2020年01月26日

Sandro Haick『Universal』

Hermeto Pascoalを継承する音楽ワールド☆Sandro Haick『Universal』
ユニバーサル
発表年:2019年
ez的ジャンル:ブラジル産ユニバーサル・ミュージック
気分は... :万華鏡のように・・・

今回は新作ブラジルものからSandro Haick『Universal』(2019年)です。

Sandro Haickは1971年ブラジル、サンパウロ生まれのマルチ・インストゥルメンタリスト/コンポーザー/アレンジャー。

1983年にアイドル・グループBom Bomのメンバーとして12歳にしてレコード・デビュー。

その後もライヴやレコーディングにおいて、マルチ・プレイヤー/コンポーザー/アレンジャー/プロデューサーとして活躍し、自身名義のアルバムもリリースしています。

最新作となる本作『Universal』(2019年)は、ブラジル音楽界の異才Hermeto Pascoal(1936〜)を意識したアルバムに仕上がっています。

アルバム・タイトルも自らの音楽を"Musica Universal"を称してきたHermeto Pascoalの音楽哲学を継承しようとする意志が伝わってくるものです。

Hermeto Pascoal本人が参加し、Pascoalを支えてきた右腕Itibere ZwargSandro Haickと共同プロデュースを務め、Pascoal系ミュージシャンが多数参加しています。

レコーディングにはSandro Haick(ds、per、b、g、sitar、p、el-p、key、tp、vo、 etc.)以下、Itibere Zwarg(b、key、el-p、tuba、per、vo)、Hermeto Pascoal(melodica、per、voice)、Fabio Pascoal(pandeiro)、Raul De Souza(tb)、Carol Panesi(violin)、Gustavo Bugni(p、el-p、key)、Jota P.(ss、ts、as、bs)、Mestrinho(acordeon)、Mariana Zwarg(fl、piccolo)、Diego Garbin(tp、flh)、Paulo Rosane(vo)、Felipe Pedrosa(vo)、Guilherme Rutzen(vo)、Carol D'Avila(vo)等のミュージシャンが名を連ねます。

さまざまな楽器を駆使したハイブリッドな音世界を満喫できます。1曲1曲の音作りのユニークさに惹き込まれます。

万華鏡のようなユニバーサル・ミュージックを満喫しましょう。

全曲紹介しときやす。

「Esperanca」
Sandro Haick作。寛いだ雰囲気の中にもスケールの大きな音世界を感じるオープニング。1曲の中にストーリーを感じます。まさにユニバーサル・ミュージックといった雰囲気です。

「Cara, Coracao e Coragem」
Itibere Zwarg作。Jota P.、Diego Garbinの素敵なサックス、フルートとSandroのギターとの絡みが美しい透明感のある演奏です。

「Compartihando o Forro」
Itibere Zwarg作。Diego Garbinのフルートが大活躍の1曲。Itibere Zwargのベースも目立っています。また、Mestrinhoのアコーディオンがいいアクセントになっています。

「Meu Querido Itibere」
Sandro Haick作。Sandroのマルチ・プレイヤーぶりを満喫できる演奏です。特にドラマーとしてのプレイに注目!フュージョン/ジャズ・ロック的なサウンドのなかにもエクスペリメンタルな雰囲気があるのがいいですね。

「Perdao」
Sandro Haick作。素敵なヴァイオリンと共に始まるビューティフルな演奏です。Pedro Aznarの天使の歌声をフィーチャーしたPat Metheny Group作品のような雰囲気がサイコーです。

「Como Vai」
Itibere Zwarg作。Hermeto Pascoal参加曲。彼のメロディカと共に始まります。メリハリの効いたリズミックな演奏で楽しませてくれます。Itibere Zwargのチューバがいい隠し味になっています。

「Duguiduguiando」
Hermeto Pascoal作。Sandroがシタール、ウード、中国琴、ウクレレなど多様な楽器を奏でる摩訶不思議な演奏です。

「Chorando no Brejo da Madre de Deus」
Sandro Haick作。ショーロ風の演奏ですが、美しいストリングスやItibere Zwargのチューバが加わり、Sandroの美意識を強く感じる演奏になっています。

「Do Rio a Sampa」
Itibere Zwarg作。SandroのギターとItibere Zwargのチューバの組み合わせがいい味を出しています。

「1966」
Itibere Zwarg作。Raul De Souza参加曲。彼のトロンボーンが演奏を牽引します。全体的には穏やかなブラジリアン・ジャズといった雰囲気です。

「Parente do Ze」
Itibere Zwarg作。Carol D'Avilaの女声スキャット・ヴォーカルをフィーチャーした爽快ブラジリアン・ジャズといった趣の演奏です。

「Que Alegria Voltar pra Casa」
Sandro Haick作。ユニバーサル・ミュージックらしいスケールの大きな演奏を楽しめます。Mariana Zwargのピッコロがいい味を出しています。

「Trenzinho do Caipira」
ラストはHeitor Villa-Lobos作品のカヴァー。当ブログではViva Vozのカヴァーも紹介済みです。前半はサウダージな展開ですが、後半は雰囲気が一変し、リズミックな展開でフィナーレを迎えます。

Sandro Haickの作品で他に入手できるCDは『Forro do Haick Vol 1』(2016年)位のようですが、ご興味がある方はチェックを!

『Forro do Haick Vol 1』(2016年)
Caminhando
posted by ez at 01:35| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

Ole Borud『Outside The Limit』

北欧AORの快作☆Ole Borud『Outside The Limit』
Outside The Limit
発表年:2019年
ez的ジャンル:北欧AOR
気分は... :AORとデス・メタル!

北欧AOR作品からOle Borud『Outside The Limit』(2019年)です。

Ole Borudは1976年ノルウェー生まれの男性シンガー・ソングライター、インストゥルメンタリスト。

ゴスペル・ファミリーに生まれ、幼少期から兄姉とのキッズ・グループ、ファミリー・グループでのレコーディングを経験。1988年にはソロ名義でアルバムもリリースしています。

1990年代後半になるとデス・メタル・バンドでの活動を開始し、 SchaliachExtolSelfmindeadといったバンドで作品をリリースしています。近年では新バンドFleshkillerを結成し、アルバムをリリースしています。

それと並行して、『Shakin' the Ground』(2008年)、『Keep Movin』(2011年)、『Stepping Up』(2014年)といったソロ・アルバムを通じて、彼のもう一つの顔であるAORサウンドを追求しています。

そして、『Stepping Up』(2014年)以来のソロ・アルバムとなる本作『Outside The Limit』(2019年)で再びAORファンを歓喜させました。

レコーディング・メンバーはOle Borud(vo、key、g)以下、Frode Ostang Mangen (clavinet、key、syn、p、el-p、org)、Markus Lillehaug Johnsen(g)、Lars-Erik Dahle(b)、Ruben Dalen(ds、per、key)、Borge-Are Halvorsen(sax)、Jens Petter Antonsen(tp)、Even Kruse Skatrud(tb)。

プロデュースはRuben Dalen

楽曲はすべてOle Borudのオリジナル(4曲の共作含む)。

AORファンを喜ばす工夫が細部まで行き届いている点に好感が持てる1枚です。

80年代ファンク/ブラコン調の曲が多いのも僕の嗜好にフィットします。

Gino Vannelli×Steely Dan「Put My Money」、アーバン・ソウルな「Talk To My Lawyer」、アーバン・ファンクなタイトル曲「Outside The Limit」Pages風の「Blaming Game」、哀愁メロウ・バラード「Can't Pretend」、爽快ポップ・ロック「Fast Enough」あたりが僕のおススメです。

北欧AORの底力を再認識させてくれた1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Put My Money」
Gino Vannelli×Steely Danなオープニング。AORファンは思わずニンマリしてしまいます。
https://www.youtube.com/watch?v=kmnsVBd8ePY

「Always Love You」
80年代にタイムスリップ!といった感じの都会的なサウンドと共に疾走します。Oleによるギター・ソロも楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=Qz_AaM5SCBM

「Come And Rescue Us」
ブルーアイド・ソウル調のミディアム。オルガンの音色が良く似合う心憎いセンスがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=-SqxTr_3puM

「Talk To My Lawyer」
80年代アーバン・ソウル風の仕上がり。ソングライティング、サウンド・センスの良さを感じます。
https://www.youtube.com/watch?v=neJyzUPRVKI

「Outside The Limit」
タイトル曲はアーバン・ファンク調。昨今のブギー/ファンク・ブームの流れにも符合する1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=pFcU4H0aFY4

「Blaming Game」
Pages風のミディアム。さり気ないですが何とも言えない良さがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=HPUBCbDfMM0

「Good Time」
80年代エレクトリック・ファンク調の仕上がり。80年代ブラコン/ファンク好きの人は気に入るであろうキャッチーな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=5flgn5fnkK4

「Can't Pretend」
哀愁メロウ・バラード。AOR好きの心をくすぐるヴォーカル、サウンド、メロディにグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=n9Puf_0aM7o

「Waiting For The Rain」
AORマニア向けの凝った作りのミディアム。思わずニンマリのAORマニアの方も多いのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=CcQ4ZDptMiQ

「Fast Enough」
ラストは爽快ポップ・ロックで締め括ってくれます。細部までAOR好きを喜ばせる工夫がなされているのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=dE1_cpEw3_k

国内盤にはボーナス・トラックとして「Driving (Live at Parkteateret)」が追加収録されています。

ご興味がある方はOle Borudの他作品もチェックを!

『Shakin' the Ground』(2008年)
シェイキン・ザ・グラウンド

『Keep Movin』(2011年)
キープ・ムーヴィン

Samuel Ljungblahd & Ole Borud『Someday At Christmas』(2012年)
Someday at Christmas by OLE BORUD / SAMUEL LJUNGBLAHD

『Stepping Up』(2014年)
Stepping Up
posted by ez at 00:08| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

Isla De Caras『Chango』

南米ブエノスアイレス発の楽園インディ・ポップ☆Isla De Caras『Chango』
シャンゴ
発表年:2018年
ez的ジャンル:南米産楽園インディ・ポップ
気分は... :NFLディビジョナル・プレーオフ突入!

新作CDから南米ブエノスアイレス発の楽園インディ・ポップ作品Isla De Caras『Chango』です。

2018年リリースの作品ですが、今年に入り国内盤CDがリリースされました。

Isla De Carasは、アルゼンチン人ミュージシャンLautaro Curaを中心としたプロジェクト。

Lautaro Curaは、フォーク・デュオ、ハードコア・バンドを経て2016年からIsla De Caras名義での活動開始。

2018年に1stアルバムとしてリリースされたのが本作『Chango』です。

アルバム全体としてはレイドバック感覚のドリーミー・ポップですが、スパニッシュの響きも含めて欧米作品にはない南米ならではの味わいがあるのがいいですね。

アルゼンチン、ブエノスアイレスにこんなポップ・ワールドがあるとは!

全曲紹介しときやす。

「Tiempo」
楽園インディ・ポップに相応しいオープニング。開放的なドリーミー感が何とも心地好いです。終盤のアシッド感もグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=Nq7bkqVwy74

「Chicas Como Vos」
白日夢のようなドリーミー・ポップ。少しレイジーな雰囲気がいいですね。

「Despacio」
Rosario Ortegaをフィーチャー。南米ならではの歌い回しと70年代英米ロック的なノスタルジック・サウンドの組み合わせがいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=ar4eYHIAeTc

「Nada Aca」
少し脱力系でスタートしますが、中盤からリズムが強調されて力感が増します。
https://www.youtube.com/watch?v=mKvOMwLRSqM

「Latas de Cerveza」
爽快に疾走するインディ・ポップ。Lautaro Curaのポップ・センスを満喫できます。

「Nena Lo Mejor Va A Ser Que Vuelvas A Creer 」
1分強の小曲ですが、Lautaro Curaのポップ職人ぶりが発揮されています。
https://www.youtube.com/watch?v=naVl1wqmyQ4

「Me Avanzo」
Gregorio Deganoをフィーチャー。スパニッシュな響きがよく似合うドリーミー・ポップ。何処となく漂う哀愁感がいいですね。

「Las Mismas Heridas」
楽園バカンス・モードの仕上がり。寛ぎながら聴きたいですね。

「La Piedra」
80年代シンセ・ポップ調の仕上がり。ローファイ感覚が今の時代にフィットしているのでは?

「Anestesiado」
国内盤ボーナス・トラック。淡々としたストレンジ感覚がいいですね。

NFLはいよいよディビジョナル・プレーオフ。
この2日間の4試合が一年で一番面白いかもしれませんね。
posted by ez at 01:06| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

Arosa『Arosa』

ブラジリアン・シンセ・ブギー/AOR☆Arosa『Arosa』
AROSA
発表年:2019年
ez的ジャンル:ブラジリアン・シンセ・ブギー/ブラジリアンAOR
気分は... :ブラジルの新星!

2020年の新作紹介の一発目はブラジリアン・シンセ・ブギー/ブラジリアンAOR作品Arosa『Arosa』です。

ArosaことRafael Arosaはブラジル人シンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサー。

そんなブラジルの新星のデビュー・アルバムがUSレーベルNames You Can Trustからリリースされた本作『Arosa』です。

本作はブラジル音楽の偉大なコンポーザー/キーボード奏者Joao Donatoとその息子Donatinhoの共演によるブラジリアン・シンセ・ブギー作品Joao Donato E Donatinho『Sintetizamor』(2017年)に続く、Names You Can Trustのブラジリアン・シリーズ第2弾となります。

昔の特撮映画調のジャケは『Sintetizamor』と同じですね。

Rafael Arosa本人がシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサーとしての本領発揮していますが、共同プロデューサーであるDonatinhoPedro Guinuの2人も本作に大きく貢献しています。

それ以外にDjavanの息子Max VianaTito MarceloSoul De Brasileiroといったアーティストがフィーチャリングされています。

また、Andre Vasconcellos(b)、Alberto Continentino(b)、Pedro Mamede(ds)、Adam Nitti (b)、Leo Mucuri(per)等のミュージシャンが参加しています。

宣伝文句にはブギー・ファンクが強調されていますが、ブラジリアンAORとしても魅力的な1枚に仕上がっています。Ed Motta好きの人も気に入る1枚だと思います。

トークボックス入りシンセ・ブギー・ファンク「Forca Vital」、80年代ブラコン調アーバン・メロウ・ダンサー「Pangea」Djavanの息子Max Vianaをフィーチャーした極上のブラジリアンAOR「Inverno」Ed Motta好きも気に入るであろう「Toda Essa Gente」Donald Fagen「I.G.Y.」調の「Feliz a Vida Inteira」あたりが僕のおススメです。

楽曲はすべてRafael Arosaのオリジナルです。

全曲紹介しときやす。

「Forca Vital」
Donatinhoをフィーチャー。Rafael Arosa/Donatinho/Pedro Guinuプロデュース。アルバムを印象付けるトークボックス入りシンセ・ブギー・ファンクがオープニング。キラキラした中にもアーバンな雰囲気があるのがいいですね。Dayton「The Sound Of Music」あたりと一緒に聴きたくなります。
https://www.youtube.com/watch?v=6im2biuUW7g

「Pangea」
Rafael Arosa/Donatinhoプロデュース。80年代ブラコン好きの人も気に入るであろうアーバン・メロウ・ダンサー。
https://www.youtube.com/watch?v=poVmESYBJkM

「Inverno」
Djavanの息子Max Vianaをフィーチャー。Rafael Arosaプロデュース。極上のブラジリアンAORに仕上がっています。Arosaのギター、Donatinhoのローズ/シンセが織り成す都会的サウンドが実にいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=-46E5L3eTCI

「Toda Essa Gente」
Rafael Arosaプロデュース。国内盤ライナー・ノーツにも書いてありましたが、Ed Motta『AOR』と一緒に聴きたくなるブラジリアンAORです。
https://www.youtube.com/watch?v=fz28yhD2daM

「Stellar Smile」
Rafael Arosaプロデュース。Arosaの爽快ギター・カッティングとヴォコーダーが印象的なアーバン・ファンク。
https://www.youtube.com/watch?v=ymsAdbNFBrA

「Vertigem」
Pedro Guinuをフィーチャー。Rafael Arosa/Pedro Guinuプロデュース。80年代ポップ・ロックAOR調の仕上がり。Arosaの格好良いギターを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=8kwy7rF7NBI

「Feliz a Vida Inteira」
Tito Marceloをフィーチャー。聴いた瞬間、Donald Fagen「I.G.Y.」をすぐに思い浮かべました。多分、Arosaは「I.G.Y.」がかなり好きなのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=Rnxhe5aMkG0

「Rua Sem Saida」
ヴォーカル・トリオSoul De Brasileiroをフィーチャー。Rafael Arosa/Donatinhoプロデュース。AOR調の仕上がりですが、女性ヴォーカルが少しサウンドにフィットしていないのが残念ですが、雰囲気はいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=hsyn-4M-GtQ

Rafael Arosa – Composer, Producer, Guitar, Vocal, Strings Program Soul De Brasileiro – Vocal (Special Guest) Donatinho – Co-Producer, Rhodes, Synth Alberto Continentino – Bass Pedro Mamede – Drum Léo Mucuri – Percussion

未聴の方はNames You Can Trustのブラジリアン・シリーズ第1弾Joao Donato E Donatinho『Sintetizamor』(2017年)もチェックを!

Joao Donato E Donatinho『Sintetizamor』(2017年)
シンテチザモー Sintetizamor
posted by ez at 00:08| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

Vulfpeck『Hill Climber』

ポップ感覚全開のファンク・ワールド☆Vulfpeck『Hill Climber』
ヒル・クライマー
発表年:2018年
ez的ジャンル:L.A.ミニマル・ファンク・バンド
気分は... :これはクセになる・・・

年内最後の新作紹介です。
セレクトしたのはVulfpeck『Hill Climber』です。
2018年リリースの作品ですが、今年11月にようやくCD化が実現したので新作扱いにしたく思います。

Vulfpeckはミシガン州アナーバーで結成されたミニマル・ファンク・バンド。現在はL.A.を活動拠点としています。

メンバーはJack Stratton(syn、clavinet、b、ds)、Theo Katzman(g、ds、per)、Woody Goss(el-p、org、per)、Joe Dart(b)という4名。

2011年にEP「Mit Peck」でデビュー。

これまで『Thrill of the Arts』(2015年)、『The Beautiful Game』(2016年)、『Mr. Finish Line』(2017年)という3枚のスタジオ・アルバムをリリースしています。

4thアルバムとなる本作『Hill Climber』(2018年)では彼らのユニークなポップ感覚に一層磨きがかかっています。

70年代ポップ/ファンク/ソウル/ロックなどのエッセンスのいいとこ取りな感じがたまりません。

Antwaun Stanley(vo)、Joey Dosik(key、sax)、Cory Wong(g)といったVulfpeckの準メンバー的ミュージシャンも参加しています。

また、PHOXMonica MartinCandy ButchersMike ViolaKNOWERLouis Coleがゲスト参加しています。

職人的パワー・ポップ「Half of the Way」、ヴォコーダー入りのポップ・ファンク「Darwin Derby」、Monica Martinをフィーチャーしたロマンティック・バラード「Love is a Beautiful Thing」、ニューオリンズ・ファンク調の「Soft Parade」「The Cup Stacker」、初期Prince×Nile Rodgersなインスト・ディスコ「Disco Ulysses (Instrumental)」
Louis Coleをフィーチャーした変態的ポップ・ファンク「It Gets Funkier IV」など、あの手この手で楽しませてくれます。

彼らのポップ職人的ファンク・ワールドを満喫しましょう!

全曲紹介しときやす。

「Half of the Way」
Theo Katzmanをフィーチャー。Larry Goldings/Ryan Lerman作。彼らのポップ・センス全開の職人的パワー・ポップがオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=rr6f26I2cBI

「Darwin Derby」
Theo Katzman & Antwaun Stanleyをフィーチャー。底抜けに明るいヴォコーダー入りのポップ・ファンク。僕の一番のお気に入りです。
https://www.youtube.com/watch?v=_RTcxRLj2RQ

「Lonely Town」
Theo Katzmanをフィーチャー。ライナーノーツにあったように、Paul McCartneyがスカ調のポップ・チューンを歌っている感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=61dDuA2DCq4

「Love is a Beautiful Thing」
Theo KatzmanとPHOXのMonica Martinをフィーチャー。Theo Katzmanがソロ名義でリリースしていた楽曲のセルフ・カヴァー。さり気ないですがロマンティックなミディアム・バラードです。
https://www.youtube.com/watch?v=x0vgMl6n7m0

「For Survival」
ソロおよびCandy Butchersとして活躍するMike Violaをフィーチャー。カントリー・フレイヴァーの軽快ポップ。
https://www.youtube.com/watch?v=X0VZGycfems

「Soft Parade」
ニューオリンズ・ファンクのエッセンスを取り入れたインスト。ウーリッツァーのヴィンテージ感のある響きがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=GJi1EmI_11E

「Lost My Treble Long Ago」
前曲に続くニューオリンズ・ファンク調。Joe Dartのベースがグイグイ来ます。
https://www.youtube.com/watch?v=to22meUpSEI

「Disco Ulysses (Instrumental)」
初期Prince×Nile Rodgersといった雰囲気のインスト・ディスコ。爽快ギター・カッティングと本領発揮のJoe Dartの格好良いベースがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=UBmHfLeuBdc

「The Cup Stacker」
再びニューオリンズ・ファンク調のインスト。余計なものを削ぎ落し、ニューオリンズ・ファンクの骨格のみを聴かせてくれる感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=3HOb5vXOIkw

「It Gets Funkier IV」
エレクトロ・ポップ・ユニットKNOWERの鬼才Louis Coleをフィーチャー。VulfpeckとLouis Coleの共演はポップ変態同士の組み合わせでハマりますね。中毒性の高いポップ・ファンクに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=ujK3nnpP56I

CDには「Half Of The Way (Instrumental)」「Darwin Derby (Instrumental)」「Lonely Town (Instrumental)」「For Survival (Instrumental)」の4曲がボーナス・トラックとして追加収録されています。

Vulfpeckの他作品もチェックを!

『The Beautiful Game』(2016年)
ザ・ビューティフル・ゲーム

『Mr. Finish Line』(2017年)
ミスター・フィニッシュ・ライン
posted by ez at 01:02| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする