAmazonではアナログ盤しか扱っていないようです。したがって、Amazonへのリンクはありません。CDも扱うようになったら、リンクするようにします。

ちなみに僕はタワーレコードでオンライン購入しました。

さて、本日の主人公Pedrito Martinezは1973年キューバ、ハバナ生まれ。1998年よりN.Y,を拠点に活動しています。

最新作『Acertijos』は、Eric Clapton(g、vo)が参加していることでも話題のアフロ・キューバン作品です。Claptonとは10年来の友人らしいです。

レコーディングにはClapton以外にも。Issac Delgado(vo、p、key)、Gilberto Santa Rosa(vo)、Kenny Garrett(ss)、Terrace Martin(as、key)、Miguel Zenon(as)、David Sanchez(ts)、Alexender Abreu(tp、flh)、Jon Faddis(tp)、Etienne Charles(tp)等のミュージシャンが参加しています。

Kenny GarrettTerrace Martinの参加が象徴しているように、ラテン/アフロ・キューバンの伝統を受け継ぎつつ、コンテンポラリー・ジャズ等のエッセンスを取り入れて、モダンなラテン/アフロ・キューバン・サウンドを聴かせてくれます。

個人的には70年代N.Y.ラテンを2021年仕様にアップデートしたようなスタイリッシュなラテン・サウンドを気に入っています。

ラテン・パーカッションを中心としたモダンなラテン/アフロ・キューバン・サウンドをご堪能あれ!

全曲紹介しときやす。

「Aumba」
70年代N.Y.ラテンを2021年仕様にアップデートしたようなモダンなオープニング。目立ちませんが、Eric Claptonがアコースティック・ギターを弾いています。
https://www.youtube.com/watch?v=-UMjC3RliQk

「My Father's Eyes」
Eric Clapton(g、vo)をフィーチャー。Claptonが楽曲提供も行っています。ラテン・サウンドでヴォーカル&ギターを披露するClaptonというのも貴重なのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=CRol1VOXDI4

「Yo Si Quiero」
アフロ・キューバン×コンテンポラリー・ジャズな仕上がり。Kenny Garrettが素敵なソロを披露してくれます。この曲にもEric Claptonが参加。
https://www.youtube.com/watch?v=sNhVUCD3QgQ

「If You Don't Know How To Dance」
モダンなアフロ・キューバンといった趣です。アフロ・キューバンの伝統を受け継ぎつつ、コンテンポラリーな感覚をさり気なく取り入れているのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=njffjTJ3cgo

「Ciudadano」
Issac Delgadoをフィーチャー。この演奏も70年代N.Y.ラテンを2021年仕様にアップデートしたようなモダンな仕上がりです。ラテンの情熱をスタイリッシュに伝えてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=_d6NoASmaHc

「Por Que Sera」
ホーンレスでシンセを交えたサルサ・サウンドは僕の好きなRuben Blades『Agua de Luna』(1987年)あたりに通じるものがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=DHvyD6cg8_I

「Inhospito Mundo」
Gilberto Santa Rosaをフィーチャー。伝統的なアフロ・キューバン・サウンドのなかに上手くジャズ・フィーリングを融合させています。
https://www.youtube.com/watch?v=xbfVV0uz6_Q

「Blasfemador」
Pedritoのパーカッションを存分に堪能できるパーカッシヴでエキサイティングな演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=JgdaHn9BXvc

「Afina el Arroz」
ラストはアフロ・キューバン×コンテンポラリー・ジャズな演奏でスタイリッシュに締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=6MAQLFGOFoY

Pedrito Martinezの他作品もチェックを!

Pedrito Martínez『Rumba De La Isla (Pedrito Canta A Camarón De La Isla)』(2013年)


Pedrito Martinez Group『Pedrito Martinez Group』(2013年)


Pedrito Martinez Group『Habana Dreams』(2016年)
posted by ez at 01:37| Comment(0) | 2020年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする