2021年06月12日

Jerome Richardson『Going to the Movies』

映画音楽を集めたジャズ作品☆Jerome Richardson『Going to the Movies』

録音年:1962年
ez的ジャンル:映画音楽ジャズ
気分は... : 危険な関係のブルース・・・

今回は映画音楽を集めたジャズ作品Jerome Richardson『Going to the Movies』(1962年)です。

Jerome Richardson(1920-2000年)はカリフォルニア州オークランド生まれのマルチ・リード・プレイヤー。

本作はJerome Richardsonが自身のクインテットを率いて映画音楽の人気曲を演奏したアルバムです。

レコーディング・メンバーはJerome Richardson(bs、ts、fl)、Les Spaan(g、fl)、Richard Wyands(p)、Henry Grimes(b)、Grady Tate(ds)です。

「No Problem」(『危険な関係』)、「Moon River」(『ティファニーで朝食を』)、「Never On Sunday」(『日曜はダメよ』)、「Tonight」(『ウエスト・サイド物語』)、「Delilah」(『サムソンとデリラ』)といった名曲を、スタイリッシュな演奏で聴かせてくれます。

DJ方面でも再評価の高い「No Problem」が、今日的な本作のハイライトです。それ以外の4曲も今聴いても楽しめる演奏になっています。

映画音楽好きの人もジャズ好きの人も満喫できる1枚なのでは?

全曲紹介しときやす。

「No Problem」
Duke Jordan作。Roger Vadim監督、Jeanne Moreau主演のフランス映画『危険な関係(Les Liaisons Dangereuses)』(1959年)のテーマ曲「危険な関係のブルース」のカヴァー。オリジナルはArt Blakey & the Jazz Messengers with Barney Wilenでの演奏です。ここではクールなボッサ・ジャズで聴かせてくれます。DJ方面でも再評価の高い本作のハイライト。
https://www.youtube.com/watch?v=FdbktRWQPD0

「Moon River」
Henry Mancini/Johnny Mercer作。Audrey Hepburn主演の映画『ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany’s)』(1961年)の主題歌としてお馴染み、アカデミー歌曲賞およびグラミーを受賞した大名曲のカヴァー。6拍子4拍子と交錯する小粋なアレンジの「Moon River」で楽しませてくれます。主役Richardsonのサックスも快調でいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=rXwwpHz4KJc

本曲について、当ブログではRoman AndrenOs Tres BrasileirosQuarteto FormaGretchen ParlatoLaurindo Almeida & The Bossa Nova Allstarsのカヴァーを紹介済みです。

「Never On Sunday」
Manos Hadjidakis作。映画『日曜はダメよ(Never On Sunday)』(1960年)のテーマ曲のカヴァー。お馴染みの名曲ですが、こういったジャズ演奏ではあまり聴いたことがなかったので新鮮でした。本作らしい洒落た雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=PB7w3TuiTA0

「Tonight」
Leonard Bernstein/Stephen Sondheim作。大ヒット・ミュージカル映画『ウエスト・サイド物語(West Side Story)』(1961年)の人気挿入歌のカヴァー。この曲もオリジナルの印象が強すぎて、あまりジャズ演奏のイメージがないですね。ここではHenry Grimesのベースが牽引し、Richardsonはフルートを演奏しています。
https://www.youtube.com/watch?v=RqPrQt1N6SQ

「Delilah」
Victor Young作。映画『サムソンとデリラ(Samson and Delilah)』(1949年)のために書かれた曲をカヴァー。Richardsonはフルートとアルト・サックスを演奏しています。Richardsonのソロに加え、Les Spaanのギター、Richard Wyandsのピアノもソロで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=IERLDAcaylY

本曲について、当ブログではClifford Brown & Max RoachMilt Jackson & Wes Montgomeryのカヴァーも紹介済みです。

『Flutes & Reeds』(1955年、Ernie Wilkins & Frank Wess名義)、『Roamin' With Richardson』(1959年)、『Midnight Oil』(1959年)、『Going to the Movies』(1962年)という4作品をCD2枚に収めたセットもあります。

『Flutes & Reeds/Roamin' With Richardson/Midnight Oil/Going to the Movies』 ※2CD
posted by ez at 00:39| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

The Meters『The Meters』

衝撃のデビュー作☆The Meters『The Meters』
ザ・ミーターズ
発表年:1969年
ez的ジャンル:ニューオリンズ・ファンクの雄
気分は... :ファースト・インパクト!

ニューオリンズ・ファンクを代表するバンドThe Metersのデビュー・アルバム『The Meters』(1969年)です。

Art Neville(key、org)、George Porter, Jr.(b)、Leo Nocentelli(g)、Joseph "Zigaboo" Modeliste(Ziggy Modeliste)(ds)という最狂メンバー4名によるファンク・バンドThe Metersの紹介は、『Rejuvenation』(1974年)、『Struttin'』(1970年)に続き3回目となります。

1stとなる本作『The Meters』(1969年)、2nd『Look-Ka Py Py』(1969年)、3rd『Struttin'』(1970年)というJosieからの三部作は、レア・グルーヴ人気作として再評価の高い3枚です。

プロデュースは他のJosie三部作と同じくAllen ToussaintMarshall Sehorn

Classics IVのカヴァー「Stormy」Sly & The Family Stoneのカヴァー「Sing A Simple Song」以外はグループのオリジナルです。

レア・グルーヴ・クラシック「Cissy Strut」をはじめ、「Here Comes the Meter Man」「Cardova」「Live Wire」「Sophisticated Cissy」「Ease Back」「Stormy」といった人気サンプリング・ソースがズラリと並びます。

当時としてはかなり衝撃的なファンク・グルーヴだったのではないかと思います。

衝撃のデビュー・アルバムをご堪能あれ!

全曲紹介しときやす。

「Cissy Strut」
本作を代表するファンク・クラシック。メンバーの掛け声と共に始まります。Zigabooの乾いたビートが先導しながらジワジワ高揚してくる感じがたまりません。
https://www.youtube.com/watch?v=yBt-eXuog3k

当ブログで紹介したJohnny Lewis Quartetヴォ―ジョンをはじめ、Los Masters、King Herbert & the Knights and Jack Harden、Sunny & the Sunliners、Earl Van Dyke、The Mexican Revolution、Rod Piazza、Trinidad Steel Drummers Sissy Strut、The Dirty Dozen Brass Band等がカヴァーしています。
Johnny Lewis Quartet「Cissy Strut」
 https://www.youtube.com/watch?v=2y9i3TzHkgw
Los Masters「Cissy Strut」
 https://www.youtube.com/watch?v=FTreYJwCw9M
King Herbert & the Knights and Jack Harden「Cissy Strut」
 https://www.youtube.com/watch?v=R_Ii4dPGjRk
Sunny & the Sunliners「Cissy Strut」
 https://www.youtube.com/watch?v=MwiTVXvKcOU
Earl Van Dyke「Cissy Strut」
 https://www.youtube.com/watch?v=Mi8RbL-DVXA
Rod Piazza「Cissy Strut」
 https://www.youtube.com/watch?v=_8uzP86zDtI
Trinidad Steel Drummers「Cissy Strut」
 https://www.youtube.com/watch?v=g3JMq4wLWdw
The Dirty Dozen Brass Band「Cissy Strut」
https://www.youtube.com/watch?v=uVnm8ixW3pw

定番サンプリング・ソースとしても大人気!当ブログで紹介したA Tribe Called Quest「Da Booty」をはじめ、Pizzicato Five「Tout, Tout, Pour Ma Cherie」、「My Baby Portable Player Sound」、N.W.A「Niggaz 4 Life」、「Approach to Danger」、2 Live Crew「P-A-N」、King Tee「The Coolest」、Mr. Complex feat. Pharoahe Monch「Why Don't Cha」、Master P feat. Sonya C「211」、Vibraphonic「I See You」等70トラック以上のサンプリング・ソースとなっています。
A Tribe Called Quest「Da Booty」
https://www.youtube.com/watch?v=SPYK2xfHNwo
Pizzicato Five「My Baby Portable Player Sound」
https://www.youtube.com/watch?v=3EV7vWAv4mM
2 Live Crew「P-A-N」
https://www.youtube.com/watch?v=ys0Hy1Epm2Q
Mr. Complex feat. Pharoahe Monch「Why Don't Cha」
https://www.youtube.com/watch?v=fdbvZQdeCOA
Master P feat. Sonya C「211」
https://www.youtube.com/watch?v=9bR_-U7SLeU

「Here Comes the Meter Man」
ファンキー・オルガンが印象的なインスト・ファンク。George Porter, Jr.の唸るベースやLeo Nocentelliの怪しげなワウ・ギター、Zigabooの終盤のブレイクもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=QewMqUpoJ10

当ブログで紹介したBig Daddy Kane「Long Live the Kane」Digable Planets「Black Ego」をはじめ、Spoonie Gee「Take It Off (Remix)」、Run-D.M.C.「How'd Ya Do It Dee?」、Salt-N-Pepa「Let the Rhythm Run (Remix)」、KRS-One「Feel the Vibe, Feel the Beat」、Squarepusher「Windscale 2」、Toni Braxton「Take This Ring」、Talib Kweli and Strong Arm Steady「Go With Us」、Flying Lotus「Aqua Teen 24」、The Game「Savage Lifestyle」、キングギドラ「空からの力(Part 2)」等のサンプリング・ソースとなっています。
Big Daddy Kane「Long Live the Kane」
https://www.youtube.com/watch?v=b90X6EBECq0
Digable Planets「Black Ego」
https://www.youtube.com/watch?v=NbMGHEQNmgo
Spoonie Gee「Take It Off (Remix)」
https://www.youtube.com/watch?v=UctC9j6oYhs
Run-D.M.C.「How'd Ya Do It Dee?」
https://www.youtube.com/watch?v=HumziEwz6qM
Salt-N-Pepa「Let the Rhythm Run (Remix)」
https://www.youtube.com/watch?v=VwKhHON15DE
KRS-One「Feel the Vibe, Feel the Beat」
https://www.youtube.com/watch?v=wBumrm2eBQE
Squarepusher「Windscale 2」
https://www.youtube.com/watch?v=hY6_gWFUKHk
Toni Braxton「Take This Ring」
https://www.youtube.com/watch?v=u0pXNLI6G9A
Talib Kweli and Strong Arm Steady「Go With Us」
https://www.youtube.com/watch?v=nd-tAwg5krc
Flying Lotus「Aqua Teen 24」
https://www.youtube.com/watch?v=LitHy4US_Io
The Game「Savage Lifestyle」
https://www.youtube.com/watch?v=JABnCl-mma4

「Cardova」
George Porter, Jr.の野太いベースとZigabooのドラミングが織り成す重厚なビートが格好良いですね。レア・グルーヴ好きにはたまらないファンク・チューンなのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=ZCEmT-goWkE

Syd Jones & the Troubadours等がカヴァーしています。
また、Poison Clan「The Neighborhood Haps」、Scarface「He's Dead」、Kwame「Boy Genius」、DJ Krush「Into the Water」、N.W.A「She Swallowed It」、MC Lyte「Shut the Eff Up! (Hoe)」、King Tee「Ko Rock Stuff」、Murs, 9th Wonder and The Soul Council「Give Me a Reason」等のサンプリング・ソースとなっています。
Syd Jones & the Troubadours「Cardova」
https://www.youtube.com/watch?v=TruAW_fdh54
Poison Clan「The Neighborhood Haps」
https://www.youtube.com/watch?v=FT-739aTEmw
Scarface「He's Dead」
https://www.youtube.com/watch?v=DbyytnvFHsg
Kwame「Boy Genius」
https://www.youtube.com/watch?v=xL_pomv1JkM
DJ Krush「Into the Water」
https://www.youtube.com/watch?v=AQWTPKd57Jw
N.W.A「She Swallowed It」
https://www.youtube.com/watch?v=sw2Yeeybjn8
MC Lyte「Shut the Eff Up! (Hoe)」
https://www.youtube.com/watch?v=CVphuKBla3Q
King Tee「Ko Rock Stuff」
https://www.youtube.com/watch?v=Wd62KtbeqjA
MURS, 9th Wonder and The Soul Council「Give Me a Reason」
https://www.youtube.com/watch?v=OuaUGwS9_RI

「Live Wire」
ファンキーな疾走感にグッとくる1曲。Leo Nocentelliのギター、Art Nevilleのオルガンの開放的な表情がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=XiTrXAR5Ei4

Gang Starr「Cause and Effect」、Hardnoise「Mice in the Presence of the Lion」、Big Daddy Kane「Troubled Man」等のサンプリング・ソースとなっています。
Gang Starr「Cause and Effect」
https://www.youtube.com/watch?v=nJ1q2aHMXUM
Hardnoise「Mice in the Presence of the Lion」
https://www.youtube.com/watch?v=cbmymDwYJLM
Big Daddy Kane「Troubled Man」
https://www.youtube.com/watch?v=XPm4Fnbv_9s

「Art」
密かにお気に入りのトラック。推進力がありながらも、リラックスした雰囲気のファンキー・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=LwS28UbzeFw

「Sophisticated Cissy」
テンポを落としたミディアム・ファンクですが、それがイナたい味わいになっていい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=nR4356pVmI4

Salt-N-Pepa feat. Kid 'N Play「I Don't Know」、Boogie Down Productions feat. DJ Scott La Rock「Essays on BDP-ism」、Kilo「Baby Take a D-H」、Heather Victoria feat. Rapsody「Won't Stress Me」等のサンプリング・ソースとなっています。
Salt-N-Pepa feat. Kid 'N Play「I Don't Know」
https://www.youtube.com/watch?v=1wtOLQnoKZc
Boogie Down Productions feat. DJ Scott La Rock「Essays on BDP-ism」
https://www.youtube.com/watch?v=UyEfzqu4v7k
Kilo「Baby Take a D-H」
https://www.youtube.com/watch?v=R4yOtv9sP5U
Heather Victoria feat. Rapsody「Won't Stress Me」
https://www.youtube.com/watch?v=_cE-mBRA3bQ

「Ease Back」
Zigabooのキレのあるビート、Leo Nocentelliのギターが格好良いミディアム・ファンク。60年代と思えない先鋭的なグルーヴがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=Eh3tfvUwklA

当ブログで紹介したGrant Greenヴァージョンをはじめ、The Bacao Rhythm & Steel Band等がカヴァーしています。また、当ブログで紹介したQueen Latifah「That's the Way We Flow」をはじめ、MC Lyte「Please Understand」、Born Jamericans「Why Do Girls」、Wolfpak「No Mo Drivebys」、Papa Chuk feat. Champ MC「Down N' Dirty」等のサンプリング・ソースとなっています。
Grant Green「Ease Back」
https://www.youtube.com/watch?v=LqvcR0NFHgc
The Bacao Rhythm & Steel Band「Ease Back」
https://www.youtube.com/watch?v=Sf7ZquRIFSA
Queen Latifah「That's the Way We Flow」
 https://www.youtube.com/watch?v=H0QPoiZCOM4
MC Lyte「Please Understand」
 https://www.youtube.com/watch?v=ihvJ88zMzso
Born Jamericans「Why Do Girls」
 https://www.youtube.com/watch?v=09kCPa89e-s
Wolfpak「No Mo Drivebys」
 https://www.youtube.com/watch?v=YEL0-mGkujs
Papa Chuk feat. Champ MC「Down N' Dirty」
 https://www.youtube.com/watch?v=lIIpRfGl09w

「6V6 LA」
ここでも先鋭的なリズム隊とオルガン、ギターのコンビネーションが抜群です。あまり注目されない曲ですが、Metersらしさを満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=OhS31Hy7jQQ

「Sehorn's Farm」
Jimmy SmithGrant Greenといった雰囲気のファンキー・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=aKLstwCeKcE

Run-D.M.C.「How'd Ya Do It Dee?」、Ice Cube「Don't Trust 'Em」のサンプリング・ソースとなっています。
Run-D.M.C.「How'd Ya Do It Dee?」
https://www.youtube.com/watch?v=HumziEwz6qM
Ice Cube「Don't Trust 'Em」
https://www.youtube.com/watch?v=h15WfkeqB-g

「Ann」
レトロな雰囲気から一転してArchie Bell & The Drells「I Can't Stop Dancing」ライクなグルーヴが展開されます。
https://www.youtube.com/watch?v=B4M7O7s5e2I

「Stormy」
Classics IVの名曲カヴァー(Buddy Buie/J.R. Cobb作)。お馴染みの名曲を哀愁バラード調で聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=wQIJdpDJL5A

Big K.R.I.T.「Bigger Picture」、Juggaknots「Clear Blue Skies」、Okey Doke「Pass De Budda Sack」、Andy Cooper「Last of the Dying Breed」、Dave B「Cheap Sofa」等のサンプリング・ソースとなっています。
Big K.R.I.T.「Bigger Picture」
https://www.youtube.com/watch?v=vjqLtx28_GQ
Juggaknots「Clear Blue Skies」
https://www.youtube.com/watch?v=9mMfavxyFUI
Okey Doke「Pass De Budda Sack」
https://www.youtube.com/watch?v=iS48sETmd7k
Andy Cooper「Last of the Dying Breed」
https://www.youtube.com/watch?v=CWTbxxafg8s
Dave B「Cheap Sofa」
https://www.youtube.com/watch?v=nYjzdKAWFfo

本曲「Stormy」に関して、当ブログではCafe Apres-midiのコンピにも収録されているThird Waveのドリーミー・カヴァーやReuben WilsonGeorgie FameCelso FonsecaDuke Pearsonのカヴァーも紹介済みです。

「Sing A Simple Song」
Sly & The Family Stoneの名曲カヴァー。オリジナルは『Stand!』(1969年)収録。お馴染みの名曲をオリジナルに引けをとらないパワフルな演奏を聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=z0uGFljLSvM

3rd Bass「Product of the Environment (Project Remix)」、Finsta Bundy「Finsta Baby」、Live N' Effect Posse「I'm a Soul Man」、Scary Eire「Rev It Up」等のサンプリング・ソースとなっています。
3rd Bass「Product of the Environment (Project Remix)」
https://www.youtube.com/watch?v=_eEdsD1kejU
Finsta Bundy「Finsta Baby」
https://www.youtube.com/watch?v=bmHZh2N1KRE
Live N' Effect Posse「I'm a Soul Man」
https://www.youtube.com/watch?v=o-xP6HEuqS0
Scary Eire「Rev It Up」
https://www.youtube.com/watch?v=1j8RwObxqp0

CDには以下の2曲がボーナス・トラックとして追加収録されています。

「The Look of Love」
Dusty Springfieldのヒットでお馴染みのBurt Bacharach/Hal David作品(映画007シリーズ『Casino Royal』の主題歌)のカヴァー。哀愁モードの「The Look of Love」で楽しませてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=GYI9VJ3VH-c

本曲に関して、当ブログではDelfonicsGimmicksChristopher ScottCharles HullVoices In LatinDorothy AshbyWillie Boboのカヴァーも紹介済みです。

「Soul Machine」
淡々としたインスト・ファンクですが、The Metersらしい迫力のある演奏を楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=GVqpDD3h8ls

The Metersの他作品もチェックを!

『Look-Ka Py Py』(1969年)
ルッカ・パイ・パイ

『Struttin'』(1970年)
ストラッティン

『Cabbage Alley』(1972年)
キャベージ・アレイ

『Rejuvenation』(1974年)
リジュヴェネイション

『Fire On The Bayou』(1975年)
ファイヤー・オン・ザ・バイユー

『Trick Bag』(1976年)
Trick Bag

『New Directions』(1977年)
New Directions
posted by ez at 06:51| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

The 5th Dimension『The Magic Garden』

Jimmy Webb作品で占められた2nd☆The 5th Dimension『The Magic Garden』

発表年:1967年
ez的ジャンル:ソフト・ロック系黒人コーラス・グループ
気分は... :記憶のトポス!

今回は60年代後半から70年代前代に人気を博した黒人コーラス・グループThe 5th Dimensionの2ndアルバム『The Magic Garden』(1967年)です。

Florence LaRueLamonte McLemoreBilly Davis Jr.Marilyn McCooRon Townsonという5人組グループThe 5th Dimensionの紹介は、ベスト・アルバム『Greatest Hits on Earth』(1972年)に続き2回目となります。

また、グループ脱退後にBilly Davis Jr.Marilyn McCooがリリースした夫婦デュオ・アルバムMarilyn McCoo & Billy Davis Jr.『I Hope We Get To Love In Time』(1976年)も紹介済みです。

本作『The Magic Garden』(1967年)は、ヒット・シングル「Up, Up and Away」を収録した大ヒット・デビュー・アルバム『Up, Up and Away』(1967年)に続く2ndアルバムです。

残念ながら、前作のようなヒットはしませんでしたが、内容的には今聴いても楽しめる1枚です。

プロデュースはBones Howe。また、Jimmy WebbThe Beatlesの名曲カヴァー「Ticket to Ride」以外のソングライティングとアレンジを手掛けています。

また、レコーディングにはHal BlaineJoe OsbornLarry KnechtelMike DeasyTommy TedescoJohnny Riversといったミュージシャンが参加しています。

シングルにもなった「Paper Cup」「Carpet Man」「The Girls' Song」という3曲と、タイトル曲「The Magic Garden」、素晴らしいコーラス・ワークの「Orange Air」あたりがおススメです。

The 5th DimensionJimmy Webbとのタッグが生んだ充実の1枚を楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Prologue」
美しいストリングを配したプロローグ。

「The Magic Garden」
タイトル曲はソフトロックな魅力があるポップ・ソウル。躍動する前半としっとり聴かせる後半とのコントラストも鮮やかです。
https://www.youtube.com/watch?v=zEGbbZDoOpE

Dusty Springfieldがカヴァーしています。Phonte feat. Pharoahe Monch「We Go Off」のサンプリング・ソースとなっています。
Dusty Springfield「The Magic Garden」
 https://www.youtube.com/watch?v=gOOttnSY7fQ
Phonte feat. Pharoahe Monch「We Go Off」
 https://www.youtube.com/watch?v=h3PTvN6XC9s

「Summer's Daughter」
流麗なストリングが似合う美しいポップ・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=l4SSXfZCvyU

「Dreams/Pax/Nepenthe」
サイケでクラシカルという不思議な雰囲気の1曲に仕上がっています。こういうのが1967年らしいのかもしれませんね。

「Carpet Man」
同時期にJohnny Riversも取り上げていた曲。前のめりな疾走感のあるソフトロック調のグルーヴィー・チューン。シングル・カットされ、USチャート第28位となっています。
https://www.youtube.com/watch?v=IiHav7FUzJw

Johnny Rivers「Carpet Man」
 https://www.youtube.com/watch?v=qu5fBuJgktE

「Ticket to Ride」
The Beatlesの名曲カヴァー(John Lennon/Paul McCartney作)。オリジナルは『Help!』(1965年)収録。少しテンポを遅くしたポップ・ソウルで聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=wuX29FBVC6g

「Requiem: 820 Latham」
トリップ感のある哀愁バラード。1967年らしい仕上がりかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=EV4nGEx_5L8

MF DOOM「Lemon Grass」等のサンプリング・ソースとなっています。
MF DOOM「Lemon Grass」
 https://www.youtube.com/watch?v=ubgEOMvHm9U

「The Girls' Song」
女性陣2人がリード・ヴォーカルをとる本曲が僕の一番のお気に入り。エヴァーグリーンな魅力のあるメロウ・ポップに仕上がっていると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=1ErvZ6lz2AA

Jackie DeShannonがカヴァーしています。
Jackie DeShannon「The Girls' Song」
 https://www.youtube.com/watch?v=yEPh95tVgXo

「The Worst That Could Happen」
Billy Davis, Jr.のヴォーカルの素晴らしさを堪能できるポップ・ソウル・バラード。Jimmy Webbのソングライティングも素晴らしいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=ALM8OCKXkzY

Brooklyn Bridge、Freddie Ryder、The Lettermen、Sheila Southern、J. Vincent Edwards、Hajji Alejandro等がカヴァーしています。
Brooklyn Bridge「The Worst That Could Happen」
 https://www.youtube.com/watch?v=1Wn04VG_D3g
The Lettermen「The Worst That Could Happen」
 https://www.youtube.com/watch?v=IHSUo0Wd5qA
J. Vincent Edwards「The Worst That Could Happen」
 https://www.youtube.com/watch?v=aERD_9d5Q5Q

「Orange Air」
この曲も大好き!素晴らしいコーラス・ワークで楽しませてくれる、ドラマティックで躍動するポップ・ソウルです。
https://www.youtube.com/watch?v=V0jfxEqEHS8

Arsonists「What You Want」、Jibbs「Yeah Boii」、Wise Intelligent「Mama Cry」、Lloyd Banks「Practice」、Ago「Questa E' Per...」等のサンプリング・ソースとなっています。
Lloyd Banks「Practice」
 https://www.youtube.com/watch?v=h3KDS38e3L0

「Paper Cup」
アルバムからの1stシングル。ソフトロック好きの人は気に入るであろうドリーミーなポップ・ソウル。完成度ではアルバム随一かもしれませんね。
https://www.youtube.com/watch?v=-IglqUVVR-k

Ray Bryant、Bud Shankがカヴァーしています。
Ray Bryant「Paper Cup」
 https://www.youtube.com/watch?v=x7FkRfiW1k0
Bud Shank「Paper Cup」
 https://www.youtube.com/watch?v=5FCKJbLJ77Y

「Epilogue」
美しいストリングを配したエピローグ。

The 5th Dimensionの他の初期作品もチェックを!

『Up, Up and Away』(1967年)


『Stoned Soul Picnic』(1968年)


『The Age of Aquarius』(1969年)


『Portrait』(1970年)


『Live!!』(1971年)


『Greatest Hits on Earth』(1972年)
posted by ez at 00:45| Comment(2) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

Isaac Hayes『Hot Buttered Soul』

初のUS R&Bアルバム・チャートNo.1作品☆Isaac Hayes『Hot Buttered Soul』

発表年:1969年
ez的ジャンル:ムーディー&官能系シンフォニック・ソウル
気分は... :すべてが"ニュー"ソウル!

70年代前半に絶大な人気を誇った男性R&Bシンガー/キーボード奏者Isaac Hayesの代表作の1枚、『Hot Buttered Soul』(1969年)です。

Isaac Hayes(1942-2008年)の紹介は、『...To Be Continued』(1970年)に続き2回目となります。

久々のIsaac Hayesです。前回『...To Be Continued』を紹介したのが、まだ彼が存命中の2007年であり、約14年ぶりのIsaac Hayes作品のエントリーです。

David Porterと組んで、60年代Staxを代表するデュオ・グループSam & Dave「Soul Man」のソングライティングで注目されるようになったIsaac Hayesが、ソロ活動を開始したのはアルバム『Presenting Isaac Hayes』(1968年)からですが、同作は泥酔した状態でレコーディングされたものであり、必ずしも彼の才能がきちんと発揮された作品ではありませんでした。

その意味で、2ndアルバムとなる本作『Hot Buttered Soul』(1969年)こそがIsaac Hayesのソロ・アーティストとしての才能をh初めて知らしめたアルバムといえます。

『Hot Buttered Soul』(1969年)は見事にUS R&Bアルバム・チャート第1位に輝き、それ以降も『The Isaac Hayes Movement』(1970年)、『...To Be Continued』(1970年)、『Shaft (motion picture soundtrack) 』(1971年)、『Black Moses』(1971年)と5作連続でUS R&Bアルバム・チャート第1位を獲得することになります。

プロデュースはAl BellMarvell ThomasAllen Jones

レコーディングにはIsaac Hayes(vo、key)以下、Marvell Thomas(key)、Harold Beane(g)、さらにはWillie Hall(ds)、James Alexander(b)、Michael Toles(g)というThe Bar-Kaysメンバー3名が参加しています。

全4曲という収録曲の少なさですが、この曲数の少なさこそがIsaac Hayesらしいですね。その独自サウンドも含めて既成のアルバムの常識を簡単に覆してしまう大胆さが本作の魅力かもしれません。こういうアルバムがヒットしたこと自体に時代の変わり目だったのかもしれませんね。

Hal David/Burt Bacharachの名曲「Walk On By」Isaac Hayesワールドに変貌させ、「Hyperbolicsyllabicsesquedalymistic」ではサイケデリックなファンク・ロックで妖しいムードを醸し出したかと思えば、Al Greenのカヴァー「One Woman」はオーセンティックなソウルで魅せ、Glen Campbellのヒットで知られるJimmy Webb作品のカヴァー「By the Time I Get to Phoenix」は壮大なスケールで締め括ってくれます。

快進撃の口火を切ったヒット・アルバムを満喫しましょう。

全曲紹介しときやす。

「Walk On By」
Hal David/Burt Bacharach作。1964年、Dionne Warwickの大ヒットでお馴染みの名曲をカヴァー。この12分超の長尺カヴァーにIsaac Hayesの美学が凝縮されているかもしれませんね。荘厳なストリングスに歪んだギター、女性コーラスを従えた官能的な低音ヴォーカルが織り成す甘く危険な前半、一気にギア・チェンジしてサイケにファンク・ロックする後半という二部構成は聴き応え十分です。シングルとして、USチャート第30位、US R&Bチャート第13位となっています。
https://www.youtube.com/watch?v=iqR4CZj0mJQ

当ブログで紹介したQueen Latifah「Wrath Of My Madness (Soulshock Remix)」Faith Evans「No Other Love」Alicia Keys「If I Was Your Woman/Walk on By」をはじめ、Beyonce feat. The Weeknd「6 Inch」、The Notorious B.I.G.「Warning」、2Pac feat. Dramacydal「Me Against the World」、MF DOOM「Dead Bent」、Pete Rock「Walk on By」、Cypress Hill「Whatta You Know」等110トラック以上ののサンプリング・ソースとなっています。
Queen Latifah「Wrath Of My Madness (Soulshock Remix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=D9cqfDiR20E
Faith Evans「No Other Love」
 https://www.youtube.com/watch?v=2va9uemtU18
Alicia Keys「If I Was Your Woman/Walk on By」
 https://www.youtube.com/watch?v=hKcpZ1_GB8A
Beyonce feat. The Weeknd「6 Inch」
 https://www.youtube.com/watch?v=tiNINsfr768
The Notorious B.I.G.「Warning」
 https://www.youtube.com/watch?v=TbSm6HsX_ek
2Pac feat. Dramacydal「Me Against the World」
 https://www.youtube.com/watch?v=QlPYub-gTjE
MF DOOM「Dead Bent」
 https://www.youtube.com/watch?v=1lOqpnKdRLQ
Pete Rock「Walk on By」
 https://www.youtube.com/watch?v=gUfZUJgixlY
Cypress Hill「Whatta You Know」
 https://www.youtube.com/watch?v=BdBwYLpdOVw

「Hyperbolicsyllabicsesquedalymistic」
Isaac Hayes/Alvertis Isbell(Al Bell)作。サイケデリックなファンク・ロックは僕の一番のお気に入り。サイケなギター、ダークなピアノ、ヘヴィーなリズム隊が醸し出す退廃的ムードがたまりせん。僕の一番のお気に入り。
https://www.youtube.com/watch?v=FCzElCx_LK8

Public Enemy「Black Steel in the Hour of Chaos」、DJ Quik「Born and Raised in Compton」、Super Lover Cee & Casanova Rud「All You MC's」、N.W.A「Kamurshol」、Ice Cube「I Gotta Say What Up!!!」、House of Pain「Legend」、The Game「Remedy」等70トラック以上ののサンプリング・ソースとなっています。
Public Enemy「Black Steel in the Hour of Chaos」
 https://www.youtube.com/watch?v=ZM5_6js19eM
DJ Quik「Born and Raised in Compton」
 https://www.youtube.com/watch?v=2pc8lpWVGEA
Super Lover Cee & Casanova Rud「All You MC's」
 https://www.youtube.com/watch?v=M9Po9SbBYt4
N.W.A「Kamurshol」
 https://www.youtube.com/watch?v=dS4iCLsMpYQ
Ice Cube「I Gotta Say What Up!!!」
 https://www.youtube.com/watch?v=4bx0GOXvqqg
House of Pain「Legend」
 https://www.youtube.com/watch?v=VuApGzULTu0
The Game「Remedy」
 https://www.youtube.com/watch?v=yw2VRfs2Fu4

「One Woman」
Al Greenのカヴァー(Charles Chalmers/Sandra Rhodes作)。オリジナルはアルバム『Green Is Blues』(1969年収録)。本作の中では一番オーセンティックなソウル・バラード。Hayesの魅惑の低音ヴォーカルを存分に満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=jzliSxRMXLg

Hip-HopクラシックGroup Home「Supa Star」等のサンプリング・ソースとなっています。
Group Home「Supa Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=MZCNnDSKJsM

「By the Time I Get to Phoenix」
Glen Campbellのヒットで知られるJimmy Webb作品をカヴァー(オリジナルはJohnny Rivers)。18分半超の長尺です。前半はオルガンとシンバルのみのバッキングに、ポエトリーリーディングのようなヴォーカルが淡々と続きます。中盤からストリングスやホーン、ようやく本格的に歌い始め、さらには他の楽器が徐々に加わっていき、クライマックスへと向かっていきます。
https://www.youtube.com/watch?v=9bbdJSW3pvM

One Deep「Crime Stories」、Chinatown「Sin Propaganda」等ののサンプリング・ソースとなっています。
One Deep「Crime Stories」
 https://www.youtube.com/watch?v=LtvZt7VnRuA
Chinatown「Sin Propaganda」
 https://www.youtube.com/watch?v=g1zlvFyNRT4

Isaac Hayesの他の初期作品もチェックを!

『The Isaac Hayes Movement』(1970年)


『...To Be Continued』(1970年)


『Shaft (motion picture soundtrack) 』(1971年)


『Black Moses』(1971年)


『Joy』(1973年)


『Chocolate Chip』(1975年)
posted by ez at 01:58| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

Mark Murphy『Rah』

人気男性ジャズ・ヴォーカリストの代表作☆Mark Murphy『Rah』

発表年:1961年
ez的ジャンル:男性ジャズ・ヴォーカル
気分は... :技巧派!

60年代男性ジャズ・ヴォーカル作品からMark Murphy『Rah』(1961年)です。

Mark Murphy(1932-2015年)はN.Y.出身のジャズ・ヴォーカリスト。ヴォーカリーズを代表するシンガーとして人気を博しました。また、クラブDJ方面からも再評価の高いアーティストですね。

そんなMark Murphyの初期代表作が本作『Rah』(1961年)です。

レコーディング・メンバーはMark Murphy(vo)、Blue Mitchell(tp)、Clark Terry(tp)、Joe Wilder(tp)、Bernie Glow(tp)、
Ernie Royal(tp)、Jimmy Cleveland(tb)、Urbie Green(tb)、Melba Liston(tb)、Wynton Kelly(p)、Bill Evans(p)、Barry Galbraith(g)、Sam Herman(g)、George Duvivier(b)、Art Davis(b)、Jimmy Cobb(ds)、Ray Barretto(congas)、Ernie Wilkins(arr、conductor)

プロデュースはOrrin Keepnews

ポピュラー・スタンダードのカヴァーを中心に彼らしいジャズ・ヴォーカルを存分に楽しめます。

有名なのはシングルでにもなった「My Favorite Things」ですが、個人的にはRay Barrettoのコンガが効いた「Out of This World」「I'll Be Seeing You」「Stoppin' the Clock」や、疾走感のある「Milestones」、彼の技巧が冴えわたる「Twisted」あたりがおススメです。

Mark Murphyならではの男性ジャズ・ヴォーカル・ワールドを満喫しましょう。

全曲紹介しときやす。

「Angel Eyes」
Earl Brent/Matt Dennis作のスタンダード(1946年作)。当ブログではSidsel StormDuke Pearsonのカヴァーを紹介済みです。雰囲気のあるバラードを独特の表現で歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=9VkeMiuJTm8

「On Green Dolphin Street」
Ned Washington/Bronislau Kaper作のスタンダードをカヴァー。当ブログではWynton KellyGene Russellのカヴァーを紹介済みです。味わい深くかつスタイリッシュなバラードに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=YXFzVxzpQhk

「Stoppin' the Clock」
Roy Kral/Fran Landesman作。スウィンギーな雰囲気ながらもRay Barrettoのコンガがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=xz9oyZXAv70

「Spring Can Really Hang You up the Most」
Fran Landesman/Tommy Wolf作のスタンダード。当ブログではBobbi Boyle & The TrioBobby Timmonsのカヴァーを紹介済みです。オーセンティックな雰囲気のバラードです。
https://www.youtube.com/watch?v=nhFh9zC3G0U

「No Tears for Me」
Mark McIntyre/Floyd Huddleston作。ロマンティックなバラードをしっとり歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=N1qt4CWg2ro

「Out of This World」
Harold Arlen/Jimmy McHugh/Johnny Mercer作のポピュラー・スタンダードをカヴァー。当ブログではJanet Lawson Quintetのカヴァーを紹介済みです。派手さはありませんが、疾走感が格好良い1曲。やはりRay Barrettoのコンガが効いています。
https://www.youtube.com/watch?v=fOxF2j78s1c

「Milestones」
Miles Davisの名曲カヴァー。オリジナルは『Milestones』収録。当ブログではThe Latin Jazz Quintetのカヴァーを紹介済みです。疾走感のある演奏をバックに、小粋な語り口のヴォーカルで楽しませてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=jmU2CZ4gxPI

「My Favorite Things」
Richard Rodgers/Oscar Hammerstein II作のポピュラー・スタンダードをカヴァー。お馴染みの名曲を軽やかに歌い上げますが、ここではオリジナルの歌詞を織り交ぜています。John ColtraneMiles Davisをはじめ、有名ミュージシャンの名が続々登場します。
https://www.youtube.com/watch?v=rTkCQrya35A

当ブログでは本曲カヴァーの決定版John Coltraneのカヴァーをはじめ、Sidsel StormThe Kenny Clarke-Francy Boland Big BandThe Louis Hayes Groupのカヴァーを紹介済みです。

「Doodlin'」
Horace Silver作品をカヴァー。抑えたバッキングがMurphyのお洒落な語り口を引き立てます。お酒片手に聴きたくなる1曲。
https://www.youtube.com/watch?v=XBlC5bwdndQ

「Li'l Darlin'」
Neal Hefti/Jon Hendricks作。しっとりとしたバラードを雰囲気たっぷりに歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=gGBABzIlXck

「Twisted」
Annie Ross/Wardell Gray作。当ブログではLambert, Hendricks & RossMarlena Shawのカヴァーを紹介済みです。Mark Murphyには、こういう技巧が必要な楽曲が良く似合います。彼のジャズ・ヴォーカリストとしての格好良さを実感できます。
https://www.youtube.com/watch?v=AHGQ6VHYTcU

「I'll Be Seeing You」
Irving Kahal/Sammy Fain作。エレガントに疾走するバッキングを従えて、Murphyが華麗なヴォーカルでキメてくれます。ここでもRay Barrettoのコンガがいい感じです。

「My Favorite Things」
「My Favorite Things」のシングル・ヴァージョン。こちらはオリジナルの歌詞なしのヴァージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=2-goATsWJI0

Mark Murphyの他作品もチェックを!

『Mark Murphy's Hip Parade/Playing the Field』(1959/1960年) ※2in1CD


『That's How I Love the Blues』(1962年)


『Who Can I Turn To ?』(1966年)
mark murphy who can i turn to.jpg

『Midnight Mood』(1968年)


『Sings』(1975年)
mark murphy sings.jpg

『Stolen Moments』(1978年)


『Bop for Kerouac』(1981年)


『Night Mood: The Music of Ivan Lins』(1987年)
mark murphy night mood.jpg
posted by ez at 01:42| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする