2022年03月04日

Gato Barbieri『Chapter Three: Viva Emiliano Zapata』

シリーズ第三弾はビッグバンド・ラテン・ジャズ☆Gato Barbieri『Chapter Three: Viva Emiliano Zapata』
Chapter Three: Viva Emiliano Zapata - Originals
発表年:1974年
ez的ジャンル:ビッグバンド・ラテン・ジャズ
気分は... :最後は自由が勝利する!

アルゼンチンを代表するジャズ・ミュージシャンGato Barbieri『Chapter Three: Viva Emiliano Zapata 』(1974年)です。

アルゼンチン、サンタフェ州ロサリオ出身のテナー・サックス奏者/コンポーザーGato Barbieri(1932-2016年)に関して、当ブログで紹介した作品は以下の3枚。

 『Fenix』(1971年)
 『Bolivia』(1973年)
 『Chapter One: Latin America』(1973年)

今回紹介する『Chapter Three: Viva Emiliano Zapata 』(1974年)は、南米をテーマにしたChapterシリーズの第三弾アルバムです。

本作ではキューバ出身の名アレンジャーChico O'Farrillを迎えて、ビッグバンドによるラテン・ジャズを展開します。

レコーディングにはGato Barbieri(ts)以下、Randy Brecker(tp、flh)、Bob McCoy(tp、flh)、Victor Paz(tp、flh)、Buddy Morrow(tb)、Alan Raph(btb)、Ray Alonge(frh)、Jim Buffington(frh)、Howard Johnson(tuba、flh、bcl、bs)、Seldon Powell(piccolo、fl、as、bs)、Eddie Martinez(p、el-p)、Paul Metzke(g)、George Davis(g)、Ron Carter(b)、Grady Tate(ds)、Ray Armando(per)、Luis Mangual(per)、Ray Mantilla(per)、Portinho(per)といったミュージシャンが参加しています。

じっくり聴かせる「Milonga Triste」「Cuando Vuelva a Tu Lado」というラテン名曲のカヴァー2曲と、汎ラテン・アメリカ的な味わいのリズミック/パーカッシヴなオリジナル4曲という全6曲構成です。

特に、タイトル曲「Viva Emiliano Zapata」をはじめ、「Lluvia Azul」「El Sublime」「La Padrida」というオリジナル4曲が凄すぎます!さまざまなエッセンスが濃厚に詰め込まれ、しかも抜群に格好良い!

Gatoの情熱的なブロウを聴いていると、人間にとって本当に大切なものは何かを考えさせられます。

全曲紹介しときやす。

「Milonga Triste」
Homero Manzi/Sebastian Piana作。1905年に書かれたミロンガの名曲をカヴァー。寂しげなギターと共に始まる哀愁ラテン・ジャズ。情感たっぷりにむせび泣くGatoのブロウが胸に響きます。何故だが昭和のレトロ感の残る酒場の光景が目に浮かびます。
https://www.youtube.com/watch?v=M5D9nZQoue4

Gli Inquilini「Terra Promessa」、La Gra$A「How We Do」のサンプリング・ソースとなっています。
Gli Inquilini「Terra Promessa」
 https://www.youtube.com/watch?v=jQJkIsUfgPE
La Gra$A「How We Do」
 https://www.youtube.com/watch?v=UtMuV4-bIXE

「Lluvia Azul」
Gato Barbieri作。Chico O'Farrillのアレンジが映えるビッグバンドによるラテン・ジャズ・アンサンブルを楽しめます。ビッグバンドになっても、ChapterシリーズらしいGatoの美学が貫かれた汎ラテン・アメリカ的な味わいがあるのがいいですね。多彩なラテン・リズムを楽しめるのもサイコーです。
https://www.youtube.com/watch?v=6PIW0OudX3A

「El Sublime」
Gato Barbieri作。緩急自在のラテン・リズムによるビッグバンドによるアンサンブルと情熱的なGatoのブロウが見事にマッチした演奏です。重厚なのに軽やかなのが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=sRHhte8EI0Q

「La Padrida」
Gato Barbieri作。パーカッシヴに疾走するアフロ・キューバン・ジャズ。このダイナミックでエキサイティングなグルーヴィー・サウンドはクラブジャズ好きの人も気に入るのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=vRsxDN2YLQM

「Cuando Vuelva a Tu Lado (What a Difference a Day Makes)」
1934年にメキシカン女性コンポーザーMaría Greverが書いた名曲のカヴァー。1959年のDinah Washingtonによる英語ヴァージョン「What a Difference a Day」のヒットでも有名な曲ですね。ムーディーなバッキングをかき消すようなGatoの情熱的なブロウに魅せられます。
https://www.youtube.com/watch?v=1PrhOidmSsI

「Viva Emiliano Zapata」
Gato Barbieri作。ラストはメキシコ人革命家の名を冠したタイトル曲で締め括ってくれます。アドレナリン・ドバドバのアッパーなラテン・ジャズ・グルーヴは格好良いの一言に尽きます。Gatoの男前ブロウに惚れ惚れしてしまいますね!
https://www.youtube.com/watch?v=CvumxfezosE

Gato Barbieriの他作品もチェックを!

『In Search of the Mystery』(1967年)
In Search of the Mystery (Dig)

『The Third World』(1969年)
第三世界 (日本初CD化、日本独自企画盤、解説付き)

『El Pampero』(1971年)
エル・パンペロ (日本初CD化、日本独自企画盤、解説付き)

『Fenix』(1971年)
フェニックス (日本初CD化、日本独自企画盤、解説付き)

『Last Tango in Paris』(1972年)
Last Tango In Paris: Original MGM Motion Picture Soundtrack

『Bolivia』(1973年)
ボリビア (日本初CD化、日本独自企画盤、解説付き)

『Chapter One: Latin America』(1973年)
Chapter One: Latin America (Dig)

『Under Fire』(1973年)
アンダー・ファイアー (日本初CD化、日本独自企画盤、解説付き)

『Chapter Two: Hasta Siempre』(1973年)
Chapter Two: Hasta Siempre (Dig)

『Yesterdays』(1974年)
イエスタデイズ (日本初CD化、日本独自企画盤、解説付き)

『Chapter Four: Alive in New York』(1975年)
Chapter 4.Live in New York

『El Gato』(1975年)
エル・ガトー (日本初CD化、日本独自企画盤、解説付き)

Gato Barbieri & Dollar Brand『Confluence』(1975年)
コンフルエンス

『Caliente!』(1976年)
Caliente

『Ruby Ruby』(1977年)
Ruby Ruby (Reis) (Rstr) (Dig)

『Tropico』(1978年)
Tropico: Originals (Dig)

『Bahia』(1982年)
Gato Barbieri: Bahia

『Apasionado』(1983年)
Apasionado

『Para Los Amigos』(1984年)
Gato...Para Los Amigos

『Passion And Fire』(1988年)
Passion and Fire
posted by ez at 01:26| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月02日

The Sylvers『The Sylvers II』

最高傑作の呼び声も高い2nd☆The Sylvers『The Sylvers II』
シルヴァーズ II [名盤1000円]
発表年:1973年
ez的ジャンル:ファミリー・ソウル・グループ
気分は... :甘酸っぱさがいい…

今回は70年代ファミリー・ソウル作品からThe Sylvers『The Sylvers II』(1973年)です。

テネシー州メンフィス出身のSylvers兄弟姉妹によるファミリー・グループThe Sylversの紹介は、『The Sylvers III』(1974年)に続き2回目となります。

本作におけるメンバーOlympia SylversLeon Sylvers IIICharmaine SylversJames J. SylversEdmund SylversRicky Sylversという6名。

2ndアルバムとなる本作『The Sylvers II』(1973年)は、発売当時のチャート・アクションは振るわなかったものの、今日ではグループの諸作の中でも特に再評価の高い1枚です。

プロデュースはKeg JohnsonJerry Peters

「Let It Be Me」「Yesterday」以外はLeon Sylvers IIIのオリジナルです。

フリーソウル・クラシック「We Can Make It If We Try」、シングルにもなったブラックスプロイテーションのサントラようなファンク「Stay Away from Me」、同じくシングル・カットされた甘酸っぱいメロウ・ミディアム「Through the Love in My Heart」、サンプリング・ソースとして人気の「I'll Never Let You Go」「Cry of a Dreamer」あたりが一般的な聴きどころですかね。

個人的には、「Handle It」「I Don't Need to Prove Myself」の2トラックがオススメです。

グループ名に相応しいギンギラギンなジャケも含めて名盤だと思います。

全曲紹介しときやす。

「We Can Make It If We Try」
オープニングは、フリーソウル・クラシックとして人気の軽快メロウなミディアム・グルーヴ。イントロのギターだけでグッときてしまいます。初々しくも、浮ついていない感じが好きですね。流麗なストリングスもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=G8-MN37CT_g

Madvillain「Fluid (Instrumental)」等のサンプリング・ソースとなっています。
Madvillain「Fluid (Instrumental)」
 https://www.youtube.com/watch?v=jqx8ty6DAMs

「Through the Love in My Heart」
アルバムからの2ndシングル。少し甘酸っぱい感じにグッとくるメロウ・ミディアム。アレンジが素晴らしいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=SBszgkpaqpQ

Wale feat. Big Sean, Kenn Starr and Mike Posner「Wonder Why」、Black Milk「Swing Dat Far」、50 Cent「Emotional」、Knxwledge.「Unkanni」等のサンプリング・ソースとなっています。
Wale feat. Big Sean, Kenn Starr and Mike Posner「Wonder Why」
 https://www.youtube.com/watch?v=KKnzrODeQdI
Black Milk「Swing Dat Far」
 https://www.youtube.com/watch?v=ugvfPw-r14Y
50 Cent「Emotional」
 https://www.youtube.com/watch?v=tWrGNZIb3v8
Knxwledge.「Unkanni」
 https://www.youtube.com/watch?v=1uf5pIgGFmw

「Handle It」
個人的にはアルバムで一番のお気に入り。ワイルドなワウ・ギターの響きにグッとくる漆黒ファンキー・グルーヴ。キッズ・ソウルなどと侮ってはいけません。
https://www.youtube.com/watch?v=hxk3Uw3EI8g

「I'll Never Let You Go」
サンプリング・ソースとしても人気の哀愁のイントロが人気のメロウ・バラード。澄み切った歌声で、少し抑えたトーンながらも情感たっぷりに歌い上げるのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=6wV5ESZDmd8

T.I. feat. P$C「Limelight」、Rakim「The Mystery (Who Is God?)」、Jose James「Visions of Violet」、Actual Proof feat. Geechi Suede「Poison Ivy Gloss」、Terrace Martin feat. Punch「It's Real」、Pac Div「Can't Help It」、Tristate and Oh No「Networth」、Flamingosis「My Lady」、James Pants「Grinder」、Danny!「Temptation」等のサンプリング・ソースとなっています。
T.I. feat. P$C「Limelight」
 https://www.youtube.com/watch?v=y0gmwmvmH84
Rakim「The Mystery (Who Is God?)」
 https://www.youtube.com/watch?v=A8SK-rUtooE
Jose James「Visions of Violet」
 https://www.youtube.com/watch?v=EjBXmZoIlkQ
Actual Proof feat. Geechi Suede「Poison Ivy Gloss」
 https://www.youtube.com/watch?v=-XKG0Hf9Jgk
Terrace Martin feat. Punch「It's Real」
 https://www.youtube.com/watch?v=cXlPhrg13sg
Pac Div「Can't Help It」
 https://www.youtube.com/watch?v=RGQoGxn9nRo
Tristate and Oh No「Networth」
 https://www.youtube.com/watch?v=8Nxk4ItyEos
Flamingosis「My Lady」
 https://www.youtube.com/watch?v=I0U7aHpa2QU
James Pants「Grinder」
 https://www.youtube.com/watch?v=efTGaGmhEEw
Danny!「Temptation」
 https://www.youtube.com/watch?v=lLGHBXFdKYU

「Cry of a Dreamer」
グッと大人びた雰囲気で聴かせてくれるバラード。コーラス・グループの総合力を感じる素敵な1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=J3Rq6ec1B-g

Freddie Gibbs and Madlib feat. Pusha T and Killer Mike「Palmolive」、Freddie Gibbs and Madlib「Fake Names」、David Banner and 9th Wonder feat. Big Remo「Strange」、AWAR feat. Nottz Raw, MURS and P. Jericho「Until the End」、Agallah feat. Roc Marciano「Blaze of Glory」、DJ Quik feat. Playa Hamm「R.I.P Mausberg (Mausberg Dedication)」、Nicholas Craven「Ridiculed」、Sum Total「Not a Dream」等のサンプリング・ソースとなっています。
Freddie Gibbs and Madlib feat. Pusha T and Killer Mike「Palmolive」
 https://www.youtube.com/watch?v=NSn_r2w-idg
Freddie Gibbs and Madlib「Fake Names」
 https://www.youtube.com/watch?v=MmvzeR2AFhA
David Banner and 9th Wonder feat. Big Remo「Strange」
 https://www.youtube.com/watch?v=LoIXcXNoVI4
AWAR feat. Nottz Raw, MURS and P. Jericho「Until the End」
 https://www.youtube.com/watch?v=iR31_7ObEKM
Agallah feat. Roc Marciano「Blaze of Glory」
 https://www.youtube.com/watch?v=Qh41ieE-zNU
DJ Quik feat. Playa Hamm「R.I.P Mausberg (Mausberg Dedication)」
 https://www.youtube.com/watch?v=09V4Civpodo
Nicholas Craven「Ridiculed」
 https://www.youtube.com/watch?v=dLiKjs6j7kU
Sum Total「Not a Dream」
 https://www.youtube.com/watch?v=AqKEaXYASmY

「Stay Away from Me」
アルバムからの1stシングル。ドラマティックなホーン&ストリングスが印象的なファンク・グループ。ブラックスプロイテーションのサントラような雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=aP1dDEHSSa4

Sampa the Great「Final Form」、Ghostface Killah feat. Trife「Be Easy」、Alex Wiley and Thelonious Martin feat. Scheme and Big Ounce「Game Face」、Dyme Def「Get Down」、Domingo feat. Ras Kass「Machine Gun」等のサンプリング・ソースとなっています。
Sampa the Great「Final Form」
 https://www.youtube.com/watch?v=H2lvgKDpiSA
Ghostface Killah feat. Trife「Be Easy」
 https://www.youtube.com/watch?v=KDhdOOBbFo8
Dyme Def「Get Down」
 https://www.youtube.com/watch?v=UGJMQ14fcss
Domingo feat. Ras Kass「Machine Gun」
 https://www.youtube.com/watch?v=Q99SzVDtIWk

「I Don't Need to Prove Myself」
あまり話題にならないけど、このトラックも大好き!ワイルドでパーカッシヴなファンキー・グルーヴと爽快メロウのマッシュアップ的な感じがサイコーです。
https://www.youtube.com/watch?v=hgvZV-uL5sY

9th Wonder feat. King Draft and Swank「Whole Life」、Tyler Woods「Prove Myself」等のサンプリング・ソースとなっています。
9th Wonder feat. King Draft and Swank「Whole Life」
 https://www.youtube.com/watch?v=KaJOeIVZNIM
Tyler Woods「Prove Myself」
 https://www.youtube.com/watch?v=1Aq9lHBeoPU

「Let It Be Me」
Gilbert Becaud/Mann Curtis/Pierre Delanoe作。The Everly Brothers、Betty Everett and Jerry Butlerのヒットで知られる名曲をカヴァー。英語ヴァージョンのオリジナルは1957年のJill Coreyヴァージョン。当ブログではRoberta Flackのカヴァーも紹介済みです。このグループらしい甘酸っぱいソウル・バラードで楽しませてくれます。ただし、少しやり過ぎのアレンジがビミョーです。
https://www.youtube.com/watch?v=k-EJcMZynh4

Dom Kennedy「I Hate Summers」、Paul Wall「Sittin' Sidewayz (9th Wonder Remix)」、Tanya Morgan feat. Napoleon「Plan B」等のサンプリング・ソースとなっています。
Dom Kennedy「I Hate Summers」
 https://www.youtube.com/watch?v=vvYkNFKD6jA
Paul Wall「Sittin' Sidewayz (9th Wonder Remix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=7IgF8Tkh_Hw
Tanya Morgan feat. Napoleon「Plan B」
 https://www.youtube.com/watch?v=LoeogH3Uu_M

「Love Me, Love Me Not」
少し背伸びして大人ソウルの世界に足を踏み入れた感じの漆黒ソウル・グルーヴ。必ずしも成功しているわけではありませんが、チャレンジは賞賛したいです。
https://www.youtube.com/watch?v=ctd2x0FLexg

Black Milk「Nigga What」、Rapper Big Pooh feat. Skyzoo「Keep It to the Side」等のサンプリング・ソースとなっています。
Black Milk「Nigga What」
 https://www.youtube.com/watch?v=umpCEUr9Vz8
Rapper Big Pooh feat. Skyzoo「Keep It to the Side」
 https://www.youtube.com/watch?v=3NEnHtnnCEI

「I Remember」
儚く甘酸っぱいバラード。曇り空が続く中、僅かに晴れ間が見え、それが少しずつ広がっていく感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=lcKCAeXFcQo

「Yesterday」
The Beatlesの名曲カヴァー(John Lennon/Paul McCartney作)。ラストはア・カペラの「Yesterday」で締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=8vKOQHwRTN4

The Sylversの他作品もチェックを!

『The Sylvers』(1972年)
THE SYLVERS+4 (日本独自企画盤、最新リマスター、解説付き、世界初CD化)

Foster Sylvers『Foster Sylvers』(1973年)
フォスター・シルヴァーズ [名盤1000円]

『The Sylvers III』(1974年)
シルヴァーズ III [ソウル名盤980円]

『Showcase/New Horizons』(1975/1977年) ※2in1CD
SHOWCASE / NEW HORIZONS ~ EXPANDED EDITION

『Concept』(1981年)
Concept
posted by ez at 00:08| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

Dan Hartman『Relight My Fire』

人気ディスコ・チューン「Relight My Fire」収録☆Dan Hartman『Relight My Fire』

発表年:1979年
ez的ジャンル:マルチ・プレイヤー/SSW系ディスコ
気分は... :Relight My Fire !

70年代ディスコ作品からDan Hartman『Relight My Fire』(1979年)です。

Dan Hartman(1950-94年)はペンシルベニア州出身のマルチ・プレイヤー/シンガー・ソングライター。

70年代前半〜半ばはEdgar Winter Groupのメンバーとして活動。

70年代後半からはソロ名義の作品をリリースし、ディスコ路線の作品で人気を博しました。

1984年には映画『Streets of Fire』のサントラにも収録された「I Can Dream About You」がUSチャート第6位の大ヒットとなりました。

1994年に43歳の若さで惜しくも逝去。

本作『Relight My Fire』(1979年)は、前作『Instant Replay』(1978年)に続くディスコ路線アルバムであり、タイトル曲「Relight My Fire」はUSダンス・チャートNo.1のディスコ・ヒットとなりました。

プロデュース&ソングライティングはDan Hartman自身。

アルバムにはLoleatta Holloway(vo)、Edgar Winter(as)、Stevie Wonder(harmonica)といったゲストが参加しています。

また、G.E. Smith(g)、Brian Brake(ds)、Larry Washington(per)、Jimmy Maelen(per)、Blanche Napoleon(back vo)等のミュージシャンも参加しています。

ハイライトは前述のように「Relight My Fire」Loleatta Hollowayをフィーチャーし、ダイナミックでエレガントなディスコを聴かせてくれます。

Edgar WinterStevie Wonderがゲスト参加したシングル「Hands Down」も注目です。

個人的には、ブルー・アイド・ソウルな魅力に溢れたソウル・グルーヴ「I Love Makin' Music」Edgar Winter Group時代のセルフ・カヴァー「Free Ride」もオススメです。

ボーナス・トラックも含めて、かなり楽しめるディスコ作品だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Hands Down」
シングルにもなったオープニング。Edgar Winter(as)、Stevie Wonder(harmonica)がゲスト参加しています。前作のディスコ・ヒット「Instant Replay」の流れを汲む開放的なディスコ・チューン。Jackson 5あたりのポップ・ソウルに通じる雰囲気もあっていいですね。EdgarStevieのソロも軽やかです。
https://www.youtube.com/watch?v=QnDYQglwP1g

Loleatta Holloway「Dreamin' (Hatiras Liquid Adrenaline Vocal Mix)」でサンプリングされています。
Loleatta Holloway「Dreamin' (Hatiras Liquid Adrenaline Vocal Mix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=cVmBbmQ8O80

「Love Strong」
パワフルなディスコ・チューンですが、少しじらし過ぎ(笑)。後半はG.E. Smithがギター・ソロで盛り上げてくれます。

「Vertigo/Relight My Fire」
前述のようにダンス・ヒットしたタイトル曲。アルバム・ヴァージョンは「Vertigo」とのメドレーです。というより「Vertigo」というイントロ付きの「Relight My Fire」という感じです。Norman Harrisがアレンジを手掛けたMFSBのホーン&ストリングスによる重厚なディスコ・サウンドをバックに、Dan自身に加えてLoleatta Hollowayのリード・ヴォーカルをフィーチャーしたダイナミックでエレガントなディスコ・チューンに仕上がっています。メドレーで10分近い長尺ですが、長すぎると感じる方は、ボートラの「Relight My Fire」シングル・ヴァージョンをチェックを!
https://www.youtube.com/watch?v=AoiSjVBvpso

「Relight My Fire」はTake That feat. Luluのカヴァーが有名ですね。それ以外にRicky Martin feat. Loleatta Holloway、Cafe Society、Quasimode等数多くのアーティストがカヴァーしています。
Take That feat. Lulu「Relight My Fire」
 https://www.youtube.com/watch?v=AUkqqI-W1FE
Ricky Martin feat. Loleatta Holloway「Relight My Fire」
 https://www.youtube.com/watch?v=yMY9gDRn1FA
Cafe Society「Relight My Fire」
 https://www.youtube.com/watch?v=FDIeimB3ohw
Quasimode「Relight My Fire」
 https://www.youtube.com/watch?v=PUN-HA2U4e4

「Just For Fun」
ポップ・ソウルな魅力に溢れたダンサブル・チューン。Danのご機嫌なピアノを含めて、楽しげなパーティー・チューンに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=7G1amL-Nh9A

「I Love Makin' Music」
ブルー・アイド・ソウルな魅力に溢れたソウル・グルーヴ。「Relight My Fire」を除けば、コレが一番好きです。

「Free Ride」
Edgar Winter Group時代にDan Hartmanが書いた楽曲のセルフ・カヴァー。オリジナルはアルバム『They Only Come Out at Night』(1973年)に収録されています。当時シングル・カットもされ、USチャート第14位のヒットとなりました。また、Tavaresもカヴァーしています。本ヴァージョンはオリジナル・ヴァージョンの雰囲気を受け継ぎつつ、より軽快かつ爽快なディスコ・ミュージックに仕上がっています。初期The Doobie Brothersが思い切りディスコ寄りになったら、こんな感じになるのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=DOUapr4ENmA

Edgar Winter Group「Free Ride」
 https://www.youtube.com/watch?v=JAFyvePcR_o
Tavares「Free Ride」
 https://www.youtube.com/watch?v=8wIhPcq79_8

僕が所有する再発CDには「Boogie All Summer (Single Ver.)」「Relight My Fire (Single Ver.)」「Hands Down (12" Ver.)」「Hands Down (Hands Up)」「Relight My Fire (The Historical 1979 Remix)」「Vertigo/Relight My Fire (Progressive Instrumental Remix)」の6曲が追加収録されています。

オリジナル・アルバム未収録のシングル「Boogie All Summer」「Relight My Fire」のシングル・ヴァージョンが有り難いですね。
「Boogie All Summer」
https://www.youtube.com/watch?v=AlU6E1ohTq0
「Relight My Fire」
https://www.youtube.com/watch?v=S7Plis5xFBg

Dan Hartman以外の他作品もチェックを!

『Images』(1976年)


『Instant Replay』(1978年)


『I Can Dream About You』(1984年)
posted by ez at 00:01| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月08日

Diana Ross『Touch Me In The Morning』

大ヒットしたタイトル曲収録☆Diana Ross『Touch Me In The Morning』

発表年:1973年
ez的ジャンル:キュート・ソウル・ディーヴァ
気分は... :しっとりバラード路線で・・・

今回はキュートなソウル・ディーヴァDiana Rossのヒット・アルバム『Diana Ross (1976)』(1976年)です。
※他のセルフ・タイトル作と区別するため、リリース年を補足しています。

The Supremesのリード・シンガーDiana Rossについて、当ブログで紹介したのは以下の4枚。
 『Diana Ross (1970)』(1970年)
 『Diana Ross (1976) 』(1976年)
 『The Boss』(1979年)
 『Diana』(1980年)

本作はソロとしては4作目のスタジオ・アルバム。
アルバムからはUSチャートNo.1となった大ヒット・シングル「Touch Me In The Morning」が生まれ、アルバムもUSアルバム・チャート第5位、同R&Bアルバム・チャート第1位となっています。

ストリングスを配したバラード中心の構成であり、ソウル・ファン向けというより、ポピュラー・ファン向けの仕上がりかもしれません。でも、それらバラードを通して、Diana Rossのシンガーとしての魅力、特に声質の良さの魅力を満喫できます。アレンジの素晴らしさも光ります。

前述の大ヒット・シングル「Touch Me In The Morning」が目立ちますが、サンプリング・ソースとしても人気の「Medley: Brown Baby/Save The Children」も今日的なハイライトだと思います。

それ以外に、The 5th Dimensionのカヴァー「Leave A Little Room」Carpentersのカヴァー「I Won't Last A Day Without You」あたりもおススメです。

派手さはありませんが、Dianaのシンガーとしての進化を感じる1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Touch Me In The Morning」
Michael Masser/Ron Miller作。Michael Masser/Tom Bairdプロデュース。Gene Page/Tom Bairdのアレンジ。前述のようにUSチャートNo.1となった大ヒット・シングル。ビューティフル・バラードの前半から、テンポアップのメリハリの効かせた中盤以降への流れがいいですね。素晴らしいアレンジの勝利といったところでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=nvZfQzlS9t8

MFSB、Fausto Papetti、Andy Williams、The Lettermen、Big Youth、Anita Harris、Marlena Shaw、The Nolans、John Holt等がカヴァーしています。また、9th Wonder feat. Khrysis「Make It Big」、McGruff「Don't You Know」等のサンプリング・ソースとなっています。
MFSB「Touch Me In The Morning」
 https://www.youtube.com/watch?v=sOKHh-XKpGU
Fausto Papetti「Touch Me In The Morning」
 https://www.youtube.com/watch?v=Y57VoXnoihg
Andy Williams「Touch Me In The Morning」
 https://www.youtube.com/watch?v=v74MJRbdLdg
The Lettermen「Touch Me In The Morning」
 https://www.youtube.com/watch?v=srGOsXZmHVc
Big Youth「Touch Me In The Morning」
 https://www.youtube.com/watch?v=Nq5Y2cpqXFk
The Nolans「Touch Me In The Morning」
 https://www.youtube.com/watch?v=Sqa_R6TMkMg
John Holt「Touch Me In The Morning」
 https://www.youtube.com/watch?v=YZ6vysKg-7g
McGruff「Don't You Know」
 https://www.youtube.com/watch?v=jVktEhjEUic

「All Of My Life」
Michael Randall作、プロデュース&アレンジ。しっとりと歌い上げるラブ・バラード。キラキラしたDianaの声質の魅力が映えます。
https://www.youtube.com/watch?v=knuuEfPK9Z8

Jaya、Kaye Malana Cantong、Suy Descalsotaがカヴァーしています。
Jaya「All Of My Life」
 https://www.youtube.com/watch?v=KU9VPxdWDQU

「We Need You」
Deke Richards作&プロデュース。Deke Richards/James Carmichaelのアレンジ。オーセンティックなバラード。荘厳なオーケストレーションとキュートなDianaの歌声の組み合わせがいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=2Fn7MI7I9s4

「Leave A Little Room」
The 5th Dimensionのカヴァー。オリジナルは『Individually and Collectively』(1972年)収録。Michael Randall作、プロデュース&アレンジ。感動ドラマのエンディング・テーマといった趣です。Dianaの語り口と素晴らしいヴォーカル・ワークが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=1wc3qvBpuu4

「I Won't Last A Day Without You」
Carpentersのヒット・シングルをカヴァー(Paul Williams/Roger Nichols)。Carpentersのオリジナルが最初にリリースされたのは1972年ですが、USシングル・チャートでヒットしたのは1974年だったので、本作のリリースの方が先となります。その意味では先見の明があったといえるナイス・カヴァーですね。Jerry Marcellino/Mel Larsonプロデュース。Gene Pag/John Bahlerのアレンジ。Carpentersヴァージョンとは異なるDianaならではの語り口で楽しませてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=7PQcHhuWQpI

Scribe feat. Ladi6「So Nice」、Lil B「Connect the Dots」のサンプリング・ソースとなっています。
Scribe feat. Ladi6「So Nice」
 https://www.youtube.com/watch?v=mwYSd83_c-s
Lil B「Connect the Dots」
 https://www.youtube.com/watch?v=4HeoI29Ctm8

「Little Girl Blue」
ミュージカル『Jumbo』(1935年)のために書かれたRichard Rodgers/Lorenz Hart作品をカヴァー。Gil Askeyプロデュース&アレンジ。素敵なギターの音色を従えたポピュラー・スタンダードらしいロマンティック・バラードに仕上がっています。MC Solaar「Intro (1991)」のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=Ksn3R-rX9VU

「My Baby (My Baby My Own)」
Tom Baird作、プロデュース&アレンジ。艶めかしく歌い上げるセクシー・モードのラブ・バラード。こういうDianaもいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=iVo2bEvMJSU

MC Solaar「Intro (1991)」、Aasim D'Xplicit「Fly Shit」、Ahwlee「Psalm_Trees.」等のサンプリング・ソースとなっています。
MC Solaar「Intro (1991)」
 https://www.youtube.com/watch?v=_2z_LshdTYE
Aasim D'Xplicit「Fly Shit」
 https://www.youtube.com/watch?v=JvQTLzQwX7Q
Ahwlee「Psalm_Trees.」
 https://www.youtube.com/watch?v=F5bUk7rmdDw

「Imagine」
John Lennonの名曲をカヴァー。あまり仰々しくなく、さらっと歌っている感じがいいですね。Diana Ross自身のプロデュース。
https://www.youtube.com/watch?v=uL9Lm2BN-eg

「Medley: Brown Baby/Save The Children」
Oscar Brown Jr.「Brown Baby」とMarvin Gaye「Save The Children」というカヴァー2曲のメドレー。Tom Baird/Diana Rossプロデュース。Tom Baird/Gene Pageのアレンジ。今日的には本曲を本アルバムのハイライトかもしれませんね。僕もその一人です。ニュー・ソウルなDianaを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=_PaukFWdZ4M

Guru「For You」、Soon E MC「Elucider Ce Mystere」、2Pac「If I Die 2Nite」、Real Live「The Gimmicks」、Hard Rock Cartel「If You Wanna」、Flaminio Maphia feat. Riccardo Sinigallia「Le Facce Della Notte」、Cassidy feat. Nas and Quan「Can't Fade Me」、Theory Hazit「Decisions」、Immortal Technique「Harlem Renaissance」、Action Bronson「Imported Goods」等のサンプリング・ソースとなっています。
Guru「For You」
 https://www.youtube.com/watch?v=cc7utSeiCMM
Soon E MC「Elucider Ce Mystere」
 https://www.youtube.com/watch?v=qZl6MAXRClU
Real Live「The Gimmicks」
 https://www.youtube.com/watch?v=5eIuI3r04Oo
Hard Rock Cartel「If You Wanna」
 https://www.youtube.com/watch?v=IOu-GPu9AoE
Flaminio Maphia feat. Riccardo Sinigallia「Le Facce Della Notte」
 https://www.youtube.com/watch?v=01DfQwJz990
Cassidy feat. Nas and Quan「Can't Fade Me」
 https://www.youtube.com/watch?v=ywj4Z77Pcxs
Theory Hazit「Decisions」
 https://www.youtube.com/watch?v=_opCHr5JVV4
Immortal Technique「Harlem Renaissance」
 https://www.youtube.com/watch?v=yI2O2b6Ap68
Action Bronson「Imported Goods」
 https://www.youtube.com/watch?v=jKpd2Bua3Ug

Diana Rossの他の70年代アルバムもチェックを!

『Diana Ross』(1970年)
Diana Ross

『Everything Is Everything』(1970年)
Everything Is Everything

『Surrender』(1971年)
Surrender, Expanded Edition

『Lady Sings the Blues』(1972年)
ビリー・ホリデイ物語

Diana Ross & Marvin Gaye『Diana & Marvin』(1973年)
Diana Ross and Marvin Gaye

『Last Time I Saw Him』(1973年)
Last Time I Saw Him

『Diana Ross (1976) 』(1976年)
愛の流れに

『Baby It's Me』(1977年)
ベイビー・イッツ・ミー

『Ross』(1978年)
ロス(紙ジャケット仕様)

『The Boss』(1979年)
ザ・ボス

『Diana』(1980年)
ダイアナ
posted by ez at 02:00| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

Rose Royce『Car Wash』

映画のサントラにしてデビュー・アルバム☆Rose Royce『Car Wash』

発表年:1976年
ez的ジャンル:L.A.ファンク/ソウル・バンド
気分は... :洗車場の1日は・・・

今回は70年代後半〜80年代前半に人気を博したファンク/ソウル・バンドRose Royceのデビュー・アルバム『Car Wash』(1976年)です。

1973年にL.A.で結成されたファンク・バンドRose Royceについて、当ブログで紹介したのは以下の3枚。

 『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)
 『Rose Royce III: Strikes Again!』(1978年)
 『Stronger Than Ever』(1982年)

本作『Car Wash』(1976年)は、Norman Whitfieldが手掛けた映画『Car Wash』のサントラであると同時に、Whitfieldに抜擢されたRose Royceにとってのデビュー・アルバムという位置づけになります。

Michael Schultz監督の映画『Car Wash』(1976年)は、L.A.の洗車場『デラックス・カー・ウォッシュ』での一日を描いたコメディ映画です。

アルバムはUSアルバム・チャート第14位、同R&Bアルバム・チャート第2位のヒットとなりました。

勿論、プロデュースはNorman Whitfield

このデビュー・アルバムにおけるRose RoyceのメンバーはGwen Dickey(vo)、Kenny Copeland (tp)、Kenji Brown(g)、Lequeint "Duke" Jobe(b)、Victor Nix(key)、Henry Garner(ds)、Freddie Dunn(tp)、Michael Moore(sax)、Terry Santiel(congas)という9名。

また、「You Gotta Believe」ではPointer Sistersがフィーチャリングされています。

アルバムはLP2枚組全19曲という聴き応え十分の内容です。

USチャート、同R&Bチャート共にNo.1となった大ヒット・シングルのタイトル曲「Car Wash」、USチャート第10位、同R&Bチャート第3位となったヒット・シングル「I Wanna Get Next to You」、US R&Bチャート第10位となり、Mary J. Bligeもカヴァーしたシングル「I'm Going Down」Pointer Sistersをフィーチャーした「You Gotta Believe」あたりが目立ちます。

Rose Royceの魅力が伝わってくるファンキー・グルーヴ「Put Your Money Where Your Mouth Is」、素敵なメロウ・バラード「You're on My Mind」、西海岸らしいファンキー・メロウ「Born to Love You」、スケールの大きな「Daddy Rich」、フュージョン・ファンク的なインスト「Yo Yo」、サンプリング・ソースとして人気の「6 O'Clock DJ (Let's Rock)」Rose Royceの魅力が伝わってくる1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Car Wash」
Norman Whitfield作。タイトル曲はUSチャート、同R&Bチャート共にNo.1となった大ヒット・シングル。ストリングス入りのディスコ・ファンクはL.A.らしい開放感に満ちています。映画のサントラらしいキャッチーさと、ベースがブンブン唸るディスコ・ファンクな魅力がうまくミックスされているのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=TsYS68M4Eqk

Christina Aguilera feat. Missy Elliott「Car Wash (Shark Tale Mix)」、Sugar Beats等がカヴァーしています。
Christina Aguilera feat. Missy Elliott「Car Wash (Shark Tale Mix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=aVlpy5USN-E
Sugar Beats「Car Wash」
 https://www.youtube.com/watch?v=H1E_O9hFq8I

Naughty by Nature feat. Castro and MAG「Work」、Shelly Thunder「Working Girl」、Afrika Bambaataa and The Jazzy 5「Jazzy Sensation (The Jazz Mix)」、Trina & Tamara「What'd You Come Here For」、Mr. Cheeks「Back Again」等のサンプリング・ソースとなっています。
Naughty by Nature feat. Castro and MAG「Work」
 https://www.youtube.com/watch?v=VMTsWjBi6Bo
Shelly Thunder「Working Girl」
 https://www.youtube.com/watch?v=2e-_zQLehaM
Afrika Bambaataa and The Jazzy 5「Jazzy Sensation (The Jazz Mix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=WtzwsA7QKA8
Trina & Tamara「What'd You Come Here For」
 https://www.youtube.com/watch?v=nnG00GYd76w
Mr. Cheeks「Back Again」
 https://www.youtube.com/watch?v=4KIrhvQK6JQ

「6 O'Clock DJ (Let's Rock)」
Norman Whitfield作。1分強の短い小曲ですが、イントロのシンセの不気味な響きはインパクト大です。
https://www.youtube.com/watch?v=UX5Y-JPDZb4

Beastie Boys「Shake Your Rump」Timbaland feat. Dr. Dre, Justin Timberlake and Missy Elliott「Bounce」、UGK「I Feel Like I'm the One Who's Doin' Dope」、Brotha Lynch Hung「Back Fade」、C.O.A.「Loknezz」、Paint It Black「We Got Pull (Hill Mix)」、Raw Breed「Open Seazon」、Boyz Wit Da Bass「Let It Flow (The One That Mike Likes)」、Canibus「Benny Riley」等のサンプリング・ソースとなっています。
Timbaland feat. Dr. Dre, Justin Timberlake and Missy Elliott「Bounce」
 https://www.youtube.com/watch?v=wYE6rn3fV_w
UGK「I Feel Like I'm the One Who's Doin' Dope」
 https://www.youtube.com/watch?v=PGEJw0spukQ
Brotha Lynch Hung「Back Fade」
 https://www.youtube.com/watch?v=EM2tDrN5H4c
C.O.A.「Loknezz」
 https://www.youtube.com/watch?v=CNGl9k7mR2Q
Paint It Black「We Got Pull (Hill Mix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=4vo4oSFBdN8
Raw Breed「Open Seazon」
 https://www.youtube.com/watch?v=BERv4Ds8EzQ
Boyz Wit Da Bass「Let It Flow (The One That Mike Likes)」
 https://www.youtube.com/watch?v=BnLrQXAamx0
Canibus「Benny Riley」
 https://www.youtube.com/watch?v=XloC1OfPBic

「I Wanna Get Next to You」
Norman Whitfield作。タイトル曲に続くヒット・シングル(USチャート第10位、同R&Bチャート第3位)。ナチュラルなメロウ・バラード。肩肘張らない開放的な雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=gIKSH3Je_Z0&list=RDTsYS68M4Eqk&index=14

Bullwackies All Stars、Raja Nee、Christion等がカヴァーしています。また、Cam'ron「Wanna Get」、Twista feat. Jeremih「Next to You」等のサンプリング・ソースとなっています。
Bullwackies All Stars「Next to Jah」
 https://www.youtube.com/watch?v=wvxXCrWfVYw
Raja Nee「I Wanna Get Next to You」
 https://www.youtube.com/watch?v=KFE1DT1rwwI
Christion「I Wanna Get Next to You」
 https://www.youtube.com/watch?v=9ag-DyiZWOs
Cam'ron「Wanna Get」
 https://www.youtube.com/watch?v=0FFIndYhSho
Twista feat. Jeremih「Next to You」
 https://www.youtube.com/watch?v=gohOnnY5AoY

「Put Your Money Where Your Mouth Is」
Norman Whitfield作。ファンク好きにはグッとくるドライヴ感のあるファンキー・グルーヴ。Rose Royceのファンク・バンドとして魅力が伝わってきます。ホーン・サウンドによるアクセントもサイコー!N.W.A「100 Miles and Runnin'」等のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=V7FM21JX9hI

「Zig Zag」
Rose Royce作。少し覚醒的なイントロのギター・カッティングとダイナミックなホーン・サウンドが格好良いです。
https://www.youtube.com/watch?v=WN0Q13iovYQ

Movement Ex「Zig Zag Zig」、By Any Means Necessary「Ashes 2 Dust」等のサンプリング・ソースとなっています。
Movement Ex「Zig Zag Zig」
 https://www.youtube.com/watch?v=mKxg1v5cykQ
By Any Means Necessary「Ashes 2 Dust」
 https://www.youtube.com/watch?v=rkkwpyULGvg

「You're on My Mind」
Lequeint Jobe/Henry Garner作。Rose Royceのソウルな魅力が伝わってくる素敵なメロウ・バラード。ワルツ調のアクセントもいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=ZlTyDk9zD1Y

Marsha Ambrosius「Co-star」のサンプリング・ソースとなっています。
Marsha Ambrosius「Co-star」
 https://www.youtube.com/watch?v=2habYhl3Hdc

「Mid Day DJ Theme」
Norman Whitfield作。映画サントラらしいファンキーな小曲。
https://www.youtube.com/watch?v=msncsAjQ_m0

「Born to Love You」
Rose Royce作。西海岸の眩しい日差しの似合うファンキー・メロウ。ダイナミックなファンキー・サウンドの中にも爽快さを感じられるのがいいですね。Beastie Boys「Shake Your Rump」等のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=IDMMXoGSV5k

「Daddy Rich」
Norman Whitfield作。サントラらしいスケールの大きさを感じるファンキー・グルーヴ。壮大なストリングスが効いています。
https://www.youtube.com/watch?v=v0TmBpg-dic

The Fila Fresh Crew「3 the Hardway」、Beastie Boys「33% God」、3rd Bass「Daddy Rich in the Land of 1210」等のサンプリング・ソースとなっています。
The Fila Fresh Crew「3 the Hardway」
 https://www.youtube.com/watch?v=b8_adP_5oe0
Beastie Boys「33% God」
 https://www.youtube.com/watch?v=0RUhTVdqRkE
3rd Bass「Daddy Rich in the Land of 1210」
 https://www.youtube.com/watch?v=pz2APyKsfrM

「Richard Pryor Dialogue」
タイトルの通り、映画に出演している黒人俳優Richard Pryorの会話を収録したものです。

「You Gotta Believe」
Norman Whitfield作。この曲ではPointer Sistersをフィーチャー。ファンキー・サウンドをバックに、Pointer Sistersならではのコーラス・ワークで聴く者を魅了します。
https://www.youtube.com/watch?v=P-l2wbhVKII

Ice Cube「Really Doe」、Cam'ron「Believe in Flee」、Stinkin' Rich「You Can't See Me」、Evidence feat. Res「Believe in Me」等のサンプリング・ソースとなっています。また、Mahalia Barnes & The Soul Matesがカヴァーしています。
Ice Cube「Really Doe」
 https://www.youtube.com/watch?v=aabcl3cSvVc
Cam'ron「Believe in Flee」
 https://www.youtube.com/watch?v=V-UYfHCISGE
Stinkin' Rich「You Can't See Me」
 https://www.youtube.com/watch?v=WphEtqHrQac
Evidence feat. Res「Believe in Me」
 https://www.youtube.com/watch?v=BYyiZEjFMlU
Mahalia Barnes & The Soul Mates「You Gotta Believe」
 https://www.youtube.com/watch?v=gFFR6eEd2ek

「I'm Going Down」
Norman Whitfield作。「Car Wash」、「I Wanna Get Next to You」に続きシングル・カットされ、US R&Bチャート第10位となりました。哀愁バラードをGwen Dickeyが情感たっぷりに歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=osL8cvRJtA8

Mary J. Blige、Y?N-Vee等がカヴァーしています。
Mary J. Blige「I'm Going Down」
 https://www.youtube.com/watch?v=1XmwiwQjU8E
Y?N-Vee「I'm Going Down」
 https://www.youtube.com/watch?v=jbEutdal4ec

また、Cam'ron feat. Juelz Santana「Oh Boy」、Mahalia feat. Ella Mai「What You Did」、Trey Songz feat. Summer Walker「Back Home」、Jazmine Sullivan「10 Seconds」、Lord Finesse「Baby, Baby」、Insane Poetry「Till Death Do Us Part」、EshamIf「What Did I Do Wrong?」、「I Can't Have U」等のサンプリング・ソースとなっています。
Cam'ron feat. Juelz Santana「Oh Boy」
 https://www.youtube.com/watch?v=9GvB9ySUJ3A
Mahalia feat. Ella Mai「What You Did」
 https://www.youtube.com/watch?v=azA0RJMUK0E
Trey Songz feat. Summer Walker「Back Home」
 https://www.youtube.com/watch?v=Qw27GdqtIO0
Jazmine Sullivan「10 Seconds」
 https://www.youtube.com/watch?v=1TB1d4r2n3M
Lord Finesse「Baby, Baby」
 https://www.youtube.com/watch?v=JAEVs4qQXjo
Insane Poetry「Till Death Do Us Part」
 https://www.youtube.com/watch?v=sTTCOpVVHnU
EshamIf「What Did I Do Wrong?」
 https://www.youtube.com/watch?v=QSATjTXq-vc


「Yo Yo」
Rose Royce作。ベースがブンブン唸るファンキーなインスト。フュージョン・ファンク的な雰囲気もあります。インストゥルメンタルなRose Royceの魅力に触れることができます。
Beastie Boys「Shake Your Rump」等のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=f1RAl680zWY

「Sunrise」
Norman Whitfield作。11分近い長尺です。演奏自体はさほど面白くありませんが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=Fdgtl3C0Ezs

「Righteous Rhythm」
Norman Whitfield作。クラヴィネットの音色が印象的なファンキーなインスト。
https://www.youtube.com/watch?v=thaSDMbP_ds

「Water」
Norman Whitfield作。ブラックスプロイテーションな雰囲気を強調した演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=tXQh-MW_9PM

「Crying」
Norman Whitfield作。タイトルの通り、哀愁モードの味わい深さを感じるインスト。
https://www.youtube.com/watch?v=U0vDSRHBIz0

Marsha Ambrosius「Tears」Joy Denalane feat. Governor「Something Stirrin' Up」のサンプリング・ソースとなっています。
Marsha Ambrosius「Tears」
 https://www.youtube.com/watch?v=rxlHtb8lfoE
Joy Denalane feat. Governor「Something Stirrin' Up」
 https://www.youtube.com/watch?v=RfLayN10Om0

「Doin' What Comes Naturally」
Norman Whitfield作。映画のサントラらしさの中にも、Rose Royceのファンク・バンドとして骨太な魅力を感じるインスト。
https://www.youtube.com/watch?v=skaAY2dwC7k

「Keep on Keepin' On」
Norman Whitfield作。ブラックスプロイテーションらしい雰囲気のミディアム・グルーヴで余韻を残したまま幕を閉じます。
https://www.youtube.com/watch?v=B8hoGo89ORI

Rose Royceの他作品もチェックを!

『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)
イン・フル・ブルーム

『Rose Royce III: Strikes Again!』(1978年)


『Rose Royce IV: Rainbow Connection』(1979年)
Rainbow Connection IV

『Golden Touch』(1980年)
ゴールデン・タッチ

『Jump Street』(1981年)
Jump Street

『Stronger Than Ever』(1982年)
STRONGER THAN EVER ~ EXPANDED EDITION

『Music Magic』(1984年)
Music Magic

『Fresh Cut』(1986年)
FRESH CUT
posted by ez at 10:22| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする