2020年10月27日

Carole Bayer Sager『Carole Bayer Sager』

名作詞家のデビュー・アルバム☆Carole Bayer Sager『Carole Bayer Sager』

発表年:1977年
ez的ジャンル:名作詞家女性シンガー
気分は... :私自身・・・

今回はとして名作詞家知られるCarole Bayer Sagerのソロ・デビュー・アルバム『Carole Bayer Sager』(1977年)です。

Carole Bayer Sagerは1947年N.Y.生まれの女性作詞家/シンガー。

10代後半からプロ作詞家として活動するようになり、Melissa Manchester「Midnight Blue」「Don't Cry Out Loud」(オリジナルはThe Moments)、Leo Sayer「When I Need You」Christopher Cross「Arthur's Theme (Best That You Can Do)」Dionne Warwick, Elton John, Gladys Knight & Stevie Wonder「That's What Friends Are For」(オリジナルはRod Stewart)をはじめ数多くの名曲の作詞を手掛けています。

また、一時期(1982-1991年)はあのBurt Bacharachの奥方となっていました。

ソロ・シンガーとしては、『Carole Bayer Sager』(1977年)、『...Too』(1978年)、『Sometimes Late at Night』(1981年)という3枚のアルバムをリリースしています。それ以前に60年代に女性デュオCarol & Sherryとしてシングルをリリースしています。

ソロ・デビュー・アルバム『Carole Bayer Sager』(1977年)には、これまで彼女と組んできたコンポーザーやミュージシャンたちが大挙して参加しています。

Melissa ManchesterBette MidlerPeter AllenBruce RobertsBrenda RussellTony Orlandoらがヴォーカル陣として参加しています。

また、Lee Ritenour(g)、Hugh McCracken(g)、Johnny Vastano(g、back vo)、Bob Cranshaw(b)、Lee Sklar(b)、Will Lee(b)、Andy Newmark(ds)、Jim Keltner(ds)、Russ Kunkel(ds)、Marvin Hamlisch(el-p、p)、Nicky Hopkins(el-p、p)、Bruce Roberts(p)、Artie Butler(org)、Alan Estes(congas)等のミュージシャンが参加しています。

プロデュースはBrooks Arthur

シンガーとしてのCarole Bayer Sagerは決して歌が巧いわけではありませんが、味のあるハスキー・ヴォイスに魅力があります。そんな独特のハスキー・ヴォイスと共に、彼女が手掛けてきた名曲の数々を楽しめるのが本作です。

オープニングとエンディングを飾るMelissa Manchesterとの共作2曲「Come In From The Rain」「Home To Myself」Peter Allenとの共作による「I'd Rather Leave While I'm In Love」「Don't Wish Too Hard」の2曲、映画音楽の巨匠Marvin Hamlischとの共作「Sweet Alibis」Bruce Robertsとの共作「Aces」Bette Midlerが素晴らしいバック・ヴォーカルを聴かせる「Shy As A Violet」あたりが僕のおススメです。

セピア色が似合うメロウな落ち着きに魅了される1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Come In From The Rain」
Carole Bayer Sager/Melissa Manchester作。「Midnight Blue」をヒットさせたMelissa Manchesterとの共作曲のセルフ・カヴァーがオープニング。そのMelissa Manchesterがピアノでバッキングを務める味わいと落ち着きのあるバラードです。Lee Ritenourの美しくもさりげないアコギもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=WFSAcSCNNNw

Melissa Manchesterのオリジナルはアルバム『Better Days & Happy Endings』(1976年)収録。Melissa『Hey Ricky』(1982年)でも再レコーディングしています。Captain & Tennilleもカヴァーしています。
Melissa Manchester「Come In From The Rain」(From 『Better Days & Happy Endings』)
 https://www.youtube.com/watch?v=EC2yIwYCXNU
Melissa Manchester「Come In From The Rain」(From 『Hey Ricky』
 https://www.youtube.com/watch?v=t12lJMO1yzg
Captain & Tennille「Come In From The Rain」
 https://www.youtube.com/watch?v=P75jQxVhZnA

「Until The Next Time」
Carole Bayer Sager/Johnny Vastano作。Carole独特のハスキー・ヴォイスを楽しめる1曲。作曲のJohnny VastanoとMelissa Manchesterがバック・ヴォーカルを務めています。
https://www.youtube.com/watch?v=MI1dzNhCB_s

「Don't Wish Too Hard」
Carole Bayer Sager/Peter Allen作。爽快なメロウ・グルーヴにはシティ・ミュージック的な魅力があります。バック・ヴォーカルを務めるのはAbigail HanessとBrenda Russell。
https://www.youtube.com/watch?v=z1Gp2Mdqdl8

Peter Allenのヴァージョンはライブ・アルバム『It Is Time for Peter Allen』(1977年)やスタジオ・アルバム『I Could Have Been a Sailor』(1979年)に収録されています。
Peter Allen「Don't Wish Too Hard」
 https://www.youtube.com/watch?v=eiivmeuaOKg

「Sweet Alibis」
Carole Bayer Sager/Marvin Hamlisch作。映画音楽の巨匠Marvin Hamlischとの共作。二人はこの時期、Carly Simonが歌った007シリーズの映画『The Spy Who Loved Me』の主題歌「Nobody Does It Better」を共作していました。甘く切ないメロウ・バラードは紅葉の季節にフィットするのでは?Lee Ritenourがここではエレクトリック・ギターで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=IIdL9vEX4ZY

「Aces」
Bruce Roberts/Carole Bayer Sager作。ストリングスをバックにしみじみと歌い上げるラブ・バラード。セピア色が似合う1曲です。なかなかの名曲だと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=_q4LLs0k9Fg

「I'd Rather Leave While I'm In Love」
Carole Bayer Sager/Peter Allen作。このPeter Allenとの共作曲は人気の高い1曲ですね(邦題「愛しているからさよならを」)。切なさが込み上げてくる素敵なラブ・バラードです。
https://www.youtube.com/watch?v=XnLm7WEv1D8

Peter Allenのヴァージョンは・アルバム『I Could Have Been a Sailor』(1979年)に収録されています。吉田美奈子、 Ann Peebles、Rita Coolidge等がカヴァーしています。
Peter Allen「I'd Rather Leave While I'm In Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=D4PjVxZFDqo
吉田美奈子「I'd Rather Leave While I'm In Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=LsVVGOlAOLw
Ann Peebles「I'd Rather Leave While I'm In Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=n4ukpdPQCgI
Rita Coolidge「I'd Rather Leave While I'm In Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=yCaq9BOe5Yc

「Steal Away Again」
Bette Midler/Bruce Roberts/Carole Bayer Sager作。作者3人がそれぞれ自身のヴァージョンをリリースしています。恋する心模様が描かれた素敵なラブ・バラードです。抑えたトーンのCaroleのハスキー・ヴォーカルの甘く切ない雰囲気がサイコーです。
https://www.youtube.com/watch?v=UAdv66gCt9M
Bruce Roberts「Steal Away Again」
 https://www.youtube.com/watch?v=XOZqdT9G6zo

「You're Moving Out Today」
Bette Midler/Bruce Roberts/Carole Bayer Sager作。Bette Midlerヴァージョンは『Live at Last』(1977年)収録。「おかしな恋人」という邦題が似合うユニークな雰囲気の1曲です。ギター・ソロはHugh McCracken。
https://www.youtube.com/watch?v=06J4NiCl4Vc
Bette Midler「You're Moving Out Today」
 https://www.youtube.com/watch?v=LtSNvjNN0n4

「Shy As A Violet」
Carole Bayer Sager/Peter Allen作。元々はPeter Allen、1975年リリースのシングル「She Loves To Hear The Music」のB面曲。Bette Midlerがバック・ヴォーカルで参加し、素晴らしいヴォーカル・ワークで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=jW8mnGc1aVU

「Home To Myself」
邦題「私自身」。ラストはMelissa Manchesterとの共作による名曲で締め括ってくれます。Melissaヴァージョンはアルバム『Home To Myself』(1973年)収録。聴く者を優しく励ましてくれる素敵な1曲。Melissaのハープシコードがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=f9I-zibhzfA
Melissa Manchester「Home To Myself」
 https://www.youtube.com/watch?v=7RuVWeEl5ls

Carole Bayer Sagerの他作品もチェックを!

『...Too』(1978年)


『Sometimes Late at Night』(1981年)
posted by ez at 04:12| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

George Duke『Reach for It』

キャリア最大のヒット作☆George Duke『Reach for It』
リーチ・フォー・イット(紙ジャケット仕様)
発表年:1977年
ez的ジャンル:アーバン・ジャズ・ファンク/フュージョン
気分は... :美女に囲まれニヤケ顔 !

今回は人気キーボード奏者であったGeorge Duke『Reach for It』(1977年)です。

2013年に惜しくも逝去したGeorge Duke(1946-2013年)に関して、これまで当ブログで紹介したのは以下の4枚。

 『I Love The Blues, She Heard Me Cry』(1975年)
 『Don't Let Go』(1978年)
 『A Brazilian Love Affair』(1979年)
 『Follow The Rainbow』(1979年)
 『Dream On』(1982年)

本作『Reach for It』(1977年)は、George Dukeのキャリア最大のヒット・アルバムであり、USアルバム・チャート第25位、同R&Bアルバム・チャート第4位となり、ゴールド・ディスクに輝きました。

プロデュースはGeorge Duke自身。

レコーディング・メンバーはGeorge Duke(key、vo)以下、Charles "Icarus" Johnson(g、vo)、Michael Sembello(g)、Stanley Clarke(b)、Leon "Ndugu" Chancler (ds、rototoms、timbales、vo)、Manolo Badrena(congas、bongos、per)、Raul De Souza(tb)、Flora PurimMs.Brazilplex名義)(vo)、Jean CarnSister Glory Glow名義)(vo)、Dee Henrichs(vo)、Sybil Thomas(vo)、Deborah Thomas(vo)。

ボーナス・トラックにはByron Miller(b、key)も参加しています。

アルバム全体としては、ブラジリアン・フュージョン、P-Funk調ファンク、アーバン・メロウ・ソウルのエッセンスがバランス良くミックスされている印象を受けます。

US R&Bチャート第2位のヒットとなったタイトル曲「Reach For It」、ブラジリアン・フュージョンの「Hot Fire」「Diamonds」、アーバン・メロウな「Just For You」「Searchin' My Mind」あたりが僕のおススメです。

George Dukeのキャリア最大のヒット・アルバムを楽しみましょう!

全曲紹介しときやす。

「The Beginning」
George Duke作。シンセが不気味に響くイントロ。

「Lemme At It」
George Duke作。Charles Johnsonのギターが唸りを上げるジャズ・ロック・フィーリングのフュージョン・チューン。Leon Chanclerのパワフルなドラミングも印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=F_mcZN34KIE

「Hot Fire」
Leon "Ndugu" Chancler作。僕好みのブラジリアン・フュージョン。作者ChanclerとManolo Badrenaが繰り出すブラジリアン・リズム・シャワーに乗って、Charles JohnsonのギターとGeorge Dukeの鍵盤が躍動します。
https://www.youtube.com/watch?v=Vbx7LeJ9cGE

「Reach For It」
George Duke/Leon "Ndugu" Chancler/Charles "Icarus" Johnson/Byron Miller作。シングルとしてUS R&Bチャート第2位のヒットとなったタイトル曲。P-Funkテイストのキャッチーなファンク・チューンです。Stanley Clarkeがサイコーに格好良いベース・プレイを披露してくれます。Flora PurimJean Carnが契約の関係で変名で参加し。ヴォーカルを務めます。
https://www.youtube.com/watch?v=sOVGlDC633w

Breeze「Loungin'」、Face Down「51-En」、Master P feat. Sonya C and Big O「Saxophone」、Ice Cube「True to the Game」、Tone Loc「Mean Green」、The J to the D「Girls With Game」、Spice 1「In My Neighborhood」、Pooh-Man「Lex」、Domino「Jam」、Da Wick「If Ya Can't Maintain...」、Wes Chill and Jack Frost feat. Proof, Dog N Yard and Gangsta T「Me and My Niggaz」、WC and the Maad Circle feat. Ice Cube and Mack 10「West Up!」、Frankie Cutlass and Biz Markie feat. Craig G, Roxanne Shante and Big Daddy Kane「The Cypher Part III」、MC Ren「I Don't Give a Damn」、Sunshine「Hej, Curo」、GQ「Reach for It」等のサンプリング・ソースとなっています。
Breeze「Loungin'」
 https://www.youtube.com/watch?v=hohCXYlpOX8
Face Down「51-En」
 https://www.youtube.com/watch?v=iLTKTMHdkIM
Tone Loc「Mean Green」
 https://www.youtube.com/watch?v=tWS2Kkl1afo
The J to the D「Girls With Game」
 https://www.youtube.com/watch?v=UUlgzY9Y4VA
Da Wick「If Ya Can't Maintain...」
 https://www.youtube.com/watch?v=5irHeGSah0Q
Wes Chill and Jack Frost feat. Proof, Dog N Yard and Gangsta T「Me and My Niggaz」
 https://www.youtube.com/watch?v=Di-MNcWCuLE
Frankie Cutlass and Biz Markie feat. Craig G, Roxanne Shante and Big Daddy Kane「The Cypher Part III」
 https://www.youtube.com/watch?v=q3E8cTVNZQA

「Just For You」
George Duke作。Duke本人がヴォーカルを務めるメロウ・ミディアム。アーバン・メロウな魅力があります。
https://www.youtube.com/watch?v=nh_nmqcKq3M

Soncier「Letter to the World」、Sir Michael Rocks「Just for You」、Knxwledge.「JstForYew」等のサンプリング・ソースとなっています。
Sir Michael Rocks「Just for You」
 https://www.youtube.com/watch?v=OSSfea_GfOQ
Soncier「Letter to the World」
 https://www.youtube.com/watch?v=lDkU800ge-8

「Omi (Fresh Water)」
George Duke作。George Raul De Souzaのトロンボーンがフィーチャーされたブラジリアン・フュージョン。
https://www.youtube.com/watch?v=f3dQLxpQ6Qs

「Searchin' My Mind」
George Duke作。女性ヴォーカル陣をフィーチャーしたブラコン的なアーバン・メロウ。アーバン・ソウル好きの人は気に入るはず。
https://www.youtube.com/watch?v=3crw-R7jjfQ

「Watch Out Baby!」
George Duke/Leon "Ndugu" Chancler/Michael Sembello/Stanley Clarke作。フュージョン×P-Funkといった雰囲気の仕上がり。Stanley Clarkeのベースが格好良いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=2620Xu-iguQ

「Diamonds」
George Duke作。George Dukeらしいセンスの軽快なブラジリアン・フュージョン。コンテンポラリーな雰囲気を織り交ぜてキャッチーに聴かせてくれるのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=DZzI1-gUVsQ

Andres「Salvador De Bahia」、Cricco Castelli「Buena Vista」、Kissi B「Come Thru」のサンプリング・ソースとなっています。
Andres「Salvador De Bahia」
 https://www.youtube.com/watch?v=RDAm94DQwYg
Cricco Castelli「Buena Vista」
 https://www.youtube.com/watch?v=ESXbIK7oNkA
Kissi B「Come Thru」
 https://www.youtube.com/watch?v=wf_TsQnJHWE

「The End」
George Duke作。シンセ、ピアノによるミステリアスなエンディング。

CDボーナス・トラックとして「Bring It On Home」が追加収録されています。
「Bring It On Home」
https://www.youtube.com/watch?v=8K8S-d8aG4c

George Dukeの他作品もチェックを!

『Feel』(1974年)
Feel (Dig)

『I Love The Blues, She Heard Me Cry』(1975年)
I Love the Blues She Heard Me Cry (Dig)

『The Aura Will Prevail』(1975年)
オーラ・ウィル・プリヴェイ (Aura Will Prevail)

『Liberaed Fantasies』(1976年)
Liberated Fantasies by Duke, George (2007-07-10) 【並行輸入品】

『From Me to You』(1977年)
フロム・ミー・トゥ・ユー(紙ジャケット仕様)

『Don't Let Go』(1978年)
ドント・レット・ゴー(期間生産限定盤)

『Follow The Rainbow』(1979年)
フォロー・ザ・レインボー(紙ジャケット仕様)

『Master of the Game』(1979年)
マスター・オブ・ザ・ゲーム(紙ジャケット仕様)

『A Brazilian Love Affair』(1980年)
ブラジリアン・ラヴ・アフェア +2(期間生産限定盤)

『Clarke/Duke Project』(1981年)
クラーク/デューク・プロジェクト(期間生産限定盤)

『Dream On』(1982年)
ドリーム・オン +2(期間生産限定盤)

『Guardian of the Light』(1983年)
ライト・メッセージ(紙ジャケット仕様)
posted by ez at 01:46| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

Alphonse Mouzon『The Man Incognito』

豪華メンバー参加のジャズ・ファンク/フュージョン☆Alphonse Mouzon『The Man Incognito』

発表年:1976年
ez的ジャンル:ジャズ・ファンク/フュージョン
気分は... :現在の邂逅…

セッション・ドラマーとしも活用したAlphonse Mouzon『The Man Incognito』(1976年)です。

Alphonse Mouzon(1948-2016年)はUSサウスカロライナ州チャールストン出身のジャズ/フュージョン・ドラマー。

Weather Reportのオリジナル・メンバーとして、1stアルバム『Weather Report』(1971年)に参加しています。1973年から1975年まではLarry Coryell率いるEleventh Houseに参加しています。

『The Essence of Mystery』(1973年)を皮切りに1990年代前半までコンスタントにソロ・アルバムをリリースすると同時に、セッション・ドラマーとして数多くのアーティストのレコーディングに参加しています。

本作『The Man Incognito』(1976年)は、『The Essence of Mystery』(1973年)、『Funky Snakefoot』(1974年)、『Mind Transplant』(1975年)に続く4thアルバムであり、これまでと同じくBlue Noteからのリリースですが、結局本作がBlue Noteラスト作となりました。

プロデュースは前作『Mind Transplant』(1975年)と同じくZembu ProductionsSkip Drinkwater

ただし同じSkip Drinkwaterプロデュースでも、前作『Mind Transplant』Billy Cobham『Spectrum』(1973年)に対抗するかのように、ロック・ギタリストTommy Bolinをフィーチャーしたジャズ・ロック的な作品でしたが、本作『The Man Incognito』は都会的でファンキーなジャズ・ファンク/フュージョン作品に仕上がっています。

Alphonse Mouzon(ds、per、vo、syn)以下、Gary Grant(tp)、George Bohanon(tb)、Ray Pizzi (ts、as)、Tom Scott(ts、bs、lyricon)、David Benoit(p、el-p)、
Dave Grusin(p、el-p、clavinet)、George Duke(Dawilli Gonga名義)(syn)、Ian Underwood(syn)、David T. Walker(g)、Lee Ritenour(g)、Tim DeHuff(g)、
Charles Meeks(el-b)、Emil Richards(cymbals、per)、Victor Feldman(congas、bongos、per)、Marty McCall(vo)、Jackie Ward(vo)、Caroline Willis(vo)がレコーディングに参加しています。特にDawilli Gonga名義で参加しているGeorge Dukeの貢献が大きいと思います。

個人的には「Mouzon Moves On」「Take Your Troubles Away」といった爽快フュージョンや、メロウ・ミディアム「You Are My Dream」がお気に入り。

主役Mouzonのドラミングを楽しむのであれば、「Snake Walk」「New York City」あたりもおススメです。「Before You Leave」はサンプリング・ソースとして人気です。

豪華メンバーにふさわしい聴きどころの多い1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Take Your Troubles Away」
アーバンでキャッチーな爽快フュージョンがオープニング。中盤からはヴォーカルも加わり、華やかな雰囲気が増します。
https://www.youtube.com/watch?v=6GvdLWzCnbM

「Snake Walk」
Mouzonのタイトなドラミングが映える開放的なファンキー・グルーヴ。George Dukeがシンセ・ソロで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=OOCj3AHBbuY

「Before You Leave」
力強く疾走するフュージョン・チューン。ケバケバしいシンセの音色がこの時代らしいのでは?リリコン・ソロはTom Scott
https://www.youtube.com/watch?v=kHvGYyQtXyI

Black Market Militia feat. Dead Prez「Audobon Ballroom」、LMNO「Work Ethic」、General Steele feat. Young Coke, VVS Verbal and Mantecha Music「Hometown」、Blaq Poet feat. Teflon「Let Em Have It」、Psycho Les feat. Jack and Sonny P.O.D「Oh My!」、Nesby Phips feat. Smoke DZA and Push! Montana「King Me」、The Stuyvesants「Thunderbird」のサンプリング・ソースとなっています。

「Just Like The Sun」
ドラマチックな展開の演奏です。ドキュメンタリーのエンディング・テーマとか似合いそう。ギター・ソロはTim DeHuff。
https://www.youtube.com/watch?v=rY0cut5t1_8

「You Are My Dream」
女性ヴォーカル入りのメロウ・ミディアム。Tom Scottのテナー・サックスも大きくフィーチャーされています。アーバンな雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=eHWzPFZOGfI

「New York City」
Mouzonの格好良いブレイクと共に始まる都会的なジャズ・ファンク。ギター・ソロはDavid T. Walker。後半はヴォーカルも加わります。
https://www.youtube.com/watch?v=PeE1jPYfSD8

「Without A Reason」
George Dukeが駆使するシンセが印象的です。ブラジリアン・フレイヴァーの隠し味もグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=oNtDkYCeGnY

「Mouzon Moves On」
個人的には一番のお気に入り。George Duke作品がお好きな人は気に入るであろう爽快ファンキー・チューン。そのGeorge Dukeがシンセ・ソロを聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=lL1GPQVaqVs

「Behind Your Mind」
ラストはMouzonの力強いドラミングで締め括ってくれます。。さらにLee Ritenourがアコギ&エレクトリック両面で素晴らしいギターを存分に聴かせてくれるのも嬉しいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=UTV3PR1xwDo

Alphonse Mouzonの他作品もチェックを!

『The Essence of Mystery』(1973年)


『Funky Snakefoot』(1974年)


『Mind Transplant』(1975年)


『In Search of a Dream』(1978年)


『By All Means』(1981年)
posted by ez at 01:58| Comment(2) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

Toquinho『Boca Da Noite』

名ギタリストの魅力が詰まった1枚☆Toquinho『Boca Da Noite』

発表年:1972年
ez的ジャンル:名ギタリスト系ボサノヴァ
気分は... :モノクロームの美学…

ブラジルの名ギタリストToquinhoが1974年にリリースした『Boca Da Noite』です。

1946年ブラジル、サンパウロ生まれのギタリストToquinhoの紹介は、Vinicius/Marila Medalha/Toquinho『Como Dizia O Poeta...』(1971年)、Toquinho & Vinicius『Sao Demais Os Perigos Desta Vida... 』(1972年)に続き3回目となります。

Vinicius de MoraesとのToquinho & Viniciusなど共同名義の作品が多いイメージのToquinhoですが、本作『Boca Da Noite』(1974年)はs『Toquinho』(1970年)以来のソロ・アルバムとなります。

シンプルな演奏ながらも、華麗なギター・テクニックと味わいのあるボサノヴァを楽しめるToquinhoの魅力が凝縮された好盤です。

レコーディング・メンバーはToquinho(g、vo、p、viola)以下、Nelson Fernandes Moraes(surdo)、Messias(viola)、Rubens De Souza Soares(ganza)、Izidoro Longano(fl)等。

プロデュースはAntonio Carlos Oliveira

個人的なお気に入りは、「Uma Rosa Em Minha Mao」「Na Cancela」「Boca Da Noite」「No Fim Nao Se Perde Nada」あたり。インストの「Tua Imagem」「Asa Branca」も楽しめます。

ジャケの雰囲気そのままにシンプルながらも味のある1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Boca Da Noite」
Paulo Vanzolini/Toquinho作。シンプルで清々しいToquinhoのギターと素朴なヴォーカルに癒されるオープニング。栗でも食べながら聴きたい気分・・・
https://www.youtube.com/watch?v=etgEDILJAyw

「Presenca」
Geraldo Vandre/Toquinho作。1分にも満たない演奏ですが、何とも言えない味わいがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=-2SKvxoVKIw

「Tua Imagem」
Canhoto Da Paraiba作。哀愁ギターの音色を存分に楽しめるインスト。セピア色が似合う演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=Q-GmedWdKO8

「1969, Aeroporto Do Galeao」
Toquinho作。スルド、フルートも加わったボサノヴァ。ジャケと同じくモノクロームな雰囲気のボサノヴァがいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=hR1Qlo67274

「Uma Rosa Em Minha Mao」
Toquinho/Vinicius de Moraes作。僕の一番のお気に入り。さり気なさの中にToquinhoの美学が詰まった素敵な演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=zamheHVh3R0

「Asa Branca」
Humberto Teixeira/Luiz Gonzaga作。Toquinhoの華麗なギター・テクニックを存分に楽しめるインスト。
https://www.youtube.com/watch?v=BXI1hlNkDgg

「Lembrando Josh White」
Toquinho作。ブルージーな演奏はアルバムの中でも異色。こういったブルージーな演奏の中でもToquinhoらしさが滲み出ているのが面白いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=6GrN0uI4gDE

「No Fim Nao Se Perde Nada」
Paulo Vanzolini/Toquinho作。ギターのみならずToquinho自身のピアノも加わった哀愁ボッサ。Toquinhoの寂しげなヴォーカルはこういう演奏にフィットしますね。
https://www.youtube.com/watch?v=Zz2PCp2fnlU

「Sem Enredo」
Toquinho作。シンプルな演奏ながらもToquinhoの世界観を存分に楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=8Ly9iXlPInc

「Vamos Chamar O Vento」
ここでDorival Caymmi作品が2曲続きます。まずはギタリストToquinhoのテクニックを楽しむインスト。何とも言えない哀愁にグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=cOLX1ldigfU

「Na Cancela」
Dorival Caymmi作。こちらはヴォーカル入り。華麗なギターと軽やかな歌が美しく清らかな音世界へ誘います。
https://www.youtube.com/watch?v=IkTWeBt1Jro

「Ingenuo」
Benedito Lacerda/Pixinguinha作。美しくも寂しげなギターの音色が郷愁を誘います。とても味わいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=T1Pc694nV2E

「Noite Longa」
Paulo Vanzolini/Toquinho作。ラストはサウダージな哀愁ボッサで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=_X6jF30fr2Y

Toquinhoの他の70年代作品もチェックを!

s『Toquinho』(1970年)


Vinicius/Marila Medalha/Toquinho『Como Dizia O Poeta...』(1971年)
コモ・ディジア・オ・ポエタ・・・

Toquinho & Vinicius『Toquinho E Vinicius』(1971年)
トッキーニョ&ヴィニシウス BOM1125

Vinicius De Moraes Avec Maria Creuza Et Toquinho『La Fusa』(1971年)
La Fusa con Maria Creuza y Toquinho(紙ジャケット仕様)

Vinicius + Maria Bethania + Toquinho『En La Fusa (Mar Del Plata)』(1971年)
Vinicius Bethania & Toquinho Em Buenos

Toquinho & Vinicius『Sao Demais Os Perigos Desta Vida... 』(1972年)
サン・ジマイス・オス・ペリーゴス・デスタ・ヴィーダ BOM1126

Toquinho & Vinicius『Per Vivere Un Gran』(1974年)
Per Vivere Un Gran

Toquinho & Vinicius『Toquinho, Vinicius & Amigos』(1974年)
Toquinho, Vinicius & Amigos

Toquinho & Vinicius『Vinicius & Toquinho』(1974年)
Vinicius & Toquinho

Toquinho & Vinicius『O Poeta E O Violao』(1975年)
O Poeta E O Violao

Ornella Vanon - Vinicius De Moraes - Toquinho『La Voglia La Pazzia L'Incoscienza L'Allegria』(1976年)
La Voglia La Pazzia

Tom & Vinicius & Toquinho & Miucha『Gravado Ao Vivo No Canecao』(1977年)
With Vinicius Toquinho & Miucha

Maria Creuza/Vinicius De Moraes/Toquinho『O Grande Encontro De』(1979年)
O Grande Encontro De

Toquinho & Vinicius『10 Anos de Toquinho e Vinicius』(1979年)
10 Anos W/Toquinho
posted by ez at 02:04| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

The Lost Generation『Young,Tough And Terrible』

シカゴ・ソウル・グループ☆The Lost Generation『Young,Tough And Terrible』

発表年:1972年
ez的ジャンル:Brunswick系シカゴ・ソウル
気分は... :雰囲気があります!!

70年代シカゴ・ソウルからThe Lost Generation『Young,Tough And Terrible』(1972年)です。

The Lost Generationは1969年にシカゴで結成されたソウル・グループ。

オリジナル・メンバーはLowrell SimonFred SimonJesse DeanLarry Brownleeの4名。1971年にLarry Brownleeに代わりLeslie Deanが加入しています。

Brunswickレーベルから『The Sly, Slick and the Wicked』(1970年)、『Young,Tough And Terrible』(1972年)という2枚のアルバムをリリースしています。

また、リーダーのLowrell Simonは、人気サンプリング・ソース「Mellow Mellow Right On」収録のLowrell名義のソロ・アルバム『Lowrell』(1979年)がレア・グルーヴ人気盤として知られていますね。

The Lost Generationのアルバムといえば、サイケデリックなジャケと人気サンプリング・ソース「The Sly, Slick and the Wicked」収録の1stアルバム『The Sly, Slick and the Wicked』(1970年)の方が有名かもしれませんが、2ndアルバムとなる本作『Young,Tough And Terrible』(1972年)もソウル・ファンを楽しませてくれる素晴らしい1枚に仕上がっています。

プロデュースはEugene RecordRichard Parker

また、Tom Tom 84等がアレンジを手掛けています。

オリジナルLP全10曲のうち、「Tired Of Being Alone」Al Green)、「You've Got To Crawl Before You Walk」8th Day)、「Thin Line Between Love And Hate」The Persuaders)、「One More Bridge To Cross」The Supremes & Four Tops)の4曲がカヴァー。

バラエティに富んだ構成が本作の魅力だと思います。

ニューソウルな「This Is The Lost Generation (Vocal)」、ノーザン・ソウルなAl Greenカヴァー「Tired Of Being Alone」、キャッチーで軽やかな8th Dayカヴァー「You've Got To Crawl Before You Walk」、ヘヴィ・ファンク調の「Sure Is Funky」、ホーン・アレンジが冴えわたるファンキー・ソウル「Paulette」、グルーヴィーなThe Supremes & Four Topカヴァー「One More Bridge To Cross」がおススメです。

雰囲気のあるジャケも含めて、隠れた名盤だと思います。

全曲紹介しときやす。

「This Is The Lost Generation (Vocal)」
A. J. Tribble/Gus Redmond/Fred Simon/Lowrell Simon作。ニューソウルなオープニング。美しいストリングスを配した哀愁メロウ・ソウルです。
https://www.youtube.com/watch?v=VDJhdpWpbyY

「Tired Of Being Alone」
Al Greenのカヴァー(Al Green作)。オリジナルは『Al Green Gets Next To You』(1971年)収録。ノーザン・ソウル・テイストのナイス・カヴァーで楽しませてくれます。

「All In The Course Of A Day」
Richard Parker作。ヴォーカル・グループとしての素晴らしいさを実感できる聴き応え十分のシカゴ・ソウル。

Mac Miller feat. Boaz「5 O'Clock」のサンプリング・ソースとなっています。
Mac Miller feat. Boaz「5 O'Clock」
 https://www.youtube.com/watch?v=k9Jp_NEFRDM

「You've Got To Crawl Before You Walk」
8th Dayのカヴァー(Angelo Bond/General Johnson/Greg Perry/Ron Dunbar作)。オリジナルはアルバム『8th Day』(1971年)収録。キャッチーで軽やかなノーザン・ソウルに仕上がっています。

「Sure Is Funky」
Gus Redmond/Fred Simon/Lowrell Simon/Larry Brownlee作。不穏な空気感の漂うヘヴィ・ファンク調の仕上がり。ニューソウル好きの人ならば気にいると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Bq2cBbG4_RA

「The Young, Tought And The Terrible」
Gus Redmond/Fred Simon/Lowrell Simon/Jesse Dean作。タイトル曲は心に沁みるソウル・バラード。ジワジワと沁み渡ってくる感じがたまりません。
https://www.youtube.com/watch?v=ORYAWJJlIyo

「Paulette」
Richard Parker作。Tom Tom 84のホーン・アレンジが冴えわたるダイナミックなファンキー・ソウル。躍動感が魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=XwKTfpbqG1w

「Thin Line Between Love And Hate」
The Persuadersのカヴァー(Jackie Members/Richard Poindexter/Robert Poindexter作)。オリジナルはアルバム『Thin Line Between Love And Hate』(1971年)収録。重厚なソウル・バラードに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=xctitrStDY0

「One More Bridge To Cross」
The Supremes & Four Tops、1971年の共演シングルをカヴァー(Nickolas Ashford/Valerie Simpson作)。ヴォーカル・ワークの冴えるグルーヴィーなシカゴ・ソウルで楽しませてくれます。

「This Is The Lost Generation (Instrumental)」
オープニング「This Is The Lost Generation」のインスト・ヴァージョン。
https://www.youtube.com/watch?v=pHLMpvC7RBc

CDには1973年のシングル「Pretty Little Angel Eyes/You Only Get Out Of Love (What You Put In)」が追加収録されています。このシングルはLarry Brownleeが復帰した5人体制でのレコーディングです。
「Pretty Little Angel Eyes」
https://www.youtube.com/watch?v=hTkjjJ3L128
「You Only Get Out Of Love (What You Put In)」
https://www.youtube.com/watch?v=mpdFUpWVR_M

1stアルバム『The Sly, Slick and the Wicked』(1970年)や人気サンプリング・ソース「Mellow Mellow Right On」収録のLowrell Simonのソロ・アルバムLowrell『Lowrell』(1979年)もチェックを!

『The Sly, Slick and the Wicked』(1970年)


Lowrell『Lowrell』(1979年)
posted by ez at 02:09| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする