2020年08月15日

Rose Royce『Rose Royce III: Strikes Again!』

Norman Whitfieldプロデュース☆Rose Royce『Rose Royce III: Strikes Again!』

発表年:1978年
ez的ジャンル:L.A.ファンク/ソウル・バンド
気分は... :寝苦しい夜に・・・

今回は70年代後半〜80年代前半に人気を博したファンク/ソウル・バンドRose Royceの3rdアルバム『Rose Royce III: Strikes Again!』(1978年)です。

1973年にL.A.で結成されたファンク・バンドRose Royceの紹介は、『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)、『Stronger Than Ever』(1982年)に続き3回目となります。

本作『Rose Royce III: Strikes Again!』(1978年)は、前作『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)に続くNorman Whitfield主宰のWhitfieldからの第2弾アルバムとなります。

勿論、プロデュースはNorman Whitfield

本作におけるメンバーはGwen Dickey(vo)、Kenny Copeland (tp、vo)、Kenji Brown(g、vo)、Lequeint "Duke" Jobe(b、back vo)、Michael Nash(key)、Henry Garner(ds、back vo)、Freddie Dunn(tp)、Michael Moore(sax)、Terry Santiel(congas)という9名。

それ以外にVictor Nyx(key)、Mark Davis(key)、Melvin "Wah Wah" Watson(g)、Cornelius Grant(g)、Jimmy Valdez(ds)、Walter Downing(org)、Mark Kenoly(b)、Jack Ashford(per)といったミュージシャンが参加しています。

アルバムからは「Love Don't Live Here Anymore」「I'm in Love (And I Love the Feeling)」の2曲がUS R&Bチャート第5位のヒットとなっています。特に前者はカヴァーやサンプリング・ソースとしても大人気です。

Daft Punk「Too Long」のサンプリング・ソースにもなった「First Come, First Serve」、ロッキン・ギターが唸りを上げる「That's What's Wrong With Me」あたりも人気だと思います。

個人的にはディスコ・ファンク「Do It, Do It」、夏向けのメロウ・バラード「Let Me Be the First to Know」の2曲がおススメです。

アルバムはUSアルバム・チャート第28位、同R&Bアルバム・チャート第4位となりゴールド・ディスクを獲得しています。

全曲紹介しときやす。

「Get Up Off Your Fat」
Norman Whitfield作。P-Funkを意識した少しコミカルな雰囲気のファンキー・チューンがオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=8ccutd_KnIU

「Do It, Do It」
Norman Whitfield作。ファンキー・ベースが炸裂する夜遊びモードのディスコ・ファンク。個人的にはアルバムで一番のお気に入り。
https://www.youtube.com/watch?v=q0iUFPwDbcE

「I'm in Love (And I Love the Feeling)」
Norman Whitfield作。アルバムからの1stシングル。US R&Bチャート第5位のヒットとなりました。ファルセット・ヴォーカルの映えるミディアム・バラード。濃すぎないサラッとした雰囲気が魅力かもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=Jshy6IQpO8Y

「First Come, First Serve」
Norman Whitfield作。アルバムからの3rdシングルにもなりました。クラップ・ビートにスペイシー・シンセ、ホーン隊が絡むファンキー・チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=DjyHVV2XpaA

Daft Punk「Too Long」、Fantasia「When I See U」等のサンプリング・ソースとなっています。
Daft Punk「Too Long」
 https://www.youtube.com/watch?v=Z6_ZNW1DACE
Fantasia「When I See U」
 https://www.youtube.com/watch?v=R8iqEfje7Aw

「Love Don't Live Here Anymore」
Miles Gregory作。アルバムからの2ndシングル。US R&Bチャート第5位、UKシングル・チャート第2位のヒットとなりました。シンセによるアクセントが印象的な哀愁ミディアム・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=qMuCNkesdgc

MadonnaFaith Evans & Mary J. Bligeをはじめ、Jimmy Nail、I'm Talking、Seal、Bastille feat. Rory Andrew, Jonas Jalhay & F.Stokes等数多くのアーティストがカヴァーしています。
Madonna「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=TY1UdLLw7TQ
Faith Evans and Mary J. Blige 「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=s1oWqKFpSno
Jimmy Nail「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=4a4vOi0f45I
I'm Talking「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=dTcqcwFJjQw
Seal「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=ttYsr-L8pUQ
Bastille feat. Rory Andrew, Jonas Jalhay & F.Stokes「Love Don't Live Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=qIPzkvzhCSA

また、印象的なイントロは定番サンプリング・ソースとしても大人気です。当ブログで紹介したP.K.O.「Old School」Phonte feat. Elzhi「Not Here Anymore」をはじめ、Mary J. Blige「Your Child (Chucky Thompson Late Nite Mix)」、Dr. Dre feat. Hittman「Big Ego's」、C.I.N.「Criminal Image」、Playya 1000 With the D'kster「Love Don't Live Here」、Master P「Bastard Child」、51.50 Illegally Insane「Steady Stayin' Paid 95」、Ghetto Mafia「Who Wanna Test」、Esham「Because」、Sweet-P「You Can't Slang Here」、Triple Beam「Pain」、Gangsta Boo「Love Don't Live (U Abandoned Me)」、Three 6 Mafia feat. La Chat, Gangsta Boo & Project Pat「Mafia」、Big K.R.I.T.「Love Don't Live No Mo」、Black Ice「The Ugly Show」、Kottonmouth「No More Love」、Big Skeem feat. Freeway & Dino West「Love Don't」、GQ「Love Vacancy」、Meek Mill「Love Don't Live Here」、Snoop Dogg feat. DPGC「Dick Walk」等40トラック以上のサンプリング・ソースとなっています。
P.K.O.「Old School」
 https://www.youtube.com/watch?v=BDz8cHECztg
Phonte feat. Elzhi「Not Here Anymore」
 https://www.youtube.com/watch?v=1po7KurK564
Mary J. Blige「Your Child (Chucky Thompson Late Nite Mix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=KAwE0swpASc
C.I.N.「Criminal Image」
 https://www.youtube.com/watch?v=jQQgQPSpJZA
Playya 1000 With the D'kster「Love Don't Live Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=Tt3W-Sg_Uj4
Master P「Bastard Child」
 https://www.youtube.com/watch?v=QTzESivWfgc
51.50 Illegally Insane「Steady Stayin' Paid 95」
 https://www.youtube.com/watch?v=OAPobPP7yb8
Ghetto Mafia「Who Wanna Test」
 https://www.youtube.com/watch?v=C_HCvfzcJLo
Esham「Because」
 https://www.youtube.com/watch?v=6OmTAGXauUc
Sweet-P「You Can't Slang Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=u_455-oLFdQ
Triple Beam「Pain」
 https://www.youtube.com/watch?v=6MvmKCsG6tc
Gangsta Boo「Love Don't Live (U Abandoned Me)」
 https://www.youtube.com/watch?v=AlP6gkFszQo
Three 6 Mafia feat. La Chat, Gangsta Boo & Project Pat「Mafia」
 https://www.youtube.com/watch?v=jf_g4pyvc5A
Big K.R.I.T.「Love Don't Live No Mo」
 https://www.youtube.com/watch?v=d2Gcd0Lwajs
Black Ice「The Ugly Show」
 https://www.youtube.com/watch?v=2Jt3k_cezCs
Kottonmouth「No More Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=kJ8mPli8IiA
Big Skeem feat. Freeway & Dino West「Love Don't」
 https://www.youtube.com/watch?v=HdwYrmPv8lg
GQ「Love Vacancy」
 https://www.youtube.com/watch?v=AYkTtw-uHFQ
Meek Mill「Love Don't Live Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=wWux4nsDUMU
Snoop Dogg feat. DPGC「Dick Walk」
 https://www.youtube.com/watch?v=OoCSbrIFap4

「Angel in the Sky」
Billie Calvin作。Gwen Dickeyの透明感のあるヴォーカルが映える素敵なラブ・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=AYmRx4m0oI8

「Help」
Robert Daniels作。ストリングスを配したオーセンティック・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=MzOhSQgOHG8

「Let Me Be the First to Know」
Miles Gregory作。夏のサンセット・モードが似合いそうなメロウ・バラード。バラード系ではコレが一番好き!
https://www.youtube.com/watch?v=OOYBq0LZgwo

Freddie Gibbs & Madlib「Harolds」のサンプリング・ソースとなっています。
Freddie Gibbs & Madlib「Harolds」
 https://www.youtube.com/watch?v=qZqPmUtQs2Q

「That's What's Wrong With Me」
Norman Whitfield/Rose Royce作。ラストはロッキン・ギターが唸りを上げるファンク・ロックでど派手に締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=dd472m52xUM

Fat Jon「Automated Life Machines」、Beanie Sigel feat. Peedi Crakk & Twista「Gotta Have It」のサンプリング・ソースとなっています。
Fat Jon「Automated Life Machines」
 https://www.youtube.com/watch?v=255eCEmcYrg
Beanie Sigel feat. Peedi Crakk & Twista「Gotta Have It」
 https://www.youtube.com/watch?v=jU3jtJvIZv0

Rose Royceの他作品もチェックを!

『Car Wash』(1976年)
Car Wash: Original Motion Picture Soundtrack by Rose Royce (1996-09-24)

『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)
イン・フル・ブルーム

『Rose Royce IV: Rainbow Connection』(1979年)
Rainbow Connection IV

『Golden Touch』(1980年)
ゴールデン・タッチ

『Jump Street』(1981年)
Jump Street

『Stronger Than Ever』(1982年)
STRONGER THAN EVER ~ EXPANDED EDITION

『Music Magic』(1984年)
Music Magic

『Fresh Cut』(1986年)
FRESH CUT
posted by ez at 02:11| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

Tempo 70『El Primer LP - Tu Y Yo』

人気曲「El Galleton」収録☆Tempo 70『El Primer LP - Tu Y Yo』

発表年:1972年
ez的ジャンル:プエルトリコ産ヤング・ラテン
気分は... :3連休もステイホーム!

若きプエルトリコのグループTempo 70のデビュー・アルバム『El Primer LP - Tu Y Yo』(1972年)です。

Tempo 70はプエルトリコの若手ミュージシャンが結成したグループ。

『El Primer LP - Tu Y Yo』(1972年)、『El Segundo LP del Tempo 70』(1972年)、『Vol. 2 con Carlos Camacho』(1974年)という3枚のアルバムをリリースしています。

デビュー・アルバムとなる本作『El Primer LP - Tu Y Yo』は、単に『Tu Y Yo』と表記されることもあるようです。

本作におけるメンバーは、Carlos Camacho(vo)、Junno Faria(sax)、Roberto Torres(bajo)、Edwin Rolland(ds、timbales)、Ezequiel Serrano(1st tp)、Ramon Luis Torres(2nd tp)、Wilfredo Miguez(tp)、Carlos Berrios(tb)、Martín Nieves(key)、 Joe "ChixTrix" Vallejo(per)、Jimmy Velázquez(g)。

それ以外にBebu Silvetti(p)、Maximo Torres(cuatro、g)、Alejandro "Chali" Hernandez(coro、per)、Raul "Rulo" Rivera(bongos)といったミュージシャンが参加しています。

ハイライトはレア・グルーヴ/クラブジャズ界隈で再発見された1曲「El Galleton」。抜群の格好良さを持った1曲です。

ただし、このタイプはこの1曲のみ。それ以外はレア・グルーヴ好きというよりはラテン好き向けのトラックです。「El Charlatan」「La Paquita De Paquita」「La Casualidad」という疾走するサルサ・グルーヴ3曲が僕のおススメです。

聴く人を選ぶ1枚かもしれませんが、「El Galleton」1曲狙いで聴くもよし、サルサ/メレンゲ/ボレロを楽しむもよし!穴狙いで楽しんでみては?

全曲紹介しときやす。

「Tu Y Yo」
オープニングはメキシコの人気コンポーザーArmando Manzaneroの作品。哀愁のボレロ・バラード。プエルトリカンならではの情緒を感じましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=cL2S5IKTpuo

「El Charlatan」
Juan Robles/Roberto Torres作。哀愁モードで疾走するサルサ・グルーヴ。哀愁ヴォーカル&コーラス隊、サルサらしいリズム&ホーン隊とサルサらしさに満ちた1曲に仕上がっています。、
https://www.youtube.com/watch?v=EoojGQyMFiQ

「Cuando Volveras」
Edwin Oliver作。ラテンならではのロマンティックなバラード。夏の夕陽を眺めながら、こういう曲を聴くのも悪くありません。

「En Quisqueya」
Tino Labour作。軽快なメレンゲ。メレンゲならではの楽しい雰囲気が伝わってきます。

「La Paquita De Paquita」
Bebu Silvetti作。若手グループらしい躍動感を感じるサルサ・チューン。ダイナミックでメリハリの効いたサウンドがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=r4Z5i6YN4eM

「Habla」
Edwin Oliver作。「Cuando Volveras」と同タイプのムーディーなバラード。
https://www.youtube.com/watch?v=YTJ-WaC9KSQ

「La Casualidad」
Juan Robles/Roberto Torres作。僕好みのサルサ・グルーヴ。Willie Colonあたりと一緒に聴いても合うかも?
https://www.youtube.com/watch?v=aP_CPRXlRxo

「En Una Tarde Gris」
Edwin Oliver作のバラード3曲目。3曲の中ではコレが一番好きかも?
https://www.youtube.com/watch?v=R0CPARoHmmc

「El Galleton」
Bebu Silvetti作。お待ちかね本作のハイライト。ラテン×アフロ・ファンクのクロスオーヴァー感がサイコーに格好良いです。このアルバム全体の雰囲気の中で、こんな演奏が収録されるとは奇跡の1曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=1mywRAinGTU

「Preciosa/Lamento Borincano」
ラストはプエルトリコの偉大なコンポーザーRafael Hernandez作品のロマンティックなメドレー。「Lamento Borincano」はCaetano Velosoもカヴァーしています。

『El Segundo LP del Tempo 70』(1972年)
posted by ez at 03:07| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

Kalapana『Kalapana II』

ハワイアン・サーフ・ロックの人気作☆Kalapana『Kalapana II』

発表年:1976年
ez的ジャンル:ハワイアンAOR
気分は... :ワイキキの熱い砂!

元祖サーフロック・グループKalapanaの2ndアルバム『Kalapana II』(1976年)です。

ハワイアン・サーフ・ロックを代表するバンドKalapanaおよびKalapanaメンバー関連作品について、当ブログでは紹介したのは以下の5枚。

 Kalapana『Kalapana』(1975年)
 Macky Feary Band『Macky Feary Band』(1978年)
 Lemuria『Lemuria』(1978年)
 Mackey Feary Band『From The Heart』(1979年)
 Mackey Feary & Nite Life『Mackey Feary & Nite Life』(1983年)

ハワイアン・サーフ・ロックを代表するもう一組の雄Cecilio & Kaponoについては、ここ数年毎年1枚ずつ紹介してきましたが、Kalapanaはデビュー・アルバム『Kalapana』(1975年)を10年以上前に紹介して以来ご無沙汰していました。僕の中で『Kalapana II』(1976年)、『Kalapana III』(1977年)も紹介済みだと思い込んでいました。

2ndアルバムとなる『Kalapana II』(1976年)は、リアルタイムでKalapanaを聴いていたファンにとって人気ナンバー1のアルバムなのでは?僕の周囲の還暦過ぎた音楽好きの方からも『Kalapana II』を強く勧められました。

前作『Kalapana』の邦題は『ワイキキの青い空』でしたが、本作には『ワイキキの熱い砂』という邦題が付けられています。

本作のメンバーは、デビュー・アルバム『Kalapana』(1975年)と同じく、Macky Feary(g、vo、b)、Malani Bilyeu(g、vo、per)、D.J. Pratt(g、b、clavinet、congas)、Kirk Thompson(key、g、vibes、vo)の4名。

メンバー以外にAlvin Fejerang(ds、timbales)、Michael Paulo(sax、fl)がレコーディングに参加しています。

「Juliette」「Black Sand」「Love 'Em」あたりが人気曲ですね。

個人的にはメロウな「Moon And Stars」「(For You) I'd Chase A Rainbow」、MackyとMalaniのツイン・ヴォーカルの「Freedom」あたりもおススメです。

本作を最後に中心メンバーのMacky Fearyがグループを脱退してしまいます。その意味でMacky Feary在籍時のKalapanaの1つの頂点が本アルバムだと思います。

ワイキキの熱い砂を感じて・・・

全曲紹介しときやす。

「Love 'Em」
Macky Feary作。サマー・ブリージンなオープニング。Macky Fearyのメロウな魅力を満喫できます。日本のシティ・ポップ好きの人にもフィットする1曲なのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=jpKJWnW3n5M

「Freedom」
Macky Feary/Malani Bilyeu/D.J. Pratt作。タイトなグルーヴにのってMackyとMalaniのツイン・ヴォーカルが掛け合うサマー・フュージョン。Michael Pauloがアルト、テナー、ソプラノ・サックスで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=JcuZViaQn3k

「(For You) I'd Chase A Rainbow」
Malani Bilyeu作。ハワイアンAORらしいメロウ・バラード。Malaniのジェントル・ヴォーカルと素敵なコーラス・ワークが冴えます。
https://www.youtube.com/watch?v=lSgC00Sxo-U

「Way That I Want It To Be」
Macky Feary作。ブルージーなトラックですが、そんな中にもメロウな味わいが見え隠れするあたりが面白いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=TiyfELxTlsE

「Dorothy Louise」
Malani Bilyeu作。フォーキーな味わいの1曲。こういうナチュラルな雰囲気もハワイらしいかもしれませんね。
https://www.youtube.com/watch?v=2TdH1JwKMcc

「Play It Sing It」
Macky Feary/Kirk Thompson作。フィドルの響きが印象的なメロウ・フォーキーです。
https://www.youtube.com/watch?v=IXpsGl2mkoA

「Moon And Stars」
Macky Feary作。Macky Feary好きにはたまらないロマンティックなアコースティック・メロウ。僕がMackyに求めるのはこういうハワイアンAORです。Michael Pauloの涼しげなフルートもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=IdohGyW5Pjg

「Black Sand」
Kirk Thompson作。このインストをベスト・トラックに挙げるファンもいるのでは?後にKirkが参加するLemuriaを予感させるハワイアン・メロウ・フュージョン。D.J. Prattのギターが冴え渡ります。
https://www.youtube.com/watch?v=iMAKGUGPomg

「Lost Again」
Macky Feary作。素朴なメロウ・フォーキー。肩の力が抜けている感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=Oj9QI5gvGic

「Wandering Stranger」
Malani Bilyeu作。カントリー・ロック調の仕上がり。必ずしも僕の好みではなりませんが味わいはあります。
https://www.youtube.com/watch?v=N717v2jvgGA

「Juliette」
Macky Feary/Ronald Yuen作。本作のハイライトといえばコレかもしれませんね。Kalapanaの楽曲の中でも上位の人気を誇るであろう名曲。日本人好みのメロディにグッとくる哀愁モードのアコースティック・メロウです。
https://www.youtube.com/watch?v=nhu7YmQ5DCk

「Nathen's Lament」
Malani Bilyeu作。ラストは躍動するサーフ・ロックで締め括ってくれます。後半は思いきり、アメリカン・ロックしています。
https://www.youtube.com/watch?v=YpcYG38qXxI

Kalapanaの他作品やメンバーの関連作品もチェックを!

Kalapana『Kalapana』(1975年)
カラパナI(K2HD/紙ジャケット仕様)

『Kalapana III』(1977年)


Macky Feary Band『Macky Feary Band』(1978年)
マッキー・フェアリー・バンド

Mackey Feary Band『From The Heart』(1979年)
フロム・ザ・ハート

Mackey Feary & Nite Life『Mackey Feary & Nite Life』(1983年)
Mackey Feary & Nite Life

Lemuria『Lemuria』(1978年)
posted by ez at 01:43| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

One Way featuring Al Hudson『One Way featuring Al Hudson』

One Way名義の初アルバム☆One Way featuring Al Hudson『One Way featuring Al Hudson』

発表年:1979年
ez的ジャンル:アーバン・ファンク/モダン・ソウル
気分は... :フラジャイルな世界・・・

もう8月突入・・・2か月前はもう少し希望が見える夏を期待していましたが、期待を打ち砕かれる夏になりそうですね。

今回は70年代ファンク/モダン・ダンサー作品からOne Way featuring Al Hudson『One Way featuring Al Hudson』(1979年)です。

Al Hudsonを中心としたデトロイト出身のファンク/ソウル・グループOne Wayについて、当ブログで紹介したのは以下の3枚。

 『Fancy Dancer』(1981年)
 『Who's Foolin' Who』(1982年)
 『A New Beginning』(1988年)

Al Hudson & The Soul Partners名義で『Especially For You』(1976年)、『Cherish』(1977年)、『Spreading Love』(1978年)、さらにAl Hudson & The Partners名義で『Happy Feet』(1979年)といったアルバムを ABC Recordsからリリースしてきた彼らが、MCA Recordsへの移籍を機にOne Wayを名乗り、その第一弾アルバムとなったのが本作『One Way featuring Al Hudson』(1979年)です。

本作におけるOne Wayメンバーは、Al Hudson(vo、tambourine)、Alicia Myers(vo)、Brenda Wiley(vo)、Kevin McCord(b、vo)、Dave Roberson(vo、g)、Leroy Hyter(key、sax、vo)、Gregg Gregg*(g)。

プロデュースはOne WayRich Becker

アルバム全体としては、アーバン・ダンサーな魅力に満ちたモダンなファンク/ソウル作品に仕上がっています。

「You Can Do It」Al Hudson & The Partners時代のシングルのロング・ヴァージョンです。

シングルにもなった人気曲「Music」をはじめ、「Now That I Found You」「I Am Under Your Spell」といったアーバン・ダンサーにアルバムの魅力が凝縮されていると思います。

サンプリング・ソースとして人気の「Guess You Didn't Know」、シンセのアクセントを効かせた「Come Dance With Me」も含めて充実の全6曲です。

全曲紹介しときやす。

「Now That I Found You」
Dick Bozzi/John Unger作。グループ名を変更し、心機一転を図ったグループの方向性を印象づけるメロウ&ジェントルなアーバン・ダンサーがオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=ZKdKdalIxr0

「You Can Do It」
Al Hudson & The Partners時代のシングルのロング・ヴァージョン(Alicia Myers/Kevin McCord作)。この曲のみAl Hudson & The Partnersプロデュース。軽快なディスコ・チューンはアルバム内で少し浮いていますが、逆にAl Hudson & The PartnersからOne Wayへの変化を確認できて興味深いのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=5J0drXATUyQ

Alicia Myersの印象的なヴォーカルはJungle Brothers「Feelin' Alright」等のサンプリング・ソースとなっています。
Jungle Brothers「Feelin' Alright」
 https://www.youtube.com/watch?v=vDetDPF0sG0

「Guess You Didn't Know」
Al Hudson/Cuba Gregory, Jr.作。切々と歌われるスロウ。ジワジワと滲み出てくる感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=mVqhD5iZpWg

Kanye West「Beat 5」、Wood Street Playaz「Life Is but a Dream」、Do or Die「Search Warrant」、Foxy Brown feat. AZ「Too Real」
Symbolyc One and Illmind feat. Myth, Bavu Blakes & Chucky Sly「We Three Kings」、Curren$y and Mac Miller「Money Shot」等のサンプリング・ソースとなっています。
Kanye West「Beat 5」
 https://www.youtube.com/watch?v=33QITDcxv3I
Wood Street Playaz「Life Is but a Dream」
 https://www.youtube.com/watch?v=IWV4wtYQHqU
Do or Die「Search Warrant」
 https://www.youtube.com/watch?v=9CEsfiI3PFs
Foxy Brown feat. AZ「Too Real」
 https://www.youtube.com/watch?v=UOtkS6-g8EU
Symbolyc One and Illmind feat. Myth, Bavu Blakes & Chucky Sly「We Three Kings」
 https://www.youtube.com/watch?v=93CRRI1hmII
Curren$y and Mac Miller「Money Shot」
 https://www.youtube.com/watch?v=zm0fDBREARw

「Music」
Kevin McCord作。One Wayの方向性を感じられるこのアーバン・ダンサーをアルバムのハイライトに挙げる人も多いのでは?僕もこれが一番好き!
https://www.youtube.com/watch?v=Tqu-2sZSNEc

MC Solaar「Funky Dreamer」、Chubby Chunks「Testament One」、Bob Sinclar「My Only Love」等のサンプリング・ソースとなっています。
MC Solaar「Funky Dreamer」
 https://www.youtube.com/watch?v=jen6pDCo8Qo
Chubby Chunks「Testament One」
 https://www.youtube.com/watch?v=WgsACRUbBlY
Bob Sinclar「My Only Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=PJhgrFhrt-c

「Come Dance With Me」
Al Hudson/Cuba Gregory, Jr.作。シンセのアクセントを効かせたモダンなミディアム・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=6up-v29MMo8

M.O.P.「Operation Lockdown」のサンプリング・ソースとなっています。
M.O.P.「Operation Lockdown」
 https://www.youtube.com/watch?v=4zlJt-NVAQ8

「I Am Under Your Spell」
Dave Roberson/Valeria O'Neal作。ラストはブラコン・モードのミッドナイト・ダンサーで締め括ってくれます。このトラックも僕のお気に入り。アーバンな雰囲気が実にいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=0TpcBwnRcFE

Al Hudson & The Soul PartnersおよびOne Wayの他作品もチェックを!

Al Hudson & The Soul Partners『Especially For You/Cherish』(1976/1977年)※2in1CD


Al Hudson & The Partners/Al Hudson & The Soul Partners『Spreading Love/Happy Feet』(1978/1979年) ※2in1CD


『One Way featuring Al Hudson』(1980年)
ONE WAY FEATURING AL HUDSON

『Fancy Dancer』(1981年)
ファンシー・ダンサー

『Love Is... One Way』(1981年)
LOVE IS...

『Who's Foolin' Who』(1982年)
フーズ・フーリン・フー

『Wild Night』(1982年)
ワイルド・ナイト

『Lady』(1984年)
レイデイ

『Wrap Your Body』(1985年)
Wrap Your Body

『A New Beginning』(1988年)
A New Beginning
posted by ez at 03:11| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

Oliver Nelson『Skull Session』

レア・グルーヴ人気作☆Oliver Nelson『Skull Session』

発表年:1975年
ez的ジャンル:Flying Dutchman系ジャズ・ファンク/ビッグ・バンド・ジャズ
気分は... :キカイダー???

今回はレア・グルーヴ人気の高いジャズ・ファンク作品Oliver Nelson『Skull Session』(1975年)です。

Oliver Nelson(1932-1975年)はUSミズーリ州セントルイス出身のジャズ・サックス/クラリネット奏者、アレンジャー、コンポーザー、バンド・リーダー。

プレイヤーと同時にアレンジャー、コンポーザー、バンド・リーダーとして高い評価を得たミュージシャンであり、映画やTVドラマの音楽も数多く手掛けています。

本作『Skull Session』(1975年)は、Flying Dutchmanからリリースされたレア・グルーヴ人気の高いジャズ・ファンク作品です。同時にでのラスト・レコーディングであり、本作と同じ1975年の10月にNelsonは心臓発作により43歳の若さで急逝してしまいます。

近未来的の人造人間の頭蓋骨をイメージさせるジャケがインパクトありますね。思わずジャケ買いしたくなります。というか、こういうプリントTシャツが欲しいですね。

中身もジャケ・イメージとリンクするシンセサイザーの音色が活躍するトラックが印象的です。

レコーデイング・メンバーはOliver Nelson(as)以下、Bobby Bryant(tp、flh)、Oscar Brashear(tp、flh)、Paul Hubinon(tp)、Buddy Childers(tp)、Grover Mitchell(tb)、Richard Nash(tb)、Chauncey Welsch(tb)、Maurice Spears(bass tb)、Vincent DeRosa(french horn)、Davis Allan Duke(french horn)、Don Waldrop(tuba)、Jerome Richardson(as、ss、clarinet、fl)、Buddy Collette(ts、clarinet、fl)、Bud Shank(ts、as、clarinet、fl)、Billy Perkins(ts、bs、bass clarinet)、John Kelson Jr.(bs、bass clarinet)、Lonnie Liston Smith(el-p)、Mike Wofford(el-p、harpsichord、syn、p)、Laurindo Almeida(g)、Dennis Budimer(el-g)、Lee Ritenour(el-g)、Chuck Domanico(b、el-b)、Shelly Manne(ds、per)、Jimmy Gordon(ds)、Willie Bobo(per)

プロデュースはBob Thiele
アレンジはOliver Nelson自身。
楽曲もすべてOliver Nelsonのオリジナルです。

シンセを駆使したジャズ・ファンク、Nelsonらしいビッグ・バンド・ジャズ、ボサノヴァなどのメロウ・ジャズという3つのジャズ・ワールドから構成されているアルバムです。

アープ・シンセの響きが印象的なタイトル曲「Skull Session」、コズミック・メロウ・ファンク「Flight for Freedom」の2曲がハイライト。まずはこの2曲をチェックしましょう。

それ以外にLaurindo Almeidaのギターをフィーチャーした哀愁メロウ・ボッサ「Baja Bossa」、ダイナミックなジャズ・ファンク「Dumpy Mama」、日本庭園をモチーフとした「In a Japanese Garden」あたりがおススメです。

電脳スカル・ジャケが気になった方はぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Skull Session」
インパクト大のタイトル曲がオープニング。アープ・シンセの不気味な響きがリードするサイケデリックでドープなジャズ・ファンク。馬力のあるグルーヴと近未来の電脳世界を予感させるハイパー・サウンドがサイコーです。
https://www.youtube.com/watch?v=nkWrFdCqrhc

Big Lurch feat. Lil' Keke「Texas Boy」、Leak Bros.「See Thru」、A-Plus feat. JC & Tynitty「Javelin」のサンプリング・ソースとなっています。
Big Lurch feat. Lil' Keke「Texas Boy」
 https://www.youtube.com/watch?v=a4EWZNwHgvU
Leak Bros.「See Thru」
 https://www.youtube.com/watch?v=7vb32pGcNsA
A-Plus feat. JC & Tynitty「Javelin」
 https://www.youtube.com/watch?v=mSwXcxRXIuQ

「Reuben's Rondo」
前曲から一転し、Nelsonらしいビッグ・バンド・ジャズで楽しませてくれます。重厚なホーン・アンサンブルを満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=oLMcYA31Bj8

「125th St. and 7th Avenue」
この演奏もビッグ・バンドの魅力を伝えてくれるファンキー・ジャズ。Lonnie Liston Smithのエレピがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=ALxkGAfdQ_k

S.Mos「125th St. And 7th Avenue」のサンプリング・ソースとなっています。
S.Mos「125th St. And 7th Avenue」
 https://www.youtube.com/watch?v=G0LYH5jnzGo

「One for Duke」
スウィンギーな演奏ですが、Lonnie Liston Smithのエレピが入ることで70年代ならではのスウィンギー・ジャズといった雰囲気になります。
https://www.youtube.com/watch?v=iUkkkDYq3Iw

「Dumpy Mama」
開放的なファンキー・サウンドが心地好いジャズ・ファンク。迷いのないダイナミックな演奏は聴いていてスカっとします。
https://www.youtube.com/watch?v=Ga5ZbDqkV-8

Richard "Groove" Holmesがカヴァーしています。
Richard "Groove" Holmes「Dumpy Mama」
 https://www.youtube.com/watch?v=fiKMtmExVUg

「Baja Bossa」
Laurindo Almeidaのギターがフィーチャーされた哀愁メロウ・ボッサ。Lonnie Liston Smithのエレピがいい雰囲気を醸し出します。
https://www.youtube.com/watch?v=hd-tL6UNaEU

Aceyalone「The Guidelines」、DJ Abilities「I Self Divine Exclusive」、Deluxe「Indisposed」のサンプリング・ソースとなっています。
Aceyalone「The Guidelines」
 https://www.youtube.com/watch?v=GnsCO0Fxw3A
Deluxe「Indisposed」
 https://www.youtube.com/watch?v=iMZg9CPV1y8

「In a Japanese Garden」
タイトルの通り、日本庭園をモチーフとした楽曲。「もののあはれ」が儚く影向する哀愁ムードが"Japanese Garden"らしいのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=WVq9AYAo9is

「Flight for Freedom」
「Skull Session」と並ぶ本作のハイライトはコズミック・メロウ・ファンク。シンセ、ピアノの心地好い響きとそれを切り裂くLee Ritenourの鮮やかなギター・ソロがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=bkhl1j3TnjM

Oliver Nelsonの他作品もチェックを!

『The Blues and the Abstract Truth』(1961年)


Oliver Nelson & His Orchestra『Fantabulous』(1964年)


『More Blues and the Abstract Truth』(1965年)


Oliver Nelson & His Orchestra『The Kennedy Dream』(1967年)


The Three Sounds & the Oliver Nelson Orchestra『Coldwater Flat』(1968年)


『Black, Brown and Beautiful』(1969年)


『Swiss Suite』(1972年)


『Stolen Moments』(1975年)
posted by ez at 01:27| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする